<   2018年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2018年 04月 29日
薔薇のレシピ色々(ジュース、サワー、花酒)
e0134713_21204940.jpg
↑ 仕込んだばかりなので色が薄いが、数日中には濃い薔薇色になる。

玄関沿いのゼフィリーヌ・ドルーアンが咲き始めてから、家を出入りするたびに魅惑の香り。子供が「ううー、薔薇ジュース飲みたい!」と何度もいう。

それで週末、子供が友達と遊びに行っている間に花を摘んで、薔薇のジュースとサワーとお酒を仕込んだ。

ちなみに、バラのドリンクとしては、薔薇ジュースが一番手軽に作れてしかもダントツで香り高く美味しいと思う。でもジュースは保存がそんなに効かないからな。長く保存するなら、お酒とサワーになる。
e0134713_21204857.jpg
薔薇ジュースの作り方のコツとして、よく若い花や蕾を使う方が良いって書かれているのを見かけるが、これから綺麗に咲くっていう前に摘んじゃうのって、けっこう度胸がいることだ。私にはなかなかできない。という訳で、もうかなり咲き進んでいる花ばかり選んで摘んでいく。経験から言うと、それでもちゃんと濃厚な薔薇の香りは抽出できるから問題ない。

朝摘みの薔薇、まだ咲いたばかりの花、これから咲かんとする蕾、そういうのだけで作ったジュースの方が瑞々しくて美味しく霊験あらたかな気はするが、たぶんそれって乙女崇拝とか錬金術系の感覚とかってだけかもしれない(または、本当にもっとトンデモなく美味しいのかもしれないが)。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

まずは薔薇のサワーとお酒を作った。サワーは子供用、お酒は大人用。

綺麗に洗った薔薇の花弁をレモン汁で揉んで、輪切レモン・白ザラ糖を、熱湯消毒したガラス瓶に、適当に重ねて入れていく。そして最後に、酢またはホワイトリカーをひたひたになるまで注げばOK。
e0134713_21204522.jpg
↑ 透明な液体に浸ったバラの花びらとレモンが最近流行りのハーバリウムみたいじゃないか?


この状態からだと想像しにくいが、1週間もすれば濃い薔薇色の液体になる。そうしたら花びらを取り出して濾過しておく。保存は常温でOK。
e0134713_21204462.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * *

それからバラジュースを作った。こちらは熱湯を使うせいか、仕込んで1, 2日もあれば完成するし、味も香りも一番濃厚に抽出できる。

作り方は、よく洗った薔薇の花弁をレモン汁と砂糖でよく揉み、煮沸消毒したガラス瓶に入れる。そして、小鍋で煮立てた水・砂糖・リキュールを注ぐだけ。リキュールは、今回はコアントローを作って爽やかさを狙ったが、ブランデーやラムでも芳醇な感じになって美味しい。いつも子供達がごくごく飲んですぐに無くなっちゃうので大量に仕込んでおく。

こちらも作りたては「本当にこれで綺麗な薔薇ジュースになるの?」って感じの薄い色だが、冷蔵庫で一晩おけばびっくりするくら綺麗な薔薇色になる。翌日でも十分美味しいが、2, 3日くらいは色と香りを抽出し、花弁を取り出してコーヒーフィルターなどで濾過すると、より濃厚&美しい。

お酒やサワーと違ってそんなに日持ちはしないので冷蔵庫で保存すること。まあ、すぐに全部飲まれちゃうんだけど。
e0134713_21204367.jpg
庭ではゼフィリーヌ・ドルーアンもまだまだ蕾をたくさんつけているし、深い赤のスヴニール・ドゥ・ドクトゥール・ジャメン、鮮やかなピンク色のマダム・イザーク・プレールやローズドレッシュなどなど、さらに美味しく香り高い薔薇が咲くのを待っている。次は飲み物だけでなく、ジャムやお菓子も作ろう。

e0134713_21204166.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * *

詳しいレシピはこちらにも:




[PR]

by macchi73 | 2018-04-29 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2018年 04月 28日
ナナホシテントウと、そのソックリさん(クロボシツツハムシ)
e0134713_0372318.jpg
ホトケノザの大草原の上で、ナナホシテントウが休んでおられた。
「仏の座上の天道虫」と漢字で書くと、なにやら有難い情景っぽい。

一方、その上に枝垂れたブラックベリーの上には、第一印象はナナホシテントウにそっくりだけど、よく見るとけっこう違う虫が居た。「テントウだ!あっ、違った、でもそっくり…………でもないか?」って感じのそっくりさん、人間でもいるよな。これはクロボシツツハムシ。苦くて野鳥に嫌われているテントウムシに擬態することで、我が身を守っているらしい。そういえば、前にもフタホシテントウとヘリグロテントウノミハムシを見間違えたことがあった。あっちはホントそっくりだった。
e0134713_03721100.jpg
先月くらいまでの花盛りのホトケノザ。今は緑一色。
e0134713_037202.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-28 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2018年 04月 27日
寄生蜂(コマユバチ、ヒメバチ)
e0134713_217185.jpg
アスチルベの葉裏に、2cmくらいの青虫がいた。

あれ、ちょっと色と動きがおかしいかな?と思ってよく見たら、脇腹に穴があいて、寄生蜂の繭がくっついている。

青虫は、ときどき激しく上半身を振って、苦しそうだ。コマユバチの幼虫は、繭を作る直前に一斉に体外に出てきてるのを見ることが多いけど、今はまだ一つしか繭が見られないから、このあと続けて何匹かが出てくるところなのかもしれない。全部の幼虫が体外に出てきて繭になり終わる頃、青虫の方は死んでしまう。
e0134713_2165919.jpg
その頃、庭のいろんな場所では、寄生蜂の姿もたくさん見かけた。

触覚の中頃が白いこの蜂は、ヒメバチの一種かな。しきりに触覚を震わせて、葉の表面を触覚で小刻みに叩くドラミングと呼ばれる動作をしながら、いろんな葉の上をじっくり探索していた。寄生蜂が宿主になるアオムシたちを探し出す方法は、葉っぱの上に残されたアオムシたちの食害痕を追跡するというので、多分このハチも宿主の形跡を探し中なんだと思われた。
e0134713_2165839.jpg

近くには、黒いヒメバチと全く同じ動作をしながら、葉っぱの上を探し回ってるオレンジ色のハチもいた。すぐに飛んで行っちゃったので、どんなハチかは確認できなかったんだけど、触覚で葉の表面を叩きながら移動する様子からして、やっぱり卵を寄生させるための宿主を探していたんだと思う。アオムシはたいてい葉の裏側に隠れていることが多いが、こんなのがいっぱい飛び回ってるんじゃ、安心できないだろうな。
e0134713_2165649.jpg
ちなみに、アオムシに寄生するコマユバチたちも、さらにもっと小型の別の寄生蜂たちに狙われている。こういうのを二次寄生とか、高次寄生というようだ。自然の中では狙ったり狙われたり、無事に大人になって繁殖するのって、大変なことだ。

* * * * * * * * * * * * *

ミステリと寄生虫のまさかの組み合わせ。
すごく怖いので、怖いもの好き・虫好きな人だけ読むと良いと思う。
虫好きなら、あー!あるね、あるね、そういう虫いるもんね!って思う。





[PR]

by macchi73 | 2018-04-27 06:30 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2018年 04月 26日
白い朝
e0134713_217145.jpg
外から水の音がするので、下半身は布団に入ったまま、ベッド脇の窓を全開にしたら雨だった。

窓辺のエゴノキの枝を小川みたいに水がつたって、地面がぼちゃぼちゃ言ってる。裏庭の池、波紋でいっぱいの水面のむこうに、亀が沈んでるのが見える。

ざあざあ降りでも陽気がほんのり良い感じ(って、言葉としては変か?)で、半袖Tシャツ1枚でも全然寒くないし、空も明るく白っぽい。いつの間にか朝になるのがずいぶん早くなった。
e0134713_2171119.jpg
二十四節気でいうと、先週末が「穀雨」(田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ)で、来週末が「立夏」(春が極まり夏の気配が立ち始める日)らしい。なんかいかにもそんな感じ。

盛大にジャージャー降る様子が爽快で、しばらくベッドの上から窓枠に身を乗り出して湿気を浴びてた。細かい飛沫も少々。気持ちいい。
e0134713_217898.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * *

−−とか思っていたのが昨日の話。

今朝起きて目を開けたら、開けっ放しの窓の外に真っ白なエゴの花がいっぱいだった。窓から爽やかな風が吹き込んで来て、ちらちら花と光が揺れてる。昨日の雨は温かかったけど、今朝の晴れは冷んやり澄んだ空気。やっぱ晴れも気持ちいい。
e0134713_6444527.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-26 06:30 | 【その他】日記 | Comments(2)
2018年 04月 25日
庭の花と虫(3):白木香と黒瓜葉虫
e0134713_23454795.jpg

庭の白モッコウが満開になってきた。
ほんのり香るね、と夫が言うので鼻を近づけたら、クロウリハムシの先客。
e0134713_23454528.jpg
でも、こんなにたわわに花を咲かせているのは、実は南の木戸の南側なのであった。つまり、庭の内側に向かってではなく、家の外に向かって咲き誇っている。毎年、咲き始めはそんな感じ。日当たりの良い場所から咲き始めるんだよな。

反対側、子供たちの隠れ家の周りは、まだ蕾が多く残っている感じ。ぶわっと満開の時よりも、これくらいの方が楚々として涼しげで、綺麗な気もする。
e0134713_23454311.jpg
そうして写真とってたら、木戸の隙間でチラチラ動く影、カサコソ枯葉を踏む音、くすくす笑い……薔薇の木陰に、少し大きめの生物の気配。
そしてチラリズム。
e0134713_2345403.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-25 07:00 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2018年 04月 24日
庭の花と虫(2):春紫苑と針亀虫
e0134713_0112732.jpg
春本番を迎えた庭には、植えた花も咲くが植えてない花も咲く。というより、植えてない花の方がずっと多く咲く。中でもこの時期はハルジオンの花が目立つ。

上の写真は、ハルジオンの上で寛ぐハリカメムシ。この時期、いろんな種類のカメムシを見かける。何もしなければ臭気も出さないし、私はカメムシはけっこう好き。色や形にバリエーションがあって、蒐集欲を刺激され、図鑑コンプリートしたくなる。

下の写真は、別のハリカメムシ。勿忘草の上で日向ぼっこしていた。今年の庭は、カラフルな勿忘草が沢山咲いている。(勿忘草は、植えた & 毎年の零れ種)
e0134713_0112489.jpg
雑草は早めに抜いちゃえば端正な庭にできるんだろうけど、咲いてるのをみればどれもけっこう綺麗で困る。それで結局抜かずに放置して、来年もまた雑草の花畑になるという訳。
e0134713_0112376.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-24 07:00 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2018年 04月 23日
庭の花と虫:勿忘草の上のハナバチ
e0134713_1105796.jpg
ここ数日の暑さで庭が一気に花だらけになった。蝶、蜂、羽虫、いろんな虫が花から花へと飛び回っている。

リビングの窓から見るだけだと、金色に光る大小の羽虫が、素早く、あるいはふわふわと、いろんな飛び方で飛び交っていることしかわからないけど、サンダルひっかけて庭に出れば、それら一つ一つが別々の虫なのが見られて面白い。歩く足元から、慌てた虫やカナヘビが逃げて行く。草花も虫も、春らしく賑やかになって来た。

今日は玄関を出たら良い匂いがして、今年初めてのゼフィリーヌドルーアンが咲いているのを発見して浮かれる娘。

e0134713_1105680.jpg
「やったー!またバラジュースの季節が来たー!」裸足で踊り出す。

いくら庭でもサンダルくらいは履いた方が良いと思う……。

毎日まいにち、いろんな花が咲いて、いろんな生物が来るので、庭に出るのがすごく楽しい。変態したり繁殖するもの、捕食や寄生するもの、されるもの、見つけるものが多すぎて、限られた時間では全部記録できないのが残念だ。春本番ってこういうこと。
e0134713_1105498.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-23 07:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2018年 04月 22日
夜の白い花(ナニワノイバラ、ミズキ)
e0134713_2325822.jpg

子供が今度行くイベント会場への行き方を教えてというので、一緒に夜散歩して道順を教えた。

途中、道沿いの生垣がずーっと大輪の白い花に埋め尽くされている場所があった。空には月。溢れるように咲いた花が照らされて、物凄く綺麗だ。これって山茶花?と娘が言う。

言われてみれば似てるけど、これはナニワノイバラ(浪花野茨)かな。蕾の形が、山茶花は丸っこいけど、バラは滴型をしてるよね。暗くて枝や茎はよく見えないけど、バラらしいトゲも生えているはず。台湾〜中国が原産の大輪の一重の薔薇だが、江戸時代に難波の商人が広めたのでこの名前になったらしい。
e0134713_2325731.jpg
3km以上歩いて、やっと目的地についた。

うわー疲れたー!と娘。ひ弱だな。近くにデニーズの灯が見えたので、休憩することにした。夜遅くなっちゃったけど週末だから良いだろ。「やったー、じゃあ漫画で読んだジーザス・ブレンドやってみようっと!」と張り切る娘。ドリンクバーのドリンクを何やらブレンドしている。ほんのり薄緑と白の層に分かれた飲み物は、さっきの月明かりに光っていた野薔薇を思わせる。へえ、それが美味しいの?と聞いたら、うん美味しい……と、何やら神妙な顔で答えた。ふっ。期待してたよりは美味しくなかったとみた。

それからまた3km、歩いて帰った。今度は覚えやすさ重視ではなく、私の好きな細い土の道を紹介しながら歩く。上水のほとりまで下って水際を歩いて行ったら、ミズキが白い小花をたくさん房状に咲かせていた。街路樹によくみられるハナミズキよりも野趣があって、私は好き。
e0134713_2325460.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * *


『聖⭐︎おにいさん』(中村 光)

神の子イエスが立川のファミレスで作られたジーザス・ブレンドとは、カルピス:メロンソーダ:レモネードを6:3:1でブレンドしたものである。

[PR]

by macchi73 | 2018-04-22 23:55 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2018年 04月 21日
春の山野草:紫華鬘、深山黄華鬘、深山樒、蝮草、紅葉苺、山吹、芹葉飛燕草
e0134713_03775.jpg

山で見かけた素敵な春の花のメモ。
なのにどういう訳か毒の有無にうるさいメモになってしまった。ケシ科、キンポウゲ科は基本的に危険だな(……って、普通食べないから別に危険じゃない)。

【ムラサキケマン(紫華鬘)】

ケシ科の毒草。ウスバシロチョウなどの毒蝶の食草になる。
名前の由来は、ケマンソウ(=鯛釣草)に似てるからということらしいが、全然似てなくて不思議だ。花も葉も似てないし、どこを見たんだろ?

華鬘(仏具)はケマンソウに似てる。ケマンソウは紫華鬘に似てない。そして紫華鬘は華鬘に似てない。
e0134713_037535.jpg

【ミヤマキケマン(深山黄華鬘)】

ムラサキケマンの仲間の、黄花タイプ。花が紫華鬘より大柄で見栄えが良く、暗い林床でもパッと目立つ。
紫華鬘と同様、けっこうな毒草。葉っぱがちょっとチャービルに似てるのにな。
e0134713_037349.jpg

【ミヤマシキミ(深山樒)】

「ミヤマキシミ」と覚えていたが、漢字変換できなくて間違いに気づいた。「キシミ」ではなくて「シキミ」か。なんとなく、軋むからキシミなのかと思ってた。

ミカン科だが果実には強い毒がある。果実は赤い球状で、ミカンには似てない。
e0134713_037139.jpg

【マムシグサ(蝮草)】

名前もそうだが、見るからに毒草。間違って食べると、激痛を味わうらしい。そして死ぬこともある。
e0134713_0365942.jpg

【モミジイチゴ(紅葉苺)】

見るからに木苺の仲間で、葉っぱがモミジっぽいからモミジイチゴ。
嬉しいことに、これは毒じゃない。しかも美味しい。花後にオレンジ色の綺麗で美味しいベリーができるが、お店で売ってるイエローラズベリーにかなり似てる。
e0134713_0365745.jpg

【ヤマブキ(山吹)】

どこの山野でも群れ咲いてるので「山野草みっけ!」という喜びは少ないが、でもやっぱり山吹色の花をいっぱいに咲かせる様子は、目に鮮やかで綺麗。

たぶん毒ではないが、食用にするという話は全く聞かない。果実も硬くて食べられないようだ。そして、ヤマブキの木にそっくりなヤマブキソウという草はアルカロイド系の毒があり、食べると麻痺したりする。だから食べない方が良いと思う(と、誰も食べないのに念をおす)。
e0134713_0365533.jpg

【ニリンソウ(二輪草)】

よく広がり、可愛い白い花を咲かせるので、園芸種としても出回っている有名な山野草。いつの間にか我が家の庭にも根付いて咲いている。

毒草ばかりのキンポウゲ科のくせに毒性が低いので(ちょっとはあるけど問題にならない程度ってことらしい)、春の山菜として食用されたりしている。が、同じキンポウゲ科の猛毒トリカブトを二輪草と間違って誤食するという事故も多いらしいし、わざわざ危険を冒して食べなくても良いと思う。
e0134713_0365329.jpg

【セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)】

こちらも同じくキンボウゲ科の毒草。葉がちょっと芹っぽいが、食べちゃダメ。
割と新しい外来種のようだが、今ではかなり広がって、どこでもよく見かけるようになった。
e0134713_0365116.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-21 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2018年 04月 20日
ネコノメソウ(猫の目草)
e0134713_20353080.jpg
渓流の中の苔岩に、綺麗な草が生えているのを見つけた。スッと細い赤褐色の茎を伸ばして、その先に展開した葉の中心が明るい黄色に色づいているのが、遠目には花のように見える。

これはネコノメソウという草の仲間のようだ。名前の由来は、果実が熟すと二つに割れて、中にある種子が猫の瞳孔のように見えるかららしい。図鑑によれば、こんな渓流の苔石の上に生えるのはタチネコノメソウかツルネコノメソウかだと思うけど、どっちかな?
e0134713_20352797.jpg
少し離れたところに、果実をつけた状態の群れも見つけた。
這うように茎を伸ばして群生しているから、たぶん、これはツルネコノメの方ってことだと思う。猫の目に似るという裂開した状態の果実もないかなと探してみたけど、まだ時期が早いのか、見つけられず。
e0134713_20352461.jpg
e0134713_20352288.jpg

しばらく歩いていたら、渓流を少し離れた林でも似た雰囲気の草を見つけた。こちらは葉の中心が黄色ではなく淡い黄緑色をしている。

山野草として割と有名な「イワボタン」(ミヤマネコノメ)に似ているが、イワボタンの特徴は黄色い葯ということなので、葯が暗褐色のこの草はヨゴレネコノメ(汚れ猫の目)なのかと思う。綺麗なグリーンに見えるけど汚れ猫なのか……って思うけど、葉の上に白っぽい小さい斑が少し入ってるから、これが埃や乾いた泥の跡みたいに見えるってことかな。
e0134713_2035152.jpg
e0134713_20351367.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-04-20 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)