人気ブログランキング | 話題のタグを見る

週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)

週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22115326.jpeg

仙川、野川、多摩川を辿って、川沿いサイクリング。
長閑な野川や広々した多摩川とはちょっと違い、コンクリで護岸された仙川は街の中にしっかりパッキングされた川という感じで、お風呂のような洗剤のような甘ったるい匂いがしばしば強く漂ってくる。悪臭って訳じゃない、でも決して清流ではない、生活排水の匂い。変に懐かしい。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22115124.jpeg


それで二子玉の坂道でヒルクライムして、途中にあった瀬田玉川神社の階段を上ると、柵に神社クイズが点々と貼ってあって狛犬について知ったりする。ふーん、右側の口を開けてるのが阿形でオス、左側の口を閉じてるのが吽形でメスなのか。雌雄があるの、知らなかったかも。

それで鳥居くぐって参道を進むと、3対の狛犬ペアが迎えてくれた。どれどれ、どんな阿吽ペアかな。よく見てみよう。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22114886.jpg
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22114506.jpeg


* * * * *


で、こちらが最初に出迎えてくれた1ペア目。

メスは懐に子を抱いてて、オスは鞠に前足を乗せてる。今まで狛犬をそんな目で見たことがなかったが、お母さんとお父さんみたいだな。

阿吽いずれも筋骨隆々で凛々しい佇まいで、子にサッカー(蹴鞠?)の英才教育を施さんとしているスポ根夫妻のようにも見える。どちらも狛犬界の堂々たるエリートって感じだなあ。強そうだ。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22114378.jpeg
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22114153.jpeg
「この球をしかと受けよ、息子!」
「ハイ、お父さん!」
「大丈夫、あなたならできる」
……的な声が聞こえそう


* * * * *


さらに本殿に向かって参道を進むと、鳥居の内側に2対目がいた。

やはりこちらも阿形は鞠、吽形は子狛を抱えているが、1対目よりも筋肉量が少なくて休日の公園でボール遊びせんとす文官夫妻って感じか。境内を守る者として、文武で担当分けしてるのかもしれない。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22113935.jpg


* * * * *


そうして最後に、本殿のすぐ前に小ぢんまりと座り遊ばしていた3対目。

前の2対からするとグッと小柄だし、黒っぽい石の質感も違うし、このペアが一番古参っぽいかな。まるで子の毛繕いしているような優しそうな仕草の吽形だ。顔もなんだか微笑んでるように見える。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22113709.jpeg


そしてその対になる阿行は……

ええっ、イクメンじゃん!

口を開けてるしオス型なのは間違いないんだろうけど、鞠じゃなくて子を抱えてる。そうか、ここは二人っ子だったか……そしたら手分けしないとね。なんか笑っちゃった。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22113485.jpeg


それでお祈りして、坂道下ってまた帰る。
こう毎週、Macchiは何のお祈りしてるの?と夫に聞かれ、実は手を合わせるものの「こんちは・どうも・お邪魔します」くらいしか思い浮かばないんだ……貴方は何を祈ってるの?と聞き返したら、えー、俺は絶対に毎回3つ4つは祈ってるなあ、言っちゃって良いのかなあ、どうしようかなあ……とニヤニヤ・くねくねするので、危険を感じて、いや別に無理に言わなくて良いよと聞かずにおいた。

二子玉のガラス張りの路面店の並ぶ通りでショッピングして、高島屋でランチして、砧〜祖師谷の長々と続く商店街で買い食いして、こういうのも休日っぽくて良いな。
週末散歩:狛犬の雌雄(瀬田玉川神社)_e0134713_22113131.jpeg



狛犬に諸種あり、左右で別々の生き物(右が獅子、左が狛犬)という説も。



名前
URL
削除用パスワード
by macchi73 | 2023-11-12 23:30 | 【その他】日記 | Comments(0)

庭ブログのはずだった。なのに昆虫の記事がダントツで多い。虫 & 植物 & 子供の記録。日常読む本はほとんどブログのアフィリエイトポイントで買わせてもらってます。感謝。


by macchi73
カレンダー