2010年 03月 21日
ヘチマ
ヘチマの育て方:
●種まきは4月。
●収穫は7月以降。
●種は1cmくらいの深さに埋める。ウリ科の種は、横に寝かせて植えると育ち易いらしい。
●本葉10枚で最初の摘心をして、子蔓を3,4本出す。孫蔓には花がつきやすいので、邪魔でなければ剪定しない。
●支柱にしっかり固定することで健康に育つ。
●施肥は、葉が6枚になったら野菜用肥料を一度。その後、10日置きに3回ほど。
●若葉や若い実はおひたしや味噌汁の具にして食用可。大きくなった実でタワシが作れる。茎から出る水はヘチマ水として利用される。


2010/3/21
とっても暖かい休日。末っ子が庭仕事をしようと言う。
どうやら昨夜買った、子供用の庭仕事セット(スコップ・フォーク・クマデ・エプロン・手袋・ビニールバッグ)を使いたくて仕方無いらしい。
しかし手持ちの種を見たが、どれも撒き時が5月頃だ。
仕方無いので、その中では一番早い時期でも大丈夫そうなヘチマを撒いてみることにした。

e0134713_19572680.jpg
種はスイカそっくり。
ウリ科仲間だもんな。


e0134713_19582647.jpge0134713_19584156.jpge0134713_19585275.jpg

発芽温度、足りるかなー。ちょっと心配だ。
ウキウキと期待に満ちた娘の顔を見るに、どうか上手く育ちますようにと祈る気分。
ま、もしも発芽が失敗したら、こっそり夜中に苗でも植えるか…(インチキ)。

2010/5/16
いまだ芽がでない…。ずっと寒かったし、これはもうダメだろうな。
「ヘチマまだかなー」と、緑のエプロンをつけては水遣りする娘を見ると、なんとも…うーん。
で、つい、ホームセンターで売られていたヘチマ苗を買ってしまう。

芽も出さなかった場所に急に苗が出現するのも何となく決まりが悪い(?)ので、裏庭に植えた。
が、数日後、また娘がプランターに水やりしていたので、がっかりするかなーと思いながら「寒過ぎてダメだったみたい。でも苗があったから裏庭に植えてみたよ」と言うと、「ふーん、そっか」と、やたらアッサリしてる。
なんだ、拍子抜け。

2010/8
放置していたら、裏庭で繁りまくっている。
これだけ繁っているのに、花や実の気配は全然無い。
葉っぱが馬鹿でかいのは、日照不足ということなんだろうか。

e0134713_044212.jpg

2010/8/16
猛暑と言われる今年だが、我が家の寝室が案外過ごし易いのは何故だ?
まさか窓の外で繁りまくっているヘチマのおかげか?

e0134713_040183.jpg
窓を開けると、ヘチマの葉が揺れて、ゴマのような香ばしい匂いがする。
なんだか美味しそうなんだけど……。


2010/8/20
突然、花が咲き始めた。でも雄花ばっかり。
雌花を探したけど、蕾一つ見つからなかった。

e0134713_050403.jpg

2010/9/5
西の庭に植えたへちまが、生垣や樹木をつたって北の庭にまで回り込んでいる。凄い。
今の時期になって、雌花がチラホラ見えている。
雌花は雄花にだいぶ遅れて咲くんだな。

咲きかけの雌花を柿の木のてっぺんに見つけたら、その付近には小さなヘチマが幾つもぶら下がっているのに気付いた。なんて取りにくい場所に……。

e0134713_1722494.jpg

2010/09/08
寝室の窓の外にも、突如へちまの実が姿を現した。
どうやら、窓の上で着々と成長していた実が、重くなって窓の正面に下がってきたらしい。
これまで全然気付かなかったよ。

e0134713_16352329.jpg

2010/9/11
一本、収穫して味噌炒めに使ってみた。美味しい。

2010/10/8
有名なヘチマタワシを作ってみた。楽しい。


更には、美肌効果のヘチマ石鹸を作ってみた。下手くそ。
[PR]

by macchi73 | 2010-03-21 20:01 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(2)
Commented by leuko at 2010-03-21 20:24
タネに爪切りで傷をつけると、よく吸水して芽が出やすくなりますよ。
ご参考までに。。
Commented by macchi73 at 2010-03-22 18:33
leukoさん、
本日、一部殻に傷を付けて埋め戻してみました。
それとリンク先のサランラップハウスの記事も参考に、段ボールとラップで簡易ハウスを作ってみました。
まだまだヘチマの発芽温度に満たない時期で心配ですが、これで発芽の可能性がだいぶ上がった気がします。
情報、ありがとうございました!


<< 株元が毛深い艶のある葉 → ヤ...      スノーフレーク(スズラン水仙) >>