2018年 06月 10日
キッシュ・タルトの簡単土台の作り方
e0134713_341259.jpg
結婚記念日に、久しぶりに夫と二人で並んで台所に立って色々とご馳走を作った。楽しい。いつも美味しいご飯ありがとう。

先日はピンとこなかった出来のキッシュだが、小金井市のオーブン・ミトンというお店で食べたキッシュが美味しかったので、そこの店主の小嶋ルミさんの本に載っていたアパレイユを試したら、今度はとっても上手にできた。トロリとした食感を出すには、アパレイユにも粉を使うのがコツっぽい。


『パティスリー・サレ オーブン・ミトンの塩味のお菓子』(小嶋ルミ)


以前ケークサレを作った時に美味しくできたので信頼度が高いレシピ本。

今回は一番シンプルなチーズのキッシュを試してみたが、他にも美味しそうなレシピがいっぱい!

この本のレシピは、さすがお店用という感じで、グラム数が細く厳密で、しかも手順も生地を一旦冷やしてから伸ばしたりと、かなり手間をかけて丁寧な感じ。きっとそれを守ることでお店みたいにめちゃくちゃ美味しくできるってことなんだろうと思う。

が、クッキーみたいなプリゼ生地を土台にしたキッシュを作りながら思ったのは、これは一昨日作ったグレープフルーツのタルトのレシピによく似ている……。で、そちらはかなりお手軽なレシピだったので、両方を適当に合わせて作った、自分が覚えやすいタルト生地のレシピをメモしとく。

【キッシュ・タルトの土台の作り方】

(1)材料は、バター100g、小麦粉150g、卵黄1個。
それと、グラスに人差し指一本分くらいの水を入れて、そこに塩4つまみ、砂糖6つまみを溶かしておく(ひとつまみ0.5g)。
e0134713_3412463.jpg
(2)バターをクリーム状にヘラで練る。
(3)そこに小麦粉をドサッと投入し、細かいそぼろ状になるまで、ヘラで切るように混ぜる。
(4)よく溶いた卵黄を(1)の水・塩・砂糖のグラスに入れて混ぜ、(3)の生地に回し入れる。
(5)さらに切るように混ぜ合わせる。
(6)生地に粉っぽさが無くなったら、パイ型に敷き詰めて、冷凍庫で10〜15分ほど冷やす。
(7)冷えて固まった生地にフォークで穴をあけ、200度のオーブンでほんのり薄く焼き色がつくまで、10〜15分ほど焼く。
e0134713_3445397.jpg

以上で土台は完成。簡単だし、サクサクで美味しい。
この土台の中に、フルーツとフィリングを入れて焼けばフルーツタルトになるし、卵・生クリーム・チーズなんかを入れればキッシュになるという訳。バター:小麦粉の比率は1:1.5で、冷やしたり焼いたりする時間も10〜15分、と覚えればOK。

これから夏の朝食に、いろいろ試してみようと思う。
e0134713_3412126.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-06-10 06:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)
Commented by watmooi at 2018-06-10 13:59
結婚記念日にふたりでお料理、
なんか素敵です。
おめでとうございます🥂🍾💐‼️
Macchiさんのようなやさしい気持ちが大切なんですね。
回数だけは多いわが家、
大切なこと教えてもらったような気がしします。
Commented by うり豆 at 2018-06-10 15:03 x
「滄浪泉園」を訪れた後「はけの森美術館」を知り残念!最近は新宿までも出かけず・・
武蔵野台地、国分寺断崖は養老渓谷やタマガワ高島屋の地が此方の果てです、広いなぁ~
「オーヴンミトンカフェ」シュークリィム美味しそう、粉と卵は幸せの方程式なんだ、女王様もタルトだかパイを焼いている、ほうれん草のキッシュしか作った事がない門外漢ですが・・
「雨のヴァージニア」なんて曲が流れています。
Commented by macchi73 at 2018-06-11 01:12
watmooiさん、
回数を重ねられたこと、尊敬&お祝いいたします。
何でも続けるというのは、努力や心がけだけでもどうにもならないこともあるし、幸運だけでもダメですよね……。
とか言って、ぼーっとしてたら何十年と過ぎてしまった感というのが、実際のとこですが。
そちらもこちらも、できれば楽しく共白髪となりますよう。

うり豆さん、
国分寺断崖沿いはよくサイクリングのフィールドにしてるのに「滄浪泉園」は不覚にも知りませんでした。面白そうだから、次回通りかかったら探してみようっと。
渓谷は、もしかして等々力渓谷かな?そちらもサイクリングで行きますよ。
街中なのにいきなり渓谷、面白いですよね。
Commented by うり豆 at 2018-06-11 12:23 x
Exactly!
等々力渓谷です!当方の大間違い(笑)
こんな方面迄、遠征されるんですねぇ、
「五島美術館」「静嘉堂文庫美術館」今佳い催し物中です、此の辺りは雑踏を離れていい雰囲気です。
Commented by macchi73 at 2018-06-11 21:01
うり豆さん、
お、また面白そうな場所ありがとうございます。
次回その辺を通りかかる時は見てみます。楽しみです。

今の自転車は車体がすごく軽いから、都内なら西は奥多摩から東は東京湾まで、どこでも割とすぐ行けちゃうんですよ。都心は色んなものがあるから広そうに思うけど、実は距離的にはかなりコンパクトシティなんですよね。

でも自転車好きで、何でもできる限り現地集合で(自分は自転車で行くから)!っていう感じなので、未だに電車はよく覚えません……


<< 雨の庭ですること(梅雨前の切り戻し)      ウメエダシャク(梅枝尺) >>