2018年 06月 08日
あり余るほどの収穫対策
e0134713_04859100.jpg

ブラックベリーやボイセンベリーの果実が少しずつ色づき始めた。今年はどうかな、豊作かな。

とらぬ狸の皮算用で、「旬の時期にお手頃価格でたくさん手に入る果物や、いただきものでつい余らせてしまうフルーツを使ってつくるお菓子のレシピ集!」なんてキャッチの本を買ってしまった。果たしてはたして、余らせるほどのベリー収穫ができるや否や!?

『やさしい果物のお菓子 すべての手順が写真でわかる10枚レシピ』(飯塚有紀子)

一品につき見開き左右にレシピがまとまっており、全工程に写真がついているので、調理台に開いて手順を確認しながら調理を進めやすい。

写真も分かりやすく綺麗。どれも10工程で作れるレシピなので、初心者でも簡単に作れそうなシンプルなものが多い。



それで早速、本から試しに一つ作ってみた。グレープフルーツのチーズタルト。
e0134713_0485779.jpg

焼いてる途中、お風呂上りの子供が寄ってきて、お母さん何してるの凄く良い匂い!と言う。台所いっぱいにグレープフルーツの香り。

焼き上がった端っこを味見したら、美味しい!主役のグレープフルーツが引き立っている。家にある材料だけで簡単に作れるから、いろんな果物で応用できそうだ。アンズなんかでも美味しそう。
e0134713_0485635.jpg

本には、「焼きたてでも冷やしても美味しい、密閉容器に入れて冷蔵庫で3日間ほど日持ちする」と書いてあったので、焼き型にそのまま蓋をして冷蔵庫へ。翌朝の朝ごはんの一品となった。
e0134713_7561864.jpg
* * * * * * * * * * * *

どれだけ収穫できても問題無いよう、すでに保存の準備はできている。
さあ来い!



野田琺瑯は、オーブン料理してそのまま蓋して保存できて重宝する。
ホーローは直火にもかけられるのが凄く便利なんだけど、電子レンジ利用は不可。


iwakiの耐熱ガラスはオーブンもレンジもOKだが、直火はNG。
透明なので、層を見せたい料理にはこっちを使っている。


e0134713_7572277.jpg
薄めのタルトで、形としてはフロランタンみたい。
タルト台はサクサクホロホロでフィリングはクリーミー。
この美味しさを一言でいうならば……と標語好きの娘。
「『サクッ、ねっとり、ジュワ〜』、いや違うな、『香ばしく、濃厚で、爽やかな味わい』、
夏の果物にぴったりだと思います。明日も作って」

[PR]

by macchi73 | 2018-06-08 06:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
Commented by wabisuke-miyake at 2018-06-08 06:39
おぉ…あんず
先日、たくさんいただいたのに
ジャムとあんず酒になっちゃいました。
チーズケーキ美味しそう。
お菓子の本は買っただけで満足してしまう
ダメダメな私です(^^)v
Commented by macchi73 at 2018-06-09 22:40
侘助さん、
へえ、アンズもう出来てますか。こちらはあとちょっと後かな。
アンズって美味しいですよね。ジャムの中では一番好きかも。
お菓子の本も裁縫の本も園芸の本も、買うだけでうっとり満足してしまう……。同感です。


<< ウメエダシャク(梅枝尺)      Q. 秋まきの種を春にまいたら... >>