2018年 05月 28日
ハラアカマルセイボウ(腹赤丸青蜂)と、輝く虫たち
e0134713_22195670.jpg
草叢の中に、キラキラ動く小さな点を発見。昆虫アイが発動して、精神的ズームがかかる。視力が悪い目にもわかる、上半身(って言うのか?)はメタリックグリーン、腹部はメタリックレッドの派手なヤツ。これは虫好きなら誰もが憧れるはずのアレじゃないか?図鑑で見て思ってたよりずいぶん小さいけど、きっとアレじゃないか!?

「セイボウだ!」って、心躍りながら、駆け寄りたいのを我慢してジリジリ近づいたが、あいにくマクロカメラを持っていなかった。うう、残念。ピンボケ写真だけ撮って、後で調べたら、ハラアカマルセイボウだと分かる。
e0134713_22195416.jpg
メタリックカラーつながりで、アカガネサルハムシ(赤銅猿金花虫)も見つけた。こちらも小さいけど美しく輝く翅を持つ。
e0134713_22195244.jpg
休日は、友人知人同僚などとお出かけしたりも多いこの季節。昆虫アイが発動した時に一人じゃないと、後ろ髪ひかれながらその場を立ち去るということがしばしば発生する。だいたいそれを大幅に上回る楽しさが進行中なのでグッとこらえるが、あとで「アレって何だったろうなあ……」とかふと思ってしまうこともある。

しかし、夫と一緒の時はその手の我慢は殆ど発生しない。かわりに、もうー、macchi, すぐに立ち止まるのやめてくれよ!早く!おいってば!!!と怒っている夫がよく発生している。

そのくせ、今日はセイボウ見たのに綺麗に写真撮れなくて残念だったなーとか夫に話すと、それってどういう虫?どこにいたの?と聞いてきて、翌日あたり「見つけたよ!」と親切にも見せてくれる。そして、それが十中八九、違う虫なのである。

↓↓ 夫がみつけたセイボウ、ではなくてウデゲヒメホソアシナガバエ。メタリックカラーの虫を見つけるといつも嬉しくなるのに、ハエだけは光っていても全く嬉しくないのは何故だろう。しかも、夫は忘れているようだが、前にも「すごい虫みつけた」と、得意そうにこの虫を見せてくれたことがあるのであった。これはなあ、庭にいっぱいいるんだよ……。
e0134713_22195057.jpg

[PR]

by macchi73 | 2018-05-28 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(5)
Commented by wabisuke-miyake at 2018-05-28 10:19
去年、庭仕事してて青蜂の欠片見つけました(^^)v
うちの庭にもきているのかと小躍りしましたが…
いまだに飛んでるところには遭遇していません。
女郎花によく飛来すると聞いたので植えようかなと画策中です(^^)
Commented by Amelia42 at 2018-05-28 18:06
macchiさん

コマルハナバチ↓ってカワイイねー!
こんなの庭で見たことあるかな?
全身、ゴージャスな毛皮纏って、しかも交尾のところなんて貴重すぎる写真!
昆虫アイ、いい仕事しますなー。

だけどね、笑ったー。旦那様と私は一緒だー!
「うちにもいるよー」って独りごと(でもmacchiさんにだよ)言って読み進めたら、うわー そうそう、うちのもハエだわ。
今日も私の右手の甲に止まったのは、正しくこのハエでした!! 笑
Commented by macchi73 at 2018-05-28 20:16
侘助さん、
セイボウのかけら。
ロマンチックなような、ホラーなような……。
憧れの蜂ですよね。私ももう一度見てみたい。真っ青なタイプもぜひ見たい。
オミナエシに来るとは良いこと聞きました。秋になったら探してみよう!

Ameliaさん、
ええーーだって、アブと蜂じゃあ全然顔が違うし!触覚も違うし!間違える人の気がしれない!!

……なんて一瞬、夫とAmeliaさんをディスりかけてしまいましたが。
そういう自分も、コマルハナバチの写真の中にハナアブの写真を混在させていたようだと、ついさっき大きい画面で写真を見て気づきました。
交尾の写真、顔をよく見たらコマルハナバチじゃなくてハナアブかも。がっくし。
Commented by うり豆 at 2018-05-30 13:37 x
ハラアカマルセイボウもホソヨツバセイボウその他のセイボウ皆狡い輩です、
サルハムシの「サル」って・・未だ判らず、
アシナガキンバエはライム色の小さな悪戯っ子、葉っぱの上をすいすいゆきます、別に悪さはしない様です(笑)ハエのプックも面白いけれど・・
Commented by macchi73 at 2018-05-30 23:40
セイボウにはセイボウの、人には人の環世界。そこではいろんなものが全く違っているのかも。狡いが素敵で、快が不快で、匂いを触って、音を見て……時々、全然違うモノの世界を想像してみるという遊びが、わりと好きです。頭がぐるぐるします(←危ない人)

サルハムシの猿は、くくり猿からきてると読みました。
似てるといえば似てるけど、特別そっくりという訳でもなく。何故この世界の諸々の中でマイナー寄りと思われる「くくり猿」なんてものになぞらえたのか……。
くくり猿によっぽど慣れ親しんでた方が命名したんですかね。あ、これ何かに似てると思ったら、くくり猿やないの、とか。

プックって、もしかしてみつばちマーヤかな?と思って検索したら、当たってた!


<< 桑の実のスパイス・ジャムの作り...      コマルハナバチ(小丸花蜂)→ ... >>