タグ:ヤモリ ( 9 ) タグの人気記事

2018年 09月 30日
嵐とヤモリ
e0134713_23251232.jpg
今夜の台風に備えて雨戸を閉めて回っていたら、いつもは開けっ放しで使うことのない雨戸の陰に大きなヤモリが潜んでいるのを見つけた。15cmくらいあるかな。

小さいヤモリはよく見かけるけど、このサイズはあまり見た事ない。
捕まえたら、すごいジャンプ力で手の中からピョーン!と遠くまで飛び出して、テテテ、と垂直面を駆け上っていく。さすが大きいだけに筋力がある。
e0134713_23251031.jpg
爬虫類好きの末っ子に、コレ台風だからどっかに避難させておいてあげなよ、と言って渡した。別に台風でも、野生動物であれば、庭隅などどこか良い場所を見つけて勝手にやり過ごすんだろうとは思いつつ。

ふふ、ヤモリの手がチクチクする、と嬉しそうに笑う娘。そうそう、ヤモリはそのチクチクのおかげで垂直面も登れるんだよね。イメージ的には吸盤でペタペタ登るように思うけど、実際はチクチクなんだ。

娘は納屋の窓の上に走る細い棚木の上に逃がしたようだ。
後で納屋に見に行ったら、窓と天窓から夜の光が差し込んで、ほんのり中心部だけ青っぽく照らされてはいるが、周りはガランと真っ暗で、どこにいるのかはもう分からなかった。あちこちが隙間風でガタガタ言ってる。窓や壁には外で暴れる草木の影が映っている。それでも雨風はしのげるし、出て行こうと思えばいくらでも出ていける隙間もあるし、少しは居心地いいだろう。

そっから外に出たら、生暖かい雨粒まじりの嵐がごうごう言ってた。
ここ数日、金木犀の甘い香りが夜の愉しみだったけど、この嵐でだいぶ散っちゃうかもな。
e0134713_2325820.jpg



[PR]

by macchi73 | 2018-09-30 23:35 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(2)
2017年 09月 26日
風呂場で会ったちびヤモリ
e0134713_1712734.jpg
先日、お風呂場で小さいヤモリが壁面からこっち見てた。あれ、左手首が無い。

手首の先端の表皮は滑らかで、動きも別に鈍くないから、いま怪我したという訳ではないようだ。ずいぶん前に怪我はしたけど生き延びて治癒したのか、もともとそんな風に生まれてきたのかもしれない。

お湯がかかると悪いので、窓辺の方に連れてったら、スルスルっとパイプをつたって外に消えていった。まだ小さな子供っぽかったから、うまく生き延びて大きくなれよと思う。
e0134713_1712689.jpg
それからしばらくした今日、風呂場の洗面台の下のパイプをみたら、蜘蛛の巣に小さなヤモリがかかってた。

あ、あいつだ、と思う。

干からび具合からみて、罠にかかったのは少し前のことだろう。ペンライトで照らしてよく見てみたけど、手足を縮めた状態で干からびてしまっているので、本当に先日みかけた片手のヤモリなのかは分からなかった。

傍には蜘蛛。
まるまる太ってはいるが脚を入れても2cmもなさそうな小さな蜘蛛で、ヤモリってこんな小さなヤツにもやられちゃうんだなとちょっと不思議な感じがした。もし先日見かけた個体だとしたら、それって、失くした左手首も影響した結果だったのか、それとも単にタイミングだったのか。
e0134713_1712468.jpg
以前見かけたことがあるものを、次に見かけたら姿が変わってたっていうのは、時々あることだ。

その間に彼らに何が起きたかを知ることはできないんだけど、日々自分にもいろんなことが起きるように、他の者の上にもいろんなことが起きてるんだと感じる。



[PR]

by macchi73 | 2017-09-26 23:55 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(0)
2017年 06月 17日
ヤモリ&ホタル&コドモ
e0134713_125596.jpg

結婚記念日に、家族とちょっと遠出して食事。

気づけば二十余年目の記念日。上の子たちなんか、もう私たちが結婚した時の年とそう変わらない。うへえ。このコドモコドモした様子で結婚なんて冗談か!と思うが、実際、私たちもそんな風に見えたのかもなあ。大人たちが逆上していたのも、今になればちょっと分かるか。

記念日のついでに、昇進祝いもしてもらう。って言っても、部を見回せば、年齢、経験、教育、専門知識、何もかもが自分より明らかに高い人はおり、多少微妙な空気が場を支配しております。面倒臭いことになっております。分かります、分かります。が、そこをあまり気にせず鈍くふるまう胃痛、冷や汗、面の皮、コドモコドモらには分かるまい。サラリーマン道とは気にしないことと見つけたり。

でもどうせならみんながもっと楽しく働けるような環境は作ってみたいかもと思ったり。ただし楽しく働くっていう定義も人それぞれだからな……そこは思い込まずに慎重に。私と全然違う、夫とか見てもそう思う。

正直、今の専門分野に凄い熱意と興味があるか?と言うと、自分はそうとも言えないかもなと思うので、ここらでちょっと毛色を変えて、人が良い感じで働くための工夫も仕事と思えば、それはそれでまた仕事に新しい興味と楽しみを発見できる可能性はあるかもなと期待する。

あーあ。楽しく働きたいもんだ。自分も。それからみんなも。もうすぐ社会人になる子どもたちも。
e0134713_125346.jpg

窓の外にはホタル。窓を開けて欄干に身を乗り出し、小さな声でうわーうわーと喜ぶ子どもら。ふ。やっぱ、まだまだコドモコドモしいな。私たちみんな、遊びをせんとや生まれけん。

そして窓辺の行灯には怪しい影。怪しいけれど見慣れてもいるその形。

−−あ、ヤモリだ、
−−ホタル食べようって待ってるのかな?

いや、ホタル一匹につきトカゲ一匹くらいは殺せる強い毒があるらしいので、それはナシっぽい。ホタルの赤と黒の警戒色はダテじゃない。でも行灯とは、暖もとれるし、飛んで灯に入る夏の虫たちを待つには格好の餌場だな。ヤモリ賢い。
e0134713_1251100.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-06-17 23:55 | Comments(5)
2015年 04月 25日
ガマガエルの寝床
e0134713_17515915.jpg

休日の朝、パジャマのままで娘とベッドで一緒にゴロゴロしてたら、「そうだ、いいもの見せてあげよっか?」と思いついたように言う。で、ついていったら、納屋の裏の資材置き場をそっと開けて、「ここがガマガエルとヤモリの家」と教えてくれた。

見たら、ふかふかの土に半分埋まるようにして眠っているガマガエル。
そっかー、いつも春になるとどっかからガマガエルがノソノソやってくると思ってたけど、こんなところにいたんだな。

それから更に少し板をめくると、今度はヤモリの卵の殻と、それと数匹のヤモリが壁面にいた。
サッと逃げ出そうとしたヤモリたちの一匹を捕まえて、可愛いよね〜とパジャマの上を這い回らせた後で、「たぶん家族だから戻しておくね」とリリースする娘。

微笑ましい……とか思いつつ、娘のパジャマ、何がついているか分からないから、もっとこまめに洗おう……とか思ったり。
庭の移動も当然のように裸足だし。
e0134713_1752189.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-04-25 10:00 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(2)
2014年 11月 16日
ガーデンデッキ完成!
e0134713_1819664.jpg

早起きして、家族みんなを朝早くからやってるカフェの朝ごはんに誘った。重い荷物持ちを手伝ってもらう狙い。

そして帰り道、ホームセンターに立ち寄って、ペンキ1缶とブロック4つ、それから好きな球根を選んでもらった。
子供達が選んだのは、スノーフレークの球根と、淡いミントグリーンのペンキ。
夫は、ええっ、無難に焦茶が良いよーなんて言っていたが、意外とこういう爽やかな色も良いかもしれない。スノーフレークとも似合う気がする。試してみよう!(で、変だったら塗り直そう!)

家に帰って、ペンキ塗り作業。
すると、今日は友達と図書館で勉強の約束が……なんて高校生たちには逃げられ、やはり庭を手伝ってくれるのは末っ子一人なのであった。

「さあ、輪唱するよ、ピノコの真似して後から歌って〜!」とデタラメ歌を歌わされたり、骨組みの間に小さな卵を見つけて「カナヘビか!?」と喜んだり(たぶん壁面に産卵するのはヤモリ)、「ふっふっふ、裏にドクロが描かれているとは分かるまい……」とイタズラ描きしたりで、なかなか作業は進まないが、楽しいお手伝いに感謝。
e0134713_181931.jpg

そんなこんなで、3時間くらいかけて、大枠は完成!!
日に当たって動き回っていたら、秋なのに暑い!
良い運動になったよ〜!
e0134713_18185923.jpg

お疲れさま〜!!とミルクで乾杯しつつ、ガーデンデッキまわりの飾り付けも行った。
ステンドグラスのついた良い音色のウィンドチャイムを吊るしたり、蔓で編んだ籠にローズヒップを飾ったり、ぐるりに球根を植えたり、余ったペンキで石を塗ったり……。
e0134713_18185555.jpg

そうしてもうやる作業が無くなった後も、トカゲを捕まえたりおしゃべりしたりお絵かきしたりして、暗くなるまでデッキで過ごした。自画自賛だけど、良い場所になったよねえ。
e0134713_18185052.jpg

寛ぐ娘を見つつ、私はデッキのまわりをいつまでもチマチマ回って作業中。
裏庭から濃い紫色のクレマチスを移植して木に絡めたり、花の種を蒔いたりして、暖かくなったらもっと良い雰囲気になるよう画策する。来年が待ち遠しい。庭仕事って、やっぱ楽しい。
e0134713_18184352.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-11-16 18:35 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(8)
2014年 04月 19日
虫の目覚め
e0134713_10191820.jpg

地面を掘っていたら、黄金虫のサナギが出て来た。
形としてはもう成虫。なのに色だけ茶色の光沢のある殻をまとっており、ゴキブリみたいでちょっと気持ち悪い。

e0134713_23343631.jpg
裏返したら、足をゆっくりジタバタさせている。

もう少しで出てくる準備中だったんだな。悪い悪い。

とりあえず、土にもう一回埋め戻しておいた。ごゆっくりどうぞ。


それで周りを見回してみたら、おおー、虫たちの姿があちこちに見える。
まだみんなウォーミングアップ中って感じで、花の上で日に当たってのんびり体を温めてるみたい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


バラの新芽をちょっと探せば、すぐに体長3mm程度のバラゾウムシの姿が見つかる。ショック。
e0134713_23351021.jpg

野良イチゴの花の中には、光る甲虫が。ドウガネサルハムシかな。
こちらも大きさ3mm程度なので、気をつけてみなければ気づかなかった。
e0134713_23352820.jpg

これはハナアブかな?
とても小さい上に、すばしっこく飛び回って、一カ所にじっとしていないのでよく見えない。
e0134713_2336562.jpg

ネモフィラの花の中に隠れているのは、2mmくらいの小さな小さなカニグモの仲間か。
覗き込んだら、すぐに花の裏に隠れた。
e0134713_23363266.jpg

ちょっと大きめ(と言っても6mmくらいかな?)なクモもいた。
前から1, 3, 4番目の足は前に折りたたみ、2本目の足だけ体に沿わせて後ろに伸ばしている。
これがクモの寛ぎポーズなのか?
e0134713_23364582.jpg

さらにズームしてみたら、毛が針みたいにチクチクだー。
これは毎年庭でおなじみのササグモ……だと思うんだけど、色が緑色じゃない。季節で色が違うか、個体差があるのかな?

マクロレンズで見ると、ネモフィラの花弁の粒子がキラキラ光ってきれいだ。
こんな風に反射してるから、花の周りって、庭でも明るく見えるのかも。
e0134713_233652100.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

虫が動き出せば、それを食べる者たちも動き出す……ということで、ヤモリやカナヘビ、トカゲも見かけることが多くなった。

そしてヤモリたちが動き出せば、それを捕獲する末っ子も動き出す……ということで、しょっちゅう庭から「捕まえた〜!」という弾む声が聞こえるようになった。賑やか。

e0134713_2337311.png
イモリヤモリのアップ。

耳のあたりに穴があるけど、ずいぶん大きいな。中身見えそう。

この後、娘はパクッと噛まれて「ウワー」と叫んでいた。そんなに痛い訳じゃないが、ビックリする程度には力強い噛みつきだったそうだ。

ご指摘により気づいたが、イモリとヤモリと間違えちゃった。
ちなみに、家で見るからヤモリ(家守)、水辺で見るからイモリ(井守)って覚えるのが便利なんだよね……と、間違えておきながらまめ知識をひけらかす。


[PR]

by macchi73 | 2014-04-19 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2014年 04月 12日
ミドリガメの鼈甲
e0134713_1144863.jpg

朝夕だけちょっと冷えるけど、お昼は全く暖かい。
裏庭の亀もそろそろ本調子を出すかな?と思って、今日は色々ちょっかいを出した。

e0134713_1144666.jpg

おーい、エサだよ、おいしい無塩ニボシだよ〜!

と呼びつつ、ジェット水流を噴射。

e0134713_114411.jpg
ちょっとやめてくれない!と抗議される。

e0134713_1143865.jpg
なんでよー、シャワーで冬眠の苔を落とそうぜ!と、さらに噴射。

迷惑そうに潜って逃げる。

e0134713_1143512.jpg
なんでー、水遊び、冷たくってこんなに気持ち良いのになあ!とは末っ子。

それは温血動物と冷血動物の違いだね。

e0134713_1143384.jpg
バカじゃないの、相手してらんない。

それと冷血って呼ばないでちょうだい。今は恒温・変温動物って言うのがポリティカル・コレクトなんだからね。

……という風情で泳ぎ去るアオ。なんか今日は素っ気ないなー。


日差しも水温もかなり暖かくなったと思うけど、まだ亀には万全じゃないみたい。
好物の煮干しにも食指を動かさず、始終迷惑そうな様子であった。

でも、時々シャワーを浴びせる嫌がらせをしながらも、120Lの大きなプールを水深たっぷりに満たしたら、スイスイ泳いで気持ち良さそう。そして、泳ぎ去った後には、何やら固いプラ板のようなものが……。

鼈甲だ!!

透明で模様がついてて、ツルツルしてて面白い。
鼈甲って高価な素材なんだよ〜ミドリガメの鼈甲なんて聞いたこともないから稀少かもよ〜(嘘)とか話しつつ、今日の亀いじりはおしまい。

もう少ししたら、朝夕も暖かくなって、また食いしん坊で獰猛な(?)アオが戻って来ますように。
e0134713_1143060.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


亀だけじゃなく、庭では色んな動物が少しずつ活動開始に入ったようだ。
庭仕事をしていたら、ニホントカゲ、カナヘビ、ヤモリを見つけた。
それと最近はムクドリが群れで沢山庭にやってくる。そして菜園を一生懸命つついている……(がーん)。

e0134713_132148.jpg
ヤモリは何だかペタペタしたショッカンだ〜!カナヘビと違うよ〜!と騒ぐ娘。

ショッカンじゃなくてカンショクね。食べないでね。

e0134713_1355088.jpg
金木犀の枝に、ま新しい小鳥の巣を発見。

多分メジロだな。これから育児が見られるのが楽しみ!


[PR]

by macchi73 | 2014-04-12 23:58 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(4)
2008年 09月 27日
爬虫類の卵(トカゲ?ヤモリ?カナヘビ?)
e0134713_373031.jpg

子供たちが何やら騒いでいる。庭で小さな卵を見つけたらしい。

「なんだか分らないけど、落としたら弾力があってピョンピョン弾むから、一個潰したら水が出て来て、中に魚みたいなのがいた・・・」と、きまり悪そうな息子。
娘が「魚じゃないよ、トカゲだ!」と、潰れた卵の皮を除けて、中のチビトカゲの姿を露にする。

そうか・・・無駄に殺しちゃったね。牛殺しのマス大山に倣って、トカゲ殺しの○○って呼ぼうか――と言ったら、べそをかきそうになる息子。その足下で、まだ卵をいじくって「あ、まだ生きてる。大丈夫、殺してないよ」と娘。その後、二人で茂みの中に卵と一緒に戻していた。

翌日、「あ、トカゲの赤ちゃんと卵がいなくなった!良かった」と喜んでいる息子。いやあ、たぶん小鳥か何かに食べられたんだと思うよ・・・。

2008/10/11
暑い夏が終わり薮蚊も去って、数ヶ月ぶりに庭の草刈りなどしていたら、日陰の土の中から小さな卵を発見!弾力があり、見た目より重い。なんだかワクワクする。
「おーい、これ見てよー!」と子供らを呼んだら、息子が「それそれ、それがこの間のトカゲの卵だよー。床に落としてごらん。すごく弾むから」とのこと。
弾む卵というのを見てみたい気もしたが、内部がかなり成長してるっぽいので、自粛して元の場所に戻しておいた。

e0134713_21162848.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-09-27 03:06 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(0)
2007年 05月 17日
ヤモリ(家守)
e0134713_20545981.jpg
庭で・家で・至る所でよく出会う。

そんなにすばしこくないので、結構捕まえるのは簡単。
捕まえると、稀にシッポがとれることがある(でもとれない時の方が多い)。
手に乗せて間近で見ると、トカゲに比べて間抜けな童顔をしてる。

子供たちは、トカゲ、ヤモリ、イモリ、タモリがゴッチャになってる様子。
[PR]

by macchi73 | 2007-05-17 02:11 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(0)