タグ:蜘蛛 ( 26 ) タグの人気記事

2018年 11月 03日
肉団子を作るクロスズメバチ(それとオオカマキリ、ジョロウグモ)
e0134713_23364772.jpg

庭の藪の葉が不審な揺れ方をしていると思ったら、裏側でクロスズメバチが毛虫を捕まえて肉団子にしている最中だった。前にウィンナーを肉団子化しているのは見たことがあるが、狩りでの様子は初めて見る。クロスズメバチには獲物を肉団子にしている間は周囲に興味を示さなくなるという習性があるらしいので、遠慮なく葉っぱを裏返して、すぐそばで観察させてもらう。

最初は毛虫の形をとどめていた獲物が、ガッチリ抱きかかえられて噛み砕かれて、だんだんと何だかわからない丸っこい肉団子になっていく様子に感心した。飛び出た毛も綺麗にカットして、なめらかな仕上がりにする丁寧さ。
e0134713_23364615.jpg

むむ。昆虫の世界は弱肉強食だなあ……としみじみしてたら、その藪の下に、そろりそろりと慎重に移動するカマキリの姿を発見。うわっ、大きい!この大きさはオオカマキリのメスか。晩秋に産卵を控えて、今はいっぱい食べて栄養を溜めようとしてる時期だろう。

さてスズメバチとカマキリ、どちらも昆虫界の両雄と並び称されるハンターだが(雌だけど)、この二つが対決したら一体どっちが勝つのか!?などと不謹慎な期待で胸高まったりして。しかしその興奮が息遣いで伝わってしまったのか、クロスズメバチは綺麗に仕上がった肉団子を抱えてすぐに飛び立ってしまったのであった。
e0134713_23364467.jpg
カマキリよ鼻息で邪魔して悪かったな……と思いながら立ち上がると、傍らの生垣には大きな女郎蜘蛛も控えているのが見えた。そうだった、昆虫界のハンターは蜂と蟷螂だけではない。蜘蛛という存在も忘れてはいけないのだった。失念していてすまない。春頃に見たときには小さくてほっそりして可愛い姿だった女郎蜘蛛だが、しばらく見ないうちに、ずいぶん大きくなっている。女郎蜘蛛の繁殖の時期もそろそろだもんな。

そういや、カマキリもジョロウグモも、オスに対してメスの方が体が大きく、交尾の際にはメスがオスを食べちゃうことがあることで有名だ。食べられたオスは栄養となって、我が子たちの成長に役立つ……のかもしれないけど、やっぱ食べられるのは嫌だろうなあ。

(↓ 離れた場所から大きなメスを見つめる小さなオス。たぶん、食べられずに交接する機会を窺い中)
e0134713_23362935.jpg

産卵を控えたメスがオスを食べちゃおうとするのも本能なら、危険を冒してでも繁殖したいオスの行動も本能で、だけどできれば食べられないで逃げ延びたい個としての自己保存の本能もあるだろうし、種と個の本能がぶつかった場合には、やっぱ虫でも個の本能の方が勝つんではないかなと想像する。


[PR]

by macchi73 | 2018-11-03 08:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2018年 08月 14日
オナガグモ(尾長蜘蛛)
e0134713_22541737.jpg

夫実家に帰省中、気持ちよく昼寝していたら、「macchi, 起きろ、変な虫だ!」と夫が手のひらに何かを乗せてハイテンションで駆け込んできた。

あー、これはハラナガグモ(腹長蜘蛛)だな、ともっくり起き上がって教えたところ、「なんだ、知ってるやつか……」と急にテンションが下がって去って行こうとするので、笑った。

しかし後で念のため図鑑を確認したら、ハラナガグモではなくてオナガグモ(尾長蜘蛛)というのが正しかった。あれ間違っちゃった。でもどう見ても腹が長いだろう、腹長蜘蛛の名の方が適してるだろう!と憤ってみたが、実はお尻(肛門&糸疣)はずっと前の方にあり、その後ろの尾っぽ部分が長く伸びているということらしい。

ふーん。やっぱ知ってると思っても、機会があったら調べるのが良いな。だいたいいつも、知らなかったことを知る。
e0134713_2254144.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

オナガグモは蜘蛛を食べる蜘蛛として知られている。

Spider eat spider, dog eat dog...といえばAntsしかない。(って書くと、蜘蛛・犬・蟻で、意味不明)



Adam & The Ants

いま見ると80年代で笑っちゃうが、海賊ルックは後のデップもちょっと入ってる感があるし、私が生まれて初めてラップ(?)というものを聴いたのもアント・ラップだった気がするし、結構時代を先取りしてたんではという気がしないでもない……


[PR]

by macchi73 | 2018-08-14 23:30 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2018年 06月 17日
葉の上の汚い蜘蛛の巣:仔クサグモ、仔コクサグモ(草蜘蛛)
e0134713_22465814.jpg

庭のいろんな植物の葉の上に水平な網が張られて食べカスやゴミがいっぱい引っかかっている。こういう蜘蛛の巣は、タナグモ科クサグモの仲間だ。棚みたいな平たい網を張るからタナ蜘蛛。草の上で暮らすからクサ蜘蛛。

水平な網は、葉の柄の部分で漏斗状になって、裏へと抜けられる家屋構造となっている。いつもは裏に居て、獲物がかかった振動が伝わってきたら、表に出てくるという訳。良い家ではある。

しかし、ちょっと散らかし過ぎ、汚すぎじゃないか?見た目が悪い。庭の美観を保つために、綺麗に掃除したくなっちゃうな……と覗き込んだら、まだまだ小さい子供の家だった。体長2mmくらいか。とても小さいおチビさんだ。草蜘蛛の仲間は、成長するとグレージュの毛並みに綺麗な黒模様のある割と大きい蜘蛛になるが、子供のうちは全然違う見た目をしている。
e0134713_22465649.jpg

クサグモの仲間は、草蜘蛛、小草蜘蛛、稲妻草蜘蛛あたりがよくいるようだが、幼体の時の色で見分けられるらしい。イナズマ草蜘蛛は全身黒く、クサグモは胸が赤で腹が黒く、コクサグモは胸も腹も赤いという。これはクサ、コクサ、どっちだろ?微妙だけど、クサグモかな?

* * * * * * * * * * * * * * * * *


3, 4m離れた紫陽花の上には、もう少し育った個体がいた。
体に少し毛も生えてきて、お尻に大人と同じ柄がほんのり浮き上がってきている。それでもやっと体長5mmを出たくらいで、まだ子供らしい質感をしている。
e0134713_22465460.jpg

この個体はお尻の先が赤いのがチャームポイントだ。
このように腹部先端が赤いのは、コクサグモの幼体の特徴らしい。

ってことは、これは仔小草蜘蛛か。ココクサグモ。
e0134713_2246526.jpg

隣り合う紫陽花の上には、仔カマキリも棲んでいる。
まだお互い、あんまり遭遇したくないかもね。
e0134713_22465022.jpg

ということで、庭じゅうに見られる汚い蜘蛛の巣だが、やっぱそのままにしとく。
遠くからみると汚く見えても、近くでみると興味深い。

もう少ししたら、グレージュの毛皮の生え揃った大人の蜘蛛たちが見られると思うと楽しみだ。
e0134713_22464846.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

成体になると、こんな感じ。
e0134713_19295735.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-06-17 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2018年 05月 30日
ダウカスダーラとハナグモ(野良人参と花蜘蛛)
e0134713_20512060.jpg

【ダウカスダーラの育て方】
●草丈:1m
●花期:初夏~夏
●寒さには強く、蒸し暑さにはやや弱い。
●基本的にはノラニンジンの花は白だが、真ん中あたりの花だけ赤黒い花が咲くことがある。それが白いレースに落ちた血の滴のように見えるので、「英国アン女王がレース編み中に落とした血」という見立てになり、クイーンアンズ・レース・ハーブ、または単にレースフラワーと呼ばれたりもする。ダウカスダーラは、その赤花種。
●零れ種でも殖えるが、赤花種は色の出方が不安定で、何色の花が咲くかは、咲いてみないとわからない。


静脈血のような色のノラニンジンの満開の花の上を、透き通った白と緑色の花蜘蛛が歩いていた。

ノラニンジンは、昔、ベイリー・ホワイトの『ママは決心したよ!』という本(とても好き)で読んで、きっと素朴で野趣溢れる花なんだろうと想像して植えた苗だ。

野良人参の名に違わず、葉は人参に似る。花は白が一般的なようだが、花屋さんで買った苗は「ダウカスダーラ」という赤黒い花色の品種だった。ゴージャスすぎて、最初は「うーん、期待してたのとは違うなあ……野良感が少ない……」と思ったが、こうやって花蜘蛛の背景になってみると、美しいかもな。
e0134713_20511896.jpg

株も花もすぐ巨大化して花付きも良いが、長く伸びた茎が倒れて四方八方に這うように広がってから、あらためて上に伸びてくることが多いようだ。なので1株でも非常に場所はとる。草丈が高くなりすぎたら支柱で支えてあげると良いのかもしれない。それか、広大な庭で、いろんな花が咲き乱れる場所で自由に伸ばしておくのが、『ママは決心したよ!』で読んだような、自然の雰囲気が出る感じかも。

花色は、濃いもの淡いものとバリエーションが広く、群生しても単調にならないのは良い感じ。
e0134713_20511793.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-05-30 06:00 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(0)
2018年 04月 16日
コアシダカグモ(小脚高蜘蛛)
e0134713_1925443.jpg
夫の誕生祝いに、山の上の温泉宿に泊まって、眼下に広がる雲海を見ながら浴衣着てご馳走食べてのんびり過ごしたのだった。

夫からのリクエストは一泊で給料のかなりの部分が吹っ飛ぶ宿だったんでサラッと却下して、「1.温泉・2.自然・3.料理」というエッセンスだけ汲み取って、もっとリーズナブルな別の宿にさせてもらった訳だけど。えー俺は前に連れてってくれたあの宿が良かったなあ、なんで違う宿にしたの?予約取れなかった?としつこい問いには、まあまあ違う場所も開拓してみようよ、ここだって良い宿だよ、と静かに答える。でも子どもたちはご機嫌で、美味しい〜楽しい〜また来よう!と連呼してたので、なかなか楽しい誕生日にはなったんじゃないかと思う。アラフィフ、おめでとう。楽しそうにしてくれよ。

それで朝、朝風呂の後にまた布団でゴロゴロしてたら、お喋りしてた長女が急に、ひっ!と息を飲んだ。視線の先を辿ると、天井に蜘蛛がいる。

なんと。あれは見たい見たいと思っていたゴキブリをも捕食するというアシダカグモではないか!?ガバッと起き上がり、ほらな、良い宿だよ、念願叶ってラッキーだよ!と浮かれる私に対して夫無言。末っ子だけ一緒にいそいそカメラを用意してくれる。

サイズは、脚まで入れても7,8cmくらいか。思ってたよりかなり小さいな。期待としては、日本版タランチュラみたいな、もっとふっくらと水々しくて重量のありそうな蜘蛛かと思ってたんだけど。杉浦日向子か誰かの怪談で「夜にお寺の廊下を歩くとボトボトと赤子の手が落ちてくる」っていうのがあって、「きっとそれってアシダカグモじゃないのかなー」とか想像してたんだよな。でもこれじゃあ、赤子の手っぽさは無いなあ。ちょっと残念。でも見られて良かったよ。この宿にして良かったよ(←しつこい)。
e0134713_1925215.jpg
それで帰宅してから調べたら、この模様の特徴からすると、どうもアシダカグモの小型版のコアシダカグモっていう蜘蛛のようだった。じゃあやっぱり、まだ見ぬアシダカグモはもっと大きいんだ。

次回は是非、びっくりするくらい大きなアシダカグモ見てみたいな。次の誕生日の宿は、そのライン狙って行くか。



[PR]

by macchi73 | 2018-04-16 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2017年 07月 12日
庭でちらちら光るもの(露虫、安土蜘蛛、大和蜆、紋白、女郎蜘蛛、金蛇、蝦蟇)
e0134713_22484722.jpg
草ぼうぼう過ぎる庭。

地面には柔らかい草がこんもり盛り上がり、白や黄色の小花が乱れ咲いてる。その上を薄青、白、黄色の小さな蝶が何頭も飛び回ってる。ひらひら、ぱたぱた。背の高い糸葉の藪では、黄色の花房の上、真っ白な蜘蛛が明るい草色の蝗を捕食しているところだ。秋にはむっちりと膨らむ赤・黒・黄色のド派手な女郎蜘蛛も、今はまだほっそりした娘っぽいスタイルで網の上を身軽に歩き回っている。そして小枝や茂みがカサコソ言うのを見れば、それら小さな虫たちを狙ってパクつく爬虫類、両生類たち。

心をシンとさせて無の境地で見ると、鬱蒼とした緑色の中に点々と動きと彩りが散って、とても静かで綺麗な情景に思える。でも、我に返って普通の心で見ると、うわっまずい荒れ放題だよ草刈りしないと、と愕然とする。

そして図鑑の心で見ると、満腹そうな赤い血を持つ捕食者たちはカナヘビにガマガエル、地面を覆う白い小花はヒメイワダレソウ、黄色い小花はカタバミ、白い蜘蛛はアヅチグモ、緑の蝗はツユムシ(短い鉤形の産卵管が特徴)。背の高い黄色の花はフェンネルで、蝶は薄青がシジミチョウ、白がモンシロ、黄色がキチョウだ……なんて、見るもの全てにラベリング。

e0134713_22484470.jpg
e0134713_22484134.jpg
e0134713_22483958.jpg
e0134713_22483842.jpg
e0134713_22483652.jpg
e0134713_23104057.jpg
e0134713_22483472.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-07-12 22:30 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(4)
2017年 05月 18日
ナカムラオニグモ(中村鬼蜘蛛)
e0134713_18274440.jpg

川辺の草に繭みたいな網を張っている蜘蛛を発見。網越しだとよく見えないが、多分ナカムラオニグモじゃないかと思う。

ナカムラオニグモは北方系の蜘蛛としてよく知られていて、だいたい千葉市〜下関市を結ぶラインの北側にしか生息していない。この「ナカムラオニグモが生息している限界領域」を示す線を「ナカムラオニグモ線」と呼ぶ。このように生物種の分布域を区切る線を分布境界線と言い、様々な種について存在が確認されているようだ。

有名なものだと、ブラキストン線とか。
これは本州と北海道の間の津軽海峡を境目とする動物の分布境界線で、多くの鳥類や哺乳類の生息地の北限かつ南限だったりして、その線を境に生息する生物の顔ぶれがガラッと変わってしまうようだ。
  • ヒグマ→ツキノワグマ
  • キタキツネ→ホンドキツネ、などなど
確かに北海道の寒さってロシア寄りの凍った寒さに近くて、東北地方の湿った寒さとは違うような気もする。極寒仕様の生物でないと、生きられないというか。
本州上に引かれた分布境界線では、ハマユウの分布北限である「ハマオモト線」が有名らしい。

こちらもやはり、ハマユウだけではなく多くの生物の分布境界線と一致する。実は「ナカムラオニグモ線」もハマオモト線とほぼ一致するようだ。

「ハマオモト線」(≒ナカムラオニグモ線)は、気候的には年平均気温が15℃のラインにほぼ一致するというから、それ以北は熱帯系の生物は棲み難く、それより南は北方系の生物には棲み難いラインとなっているのだろう。自身の耐寒・耐暑性の問題もあるだろうし、あとは、食べ物としている植物の分布にも引っぱられるだろうしな。

分布境界線は、このように
  • 生理的なもの(それ以上は寒すぎて生きられない, etc.)
  • 地理的なもの(海で隔離されていて渡れない, etc.)
  • 生態系によるもの(餌がいない、競合生物がいて棲みつけない, etc.)
など、いくつかの原因があるようだ。

関係ないかもしれないが、私も新宿以西だとマイフィールド感があり、新宿~銀座あたりだと仕事気分、それより東だとアウェー感がすごい……。多分、その辺りのラインで、棲息してるものの顔ぶれも変わっている気がする(←単に個人的なイメージ)。
e0134713_18275794.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-05-18 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2016年 11月 21日
女郎蜘蛛の産卵
e0134713_22143673.jpg

窓の外にいつも見えていた大きな女郎蜘蛛が、ある日急にいなくなってしまった。

と思ったら、一週間ほどして、またいきなり以前のように巣の真ん中に陣取っているのを発見。一体どこに出かけてたんだ……と不思議に思ったが、女郎蜘蛛は壁面や木の幹に産卵する習性があるので、どこか良い場所を探して産卵して、産後の余生を過ごすために古巣に戻って来たのかもしれない。

そんなことを思いながら、ここ数日、何となく蜘蛛の卵がありそうな場所など気にして見ていたら、別のジョロウグモが卵嚢の上で死んでいるのを見つけた。あー、君は生きて戻れなかった組か……と思う。いつも窓の外にいる馴染みの蜘蛛と比べるとだいぶ小柄な個体なので、体力が持たなかったのかもしれない。母蜘蛛は卵を守って死ぬという説があるらしいが、多分こんな場面を見た人がそう考えたんだろうな。

しかし実際には、卵の傍で息絶える母グモもいれば、生き延びて立ち去る母グモもいる。

インターネットで検索したところ、「ジョロウグモの産卵行動に及ぼす気温の影響」(西野真由子)というレポート(←とっても面白い!!!)が色々なところで引用されており、その観察結果は下のグラフのようになっていた。行方不明の中には死亡の個体も多そうだけど、思っていたより網に戻る母蜘蛛が多いんだなという印象。とは言え女郎蜘蛛は短命な蜘蛛で、冬にはほぼ皆死んでしまう訳だけど。でも、本能に従う虫だって、やること終わったら余生過ごそうとするんだなと思うと、生き物みんな同じだなと思う。
e0134713_23521940.jpg

死んだ小さな母蜘蛛が卵を産みつけたのは、ふかふかの分厚い苔の絨毯に覆われた大きな木の幹の窪みで、いかにも居心地良さそうな場所だった。前出のレポートによれば、蜘蛛が産卵までの日数が長かったのは大半が場所決めに日数がかかったためで、移動距離も予想以上に長かったというから、この蜘蛛も良さそうな場所を探して歩いたんだろうな。

きっとここから来春は、新しい子蜘蛛たちがたくさん巣立って行き、強運な数匹が、また次に世代を繋ぐんだと思う。

e0134713_22142866.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-21 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 09月 24日
銀メッキゴミ蜘蛛
e0134713_1131841.jpg

あ、庭に赤い蜘蛛がいる。

と思ったら、鏡面仕上げのボディを持つ銀メッキゴミグモに赤い花が映っているだけだった。

で、面白いので紫色にしてやれとちょっかいかけたら、ものすごく迷惑そう。
e0134713_1131666.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

銀メッキゴミグモといえば、「オスがメスの交尾器を破壊する」という繁殖戦略で、最近National Geographicで記事になっていた蜘蛛だ。
National Geographic:
『メスの交尾器を破壊するクモ、日本でも発見』

交尾器の破壊行動は、2015年末にドイツで、キタコガネグモダマシという蜘蛛の繁殖戦略として最初に発表された。その後、今年に入ってすぐに日本でも銀メッキゴミグモが同じ行動をとることが報告され、同じ行動が系統的に遠く離れた2つの種で別々に進化していることが示されたということらしい(それか、今まで気づかれなかったけど、この戦略は蜘蛛の中では割とありふれたものなのか?)。

ふーん、なるほどなー、とか思いつつ。
数秒で終わってしまう交尾の様子を検証するために、交尾中のカップルを見つけては物凄いスピードで液体窒素で凍らせて観察した、非常に難しかったとかいう記事を読むと、世の中ではいろんな研究を真剣にしてる人たちがいるもんだなあ……知らない世界ばっかりだなあ……人間って変な動物だよなあ……と驚いちゃったり。
[PR]

by macchi73 | 2016-09-24 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 05月 10日
スジブトハシリグモ(筋太走蜘蛛)と、水面に集まって口をパクパクさせるオタマジャクシたちの謎
e0134713_18442031.jpg

山中を散策していたら、小さな池を見つけた。
池の底にRising High Recordsのロゴマークみたいな影が落ちているのに気づいて、よく見たら蜘蛛が水面に浮かんでた。超巨大アメンボみたいにみえる。


へえ!もしかしてこれが水蜘蛛っていうヤツか?と思って他の個体もいないか探してみたけど、水中には仲間の姿はないようだった。その代わり、水面じゃなく池の縁の石に後脚をひっかけている同じ蜘蛛が何匹もいた。
e0134713_18441891.jpg

そうなると、水面にいるのはわざとなのか?それとも風で沖に流されちゃったのか?気にかかる。でもしばらく見ていたところ、器用に水面を移動してアメンボにアタックをかけていたりしてたので、たぶん水面で狩をするタイプの蜘蛛なんだろう。

家に帰って調べたら、ハシリグモの仲間でスジブトハシリグモという蜘蛛だった。
ハシリグモは巣を張らない徘徊性のクモ。素早く走るのが得意で、獲物をその脚力で捕まえる。スジブトハシリグモは水辺を好むハシリグモで、水面を移動することもできるようだ。流されて漂流してたんじゃなくて良かった。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

同じ池の水中には、ゲンゴロウやオタマジャクシもいた。オタマジャクシは凄い数だ。色柄大きさから判断するに、たぶんうちの庭のオタマジャクシと同じ種類かなと思う。ヤマアカガエルの子供かな?
e0134713_18441731.jpg

脚が生えているのや、死んだ一匹に集まって共食いしてるのや、草をつついて食べてるのなど、色んな行動をしているオタマたちがいた。中でも、一番不思議だった光景がこれ。ある一角の水面にだけ、たくさんのオタマジャクシが集まって口をパクパクさせている……。
e0134713_18441514.jpg

水も透明で、水中には瑞々しい水草もあって酸素不足ではないように見えるんだけど、一体、何をやってるんだろう?近くでよく見ても、特にそこの一角だけに美味しそうな餌があるようには見えなかったんだけど。

気づけば、みんな寄ってきて不思議がってる。誰も理由がわからないらしい。
そんなに広大でもない水場の一角でしか見られない行動だったので、とても不思議だ。
もし理由が分かる人がいたら、教えてくれたらとても嬉しい。

e0134713_23210629.jpg
オタマジャクシのお腹は透き通っていて、腸が渦巻いているのが丸見え。
ちょっとコワイ。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-10 23:55 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(1)