2011年 01月 20日
イモカタバミ(芋片喰)の塊茎
先日イモカタバミの根だと思ったものはムラサキカタバミだったことが判明したが、過去の花の写真をよくよく見比べてみると、芝生脇に生えている一群は、どうもイモカタバミなんじゃないかと思われて来た。

で、一部掘り返してみたところ、ビンゴ!

e0134713_1656319.jpg

先日の大根っぽい根とは違う、見るからに芋のような褐色の塊が出て来た。
そうそうコレなら確かに芋だよ!芋カタバミの名に恥じないよ!と喜ぶ。

ま、冷静になって考えてみると、庭に蔓延って嫌われがちな雑草なんだけどね……。
どうせ雑草でいっぱいの庭なら、種は多ければ多いほど楽しいわい、ってな感じで。満足。
[PR]

by macchi73 | 2011-01-20 17:00 | 【自然】雑草、野草 | Comments(2)
Commented at 2011-01-23 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by macchi73 at 2011-01-23 21:17
匿名さん、
ありがとうございます!
もしかして……と試してみて、思っていた通りの結果になった時って嬉しいですよね。
思わずにんまりしてしまいました。

元は園芸用だったんですね。
何故庭に紛れ込んだんだろうと考えるに、もしかしたら他の植物を貰った時に、土に紛れ込んでいたのかもしれません。
同好の志と植物をやりとりする時に、割とごっそり土をつけてたりするもので。

次に花が咲いたら、イモカタバミとムラサキカタバミ、ちゃんと区別した目で見られると思うと嬉しいです。教えていただいて良かったです。


<< カレル・チャペック『園芸家12ヶ月』      冬の庭仕事:土作り、剪定 >>