タグ:ジグモ ( 2 ) タグの人気記事

2018年 01月 14日
天地返し、冬の巣(蟻、地蜘蛛)
地表の草が枯れ果てて地面が真っ平らになったので、庭土の天地返しをした。シャベルで深く地面を掘り返して、地中を地表に・地表を地中に、ひっくり返して入れ替える。

地中でぬくぬく育っていた虫たちが地表の寒風に晒される。どれどれ珍しい虫はいないかな?と覗き込むが、いてもほとんどがコガネムシの幼虫だ。もぞもぞとゆっくりした動きで地下に帰ろうとしているようだが、すぐにジョウビタキが寄ってきてそのうちの一部を美味しくいただく。毎年毎年、判で押したようにな連携プレー。ジョウビタキって、天地返しを見張ってんのかな?

球根も大量に発掘される。こちらも地中で瑞々しい白い根や芽を伸ばしていたのに、シャベルで無惨に割られてしまったものも多数。とりあえず一箇所にまとめておいて、整地が終わってからあちこちに適当に埋め戻す。こうやって、昔は種ごと色ごとにきちんとデザインされて植えられていた花々が、どんどん無作為な混植の様相を呈する庭になっていく。拡散現象の一つのサンプルと言えるんではないか。

カミキリにやられてしまった朽木の根を土中から掘り上げたら、蟻の巣になっていた。巣の中の一部はキラキラした透明のものに覆われている。樹液のようにも見えるけど、木はもう枯れきっているようだし、これって何だろう?蟻に関係あるものなのかな?蟻の迷惑も顧みずにジロジロと眺める。
e0134713_18421954.jpg
e0134713_18422284.jpg
e0134713_18422365.jpg
e0134713_18422949.jpg
このように庭の住民の暮らしを蹂躙する乱暴な天地返しだが、アンタッチャブルなエリアもある。カナヘビ、ガマガエル、ジグモなど、何年も庭に定住して暮らす生物の巣のある場所だ。これらについては、もう専有権なんかも発生している恐れもあるので、敷地内同居メンバーとして、そっと避けて通る。

この中で一番寿命が短そうなのはジグモだが、今年もしっかりした立派な巣がいつものバラの根元にあるのを確認した。成体になるまで3年くらい、成体になってからは4年くらい生きるらしいが、2年前に大きな成体の姿を見かけたから長くてもあと2年くらいでお別れなのかな。いつかある年、巣がないのに気づいて、あーそっか、とか思う様子が想像されてしまった。ちょっと寂しいかもな。
e0134713_18423194.jpg
ちなみに今日の庭仕事の相棒は末っ子だった。これも毎年のこと。近所の花屋さんに付き合って肥料の袋を運ぶのを手伝ってくれたり猫と遊んだり、道路の枯葉を掃き集めてご近所さんに労われたり、剪定屑をまとめたり猫と遊んだり、球根を埋め戻す私に温かいお茶を運んで来てくれたり、まめまめしい。夜には「お風呂沸かしたからもうお母さんも中に入りなよう!」と少し呆れた調子で呼んでくれるのもいつものこと。本当に楽しい庭の相棒だ。でも来春はもう中学生だし、これも今年くらいでおしまいかな。こちらに関しても、いつかある年、ああそうかと昔のことを思い出すんだろう。でもその時は、ちょっと嬉しいのかもな。



[PR]

by macchi73 | 2018-01-14 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2015年 12月 27日
ジグモ(地蜘蛛)
e0134713_2015449.jpg

草刈りしていたら、バラの茎の上に、まるっと大きい蜘蛛を見つけた。2cmはありそう。
手を近づけて茎を揺らしてみても、じっとして動かない。寒くて動けないでいるのか?

蜘蛛のいる場所の少し下辺りから地面まで、バラの茎に沿って、蜘蛛の糸で編まれたトンネルのような袋のようなものが続いている。たぶんこれが巣だよな。ってことは、これがジグモか。巣はたまに見かけるけど、本体は初めて見た。
e0134713_2015054.jpg

動いているところを見たく、近くからホーッと息を吹きかけていたら、足がピクッとして、少しずつ動き出した。その場でもぞもぞとターンして、巣の方へとゆっくり向かう。
e0134713_2014680.jpg

見ていたら、前脚と頭でチョイチョイチョイっと袋を押し分けるような動作の後、網が縦に裂けて、入口ができた。そこから中にもぐり込んで行く。面白い。地面の中はどうなっているのか、袋を引っ張り上げてみたい気はしたけど、寒い時期で動きも悪いみたいだし、止めておいた。(地表に見えているのと同じくらい、地中にも巣は伸びているらしい)
e0134713_2014486.jpg

このようにお腹が丸い外見なのは、雌らしい。
ジグモの雌は、卵から孵って成虫になるまでに3〜4年、成虫になってからも数年生きる(雄は1年)というので、この個体も、もしかしたらけっこうな年齢かもしれない。

雄の方は、お腹が小さく脚が長く、だいぶ違う姿をしている。ただし、大きくてピカッとした鋏角は、雄雌の両方に共通した外見だ。

Wikipediaなどによれば、ジグモはこの大きな鋏角を自分の腹部に曲げてやると、自分の腹を切り裂いてしまうことから、子供らに「ハラキリグモ」と呼ばれて遊ばれていたらしい。虫には人間みたいな痛覚はないと思うので(あっても悪いことばかりで良いこと無さそう)、ジグモは他の虫がこの袋の上を歩いた時に襲いかかって捕食するというから、しょっちゅう袋を切り裂いているせいで、鋏に押し付けられたものは何でもつい反射で裂いちゃうのかもしれないな。
[PR]

by macchi73 | 2015-12-27 20:47 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)