人気ブログランキング |
2020年 07月 31日
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15225776.jpg

そういえば、先日また一つ歳をとったんだった。
誕生日には家族全員集まったんで休みもとってたんだけど、緊急ってことで出勤。まあみんなしばらく家に滞在するから良いんだけど。今年はコロナで緊急が多い。一年の計は誕生日に表れますなって感じ。

で、別日、夫とサイクリングで神社を通りかかって散歩してたら、今年は息子が厄男だと知った。それで息子に厄除け・一人暮らしの娘には健康安全・受験の末っ子には合格祈願のお守りを受けて帰る。ついでにおみくじ引いたら、吉だけどとっても嬉しい内容だった。にやり。今年も楽しい一年になりますよう。

誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15225524.jpg

川沿いサイクリング中、スッポンを何箇所かで見かけた。
ふーん、まるまる太ってんな……スッポンって美味しいらしいが食べたことないんだよな……と、しばらく双眼鏡でジッと眺める。私ももう五十近くともなれば、そろそろ一度くらいはスッポンを食べてみても良いかもしれない。

誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15225337.jpg
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15225119.jpg


とか言いつつ、お祝いのご馳走は地元から送ってもらった牛タンにする。子供の頃から何かと牛タンばかり食べてたんで、丸っと一本、牛タンだけを食べるの懐かしい。美味しいね!とモリモリ食べてたら、あれ?下からも煙出てない?なんか変じゃない?

……気づいたら、鍋敷きとテーブルが燃えてた。

うわっ!ミニ火事発生!火災報知器も鳴り出して慌てる。火消し壺とかは用意してたけど、久しぶりの室内での炭火焼で七輪台を忘れてた。鍋敷きとピザストーンだけじゃダメだったか。無垢のちゃぶ台に、まん丸の焦げ跡が黒々と……。後でグラインダーをかけてはみたが、綺麗には消えそうにない。また一つ、ちゃぶ台に消えない傷跡を刻んでしまった。「これはあの誕生日の時の」ってずっと思うだろう。それもまた良し(か?)。
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15224922.jpg


夜。子供たちが合図して並ぶので、これはまさか?と思ったら、誕生日プレゼントの贈呈だった。不意打ちだったんで凄く嬉しい。子供たちから改まったプレゼントが有るときと無いときとのランダム感、どういう法則なのかよく分かんないんだけど、おかげでいつも驚きがあって良いもんだ。
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_15224873.jpg


プレゼントは、高機能なマスクと柔らかいストールと化粧品セットだった。
むむ。洗顔はお風呂の固形石鹸、洗いっぱなし、お化粧はオンリーミネラル一品のみで済ましているお母さんに、いきなり高度なラインナップじゃないか。これは一体どういうアレかな……?と思って能書きを読むに、どうもホワイトニング重視の化粧品っぽい。

なるほど、了解。子どもたちからのメッセージ、しかと受け取った。シミ・ソバカスを絶賛育成中のお母さんだけど、今年からはお化粧もオシャレもマスクもして、身綺麗なマダムに変身だ。次の誕生日にはきっと若返ってるぜ!乞うご期待!

(ちなみに自分で買ってるコレも楽チンでけっこう気に入っている……年に1個で余りあるし、1,2分で全て完了だし、何か付けてる感じもしなくて、めちゃ手軽)



* * * * * * * * * * * * * * * * * *

スッポンを見れば食べてみたいと思ってしまうのは、この漫画のせい。北斎の周りで起きる色々の短編集。
愛人宅で食べるスッポン鍋が美味しそうなんだ。淡々として散漫で、でも全体としてもまとまっていて、凄く好き。




映像化もされてるというのを子どもから聞き、「ストーリーまとめるの難しそうだけどなー」と思いながら、観てみたらなかなか良かった。スッポンを食べるエピソードは使われてなくて残念だったが、北斎の娘で絵描きのお栄と妹のお猶のエピソードに絞ってすっきり見せてる。
もし時間旅行できるなら江戸時代にも行って、橋の上から景色眺めたり、浮世絵に残ってる場面見物に行ったりしてみたい。

『百日紅~Miss HOKUSAI~』(原恵一)


現存するお栄の絵。陰影がなんか西洋画っぽくないか。
特に格子の中の女性たちの面の影、小さく揺れるに照り映えているだろう様子がリアルに想像される。
誕生日、『百日紅』(杉浦日向子)_e0134713_22024448.jpg
(葛飾応為「吉原格子先図」19世紀 / Public domain)
お栄の画号は応為。いつもオーイと呼ぶから応為。
こんなに描ける娘じゃ、きっと北斎も面白がっただろうな。






タグ:

by macchi73 | 2020-07-31 06:00 | 面白かった本など | Comments(12)
Commented by sunandshadows2020 at 2020-07-31 13:02
お誕生日おめでとうございました!
これからも楽しく、美味しく、美しく。
50歳前、羨ましいな。
Commented by Like a R. S. at 2020-07-31 20:44 x
お誕生日おめでとう
何も贈れないけどせめてキスを チュッ!
Commented by macchi73 at 2020-07-31 23:13
お転婆シニアさん、
ありがとうございます。
これからの美の前提としては、健康と筋力が肝かなと思うので、睡眠とって、運動しないとですねー。
40代後半、まだまだヘロヘロして子ども臭いんだよなーと思う今日この頃ですが、堂々&溌剌とした50代、60代目指して、精進します!


Like a R. S.さん、
あっ、すみません、反射的によけてしまった!
このコロナの折、ハグやキスなどの濃厚接触は、、、、
お気持ちだけ受け取ります。ふふ。ありがとうございます。

Commented by LB15 at 2020-08-01 00:16 x
おめでとうございます☆

杉浦さんのおかげで蕎麦好きになりました。
関東から離れてしまったのですが、こちらにも美味しい蕎麦があって一安心。
県庁のわりと近くの用水に立派なスッポンがいらっしゃいます。
買い取り業者がいるそう(笑)
Commented by うり豆 at 2020-08-02 13:04 x
macchiさんてどんな方なのかしら?
Just The Way You Areなダイアン・キートン、「Kill Bill」のユマ・サーマン・・
今時のキャリアウーマンが身近にいないので、帰宅が午前様なんてどんなお仕事をされているのか、興味深いです、
「毎日なにか失敗して、かならず目撃者がいる、冒険人生、「おしりで滑るしかない」
 斜面を旅して、いそがずに、大好きな、きみに飽きるまで」冒険人生・福間健二
今年二度目のカナカナが鳴いています、
Onnea(オンネア)macchiさん
Commented by macchi73 at 2020-08-02 17:35
LB15さん、
蕎麦美味しいですよねえ。私も大好きです。子どもの頃から蕎麦がきが大好きという、喉越し派じゃなくてモグモグ食べ派という、ちょっと邪道な蕎麦好きですが……(でも普通のざるも好き)。

スッポンは、サイクリングする範囲に有名な懐石のお店があるんですよね。
若い頃から前を通りつつ、いい匂いだなーと香りだけ嗅いで、尻込みして入れないでいるのですが、よし今年は入ってみようと決意中。
スッポンの旬は秋以降だと思うんで、年後半の楽しみが一つできました。

ちなみにそれで凄く美味しかったとしたら……川で釣りして食べる人って多いじゃないですか。スッポンもよく見かけるし、捕獲して食べてる人っているのか?と気になったり。
Commented by macchi73 at 2020-08-02 18:00
うり豆さん、
私も、コメントいただく方でどんな人なんだろうと気になる人が何人かいます。うり豆さんはすっごい読書家で素敵な喫茶店も知ってる都会のご婦人のイメージですが、どういう背景の人なのかなとか。

私ですが、全然キャリアウーマンの香りはないです。電車とかにいっぱいいますよね、4,50代の居眠りしてるサラリーマン。大抵の人は、素養としては特別に秀でたとこもなく、だけど何十年か続けてるうちにその狭い分野のことだけ詳しくなってそれで食べてる……ロポでいえば汎用型みたいな。それを想像してもらえれば、だいたい私の感じですよ。

そして残業も厳しくなる昨今、毎日遅くて疲れたなーってぼやいてる時期でも22-24時くらいには帰れてます(すみません!疲れた疲れた大げさなタイプで……疲れてるのは単に生まれつきかも)。ただ、朝が早いのがずらせない職場なので、朝が弱い私には年齢と共にボディブローのように効いて来て……。なので、もう今後は早く帰ろうと決意中。リモートも普及しましたしね、家で続きはやりやすくなりました。コロナのせいで夜も休日も関係なくメチャクチャ忙しかった(&もうしばらく忙しい)ですが、残ったものは悪いことばかりでもなかったな、自分には。

福間健二さん、名前は知らなかったけど、調べてみたら翻訳本は何冊か読んでました。詩人で映画評論家なんですね。翻訳以外も読んでみようかな。そうだ、映画本、私は武藤起一の『映画愛(監督編)』っての、面白く読みました。多分、ちょい古めの我々の同時代監督ラインナップっていう気がするので、もしどっかで見かけたら是非!
Commented by うみてん at 2020-08-03 05:58 x
いつもコッソリ寄らせていただいてるのですが、お誕生日と、自分も大好きな杉浦先生のお名前を見て思わずコメント。もしかして、やまだ紫先生もお好きでしょうか。未読でしたら「性悪猫」とかお勧めします。きっと気に入ると思います。今年は夏が短そうですね。昨日やっとツクツクボウシを聞きました。そして、お誕生日おめでとうございました。またヒッソリ寄らせてください。
Commented by LB15 at 2020-08-03 16:20 x
スッポンはその界隈ではメジャーな食材みたいです。
→https://www.outdoorfoodgathering.jp/fishing/supponyakiniku/
この人のイベントに行ったことがありますが、お客さんの持ち込み料理も珍しいものが多くて楽しかったです。競争率高過ぎですが…
Commented by macchi73 at 2020-08-03 20:05
うみてんさん、
やまだ紫、読んだことがなかったですが、面白そうですね。
ありがとうございます、読んでみます!
ほんと、これから梅雨明けなんて、今夏はどんな感じなんでしょうね……。年に一度は海水浴と決めているのですが、今年はタイミングを逃しちゃいました。


LB15さん、
うわっ、面白そう&美味しそうな会ですね。

なるほど。臭いは亀に似てるんだ。
昔、旅先を散歩してたら、ウミガメの子亀をいっぱい海に放ちつつ、代わりに大きな成体一頭を捌いて神社の氏子の方々が食べるというお祭り(?)をやってて、一杯食べて行きなさいということでご相伴に預かったんですが、一口目の感想が、うわっ亀の臭いだ!という強烈な印象でした。
その後、宿の近所の料理屋さんでまた食べたら、そちらは臭みがなく美味しかったんで、多分ぶつ切りの仕方で内臓とかの臭みが出るのかな。こんなに綺麗に捌いてたら、美味しそうですね。

漫画でも、甲羅が柔らかそうで、美味しそうだなって思ってたんですが、やはりそこは美味しい部位なのか……。この生き血は、なんで固まってんだろ?自然にそうなるのかな。興味津々です。
Commented by africaj at 2020-08-08 23:14
遅ればせながら、おめでとうございます。
オンリーミネラル、私もです。楽で石鹸で落ちるのが良いですなー🎶

「百日紅」漫画が好きで、映画は結局観てないんですが、なかなかなんですね。去年か一昨年にドラマになってましたよ。ちょっとげんなり。私の理解するお栄より女なんだもの。
応為の絵が見たくて太田記念美術館に何度も通ってはフライングで、去年かなやっと観られたのです。時間を忘れて見入りましたよー。
Commented by macchi73 at 2020-08-10 08:07
africajさん、
そうそう、つけたまま眠れるってことは、すっごい疲れて洗顔もしないで寝落ちした場合もまあまあOKか?とか思ったりして。そこまでOKした覚えはない!ってミネラルに言われそうだけど。
たまーにちゃんとしたファンデーションつけたとき、うわっ、重い、気持ち悪、って思いますね。実は化粧水とかのしっとり感にも、今、慣れるように努力中。果たして効果は出るのか?

百日紅、やはり漫画が一番好きではありました。あの散漫な感じは、漫画が一番あってるのかも。それか、漫画日本昔話みたいな感じで、ぽつりぽつりと一話ずつか。
ずっと忙しすぎて(あとコロナか)、美術館やお出かけに全然行けてないんですよね。動けないくすぶり感が凄いです。ううう、どっか行きたい。のびのびしたい。いつも気重。
コロナ&仕事、凄く連結してるので、どっちも早くケリをつけたいです……。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 遅い梅雨明け      長梅雨で徒長する、『息吹』(テ... >>