人気ブログランキング | 話題のタグを見る

雨の日の出勤前

雨の日の出勤前_e0134713_21482379.jpeg

こないだの朝、起きたら籠った雨の音。
窓を開けると意外と冷たくはなくて、ほんのり温かいような雨だった。冬本番はまだまだ先だな。

うわー、暗いと思ったら雨だ……とお出かけ前の娘の億劫そうな声。休みの雨は良いけど出る日は面倒だよねえと相槌打ちつつ、でもどこかそわそわした気分もあるような。庭に出たら、濡れた落ち葉がパン生地のような何とも言えない良い匂いを発散させてた。深呼吸。

なんで雨だと心がサワつくんだろって考えると、珍しいから浮ついちゃうんだろうな。晴天・曇天の日に比べると、雨って少ないし。ちょっとした変化と刺激。濡れた草木を見て回る。

じゃあ逆転して、晴天の方が少なかったらどうだったろう。
きっと晴天時のハレルヤ感、想像するに余りある。キラキラ光って周囲がとんでもなく綺麗に見えるだろう。やっぱ、素での勝負なら人間にとっては雨より晴れの方が快感かなあ。庭木の下で雨宿り。

でも空から水が降ってくるってのも、よく考えたら一大スペクタクルだよな。自分の頭上って虚空じゃないの?この大量の水どっから来てんの!?って思っちゃうだろう。循環の仕組みは習っていても、心の底では今もどこか驚きを持って見ている気もする。すごくデカい地球が纏ったすごいデカい大気圏の底に、すごく小さな自分がぽつん。天を見上げても水の出所が見えない。

しかしその地球すら、宇宙の中では小さな小さな塵芥のようなものだという。クラクラするなー。宇宙の光る塵の上の、更に微細な粒子のような、庭に濡れて立つ出勤前の自分……そこまで引くと、ぽつんっていうより、寧ろ天文学的な物と運動に溢れて賑やかだけど。そしてその小さな自分が、更に小さな分子なんかの集まりでもある……とか考え出すと、もう大きいんだか小さいんだかも分からないな。スケール感の中で迷子になる。遅刻だな。
雨の日の出勤前_e0134713_21482011.jpeg


同じ地球上、ここでも雨。



名前
URL
削除用パスワード
by macchi73 | 2023-12-15 07:30 | 【その他】日記 | Comments(0)

庭ブログのはずだった。なのに昆虫の記事がダントツで多い。虫 & 植物 & 子供の記録。日常読む本はほとんどブログのアフィリエイトポイントで買わせてもらってます。感謝。


by macchi73
カレンダー