人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年 12月 02日
濡れ落ち葉
濡れ落ち葉_e0134713_23210228.jpeg


毎朝、陽に透ける窓いっぱいの紅葉をみて「うわー、カラフルだなー」って思うんだけど、雨の日の地面もカラフルだ。お天気の日の紅葉は透き通って華やかだけど、地面で濡れてる紅葉は不透明に鮮やか。透過の赤と、反射の赤の差か。

同じトウカエデの紅葉でも、真っ赤な地面と黄色っぽい地面がある。南側の日当たりは赤くて、北側の木陰は黄色っぽい。

濡れ落ち葉_e0134713_23210411.jpeg
濡れ落ち葉_e0134713_23210097.jpeg


カラフルに色付くカエデや桜の落葉に対して、栗や木蓮の葉は枯葉色のグラデーションだ。
でも、白木蓮の褐色がかったモノトーンのグラデーションも綺麗なんだよなー。特にお天気の日に見上げると、黄〜橙〜茶色の丸っこい葉がてんでに重なって透けて、とっても明るい気分になる。赤に包まれる紅葉もいいけど、黄色や赤茶にすっぽり包まれる黄葉の感じも良いものだ。

濡れ落ち葉_e0134713_23205809.jpeg
濡れ落ち葉_e0134713_23205644.jpeg


秋も早めに埋めた水仙の球根が、もうするすると芽吹いて咲いちゃった。芳香水仙のペーパーホワイトだ。真冬に春を告げるという謳い文句だったから咲くのは年明けくらいかなと思ってたのに……高木に囲まれた半日陰って、場所によっては意外とずっと明るくて穏やかに暖かいんだよな。

かなり予定より早いが、早春の(?)芳香を楽しむためにぐっと近づいて深呼吸をしたら、スーッと甘い花の香りの背後に何層にも重なって発酵するたっぷりの落葉の匂いが重なって、森林浴してる気分になった。花も良いけど、落ち葉の香りも良いもんだ。








# by macchi73 | 2021-12-02 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)
2021年 12月 01日
ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)
ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)_e0134713_23261515.jpeg


名前を知らない草花を見かけたら、とりあえず調べるという気晴らし。
今回は、茶色い草刈跡地に唐突な感じでモコっと生えてた緑の小藪をターゲットにしてみる。

これは何だろう?
全体がふかふかの粗い毛に覆われていて、表面は葉脈で細かい凹凸があって肌理が粗い感じ。

パッとみて、前に見たカラムシ(苧麻)かラセイタソウ(羅背板草)に似てるな……と思ったんだけど、でも違うよな。どっちも茎や葉の質感は共通するんだけど、こんな風に縁に切れ込みは入っていなかったし。

で、両者が属するイラクサ科を調べたら、ヤブマオ(藪麻苧)の仲間っぽいように思う。ただ、イラクサ科カラムシ属ヤブマオの仲間って似てるのが多くて、それ以上細かい分類は自信がない。アカソ、コアカソ、クサコアカソとかなら葉柄や茎がもっと赤みを帯びてそうだから、ただのヤブマオかな。

ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)_e0134713_23261443.jpeg
ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)_e0134713_23261164.jpeg

* * * * *


付近にはマメアサガオ(豆朝顔)も咲いてた。白い花の中心にピンク色の花弁が綺麗。

でも、これは身近でもよく見るし、名前もすぐ出るんだよなー。似た花で、ホシアサガオ(星朝顔)はまだ見てない気がするので、次はそっちを見てみたいんだけど。

ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)_e0134713_23260918.jpeg
ヤブマオ(藪麻苧)、マメアサガオ(豆朝顔)_e0134713_23255791.jpeg




# by macchi73 | 2021-12-01 23:35 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2021年 11月 30日
11月は、混ぜご飯弁当
11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19492455.jpeg


うわ、11月も終わりか。早いなあ!
なんか最近、1週間が3日くらいの長さしかないな−−週明け、週日、週末。ハイ終わり。これって加齢に関係ある?

庭では、前の家から2, 3枝だけもって来た野路菊が咲き始めた。毎年ボリュームたっぷりに咲き誇ってたのがすっごいダウンサイジング、まるで豊満美女が娘っ子になってしまったような感じだけど、それでも目に馴染むその姿、元気そうで嬉しい。人間は、そんな風には若返りできないから、羨ましいなあ。

11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19492270.jpeg


11月は、炊飯鍋を新調した。
これまで古い割れ蓋の土鍋で炊いてたのを炊飯専用の深い土鍋で炊くようにしたら、炊き上がりが艶々になって嬉しくて、混ぜご飯をちょくちょく作ったんだった。サツマイモ、食用菊、百合根、サボテン、蕗、カブや大根の葉っぱ、昨夜の鶏や煮豚とか。いろんなものを混ぜ込んだ。一方、これまでの平たい土鍋は元々の用途である水炊きやおでん、鍋料理や汁物にまた活躍できるようになって、なんか食卓も日に日に冬っぽく。

無印良品 3合炊き
(小ぶりで丸こくて、狭いコンロにちょうど良い!)



で、11月の弁当ずらり。
今月も毎朝の30分、頑張った!
11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19492070.jpg
↑豆ごはん、食用菊と油揚げの混ぜご飯。
11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19491718.jpg
↑百合根ご飯、サボテンと鮭の混ぜご飯、薩摩芋の炊き込みご飯。
11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19491562.jpg
↑煮豚と蕗葉のおにぎり。庭で摘んだほろ苦い蕗の塩漬けが好評。
11月は、混ぜご飯弁当_e0134713_19491285.jpg
↑ジャコ飯、カレーピラフ、大根葉ご飯
オムレツの中はチキンライス、銀杏ご飯、蕪の葉ご飯。


忙しいなら手を抜くのが賢い……というのは一理あるけど、一番忙しい分野で手を抜く術を身につけるんじゃないと、周辺バリエーションがどんどん削られて、一つの事ばっかりになっちゃって、あんま疲れってとれない気がすんだよね。1日のうち十数時間は仕事ばっかなんだから、それ以外のことは凝った方が楽しい。
っていうか、そうしないと1週間が1日の長さしかなくなっちゃう。うわ、そしたら1週間と思ってたら50日も経っちゃう。そしたら1年で7歳も歳とっちゃう。そしたら、、、(以下、無意味計算、略)



# by macchi73 | 2021-11-30 21:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)