人気ブログランキング | 話題のタグを見る

カシラダカとホオジロの見分け方

カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_1911169.jpg
【カシラダカ(頭高)】スズメ目ホオジロ科
  • 野生絶滅の危険性が高いとして、2016年から国際自然保護連合のレッドリスト危急種に入れられている。日本国内だと個体数減少をあまり実感できない鳥のように思うが、北欧と東アジアの両方で、30年間で75~87%も減少しているという分析もあるようだ。
※詳しくはこちら: 「カシラダカが絶滅する?」(公益財団法人 山階鳥類研究所)

水辺の葦原でカシラダカの群れを見つけた。
実物をよく見てみたら、先日、カシラダカかもしれないと思っていた鳥は、カシラダカじゃなくてホオジロだったんだなと確信した。ホオジロは体全体が薄褐色でのっぺり均一な色だったが、カシラダカは赤茶色のウロコ模様がかなり目立つ。
カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_19111474.jpg
【ホオジロとカシラダカの見分け方】
●カシラダカの胴は白に赤褐色の鱗模様が入るが、ホオジロの胴体は一面薄茶色。
●カシラダカの尾は短いが、ホオジロの尾はやや長め。
●冬のカシラダカは大群だが、ホオジロは小さい群れか単独。

名前のせいで頭頂部ばかり注目してしまうが、この腹の真っ白さと体全体のマダラっぽさが、カシラダカの一番の特徴と見た。
カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_19111354.jpg

あと、ここは一つ強調しておかねばと思ったのは、カシラダカの名前の由来の高く盛り上がった頭頂部は、別にカシラダカだけの特徴ではないということだ。ホオジロ科の鳥はみんな(ホオジロ, アオジ, ミヤマホオジロ, etc.)、頭頂部を逆立てている姿をけっこうよく見る。

その度に、私のような探鳥初心者は、「ええっ、もしかしてあれはアオジにそっくりに見えるけどカシラダカか?ホオジロ科の同定って難しいな……」と混乱状態に陥るので(それとも、そんな慌て者は私だけなのか……)、図鑑でもウェブでも、カシラダカのページには「頭頂部の羽が高く逆立っているという一点のみでもって、カシラダカ判定することなかれ(そういう鳥はけっこういるよ)」って、注意書きを付けておいて欲しいな。

カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_19111191.jpg
カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_1911996.jpg
カシラダカとホオジロの見分け方_e0134713_1911839.jpg
↑ しかも、カシラダカなのに頭頂部が逆立っていない状態の時もあるんだ。

Commented by otenbasenior at 2019-02-17 23:00
そっくりさんで見分けつけるの難しいですね。
鳥は動きが素早く、全貌も見えないこともあり双眼鏡が必要となることも多いですね。
今回自宅に戻ったので忘れた双眼鏡を持って砂漠に戻ります。
これで野鳥観測出来るのが嬉しくて。
Commented by macchi73 at 2019-02-18 23:31
お転婆シニアさん、
砂漠の鳥って面白いのが色々いそうですね。見てみたい!
昔、クラクションみたいな鳴き声のめちゃくちゃ俊足の鳥が出てくるアメリカのアニメ(コヨーテとロードランナー)っていうのが好きだったんですけど、アメリカにはモデルの鳥が本当にいるみたいですね。
アニメの背景が砂漠風だったから、もしかしてあのロードランナーが、ご近所を走り回ったりしているんでしょうか……。
名前
URL
削除用パスワード
by macchi73 | 2019-02-17 20:30 | 【動物】野鳥 | Comments(2)

庭ブログのはずだった。なのに昆虫の記事がダントツで多い。虫 & 植物 & 子供の記録。日常読む本はほとんどブログのアフィリエイトポイントで買わせてもらってます。感謝。


by macchi73
カレンダー