2009年 01月 30日
パッションフルーツ(地植え)
パッションフルーツの育て方:
●直射日光を好む。
●4月に施肥。固形肥料を置く。
●花期は7〜9月。花は前年に伸びた枝につく。人工授粉した方が良い。
●伸び過ぎた蔓は、花後に切り戻す。後に伸びた新枝は翌年に咲かせる。
●収穫は9〜11月。開花後2ヶ月程で濃い紫色に熟す。
●5〜9月に挿木で増やせる。
●耐寒性はやや低い(5℃)。露地では霜よけする。できれば冬は室内に取り込む。


2008/01
時期外れなんだけど、大きな苗が700円で売られていたので買ってしまった・・・。
品種はエドリス(別名クダモノトケイソウ)とモリッシマ(別名バナナパッション)。
どちらも果実が収穫できるタイプの時計草だ。

一般的にパッションフルーツは寒さに弱いが、この2つの品種は耐寒性に優れており露地で越冬が可能らしい(モリッシマの方は高山性で、寧ろ暑さに弱い)。
が、温室育ちであろう苗をこの時期にいきなり外に出すのはさすがに気が引けるので、3月までは室内で育てることにする。
とりあえず、ポット苗から一回り大きな鉢に植え替えて、行灯仕立てにする用意は整えた。

2009/2/21
子供たちの部屋に隣接しているサンルームに置いておいたら、蔓を伸ばして新しい葉も出している。
サンルームとは言え暖房もなく、まだ寒い時期なのに元気だなあ!
来週か再来週にでも時間ができたら、庭に出すことにしよう。

エドリウスは年中日当りの良い場所が良さそうだから、南の庭に植えよう。
モリッシマの方は夏の高温にかなり弱そうだから、北庭かな。
トケイソウの花粉は雨に弱いらしいから、どちらも他の木の下に植えた方が良いかもだ。

e0134713_2284423.jpg

2009/3/14
まだちょっと寒いかな?という感じの今年だけど、しばらく時間がとれそうにないので今日庭に下ろしてしまった。
エドリウスは納屋の南の軒下、モリッシマは東の壁際。
モリッシマの方は、ちょっと根が細くて少ないので心配。根付いてくれますように。

2009/5/17
外に植えてから、冷たい風に吹きさらしだったせいか、どんどん葉の色が黄色く色褪せて艶も無くなってしまったので、失敗だったかなーなんて思っていたが、今日気付いたらツヤツヤした新しい葉っぱが展開していた。

e0134713_20513420.jpg


e0134713_2050923.jpg
2009/8/29
他のサイトを見ると、6月にはもう花が咲いて結実も始まっているようだが、我家のパッションフルーツには8月になってもまったく花がない。
ただ、「これ何・・・」って夫が不審がるほど、蔓だけが盛大に伸びている。緑のカーテンと言うより、既に緑の暗幕。

結実するのは前年度の枝ってことだから、花も実も来年にならないと見られないのかなあ。
こんなに繁っているのに、なんかガックシ。

ただ一つ嬉しいのは、高温多湿に弱く日本の夏を耐えるのはまず無理と書かれていたバナナパッションの方も、目下元気に育っていること。
どうやら株元に他の草花が繁って、草陰になっているのが良いっぽい。

2009/9/29
今日は寒いなー。夜、思い立って、パッションフルーツの越冬準備をする。
寒さに強いモリッシマは露地越冬で良いとして、エドゥリスの方は室内で越冬させるのがスタンダードらしい。
しかしエドゥリスはこの夏で株元が物凄くがっしりしたし、せっかく伸びた蔓を切り戻すのも勿体ない。今のうちに挿木でバックアップをとっておき、今の株はそのまま露地越冬を試してみよう。

e0134713_22155820.jpg
元気の良い蔓を切り取り、葉っぱを半分に切って、プランターに挿木しておく。
根付きますよう。

2009/10/5
ぐっと肌寒くなった今頃になって、花の蕾を沢山つけ始めた。
これから結実できたとしても、収穫するまで大きくはなれないだろうなあ。
あと一ヶ月早ければ・・・残念。

e0134713_2234159.jpg
蕾にはアリが集まっている。
甘いのかな。

2009/10/09
開花もちらほら。
大きくて独特な形の花。コレは・・・綺麗なのか?判断保留。
メカっぽい形で、トケイソウって名前は似合ってる。


2009/10/20
初の結実を発見。
気付いたら、もう結構大きくなってる。


2009/12/24
気温が下がって来たので、刈り込んで発泡スチロールと寒冷紗で防寒した。
冬越しできるだろうか…。
今なっている果実は、全て収穫して室内で追熟させることにする。
もしこれでは冬越しが無理だった場合、挿木の方を来年用の株としよう。

2010/1/23
追熟して褐色になった実を食べてみた。
が、味が薄い!……というより、ほぼ無味無臭。
秋実の場合、熟するためには蓄積熱量が圧倒的に足りない模様。


2010/3
今年は積雪の回数も多かったし、何十年ぶりかの寒さを記録した冬&春だった。
発泡スチロールで覆った株を確認したが、パキパキに枯れて再生の見込みは無さそうだ。
結局今回のパッションフルーツではちゃんとした収穫は一つも無かったな。あーあ。

●今回の栽培の反省点は…
  1. 結実が遅かったため、完熟まで行った実が無かった。
  2. 地植えで巨大になってしまったため、室内に取り込んで冬越しできなかった

●次回、栽培するなら…
  1. 鉢植えでコンパクトに育ててみる。
去年の植付けも遅い訳ではなかったので、夏果がならなかったのは株が大きくなり過ぎたせいではないかと思う。体を大きくするのに夢中で、実をつける方にエネルギーを回さなかったと言うか…。
なので、次回は鉢植えで試してみようと思う。
そうすることで、早目に最初の結実を迎えるのではないかと予想。
[PR]

by macchi73 | 2009-01-30 23:18 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)


<< バラ (バレリーナ)      クレマチス(育て方、剪定) >>