タグ:ブルームーン ( 3 ) タグの人気記事

2017年 12月 24日
クリスマスの薔薇
e0134713_20343068.jpg

早起きして外に出る。冬の朝って、彩度が低くて独特な美しさがある。「冬はつとめて」と娘。それで一緒に喫茶店のモーニングに行く。

庭では晩秋からずっとブルームーンが咲き続けていて、近付くと青バラに特有の爽やかな冷たい香りがする。一斉に咲き誇る感じではないが、一つが散りかければまた一つ蕾が開いて、庭に長いこと色を添えてくれているありがたいバラだ。青みがかったようなグレーっぽいような微妙な色は、冬の朝にぴったりだと思う。
e0134713_2034271.jpg

末っ子に、youtubeで見つけたバラの編み方を教えて欲しいと頼まれた。「早くて分からないんだよ」という。確かに。娘や私のような初心者だと、いきなり動画についていくってのは難しいな。

それで全体を把握するために編図を探してみる。なるほど、はしごみたいな土台を作って、各格子部分に一枚の花弁を築いていく訳か。基本的な構造さえ分かれば、あとは先の動画を真似して反復動作を続ければOKなはず。娘に実演しながら伝授する。「なんかこの繰り返し、リズミカルで楽しい」娘の手の中でバラがどんどん出来上がっていく。
e0134713_20342534.jpg

そしてクリスマス。
末っ子から家族へのプレゼントは、手編みのアクセサリーだった。予想はしていたが、すごく良い!そして、長女から私へのプレゼントは花の入ったリップクリームだった。冬なのに花づくし。
e0134713_20342169.jpg
e0134713_20341779.jpg

ちなみに私は、家族からリクエストのあったプレゼントを購入しつつ、それぞれに立体刺繍の小物をつけて贈ろうと準備していたのであった。しかしウキウキ編物をしている末っ子の動向を見て、被りそうなので今回は止めといた。卒業式くらいに合わせて贈ろうと思う。

『立体刺繡で織りなす、美しい花々とアクセサリー』(アトリエFil)
[PR]

by macchi73 | 2017-12-24 23:55 | 【その他】日記 | Comments(2)
2016年 11月 30日
青ばら、白菊
e0134713_22582355.jpg

秋の青バラが本格的に咲き出して綺麗だ。朝、家を出る時に眺めるのが楽しい。
青バラはレモン菓子のような強い芳香があるんだけど、その隣に本物のレモンが実っているので、なんだかおかしな感じがする。
e0134713_2331036.jpg
e0134713_2332167.jpg

−−なんて毎朝、花と香りにうっとりしていたら、いきなりの雪。

せっかくの秋バラが根本から倒れて雪の下敷きになってしまった。ショック。11月の積雪ってありか。なんと54年ぶりか。
e0134713_2341665.jpg

がっくりして項垂れて門を出たら、門柱の周りに白菊が咲いているのに気づいた。白い雪の中に白い菊が流れる雲のような形に咲いていて、眼球が冷んやりする。冷たく湿った冬の朝の感覚。

途端に日本画のような白菊の一場面が思い浮かんで、あれ、こういうの詠んだ和歌があったな……と思ったが、伊勢物語の白玉の歌ばかりが頭の中でぐるぐる回って、白菊の歌が思い出せない。最近、記憶力が壊れ始めてるのを感じる。加齢現象、つらい。

で、職場に着いてしばらくして、花のことなんて忘れてコーヒー飲んでたら、いきなり思い出してスッキリする。置き惑わせる。

e0134713_2284918.jpg別日の白菊。

雪の日は、写真を撮るのも思いつかずに見とれていたが。

心あてに 折らばや折らむ 初霜の
おきまどはせる 白菊の花


古今集だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

むかし男、面白すぎ。白玉の女は鬼に喰われて消えてしまう。

ばらばらの短編が連なって一人の男の姿を浮かばせる構成も面白く、古代の人たちも娯楽小説読んで楽しんでたんだろうなーと想像できて、昔と今って、装置は変わっても地続きなんだよなあ……と感慨深い。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-30 23:55 | 面白かった本など | Comments(0)
2012年 06月 03日
没薬の香り(アンブリッジローズ)
e0134713_8361877.jpg

アンブリッジローズ:
●四季咲き性が強く、微妙なアプリコット色の花をつける。中輪。カップ咲きからロゼット型に咲き進む。
●株はブッシュ状に育ち、あまり大きくならない。
●剪定は、春と冬に3分の1くらいに刈り込む。
●強香。ミルラ香と呼ばれる独特の芳香らしい。
●耐病性があり、育てやすい。


休日の早朝、起きているのは私と末っ子と二人だけ。まだ薄暗い。静かだ。
庭に出たら、今年の2月に植えたアンブリッジローズが咲いていた。

ミルラ香という系統の芳香で有名なバラだ。
ミルラって何だろう?と調べたら、没薬のことらしい。
没薬とはミルラの木からとれる樹脂で、古代から香や薬として使われており、ミイラの防腐剤としても使われていた。

没薬。
単語としてしかしらないものなので、クンクン嗅いでみる。
ふーん、これがミイラの匂い……。

ねえそれ良い匂いなの?と、向こうで地面をいじっていた娘が寄って来る。
ミイラの匂いがするバラなんだって、と教えたら、ミイラ!?と驚く娘。
うん、没薬っていう薬の匂いなんだけどさ……と言いかけたところ、

「それって、黄金・乳香 ・没薬の没薬!?」

と、パッと反応されて驚いた。
あ、そっか。クリスマスに豪華な衣装でキリスト生誕劇やったんだもんな。

ちなみにこれでウチにある強香バラの系統は、下記の通りとなった。
これで薔薇の香りの系統って、だいたいコンプリートかな。

●ダマスク香(ドルーアン、ジャマイン)
..... バラの香水といえばこの香り。
●ブルー香(ブルームーン、スターリングシルバー)
..... レモンのような爽やかな香り。
●フルーティ香(ジャスト・ジョーイ)
..... 読んで字の如く、果物のような香りか。JJ, まだ咲いてないので、未だ嗅いだこと無し。
●ミルラ香(アンブリッジローズ)
.....没薬の香り。 ちょっとスパイシーって感じか。

e0134713_837353.jpgブルームンも今年2月に植えた薔薇。

青バラ系統はみんなそうだけど、レモン菓子にそっくりな香りがする。


[PR]

by macchi73 | 2012-06-03 08:49 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(2)