タグ:果実酒 ( 11 ) タグの人気記事

2018年 11月 29日
エピソードの標本ドリンク
e0134713_1144017.jpg
ねえねえ、今日って何の日でしょー?と末っ子が満面の笑みで語りかけてきた。わからないので黙っていたら、もどかしそうに「今日が何日だか言ってみて」と言う。で、日付を口に出して気づいた(……というか、本当は子どもの視線で気づいた)。

自家製サワーのうち二つが、やっと飲み頃になったんだった。

このところ、散歩やアウトドアでの拾いものや頂き物、庭仕事の収穫物なんかを、色々なお酒や酢に漬け込んでいたんだよね。イベント名・日付・飲み頃を書き込んだラベルが貼られたガラス瓶が、棚の上にずらっと並んでいる。

同じ日に見つけた果実は一緒の瓶に漬け込んだりして、ドリンクっていうよりは、楽しかった出来事の標本のつもり。
e0134713_1143871.jpg
それで、期待でそわそわしている子どもと二つの瓶を飲み比べた。散歩中にもらった柚子と柑橘とシナモンのサワーと、庭で採れたフェイジョアとキウイのサワー。

おおー美味しい!どっちも好き!と、子どもたちに嬉しそうに言われて、私も嬉しい。全然違う、味と香り。

「どんどん飲んで良いけど、ちゃんとラベル見てね。こっちの模様入りガラス瓶が子どもたち用ので、こっち側の丸瓶は大人用のお酒だよ」と子どもたちに注意したら、もう自分たちはお酒も飲める年だけどねーと上の子たちに笑われて、あ、そっかと小さな驚き。

『子どもたち v.s. 親たち』というグルーピングで常に認識していたが、同時に『成人 v.s. 未成年』というグルーピングも我が家には存在しているのだった。未成年は年の離れた末っ子一人きり。

急にふくれる末っ子。家族の中で自分一人だけが飲めないものがあるという事実。

* * * * * * * * * * * * *

少数派、という単語でいつも頭に浮かぶのはP.K.ディックの『少数報告』。映画『マイノリティ・レポート』の原作の短編だ(映画、みてないけど)。

二転三転の未来の可変性のオチの面白さとはまた別に、自己の意思や行為というのは当事者にとってはいつも特別で一般化はできず、どんな凄い根拠で予言されても妥当性について納得する材料にはならないよなと、身にしみて感じさせる設定だった。現実でも、お前みたいなヤツは絶対こうなるよってオーソリティに予言されたとしても、いやまだなってないし/ならないし、って思うしな。

『悪夢機械』(フィリップ・K. ディック)

ディックは十代半ばの1,2年くらいで長編・短編全部まとめて一気に読んで、そのあと殆ど読み返してないので、いろんな話がごっちゃになって「ディック世界」としてのイメージだけが鮮やかに残っている気がする……。何が本当だかわからない、真偽が重なりあって揺れまくるカオスで不安なアメリカンな世界。そこで右往左往する、ちょっと情けない感じの、でも不屈の主人公たち。

だいぶうろ覚えだけど、『悪夢機械』の中では、ロケット旅行のコールドスリープ中に何度も何度も悪夢をループして苦しむ悲観的な男の夢に、何とか介入して気晴らしさせてやろうとするロケット管理AIのトホホな苦労を綴った話が好きだった。怖くて悲しくて絶望的なような、でも可笑しいような話。



by macchi73 | 2018-11-29 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2018年 11月 18日
サイクリングの収穫:カリン&キウイ(果実酒、サワー)
e0134713_2349623.jpg

休日サイクリング。紅葉でも見ようかとひたすら木々の中を西進した。で、暗くなってそろそろ帰ろうかなという頃、林の中で小径に続くトンネルを見つけて覗き込んだら魅惑の庭だった。うわ、秘密の花園!中で庭仕事していた庭主の方と目があうと、もう暗いけどどうぞと声をかけられた。オープンガーデンをやっているお家らしい。

もう今年は花は片付けて土作りしてたところなの、と広大な庭の隅に設えた大きなコンポスタを案内してくれた。剪定屑や生ごみは全部その一角で1年かけて腐葉土にして2年目に庭土に鋤き込むそうだ。まだ草木が積まれている新しい区画の隣には、黒くてふかふかの1年ものの腐葉土が出来上がっていた。すごい。広大な土地があってこそのリッチな土作りシステムだな。聞けばお庭は一千坪もあるらしい。
e0134713_2349511.jpg
e0134713_2349381.jpg
e0134713_2349293.jpg
e0134713_2349092.jpg
e0134713_23485985.jpg

「庭で土いじりしてるととっても幸せ」としみじみ言われるのを聞いて、そうでしょうとも、そうでしょうとも!と共感する。こんなに広大な庭なら特にそうだろう。気持ちが伸び伸びするに違いない。4月5月が一番綺麗だからその頃またいらっしゃいと言われる。

それで庭で巨木になってたツルウメモドキのリースとカリンの実を購入して帰った。帰宅してカバンを開くとカリンのとっても良い匂い!こんなに良い匂いなのに、カリンは生では硬くて渋くて食べられないという不思議。でも果実酒にすると美味しくて喉の痛みによく効くというので、早速作ってみた。

大人用にはブランデー漬けを作った。飲み頃までは半年ほど(うう、長い……)。
e0134713_23485718.jpg

子どもたち用にはカリンサワーを作った。レモンと氷砂糖と一緒に酢に漬け込むだけ。何これ良い匂い!もう飲みたい!飲ませて!と子どもが寄ってきたが、飲み頃までは1ヶ月くらいかかるらしい。しばし待て。

それからやはり今日のサイクリング中に露店で売ってた「まだ硬くてすぐには食べられません」という黄色いキウイの実もサワーにしてみた。前にサルナシをつけたら凄く美味しかったから、きっとサルナシの親類であるキウイも美味しいサワーになるだろう。こちらは10日もすれば飲み頃だ。楽しみだ。

カリンを切った指先は、一晩中ずっと良い匂い。今日は楽しいサイクリングだった。
e0134713_23485561.jpg


by macchi73 | 2018-11-18 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2018年 11月 07日
ガマズミ酒(スパイス入り)
e0134713_2255485.jpg

山のお土産でガマズミをもらった。果実酒にしてみる。ガマズミ酒には動脈硬化防止や疲労回復、美肌効果があると言われているようだ。ポリフェノールとビタミンってことだろうな。

作り方は簡単。煮沸消毒したガラス瓶に、洗って水気を切ったガマズミの実を入れ、同量程度のウォッカを注ぐだけ。氷砂糖はお好みで入れても入れなくてもOK。仕込んでから3ヶ月もすれば飲み始められるようだ。

たぶん色は綺麗な赤になるんだろうけど、味はどんなだっけなーと思って、何粒かそのまま食べてみた。甘みは弱くて酸っぱい味がした。まあまあ生でも美味しい果実だが、独特の香りや風味はほとんど無くてクセの無い味。このまま果実酒にしてもパンチが足りないような気もする。

私は果実酒は香りが強いものの方が好きなので、今回は香り付けに手持ちのスパイスを足してみた。スパイス瓶から色々だしてクンクン匂いを嗅いで、なんとなく合いそうなカルダモン・八角・丁子を入れてみる。甘い香りの薬用酒をイメージ。ということで、氷砂糖も入れちゃう。
e0134713_225538.jpg
このように思いつきの創作レシピを試した場合、すばらしい出来になる場合ととんでもない失敗になる場合と、両方ともよくあることだ。今回のスパイス追加は、吉と出るか?凶と出るか?結果は2月のお楽しみ。

【追記】
翌日、翌々日で、綺麗な赤い液体になった。色が出るのは早い。
味見の結果、スパイスの香りは1日だけでも良い塩梅に抽出されてて、長く漬けると丁子とカルダモンからは辛味や苦味が出る気配もあったので、翌日夜には取り除く。スターアニスは甘味なので、そのまま残しておく。ガマズミの実自体にも思っていたより果実っぽい爽やかな酸味があって、これは美味しくなりそうだ!



by macchi73 | 2018-11-07 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2018年 04月 29日
薔薇のレシピ色々(ジュース、サワー、花酒)
e0134713_21204940.jpg
↑ 仕込んだばかりなので色が薄いが、数日中には濃い薔薇色になる。

玄関沿いのゼフィリーヌ・ドルーアンが咲き始めてから、家を出入りするたびに魅惑の香り。子供が「ううー、薔薇ジュース飲みたい!」と何度もいう。

それで週末、子供が友達と遊びに行っている間に花を摘んで、薔薇のジュースとサワーとお酒を仕込んだ。

ちなみに、バラのドリンクとしては、薔薇ジュースが一番手軽に作れてしかもダントツで香り高く美味しいと思う。でもジュースは保存がそんなに効かないからな。長く保存するなら、お酒とサワーになる。
e0134713_21204857.jpg
薔薇ジュースの作り方のコツとして、よく若い花や蕾を使う方が良いって書かれているのを見かけるが、これから綺麗に咲くっていう前に摘んじゃうのって、けっこう度胸がいることだ。私にはなかなかできない。という訳で、もうかなり咲き進んでいる花ばかり選んで摘んでいく。経験から言うと、それでもちゃんと濃厚な薔薇の香りは抽出できるから問題ない。

朝摘みの薔薇、まだ咲いたばかりの花、これから咲かんとする蕾、そういうのだけで作ったジュースの方が瑞々しくて美味しく霊験あらたかな気はするが、たぶんそれって乙女崇拝とか錬金術系の感覚とかってだけかもしれない(または、本当にもっとトンデモなく美味しいのかもしれないが)。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

まずは薔薇のサワーとお酒を作った。サワーは子供用、お酒は大人用。

綺麗に洗った薔薇の花弁をレモン汁で揉んで、輪切レモン・白ザラ糖を、熱湯消毒したガラス瓶に、適当に重ねて入れていく。そして最後に、酢またはホワイトリカーをひたひたになるまで注げばOK。
e0134713_21204522.jpg
↑ 透明な液体に浸ったバラの花びらとレモンが最近流行りのハーバリウムみたいじゃないか?


この状態からだと想像しにくいが、1週間もすれば濃い薔薇色の液体になる。そうしたら花びらを取り出して濾過しておく。保存は常温でOK。
e0134713_21204462.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * *

それからバラジュースを作った。こちらは熱湯を使うせいか、仕込んで1, 2日もあれば完成するし、味も香りも一番濃厚に抽出できる。

作り方は、よく洗った薔薇の花弁をレモン汁と砂糖でよく揉み、煮沸消毒したガラス瓶に入れる。そして、小鍋で煮立てた水・砂糖・リキュールを注ぐだけ。リキュールは、今回はコアントローを作って爽やかさを狙ったが、ブランデーやラムでも芳醇な感じになって美味しい。いつも子供達がごくごく飲んですぐに無くなっちゃうので大量に仕込んでおく。

こちらも作りたては「本当にこれで綺麗な薔薇ジュースになるの?」って感じの薄い色だが、冷蔵庫で一晩おけばびっくりするくら綺麗な薔薇色になる。翌日でも十分美味しいが、2, 3日くらいは色と香りを抽出し、花弁を取り出してコーヒーフィルターなどで濾過すると、より濃厚&美しい。

お酒やサワーと違ってそんなに日持ちはしないので冷蔵庫で保存すること。まあ、すぐに全部飲まれちゃうんだけど。
e0134713_21204367.jpg
庭ではゼフィリーヌ・ドルーアンもまだまだ蕾をたくさんつけているし、深い赤のスヴニール・ドゥ・ドクトゥール・ジャメン、鮮やかなピンク色のマダム・イザーク・プレールやローズドレッシュなどなど、さらに美味しく香り高い薔薇が咲くのを待っている。次は飲み物だけでなく、ジャムやお菓子も作ろう。

e0134713_21204166.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * *

詳しいレシピはこちらにも:





by macchi73 | 2018-04-29 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2016年 05月 22日
ユスラウメジュース & 果実酒
e0134713_19133223.jpg

日曜の朝、夫と娘と一緒に今年初のユスラウメ収穫をした。

今年はどの果実もピッカピカだ。
「全くフクロミ病が無い!素晴らしい!」と収穫しながら思わず呟くと、「あったけど、macchiが気にしてたから取り除いておいたよ」とジェントルに夫が教えてくれた。なのに、またしばらくしてから「うわ、ホント綺麗だなー。まあ今年は乾燥してたしなー」と言ってしまい(←人の話を聞いてない)、「だから俺が手入れしたんだって!」と夫に憤慨される。いや本当にすみません。ありがとう。すぐに忘れがちだけど、感謝しております。

で、熟してピカピカ光っている果実だけ収穫し、まだマットな質感の未熟な果実や形の悪い果実は、鳥たちのためにそのまま樹上に残しておく。それでも丼2杯くらいの量が採れたので、果実酒とジュースの両方を作る。

【ユスラウメジュースの作り方】

(1) 道具を全て煮沸消毒しておく。
(2) 収穫したユスラウメのヘタを取り、洗ってからよく乾かす(or 水分をふき取る)。
(3) 皮をむいたレモン輪切り(無農薬)→ユスラウメ→氷砂糖、の順で、何回か層にして繰り返し瓶に入れていく。果実と氷砂糖の割合は、重量にして1:1くらいで。
(4) 冷暗所で1週間以上おき、氷砂糖が溶けて果実がペッタンコになって真っ赤な果汁が出てきたら出来上がり。
(5) 果実を濾し取り、シロップだけで保存する。飲む時は氷水やソーダで割っていただく。

※アルコールや酢を使わないジュースは、失敗すると発酵しちゃったりすることもあるので、果実の水分除去と器具の煮沸消毒は念入りにすること。心配な場合は、(3)の後に酢をヒタヒタになるまで注げば、失敗の心配のないユスラウメサワーが作れる。ちなみに、発酵しちゃうと、細かく発泡する酒臭い液体ができる……(以前に一度、経験あり)。

【ユスラウメ酒の作り方】

ユスラウメジュースの作り方と(1)〜(3)までは同じ。
その後、ヒタヒタになるくらいのお酒を注ぎ、常温で一ヶ月おいたら出来上がり。

※お酒はホワイトリカーを使うのが一般的だが、アルコール度35%以上なら何でも良い。今回はウォッカ+ラムホワイトで漬けてみた。
e0134713_19133095.jpg

それから、種のリクエストをいただいてたので、小箱に詰めて郵送する。
うちのユスラウメの子孫が無事に育って、遠いどこかのお庭のお子さんを楽しませることを、我が庭のユスラウメ共々祈りつつ。

で、いつも後から思うんだけど、こういう時、メッセージ一言つけるなり何なりすれば良かったと……(女子力なし、というか常識なし)。という訳で、何の説明もなくブツの小箱のみ送り付けてしまいました。不審物みたいですみません。
e0134713_19132885.jpg


by macchi73 | 2016-05-22 19:30 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2012年 11月 21日
サルナシ収穫
2008年に植え付けたサルナシをすっかり放置していたら、庭の人気のない場所で、今年やっと良い感じに撓わに実っているのを発見。風邪の娘と安静に過ごしている休日、ちょうど良いので一気に全部収穫してみる。
e0134713_1632147.jpg

完熟した果実は、指でつまんでブドウのようにチュルッと食べられる。味はキウイに似てる。
ナイフで割って中身を見てみても、やはりキウイに似ている。
チュルッ、チュルッと食べるのはちょっと面倒くさいけど、家庭菜園の果実としてはなかなか美味しい部類だと思う。
e0134713_16321399.jpg

残りの果実はよく洗い、まだ固いものは果実酒に、柔らかく熟したものはジャムにした。
サルナシは皮に滋養があるそうで、ジャムにも皮ごと使うのが良いらしい。

* * * * * * * * * * *

【サルナシジャムのレシピ】
●完熟果実をよく洗い、ヘタと花殻(果実のお尻にあるボサボサの部分)を取り除き、砂糖をまぶしておく。
●水分が出てきたところで全体を潰すようによく混ぜ、皮ごとハンドミキサーで混ぜる。
●ラム酒を少々加え、アクを除きながらトロミがつくところまで煮込んだら、煮沸消毒した瓶に密封する。


e0134713_16323243.jpg鮮やかな緑色になってくれれば嬉しかったんだけど、なんだか褐色っぽい仕上がりで悲しい……。ところどころに皮の褐色も見える。

見た目としては、あんまり綺麗なジャムではないかなー。

でも熱々をパンのかけらに載せて味見したら美味しかった。


* * * * * * * * * * * * * * *

【サルナシ酒のレシピ】
●少し固めの果実をよく洗い、ヘタと花殻を取り除いて乾かす。
●煮沸消毒した瓶に、果実と氷砂糖を交互に入れて行く。
●最後に焼酎を瓶の口まで注ぎ、3ヶ月以上寝かせたら飲み頃。


e0134713_16322753.jpg
果実は3ヶ月目で取り出す(食べても良い)。
完熟果実を入れても良いが、濁りが出てしまう。漬け込んですぐは透明だが、寝かせると綺麗な琥珀色になる。滋養強壮に効果アリらしい。

→2013年1月、友人が大勢来て食事会になったので、ちょっと早いかなと思ったけどサルナシ酒を開けてみた。そしたら爽やかな酸味が大好評だった。

サルナシ酒、これまで庭の収穫で作った果実酒の中で一番味が濃くて美味しい!

来年はもっと沢山作ろうと思う。


* * * * * * * * * * * * * * *

ジャムは熱いうちはサラサラだけど、翌朝冷えたものにはトロミがついていた。
かなり酸味が強く、冷えるとほんの少しキウイと同じようなエグミもある気がするので(私は嫌いじゃないけど)、パンのお伴というより、焼き菓子に入れるとか紅茶に入れるとかの温かい食べ方が向いてるかもしれない。

でも、サルナシの一番美味しい食べ方は、やっぱり完熟果実を皮無しで生食するのが一番かも……なんてちょっと思ったり。サルナシ酒にも期待。

e0134713_163706.jpg


by macchi73 | 2012-11-21 21:06 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2011年 04月 17日
花束と食前酒
夫がサイクリングに出かけている間に、誕生日の準備をしてみる。
庭で咲いているチューリップを飾り、フサスグリで作ったカラント酒を食前酒にする。
ふっふ、こういう時に庭が役立つと嬉しい。

料理はバゲットとサラダとビーフシチューだ。誕生日だが、あまり凝らず。
デザートはアーモンドたっぷりのブラマンジェの白桃ソースがけにした。ちょっと凝った。
みんなで乾杯して歌うたって、ロウソクを消す。なぜか末っ子が。

40才にやりたいことは何ですかーとの子供たちからのインタビューに、「うーん……早寝……早起き…かなあ……」と照れくさそうに答える夫。小学生の夏休みの目標か!!
さすがにチョットと思ったのか、「あ、あとサイクリングして体重を落とす」と付け加えていた。
健康的で良いかもね。年取ったら健康は大事だ〜。
e0134713_21152144.jpg

カラント酒は真っ赤で綺麗だ。甘酸っぱくてジンの香り。

チューリップはアンジェリケという品種。
甘い香りと繊細な色の華やかなチューリップだが、我が家の場合は2008年から植えっぱなしにしているので、ちょっと花が小振りで可愛い感じになってしまっている。

今年は咲いたらすぐにどんどん切花にして飾ろうっと。
花を早目にとってしまうことで、葉の光合成がそのまま球根を太らせる栄養に回り、翌年の花が立派になるそうだ。


by macchi73 | 2011-04-17 21:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 07月 08日
トマトのお酒
e0134713_7502616.jpg

沢山収穫したものの、一つ一つ食べるのはちょっと面倒くさいマイクロトマトの利用法として。

トマトのお酒の作り方:
●漬け込むトマトは、青いものを多く使う。多分、トマト特有の青臭さをお酒に移すため。
●傷の無いトマトを良く洗い、水を切り、丸のままビンに入れ、ホワイトリカーなどのアルコール度数の高いお酒を注ぐ。
●3ヶ月ほど置いてから飲む。
●作り終わってから知ったが、トマトのヘタごと漬け込む方が良いらしい(香りが強く出るからってことかな)。


ブラッディ・メアリ風になることを期待して、レモンとウォッカで漬け込んでみた。
完成したら、タバスコをちょっと加えて飲んだら良さそう。

e0134713_751660.jpg


by macchi73 | 2010-07-08 20:06 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2010年 06月 17日
ミント・コーディアル
ハーブコーディアルの作り方:
●沸騰したお湯にハーブをたっぷり投入し、5分弱に煮て、通常より濃いハーブティーを作る。
●ハーブティーに使われるハーブなら何でも作れそう。お好みで、煮出す時にショウガやハイビスカスなんかを加えても美味しい。
●ハーブを取り出して、たっぷりの砂糖または蜂蜜を加える。4,5倍に割って飲んで丁度良いくらいを目安に。
●最後にペクチンかレモン汁(または柚子汁などでも良し)を加える。
●こし器でこしながら、熱湯消毒した密閉容器に詰めて完成。
●冷蔵庫で一週間くらい保存できる。
●氷水やソーダ、お酒で4,5倍に割って飲む。


裏庭のペパーミントと菜園周りのアップルミントが、うじゃうじゃと薮になって凄いことになっている。
このままでは梅雨明けには薮蚊の巣になることが目に見えているので、今からザクザク刈って利用して行くことにした。

と言う事で、本日作ったのはミント・コーディアル。
まずは鍋一杯にミントを摘んで来て刻み、沸騰させたお湯で4,5分煮る。

e0134713_22324719.jpg

ぐつぐつやってる最中に、「なんか良い匂いする〜」と寄ってきた長女が、煮えたミントをつまみ食いして「ガムみたいな味だね」とニコニコしていた。
ええ?美味しいの!?と、つられて試してみたら、マズい!

ミントのお浸しはマズい!!

と言うことで、煮えたミントは茶こしで取り出し、抽出液に砂糖を加えてよく煮溶かす。

e0134713_22404346.jpg
今回は、ショウガを漬け込んだ蜂蜜があったので、砂糖の替わりに使ってみた。
蜂蜜とミントの香りが絶妙かも!


蜂蜜(または砂糖)が良い感じに溶けたら、レモンの絞り汁をジュワッと加えて出来上がり。
濾して密閉容器に入れておけば、冷蔵庫で1週間くらい保存できる。濃厚なので、飲む時は希釈して。

早速、子供たちは水割りで、大人たちはジン割りで飲んでみた。
喉のあたりがスーッとして、夏の味だ。
薄黄緑色の見た目も涼し気。

e0134713_22461795.jpg

おかわりしてスイスイ飲まれていたので、消費は早そう。
庭のミントの薮が無くなるのも、案外すぐかもしれないな。

by macchi73 | 2010-06-17 22:23 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2010年 06月 15日
カラント酒
カラント酒の作り方:
●熱湯消毒した密閉容器に、氷砂糖・果実・ホワイトリカーをお好みの分量で入れる。基本は1:1:2くらいかな?
●漬け込むお酒は、ホワイトリカーが一般的だが、アルコール度数が高い蒸留酒なら何でも良さそう。
●直射日光の当たらない場所に置き、時々容器をゆすって濃度が均一になるようにする。
●半年ほどしたら、果実を取り出して完成。


庭の紅白スグリの実がいい感じに透明になって来たのでお皿に一杯摘んでみた。
完熟はしてると思うんだけど、そのままパクパク食べるにはちょい酸っぱい。

e0134713_21101555.jpg

梅サワーを漬けた残りの氷砂糖があったので、果実酒にしてみることにした。
ホワイトリカーではなくジンに漬け込んでみたけど、どうかなー。
ジンは香りがキツいので、芳香のある果実(柑橘類とか)を漬ける時にむいてそうだ。
房スグリには香りはそんなに無いから、ホワイトリカーを使った方が良かったかも。

e0134713_21164944.jpg

レッドカラントもホワイトカラントも混ぜて漬け込む。

一粒だけ、ユスラウメが混ざっている


2010/6/16
一日置いただけで、もう既にかなり赤いお酒になっている。美味しそう。

e0134713_2124228.jpg
氷砂糖と果実は1:1が基本っぽいが、適当で構わないと思う。
この状態で半年ほど置き、果実を取り出したら完成だ。

カラント酒の効能を調べると、よく挙げられているのが「心臓疾患・癌・歯肉炎予防」。

3つのうち歯肉炎だけ並列に違和感があるが…ビタミンCが多い故の効能らしい。



by macchi73 | 2010-06-15 21:08 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)