タグ:サワー ( 14 ) タグの人気記事

2018年 11月 29日
エピソードの標本ドリンク
e0134713_1144017.jpg
ねえねえ、今日って何の日でしょー?と末っ子が満面の笑みで語りかけてきた。わからないので黙っていたら、もどかしそうに「今日が何日だか言ってみて」と言う。で、日付を口に出して気づいた(……というか、本当は子どもの視線で気づいた)。

自家製サワーのうち二つが、やっと飲み頃になったんだった。

このところ、散歩やアウトドアでの拾いものや頂き物、庭仕事の収穫物なんかを、色々なお酒や酢に漬け込んでいたんだよね。イベント名・日付・飲み頃を書き込んだラベルが貼られたガラス瓶が、棚の上にずらっと並んでいる。

同じ日に見つけた果実は一緒の瓶に漬け込んだりして、ドリンクっていうよりは、楽しかった出来事の標本のつもり。
e0134713_1143871.jpg
それで、期待でそわそわしている子どもと二つの瓶を飲み比べた。散歩中にもらった柚子と柑橘とシナモンのサワーと、庭で採れたフェイジョアとキウイのサワー。

おおー美味しい!どっちも好き!と、子どもたちに嬉しそうに言われて、私も嬉しい。全然違う、味と香り。

「どんどん飲んで良いけど、ちゃんとラベル見てね。こっちの模様入りガラス瓶が子どもたち用ので、こっち側の丸瓶は大人用のお酒だよ」と子どもたちに注意したら、もう自分たちはお酒も飲める年だけどねーと上の子たちに笑われて、あ、そっかと小さな驚き。

『子どもたち v.s. 親たち』というグルーピングで常に認識していたが、同時に『成人 v.s. 未成年』というグルーピングも我が家には存在しているのだった。未成年は年の離れた末っ子一人きり。

急にふくれる末っ子。家族の中で自分一人だけが飲めないものがあるという事実。

* * * * * * * * * * * * *

少数派、という単語でいつも頭に浮かぶのはP.K.ディックの『少数報告』。映画『マイノリティ・レポート』の原作の短編だ(映画、みてないけど)。

二転三転の未来の可変性のオチの面白さとはまた別に、自己の意思や行為というのは当事者にとってはいつも特別で一般化はできず、どんな凄い根拠で予言されても妥当性について納得する材料にはならないよなと、身にしみて感じさせる設定だった。現実でも、お前みたいなヤツは絶対こうなるよってオーソリティに予言されたとしても、いやまだなってないし/ならないし、って思うしな。

『悪夢機械』(フィリップ・K. ディック)

ディックは十代半ばの1,2年くらいで長編・短編全部まとめて一気に読んで、そのあと殆ど読み返してないので、いろんな話がごっちゃになって「ディック世界」としてのイメージだけが鮮やかに残っている気がする……。何が本当だかわからない、真偽が重なりあって揺れまくるカオスで不安なアメリカンな世界。そこで右往左往する、ちょっと情けない感じの、でも不屈の主人公たち。

だいぶうろ覚えだけど、『悪夢機械』の中では、ロケット旅行のコールドスリープ中に何度も何度も悪夢をループして苦しむ悲観的な男の夢に、何とか介入して気晴らしさせてやろうとするロケット管理AIのトホホな苦労を綴った話が好きだった。怖くて悲しくて絶望的なような、でも可笑しいような話。



by macchi73 | 2018-11-29 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2018年 11月 18日
サイクリングの収穫:カリン&キウイ(果実酒、サワー)
e0134713_2349623.jpg

休日サイクリング。紅葉でも見ようかとひたすら木々の中を西進した。で、暗くなってそろそろ帰ろうかなという頃、林の中で小径に続くトンネルを見つけて覗き込んだら魅惑の庭だった。うわ、秘密の花園!中で庭仕事していた庭主の方と目があうと、もう暗いけどどうぞと声をかけられた。オープンガーデンをやっているお家らしい。

もう今年は花は片付けて土作りしてたところなの、と広大な庭の隅に設えた大きなコンポスタを案内してくれた。剪定屑や生ごみは全部その一角で1年かけて腐葉土にして2年目に庭土に鋤き込むそうだ。まだ草木が積まれている新しい区画の隣には、黒くてふかふかの1年ものの腐葉土が出来上がっていた。すごい。広大な土地があってこそのリッチな土作りシステムだな。聞けばお庭は一千坪もあるらしい。
e0134713_2349511.jpg
e0134713_2349381.jpg
e0134713_2349293.jpg
e0134713_2349092.jpg
e0134713_23485985.jpg

「庭で土いじりしてるととっても幸せ」としみじみ言われるのを聞いて、そうでしょうとも、そうでしょうとも!と共感する。こんなに広大な庭なら特にそうだろう。気持ちが伸び伸びするに違いない。4月5月が一番綺麗だからその頃またいらっしゃいと言われる。

それで庭で巨木になってたツルウメモドキのリースとカリンの実を購入して帰った。帰宅してカバンを開くとカリンのとっても良い匂い!こんなに良い匂いなのに、カリンは生では硬くて渋くて食べられないという不思議。でも果実酒にすると美味しくて喉の痛みによく効くというので、早速作ってみた。

大人用にはブランデー漬けを作った。飲み頃までは半年ほど(うう、長い……)。
e0134713_23485718.jpg

子どもたち用にはカリンサワーを作った。レモンと氷砂糖と一緒に酢に漬け込むだけ。何これ良い匂い!もう飲みたい!飲ませて!と子どもが寄ってきたが、飲み頃までは1ヶ月くらいかかるらしい。しばし待て。

それからやはり今日のサイクリング中に露店で売ってた「まだ硬くてすぐには食べられません」という黄色いキウイの実もサワーにしてみた。前にサルナシをつけたら凄く美味しかったから、きっとサルナシの親類であるキウイも美味しいサワーになるだろう。こちらは10日もすれば飲み頃だ。楽しみだ。

カリンを切った指先は、一晩中ずっと良い匂い。今日は楽しいサイクリングだった。
e0134713_23485561.jpg


by macchi73 | 2018-11-18 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2018年 06月 01日
傷あり梅の、適当サワー
e0134713_2247667.jpg

地面におちた梅の実、綺麗じゃないけど良い匂いはする。小さい傷はあっても割れてなくて、ある程度しっかりした果実のものを選んでサワーに漬けた。

煮沸殺菌した瓶に、よく洗って水気をきった梅600gと島ザラメ400gを交互に重ね入れ、最後に酢600mlくらいを注ぎ入れる。……なんて数値を書いてみたが、実際はそう厳密なもんでもない。というか計量していない。でもだいたい比率としてそんな感じ。

ピカピカじゃない梅を漬け込むと、果肉で少し濁ることもあって見た目はちょっと劣るけど、まあまあ味には問題ない。傷があっても適当でも、ちゃんと美味しくできるものだ。糖分が下に沈むので、たまに瓶をゆするようにして1ヶ月半後くらいから飲み頃。1年以上保存できるらしいが、そんなに長く残っていた試しがない。夏休みの子供たちにゴクゴク飲まれてすぐなくなる。そして最後に漬かった梅を食べるのが美味しい。早く夏休み来ないかなー。

毎日毎日、のんびりした夏休みを想像しながら週末も夜も仕事してんだ。でもまあ仕事も嫌ではない。というかやりたい事が沢山あって切り上げるのが難しいけど、仕事一色だと考え方が大げさになるからな。適当にふざけてられるように、別のこともわざとするんだ。
e0134713_224741.jpg


by macchi73 | 2018-06-01 23:30 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2016年 01月 04日
自家製りんごバター
e0134713_144333.jpg

【りんごバターの作り方】
(1)リンゴ1個を薄く切って、砂糖2匙とバター20g程度で炒める。良い香り!
(2)リンゴがしんなりしたら、ハンドミキサーでペースト状にする(ミキサーがなければ、最初にすり下ろしたリンゴを炒めるのでも良いようだ)。
(3)少し冷めたらバター60g位をさらにドンと加えてよく混ぜる。好みでレモン汁を一振り、シナモンを少々。
(4)冷蔵庫で冷やし固めて、保存。


冬休みも終わりが見えてきたので、平日には遅々として進まなかった実家に頼まれていた用事を二日かけて片付けた。朝の6時過ぎに全部終わって、そのまま眠っちゃって、起きたら12時近く(昼の、で良かった)。ううー、頭イテ。でも、これで休み前にずっと気掛かりだったことも全部片付いた。まだ休みは残り1.5日残ってる。やった!

で、「寝坊だねー」と末っ子が友達と冬休みの宿題を片付けに出かけた間に、冬休み後に料理を手抜きできるよう、ちょっと作り置きをする。

まずは庭で収穫したレモンが幾つか残っていたのでレモンサワーにした。途中、ご近所さんが遊びに来て柚子をくれたので、ちょこっとだけ柚子も加える。柑橘類のサワーはすぐできるから、3日もしたらもう飲み頃だ。

それから他の方のブログでりんごバターというものがあるのを知って、作ってみる。
色んなレシピがあるみたいなので、家にあるもので適当にやってみたが、出来上がったら、びっくりするほど美味しい!
e0134713_1442921.jpg

さらに、宿題が終わった子供を助手にして朝食手抜き用のスコーンなどをどんどん焼く。食事用に、甘くないやつ。紅茶スコーンとプレーンなスコーン。それから腹持ちの良いオートミールのクッキーを2種類、ナッツとココア。これで早起きできなかった朝は、スコーンにりんごバターをつけて出せばいいだけだ。ふっふ。
e0134713_18293937.jpg

保存用に君のジャーをかしてくれ、と末っ子に頼んだら、アレはクリスマスプレゼントの海賊の宝物入れにしてるからダメだよ、と断られた。ちぇ。仕方ないから、近所の雑貨屋に行ったら、似たようなものが新春セールで数百円で買えた。嬉しい。

e0134713_1417147.jpg
確かに、めちゃくちゃ宝が入っている……。

焼き時間の間は、ごろごろしながら新しく買い込んだ漫画を読んだりする。何冊か当たりがあって嬉しい。

匂いにつられてやってきた子供たちが出来上がったクッキーをすでにつまみ食いしているので、もしかしたら休み後まで持たないかもしれないけど、今回で簡単なレシピを知ったので、週1くらいで焼き足すようにしようかな。

……なんて思っても、仕事が始まるとなかなかやらないんだけど。一応、抱負だけは。
e0134713_1442469.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *


この冬休みに読んだ漫画で、一番予想外のヒットだったのは、宮崎夏次系の『ぼくは問題ありません』。表紙が変なので、よくあるヘタウマギャグ路線かなーと思って読んだが、中身は詩情溢れる感じで、とても良かった。

『僕は問題ありません』(宮崎 夏次系)

周囲からちょっと浮いてる変人たちの短編集……っていうと、ありがちに感じるけど、それぞれ何か美しく。

絵も、実は結構上手というか、綺麗だと思う。

上の子たちも「これイイよ!」と言うので、同じ作者の本を他にも買ってみたが、これが一番好評の一冊だった。



お話に余白が多くて詩情溢れる感じは、市川春子にも通じるものがあると思う。両作者の詩情の路線は違うけど、いずれかが好きな人は、もう一方も好みそうな。

『虫と歌』(市川春子)

このブログのコメントで教えてもらって読んだら、凄く面白かった本。どの話にも、人間以外のナニカに対するフェティシスムが漂うのが、この作者の独自路線かも。

同じ作者の本を何冊か読んだが、この短編集が一番楽しめた。中でも、「日下兄妹」という話は、SFのストーリーとしてもオチがちゃんとあって、ポエム好きじゃない人でも、面白く読めると思う。

子供たちにもとても好評だったが、同作者のこれ以外の本は「段々マニアックになってきて分かりにくくなってるね……」との感想(私は他のも割と好きだけど)。



ちなみに、このブログで紹介している本のリンクからamazonで本が買われると、amazonから3%のポイントがもらえるので、私は漫画はそのポイントでだいたい買っている。どんな人たちが買ってくれてるのかは分からないけど、同じ本を読んだ人が、どこかで面白いと思ってくれてたらイイなーとか思いつつ、この場を借りてお礼を言いたい。おかげさまで去年も漫画を色々と読めました。ありがとうございます。

by macchi73 | 2016-01-04 12:00 | 面白かった本など | Comments(2)
2015年 07月 06日
ヤマモモ(山桃)
e0134713_19183716.jpg

小学校の保護者会に行った帰り道。
少し離れた珈琲屋さんで豆を買って帰るために通学路ではないルートを歩いたら、並んだ街路樹の下に赤い果実がいっぱい落ちてて歩道がヌルヌルになってる場所が時々ある。

うわーすごい実がいっぱいだ!これ食べられるのかな?としゃがみこんで観察する娘。「拾っちゃダメだよ」「うん、見てるだけー」とか話していたら、通りかかったご婦人が「それは食べられるのよー、ヤマモモって言うの」と教えてくれた。ヤマモモとは山に生えて桃のような実をつける木で、雌雄異株。強い木なので街路樹によく使われるが、雌の木がたまにまじっていて結実しちゃうらしい。昔は良いおやつだったけど今の子は美味しいものがあるからもうこんなものは食べないわねえ、という話を聞いて、ソワソワしてる娘。今の子だが、明らかに食べたがっている……。

そんな話をしていたら、隣の公園のお掃除をしていたおじさんが、こっちにも生えてるよと教えてくれた。行ってみたら、モッサモサに実ったヤマモモの木が数本!

落ちてるのは汚れてるからねと、樹上の果実を公園の水道で洗って食べさせてくれた。へえ、薄味だけど、ほんのり甘酸っぱい。面白がって、さらに食べようとする娘。野生のものだから、一度にあまりいっぱい食べるとお腹を下すかもしれないよ、と教えてくれるおじさん。私は私で、触ると松ヤニみたいなべたべたが手指につくところから、これは果実酒にしたらジンみたいになって美味しいのでは!?とか思いつく。
e0134713_19184818.jpg
で、娘の両手いっぱいくらい貰って帰った。
家で果実酒にしようとしたが、「お酒だと子供が飲めないじゃん」という抗議を受けて、酢と氷砂糖とレモン果汁に漬けて、サワーにした。多分一週間くらいで飲み頃だ。
e0134713_19201779.jpg


by macchi73 | 2015-07-06 19:27 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(5)
2013年 11月 10日
晩秋の果実サワー(ローズヒップ、レモン、紅玉、フェイジョア、サルナシ)
e0134713_20305990.jpg

昨日収穫したローズヒップを同量の酢に漬け込んで、ローズヒップサワーにした。

大きなローズヒップは割って、中身の種を取り除いて漬け込む。
小さなローズヒップは、ヘタだけ取り除いて丸ごと漬けた。
一晩置いたら既に色が出て淡いオレンジ色のサワーになっている。これで2週間くらいしたら飲み頃らしい。

うーん、でもこれだと量がちょっと少ないな。
で、庭から収穫したレモンと、実家から届いた紅玉を加えて、瓶いっぱいまで増量した。
これでビタミンCたっぷりの赤いサワーができるはず。

ついでに、庭で収穫したフェイジョアとサルナシもサワーにする。
こちらはカットせずに丸ごと漬け込んだので、1ヶ月くらいしたら飲み頃かな。
並べてみて気づいたが、フェイジョアとサルナシって大きさが違うだけで見た目はそっくりだ。
どちらもトロピカルな味わいなので、南国風のサワーになるだろう。

果実酢の定番レシピは、果実:酢:氷砂糖=1:1:1だけど、今回は氷砂糖はかなり少なめにした。
サワーがテーブルにあると、家族みんなが結構毎日ごくごく飲んじゃうので、糖分摂り過ぎになっちゃうかな?と思い……。
甘くしたかったら、飲む時にハチミツなどを足すことにしよう。

ローズヒップ、フェイジョア、サルナシ、レモンの収穫を終えてしまうと、今年の庭の果実はもうおしまいだ。次は来年の初夏のベリー類まで、しばらく休憩期間となる。
頑張ってくれた果樹たちには、冬の間に堆肥や肥料を与えて今年の収穫に感謝しないとだ。
e0134713_2031677.jpg


by macchi73 | 2013-11-10 20:36 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2013年 09月 01日
夏休み終わり
e0134713_2121161.jpg

夏休み最後の日はパーッと外で遊ぼうと思ったけど、宿題が終わらないよーと焦る子どもたちが「外出なんてムリ!」と言うので、家で過ごすことになった。ちぇー。つまんね。

仕方ないので、ガリガリ宿題やってる子供たちを横目に見つつ、私は台所仕事をする。
明日からまた弁当作りとかでバタバタだからなー。惣菜を作り溜めたり色々整理しておこう。

夏に作ったサワー類の残りを一つ一つコーヒーフィルターで漉したら、見違えるほど透明になってびっくりした。一手間かけるだけでグレードアップだ。

e0134713_21211411.jpg
枇杷の種を漬け込んだサワーが、無色透明なのに濃厚な杏仁豆腐の香りがして面白い仕上がりだった。

枇杷の種にはビタミンB17が沢山入っていて、健康にも良いらしい。


最後に、ボトルに入りきらなかったものを全部合わせて漉して、ミックス・サワーにした。
自家製炭酸水で割って、宿題漬けの子ども達にサーブする。色がロゼみたいで綺麗。

e0134713_21211049.png

でも、この夏はサワーが大量だったので、ちょっと糖分摂取量が気になったな。
次回からは氷砂糖は入れないで作ってみよう。
甘み無しならドレッシングとかにも使い易いし、飲む時に甘くしたかったら砂糖を足せば良いし。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この夏、我が家で大活躍だった自家製ソーダ製造機。

ツイスパソーダ スターターキット

家で簡単に水から炭酸水が作れてそのままボトルで冷蔵庫に置いておけるので、甘くない炭酸が飲みたい夏に色々と重宝した。

水ではなくワインやジュースをそのままスパークリングにすることもできる。でも、ふざけ半分で麦茶を炭酸にしたら、それは美味しくなかった。缶ジュースに炭酸のお茶が無い訳だー。



by macchi73 | 2013-09-01 21:20 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2013年 06月 16日
ビワ(枇杷)
e0134713_21363853.jpg

桑の実ジャムをお裾分けしてたら、色んな果物になって戻ってきた。うは。嬉しい驚き。

それで貰った枇杷の実、冷やしてパクパク食べたら美味しい。
枇杷の実って生食でそのまま美味しいから良いよなあ!

いっぱい食べて満足した後、ちょっと悩む。
枇杷の実、足が速そうだからな。痛まないうちになんとかしとかないとだ。

で、残りの半分を使ってゼリーを作った。
あとの半分は冷凍しといて、もっと暑くなったらシャーベットにして食べるんだ。

e0134713_21364225.jpg上段から、
生の枇杷、
枇杷ムース(マットオレンジ)、
枇杷とラム酒のゼリー(透明)、
枇杷の種で香り付けしたミルクゼリー(白)。


ちなみに、枇杷の種って簡単に割れて良い香りがする。
お酒に漬け込んだり、杏仁豆腐にしたりできるらしい。

果実酢用に買った酢が(まだ!)少し残っているので、枇杷の種サワーを漬け込んでみた。
一ヶ月くらいで美味しいサワーになるという記事を見つけたが、どんな味になるかはあんまり想像できない。楽しみ。

by macchi73 | 2013-06-16 21:35 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2013年 05月 19日
ユスラウメのサワー(と、バラサワー)
e0134713_19334952.jpg

目覚めたらすっごく良い天気!暑いくらいだ。
午前中から知人の食事会に親子で招かれてヘルシーな御馳走を堪能する。
いやあウチも少しは家のことちゃんとしないとなーとしみじみ思う。

で、帰宅してからは、ガーッと掃除と洗濯、箪笥の中身の夏への衣更えをした。
2時間ほどで終了。これでスッキリ!
ペラペラした夏服に着替えたら、身も心も軽くなった。
念のため昨日の疑惑のカツオブシムシチェックも行ったが、多分いないっぽい……多分だけど。

それから庭も少し片付けようと外に出たら、ユスラウメが真っ赤だった。
今年は豊作だと思ってたのに、ちょっと見ないうちに数が減ってしまってる。
このところ、いきなりの夏日や強風があったりしたからなあ。

早速収穫して、ユスラウメサワーを漬け込んでみた。
まずは真っ赤に熟している果実だけを収穫して、末っ子と庭のシンクで洗って下ごしらえする。シンク活躍。嬉しい。
e0134713_1933476.png

余ったユスラウメは、そのまま食べてみた。
お!サクランボに似た味がする。あ!でもちょっと渋い。
甘さを控えて酸味と渋みをアップさせ、サクランボの美味しさを7割引きしたような味だ(……)。

まあでも、全然世話しないでも勝手に沢山実をつける果実としてはなかなかイケると思う。
それに酢につける訳だから、味は野性味が強い方が良いのかもしれない。出来上がりに期待。
e0134713_19334583.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

色々片付けたり末っ子の遊び相手をしていたら、あっと言う間に夕方。
ちょうどいい具合に空も曇って来て、なんだか骨休みに良い感じの、気怠く静かな雰囲気になってきた。子どもがクタッと静かになる。ふふふ。

今日はいっぱい働いたなーと思いながら、冷たい飲み物をとりながらボーッと一休み。
先月漬けた夏みかんサワーと苺サワーはとっくに飲み尽くされている。
これなら馬鹿みたいに買い込んでしまった酢のボトルたちも、けっこうすぐに無くなっちゃうかもな。良かった。ホ。

今みんなに飲まれているのは、薔薇サワー。
一見濃い深紅なのに、水や炭酸水で割った瞬間、すごく綺麗なローズピンクになるのが楽しい。そしてバラそのものの良い香り。
自分的には一番気に入ってるサワーだけど、もうすぐ無くなりそうだ。名残惜しい……。

ユスラウメサワーが、次の人気商品になることを願う。
e0134713_19334242.jpg

あ。でも気付いたら、庭の片付けは忘れていた。
野菜苗を植えたりしたんで、今ちょっと散らかってんだよね……。

まあそれは週明けにでも。
あれもやんなくちゃ・これもやんなくちゃって焦っても、実際の処理スピードはそう変えられないと気付いたので、何でも休まず片付けつつ、気持ちはあんまり焦らないようにしよう。ちょくちょく楽しんでやったって、動いていればちゃんと順番に片付くんだから。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

末っ子のクラスへの読み聞かせが始まるので、まだ末っ子に読んでない本を探しているところ。
とりあえず、長女と長男が「低学年の時に読んで面白かった本はね……」と教えてくれた本から当たってみる。ウケると良いなー。

『ウラパン・オコサ』(谷川晃一)

クールな長女のお勧め本。

物語系ではなくて、偶数・奇数の概念を感覚的につかめるように構成された絵本。
そっか、こういうのを面白いってずっと覚えてるもんなのか……って、小さい頃の娘の神妙な様子を思い出して、なんか楽しい。懐かしい。

ちょっとクイズっぽくて、子供たちにも一緒に数えさせたら面白そう。

『ともだち くるかな』(作・内田 麟太郎、絵・降矢 なな)

「ともだちや」っていうシリーズの中の一冊らしい。

これはナイーブな息子が面白いと言うのがよく分かる。いかにも共感して読みそう。小さい息子の泣き顔が思い出される。ふふふ。



by macchi73 | 2013-05-19 23:30 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2013年 04月 30日
サワー飲み比べ
e0134713_14104289.jpg

今年のジャストジョーイの一番花が咲いた。いつもながら巨大だなー。
そして微妙にピンクを含んだオレンジのグラデーションが綺麗。

テーブルの花瓶に挿したら、柑橘類を甘くしたみたいな香りが漂う。フルーツ香って呼ばれる匂いだ。
朝のドリンクである自家製夏みかんサワーとよく似合う。

* * * * * * * * * * * *

先週漬け込んだイチゴサワーも飲み頃になってきた。
柑橘類は4日くらいで飲み頃だけど、イチゴは7〜10日くらいかかるみたいた。

瓶をあけると、フルーチェのイチゴみたいな甘い香りがする。
で、牛乳で割って飲むと、まさに自家製フルーチェって感じだ。

長女はイチゴサワーが好きで、息子と末っ子は夏みかんサワーの方が好きと言う。
わたしは両方好きだけど、夏みかんの方が味がハッキリ出てるからサワー向きかもなあって思う。
e0134713_15245039.jpg

* * * * * * * * * * * *

今の時期、朝早い庭を見回るのが気持ち良い。
このG.W.があけたら、ぐんぐん夏っぽくなるんだろうなあ。

庭の色んなイチゴも、あっちこっちで赤くなり始めてる。
イチゴサワーに漬け込んだイチゴは、来週あたり取り出してイチゴジャム作ろう。
夏みかんサワーの果実の方は、いつものレシピでパイに焼こう。
e0134713_14111340.jpg



by macchi73 | 2013-04-30 06:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)