人気ブログランキング |
2019年 09月 11日
スパイシー・サマー・プディングの作り方
e0134713_791384.jpg

【スパイシー・サマー・プディングの作り方】
  • 手順はこちら。今回は食パンを敷くんじゃなくて、パウンドケーキ型に焼いたパンをくり抜いて使ってみた。
  • スパイシー・テイストにするには、中に詰めるベリーを煮る時に、シナモン・ブラックペッパーを多めに入れる。スパイスの配合は、煮込みながら味見してみて美味しいと思う量と種類を入れるのでOKだが、参考レシピはこちら(Nonchalant Gourmand: Spice Jam)
  • 完成したら、ベリーやミント、クリームなどでお好みに飾る。今回は、カッテージチーズに蜂蜜と青リンゴを刻んだものを混ぜて、庭のパイナップルミントを散らしてみた。このフロスティング、あっさり爽やかで美味しい!
e0134713_17453511.jpg

7月頃からちょくちょく摘んでたブラックベリーとラズベリーが大量に溜まって冷凍庫内を圧迫してきたので、朝ごはんにサマー・プディングを作った。夏の間ずっと消費しないとなーと思っていたんだけど、思うだけで体が動かず、ただただ溜め込むばっかりだったのだ。何をするにも億劫すぎて。

へっ、晩夏になって今更サマープディングか……いつだって時期を逸するダサい奴だ……そんな奴はいっそxxxxxxxxx……なんて鍋に向かいながら独り言。伏字ワードは親譲り。精神的に調子が悪い時って、自分に対してとても意地悪な自分’がいる。でもまあ、他人がサマー・プディングをレイトサマーに作ったからってそんなに毒づく人っているか?と考えればそうそういないので、まったく夢のように意地悪な奴だなあ、自分’は、と思って放っておく。

甘い気分じゃないので、シナモンとブラックペッパーを沢山ぶち込んで、めちゃくちゃスパイシーなプディングにした。「美味しそう」とリビングのソファーの影から娘。うわっ、いたのか。独り言を恥じる。ってか、声に出てたか?出てなかったか?「これね、果実にスパイス効かせると美味しいんだよ、ブラックペッパーが決め手でね」と素知らぬ顔で教え示す。ここで母から子に伝わるのはスパイス・ジャムのレシピのみ。子供たちの柔らかい唇からはついぞ汚い言葉は出たことなし。ありがとう、インドのノンシャランな食いしん坊。

* * * * * * * * * * * * * * * *

夜は自己嫌悪で忙しい……って、最近毎晩そんな感じ。自分の無能さにびっくりだ。口を押さえてサイレンサーがわりにしてシャウト。風呂に潜ってボコボコ泡吐きながらシャウト。ま、そういう時ってあるよ、と言えるようになるという点で、そういう時もあっても良いのか?最終的に何か学んで抜け出せるんだったら、って感じだけど。

倉橋ヨエコのアルバム、ちょっとオペラや合唱団っぽくって好き。




# by macchi73 | 2019-09-11 07:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2019年 09月 10日
クスサン(楠蚕)
e0134713_215379.jpg

ヤママユ蛾の仲間で、楠などを食草とするからクスサン(楠蚕)。9-10月に羽化する蛾なので、この姿を見たら「もう秋だな」と思う。

ヤママユガ科とは山野に生息する野生の蚕たちで、カイコの仲間らしくふっくらと大柄な種が多い。このクスサンも翅を広げると十数センチになるので、その大きさに一瞬ギョッとするが、よくよく見ると全身がフワフワした柔毛に覆われていて、高級毛布みたいで手触り良さそう……に見えなくもない。まあ実際には触ったことないけど。

また、ヤママユガたちの繭からはワイルドシルク、つまり野生の絹糸がとれる。糸の色は蛾の種類によって色々だが、特に薄緑の繭を作る天蚕蛾の糸は美しく、和服などに利用されてとても高価なようだ。山に落ちてるのは割とよく見かけるけど、野生のものだけに大量に集めるのは手間がかかりそうだもんなー。
同じ野生の絹糸でも、クスサンから取れる糸はとても硬く強いので、反物ではなく、釣りに使うテグス(漢字で書くと天蚕)として利用されるようだ。ただ、クスサンの場合、繭になると硬すぎて繊維がほぐれないので、繭を作る前の幼虫の体内から糸を取り出すらしい。うへー。昔は釣りも大変だったな。



# by macchi73 | 2019-09-10 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2019年 09月 08日
ベニシジミ(夏型、春型)
e0134713_2325517.jpg

庭に彼岸花が咲き始め、秋の気配が漂ったので衣替えをした(せっかち)。ほぼノースリーブ一色だった箪笥の中身をクルクルっと一つにまとめて押入れ箪笥に片付け、半袖と長袖に入れ替える。そしたら翌日からいきなり蒸し暑さがぶり返してちょっと凹む。ううう。袖に腕通したくない……タイミング間違った。そうだよ、思い返せば判断ミスばかり、と言うより寧ろ判断ミスしかしたことがないと言えるかもなあ、私のこれまでというのは、とか遠い目をして、その判断自体がもうおかしい気配。

そんな折、庭で見かけたちょっとボロボロのベニシジミ。春に見た時は綺麗なオレンジ色だった前翅が、褐色になってしまっている。あなたも厳しい一夏を越してボロボロになって綺麗な色も剥げちゃったんだね……という訳ではなく、夏のベニシジミって、こんな風に全体的に褐色になり、斑点も大きくなるものなのだった。蝶も季節で衣替えする。

一方、幼虫で冬を越し、春に羽化した4月頃のベニシジミ(春型)は、こんな感じ。ドットが細かく、前翅は鮮やかなオレンジ色をしている。
e0134713_2325316.jpg
e0134713_2325199.jpg

こんな風に、春と夏とで見た目を変える蝶はけっこういるが、その理由は不明。諸説も見かけない気がするので、たぶん、単に分からないんだと思う。

そう、深堀しても単に分からない、ってことが世の中にはあるんだよ!!

と、なぜか急に震えながら憤ってみたりして。判断だけでなく、情緒もちょっと不安定になってきている。やばいやばい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


職場の体制変更で、詳しくない分野でも朝から晩まで判断続きで、注意資源が枯渇しまくり。日の終わりには友人と食事しても相槌すら打たない廃人と化している。

で、スティーブ・ジョブズ式に洋服も一種類だけにすれば、毎日の決断事項が一つ減る!と衣替えの際に思いつき、似たようなもの数枚だけ残して他は押入れに移動したりして。多分、思いつきでそんな極端なことしても、あとからまた戻すことになるであろう……と心の底では予期しつつ。

『湯神くんには友達がいない』(全16巻)

注意資源についてはこの漫画で知った。人間が一日に使える注意力の総量は有限で、大小の判断のたびに減って行き、眠らなければ回復しないという話。

ちなみに、私はタイトルがセンテンスになってる系のコンテンツに対して強い偏見を持ち続けて四十余年。うっへー、そんなもん読んでると精神年齢退化するんじゃ?とか失礼なことを言っては、「そういうところ嫌」と若者たちの眉をしかめさせ続けて来た者です(←唐突な自己紹介)。

が、先日初めてこちらの中身を見たら、意外なことに若者たちの非常に健やかかつ堅実な成長モノで面白く、結局最後まで一気に読み切って、笑えるが余韻ある結末にほんのり感動までしてしまったのであった。

つまり言いたいのは、日の判断事項は少なくしながらも、モノは思い込まず柔軟にしなくてはということです。気をつけよう。




# by macchi73 | 2019-09-08 23:55 | 面白かった本など | Comments(2)