人気ブログランキング |
2020年 11月 16日
トンビマイタケと、クロキノコショウジョウバエ(鳶舞茸、黒キノコ猩々蝿)
トンビマイタケと、クロキノコショウジョウバエ(鳶舞茸、黒キノコ猩々蝿)_e0134713_21430504.jpg
先月見つけた舞茸らしきキノコ。ペットボトルは、大きさ比較用。すごくでっかい!巨大舞茸だ。

舞茸って、キノコハンターには、見つけたら舞うほど嬉しいものだと聞く。早速、自慢しようとキノコに詳しい人に写真を送ったら、トンビマイタケだね、という案外静かな反応だった。ち、ダンスしちゃう舞茸と違うのか。でも若い株は美味しいらしい。ちぎってみたら、良い匂いがした。

トンビマイタケと、クロキノコショウジョウバエ(鳶舞茸、黒キノコ猩々蝿)_e0134713_21430383.jpg
人に美味しいものは、たいてい虫にも美味しい。よくみたら、たくさんのクロキノコショウジョウバエが、びっしりって感じでくっついていた。真っ赤な目が特徴の、2mmくらいの極小蝿だ。うーん、人にはちょっと塔が立ちすぎか。

トンビマイタケと、クロキノコショウジョウバエ(鳶舞茸、黒キノコ猩々蝿)_e0134713_21430187.jpg
で、秋のキノコたくさん食べたいなーってことで、買い物して帰って、夜にはキノコのキッシュを焼いた。ハーブ類も投入したパンやスープも作ったが、だいぶ庭も秋っぽくなったな。冬前に、色々収穫しておかないとだ。

トンビマイタケと、クロキノコショウジョウバエ(鳶舞茸、黒キノコ猩々蝿)_e0134713_21430023.jpg

タグ:

by macchi73 | 2020-11-16 06:00 | 【自然】きのこ、菌類 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


     野生の萩いろいろ:ヌスビトハギ... >>