タグ:MUSIC ( 62 ) タグの人気記事

2017年 05月 15日
5月の日曜日
e0134713_2434195.jpg
休日の朝、庭を巡回。
カサカサッと木の枝や草薮が揺れる先を見れば、カナヘビの姿。今年も元気そうで何より。実家から、母の日の荷物ありがとうの電話。元気そうで何より。

裏庭は頭上も地上もエゴノキの白い花でいっぱい。
頭上では沢山のクマンバチの羽音。地上にはミドリガメのアオ。
e0134713_243427.jpg

お昼、子供達がポテトチップスを作るというのでご相伴にあずかる。いつも料理なんてしない大学生だが、やればなかなか美味しい。青のり、塩味、コンソメ味、とテイストにバリエーションまでついてる。ポテチ大好き。揚げたての手作りなら更に格別。冷え冷えのビール。

末っ子が、何かして欲しいことある?と聞くので、散歩付き合ってよと言う。それでぶらぶら歩いて、娘の夏のサンダルを買ったり、フォカッチャを探して美味しそうなパン屋を回ったり、本屋や珈琲屋なんかも入っていたら2、3時間の長散歩になってしまった。おかーさん、これ母の日だから、と花の種をもらう。あらまサンキュ。短いパンツに素足でも寒くない夕方。少し空気に夏成分混じる。

夕方、夫と一緒に台所に立つ。今日の晩御飯は、昼間の揚げ油を有効活用すべく、大好きなフィッシュ&チップスなのでわくわくだ。

なのに、ええー、俺が料理するからmacchiは庭仕事でもしてなよ、外に行ってなよー、と夫が何か台所を追い出そうとするので多少ムッとする。なんなんだ。台所は夫の領地ってか。常時スマホが片手に接続されて、余所者がいると邪魔ってか。ち。今日は私も料理したいんだ。居座ってやる。

食後、子供たちみんな早く2階に上がってしまったので、長い夜。
夜中までやってるカフェーまで夜散歩に出かけたら、夫も一緒に来るが「俺は自転車〜、歩くの疲れる〜」と、やたらニヤついている。ふーん、私は歩きが良い。夫のにやにやと不審な動き、面白くはない。ニヤニヤされるほどに微妙な気分。

それで帰宅したら、玄関にカーネーションがデーン!と置いてあって、夫の不審な動きいや増す。なんだ、これのために今日は何かと外に追い出そうとしてたのか。了解。
e0134713_2433826.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

謝意を表してストロマエのダンスで夫の周りをぐるぐる踊ったが、そのダンス変、と笑うばかりで共には踊らず。フェンシングスタイルの決闘ダンス、イカすと思うんだけどなあ。


こっちの方が夫と娘にはウケて、一緒に踊ってくれた。
……って言っても、夫は両腕を曲げて固まってるだけで、その周りを私と娘が踊り狂うだけだけど。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-15 23:55 | 【生物】爬虫類・両生類 | Comments(0)
2017年 05月 13日
雨の日の薔薇シロップ
e0134713_1739544.jpg

休日の朝、雨の音で目が覚めた。
仕事で続いた肉とワインと寝不足で体が良い感じに気怠く、今日は外出せずに家でのんびり回復するかーとか考えてたら、身支度をととのえた末っ子がベッドにやってきた。今日は朝イチで学校や習い事の友達とウォーキングラリーに出かけるという。ええー、窓の外、ざあざあ降りなのに?

雨天決行なの、という娘を「本当かよー、中止だったらすぐ帰っておいで」と送り出す。

子供達は全員出かけてしまって、家の中がシーンとしてる。窓から雨と植物の色んな良い匂い。それで先日仕込んだバラジュースのことを思い出して味見したら、とっても美味しくできていた。いつもは水と砂糖とブランデーを煮立てたシロップで抽出しているんだけど、今回はレモン汁とハチミツ、砂糖で抽出してみたんだ。甘酸っぱくて、このやり方も良いなと思う。花びらを濾して、瓶詰めしとく。
e0134713_17395246.jpg

庭に出たら、このあいだ種播きしたルッコラ、二十日大根がもう芽吹いていた。

真っ白な群星、オレンジ色のジャストジョーイ、鮮やかなピンクのゼリフィーヌドルーアン、薄青のブルームーン等々、庭に点在するバラたちも続々と花を咲かせていて、雨に打たれた花首が重そうだ。雨の庭も綺麗だと思う。
e0134713_17395162.jpg

昼は夫が蕎麦を茹でたので薄暗いキッチンでモソモソ食べる。二人とも無言。我々の間に音声会話というものは無い。省エネ仕様。

そしたら、「ただいまー!」「こんにちはー!」と、末っ子が友達を引き連れて帰宅。
ウォーキングラリーの参加賞って商店街の商品券なんだよ〜全員で全クリアしたら大金になったから、お菓子いっぱい買って来たよ〜と嬉しそう。大勢だとボードゲームできるよねえ!とキャアキャア盛り上がってる。ギャッ!電気までつけられた。部屋が、空気が、いきなり明るい。ううう。

疲れた中年に優しい雨の仄暗さが見る間に霧散……子供達の若さが眩しい……。

しかたないので(せっかくなので?)子供たちには人海戦術の片付けをちょっと手伝わせて、それから非社交的な大人たちは奥の部屋に撤退。明るい子どもたちの声を扉と廊下の向こうに遠く聞きながら、コーヒーを入れて音楽かけて、ひっそりごろごろする。暗い部屋で。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


昔から、雨の日によくかけちゃうL'Affaire Louis Trio。中でもこの "Ni avec toi, ni sans toi" が一番好き。兄でリーダーでおかしな髪型のボーカルが、1年前に亡くなってたことを知ってショック。夫も愕然&しょんぼり。もうメンバーは弟一人だけか。悲しい。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-13 18:00 | 【庭】収穫、料理 | Comments(6)
2017年 04月 30日
ホワイトガーデンで
e0134713_00215692.jpg
庭で白木香バラが咲いて、子供達の庭の隠れ家を飾っている。

朝から庭に出たら、もう日差しは暑いくらい。
どんどん濃くなってきている緑の上を、アゲハチョウやモンシロチョウが飛び回っていた。今年初めてのアオスジアゲハも。青い蝶って綺麗。

薄着で家族とランチに出たら、春風がパタパタみんなの服をゆらしてとっても気持ち良い。下らない話で子供達が笑いが止まらなくなってヒーヒー言ってる。見てたらつられて、私も頬が疲れた。
e0134713_00221480.jpg
午後は庭の虫や植物を観察して過ごす。

もうずっと園芸的な処置はなにもしていない庭は、年々勝手に増えるオーニソガラムとシラユキゲシ、それから野イチゴ類で、どこも真っ白だ。大味なホワイトガーデン。風で草が揺れてる。
e0134713_00222774.jpg
e0134713_00224399.jpg
藪のなかに腰を下ろして緑に溶け込んでいると、お目当ての虫も・全然知らなかった虫も・捕食も変態も・一年越しの再会も、色んなものが目の前で見られて楽しい。住宅街の中のこの程度の庭でも、極小の虫たちにとっては大きなボリュームを持った緑の空間なんだなと思う。この空間でこの状況ってことは、地球上は大変な数の生命に満ち満ちてるってことだ。物凄い。

そんな時、頭上からちょっとヒヤッとするような重低音の羽音が聞こえてきた。見上げたら、硬そうなオレンジと黒に光るスズメバチがそこにいた。
e0134713_00230058.jpg
うーん、どうしよう。見た感じ、まだ巣は作り始めたばかりで、女王蜂一匹しかいない。しかし場所がちょうどリビングの出窓の隣で、人の動きもある所だ。庭で遊ぶ子供達が刺されたりしたらまずいよな……とか見ているうちに、やるしかないか、という考えに至る。

で、捕殺。
ホースで強く水をかけ、地面に撃ち落とした姿を見たら、ピカピカでいかにも若い女王だった。本当だったら、この春じゅうは一匹で営巣して子供産んで育てて、夏からやっと仲間たちと自分の国を作るとこだった。こっちを見てカチカチ言って怒っているのを一撃、殺して埋めた。夫が寄ってきて、かわいそう、と言う。まあな。
e0134713_00230548.jpg

それから念のため種類を調べたら、オオスズメバチ(5cm)じゃなくてコガタスズメバチ(3cm)だった。獰猛で有名なオオスズメバチとは違って、巣を揺らしたりしなければ人を襲うことは殆どないという記述を読んで、なにか凹む。

まあでも、コガタスズメバチは住宅地に営巣することが多いこともあって刺傷事故は一番多いという記事もあるし、ご近所のこととかも考えれば、もし前知識があったとしてもやっぱり捕殺したんだろう。

でも、それでも勘違いした状態で殺した後ろめたさってのはあり、やられる前にやれ的なアレもきまり悪いし、とっくり型の面白い形の巣に君臨するっていうところも見てみたかった。
e0134713_00230931.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

子供がみてたアニメのエンディングが小さく流れてきて、ちょっと良い曲に思えた。
神聖かまってちゃん(変な名前)の次のシングルらしい。




[PR]

by macchi73 | 2017-04-30 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2017年 04月 12日
アミガサユリ(編笠百合)
e0134713_21352061.png
古いビルの裏手。アクセス経路がなくて人が入らないボサボサ気味の野原に、変わった花が点々と咲いているのがビルの窓から見えた。あっ、あれはもしかして。ひらりと窓から飛び出して、壁を伝って走り寄ってみたら、やはりアミガサユリだった(←嘘。脳内パルクール)。

アミガサユリは、ユリ科バイモ属の野草。別名、バイモユリ(貝母百合)。
野原でもたまーに見かける花だけど、山野草のお店で売られているのも見かけたりして、私の中では高級雑草というイメージだ。

バイモ属の仲間って、花が千鳥格子柄だったりシックな黒色だったりして、独特の洒落た雰囲気がある。そのせいか外国産の園芸種もけっこう出回っていて、ガーデナーの人気も高い。

なので、こんな風に自生してるのを見かけると、ちょっとしたレア感があって嬉しい。ほくほくして頭の中のMY野草地図に書き込んでおく。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最近、娘と夫が興味を示していたパルクール。壁や地形を活かした移動術のことらしい。
あー、私もだいたい脳内では日々こんな身のこなししてるや。


そしてこれは、ストーカーの壁よじのぼりソング。
Spaceのアルバム "Spiders" は全曲ふざけた感じ。演奏が楽しそうで好きだったけど、今聴くと時代を感じる……。


アルバムの中ではこの曲がお気に入り。映画オースティンパワーズに使われたみたいだ。



[PR]

by macchi73 | 2017-04-12 23:55 | 【自然】雑草、野草 | Comments(5)
2017年 03月 18日
3月の庭の花
e0134713_2324395.jpg
娘が活けた桃の花、濃い紅色が派手派手で春っぽい。
大ぶりすぎてリビングの花器には全部入りきらないみたいなので、残りの枝はもらって庭のバケツに挿しておく。

ついでに庭で咲いてる花を放り込んで水面を飾る。
水仙、紫花菜、オオイヌノフグリ。福寿草、ヒヤシンス、色んな形のクリスマスローズ。それから地面に散ってた椿の花びら。

花の隙間、水面がキラキラ光って綺麗だ。
でも目で見るとキラキラの方が綺麗なのに、写真に撮ると日陰の方が色鮮やかに写る。
e0134713_23243774.jpg
寝室の窓辺では、杏の木がピンクのつぼみをどんどん大きく膨らませている。
裏窓から見える白木蓮も、ついこの間まではただの大きな猫柳みたいな姿だったのに、その猫柳的な蕾を一斉に破って白い花びらを見せるから、樹上いっぱいに大きな花がいきなり出現したみたいになっている。
子供が屋根の上で歌ってる。
e0134713_23243420.png
これからブワーッと春が来る予感。楽しみなような気怠いような。
e0134713_2324321.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

3月つながりで、ピアノアルバム『三月のワルツ』


[PR]

by macchi73 | 2017-03-18 07:00 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(4)
2017年 03月 14日
日々育っていく隠れ家日記
e0134713_23171291.jpg

隠れ家を作った翌日。
庭から娘の鼻歌が聴こえる。朝から一人でなにかカタカタやってる。

楽しそうなところを邪魔するのも悪い気がして、不在の隙にそっと見たら、テーブルクロスを綺麗に作って可愛い生花で隠れ家を飾っていた。さらに、木の板に自分や友人たちの名前と絵を描き、リボンで屋根と入口に取り付けている。みんなのおうちの表札らしい。

ううう。子供の細々した工夫を見ると、なにか笑いがこみ上げてきて止まらない。

これから友達がやってくるみたい。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

e0134713_23171090.jpg

さらに翌日。
朝、出勤しようと庭に出たら、隠れ家が2軒に増殖してた。うわっ。

これは力作。友達みんなでやったんだな。またまた笑いがこみ上げる。小学生たち、面白すぎる。

夫にも教えたら、いつの間に、とびっくりしてた。

e0134713_2317776.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * *

そうしてまた翌日。出勤前にちょっと期待して庭を見て回る。

しとしと雨の庭に、ままごとの料理やフラワーアレンジメントの後が点々と散らばって濡れて光っている。子供たちの遊びの気配が感じられる。無人の隠れ家を覗いてみたら、たぶん濡れるのを嫌って、布類はちゃんと取り外して雨のあたらないベンチ型収納棚の中にしまいこまれていた。この生活感、本当に誰かの住処みたいだ。

しかしタープ代わりだった毛布が外されて軒先の枠組みがむき出しになってみると、飛び出た棒の先端が少し危ない気もする(心配性)。急いで部屋に戻って、穴のあきかけたノルディック柄の靴下を一組持ち出し、棒の先にクッションとして履かせておく。これで安心。しかもちょっと可愛いかも。子供たち、気づくかな。なんかにやにやする。

毎日毎日、笑わせてくれる。行ってきます。

e0134713_2317666.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * *

頭の中のBGMもNostalgic du coolなんか流れたりして。隠れ家遊びって、なんだかノスタルジック。


[PR]

by macchi73 | 2017-03-14 23:55 | 【その他】日記 | Comments(5)
2017年 03月 08日
福寿草 2017
e0134713_141823.jpg
どうしよう、早いとこ冬の庭仕事しとかないと春になってしまう……なんてずるずる思ってたら、気付いたらすでに春になっていた。

地面には点々とオオイヌノフグリの青い花。
サイズが小さくてなかなか写真映えしないが、肉眼で見ると、地面を春らしく覆って綺麗な花だ。

先月前半に咲いた福寿草は、もうすっかり花より葉が目立つ姿になってしまっている。
この福寿草は2007年に植えてからもう10年目。うちの庭の冬を破る一番花なのでだいたい1年の最初の花の記事になるんだけど、今年は慌しく過ごしてるうちにタイミングを逃しちゃったな。
e0134713_141742.jpg
でも毎年だいたい、この福寿草とクロッカスを見かけると庭仕事のやる気が出てくるのだった。今年もその効果は覿面。年度末と始めは仕事もバタバタするけど、楽しいことを考えて、てきぱきやろう。
e0134713_1485395.jpg
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

全部の窓開けて、レコードがんがんかけて、箒振りながら掃除&ダンス。

今日のアルバムはSupergrass

コーラスとかサビとか変拍子とか、ここぞという時はいつも、夫や末っ子と目が合って、合えば即一緒にコーラスしたり踊ったり。おおー、心通じてるね、とニヤッとする。

しかし大学生たちはサッと目を伏せ、つきあってくれない。これも心読まれてる気がする。



[PR]

by macchi73 | 2017-03-08 23:55 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2017年 01月 29日
ウスバフユシャク交尾(薄羽冬尺)
e0134713_22142765.jpg

仕事関係で出かけた先が玉川上水の近くだったので、考え事ついでに上水沿いに15kmほど歩いて帰宅してみようと思い立つ。冬の夜に見られるというフユシャクが見られるんではないかとの期待もあってのウォーキング。

しかし歩いてみたら思っていた以上に辺りは暗く、もしフユシャクがいたとしても見つけるのは至難の技っぽい。で、フユシャクのことは早々に諦め、イヤホンを装着して考え事に没頭して歩いていたら、点在する街灯の光の中を、白っぽく反射しながら羽ばたいて横切って行く小さな蛾が見えて、我に返って慌てて追いかけた。光の照らす範囲では白く光って姿が見えやすいが、そこから外れて暗い薮に入られてしまうともうどこに行ったのかわからない。

そんな感じで2匹ほど見失って、3匹目。運良く街灯が届く範囲で柵にとまっているオスを見つけた。それで近くでよくみたら、自らの翅の下にメスを隠している!
e0134713_2214256.jpg

私の小指と並べて、サイズはこれくらい。メスの体長が7-8mmかな。
年末に見かけたチャバネフユシャクに比べて、だいぶ小柄な冬尺だ。
e0134713_22142160.jpg

メスには翅が無く、腹部の先端には毛束が生えているのが見える。
産卵時にこの毛で卵を覆うようにするらしい。毛で覆う理由は、卵を隠すため・防寒・乾燥防止のため等、諸説あるようだ。
e0134713_2214196.jpg

その後も点々と、メスを探し回っているオスを見かけた。たぶん、全部ウスバフユシャク(薄羽冬尺)だと思う。

どれも図鑑に載っているウスバフユシャクよりは白っぽくて黒点の位置や大きさも違うような気がするけど、ウスバフユシャクの色柄にはけっこう変異があるようだから、そのせいかな。
e0134713_22141673.jpg
e0134713_22141497.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


散歩のお供は、Pixiesの新アルバム "Head Carrier"
ブラック・フランシスの歌声、なんか投げやりで、ダメなもんはダメなんだから仕方ないなとちょっとヤケクソの気分になるから好きだ。10年以上前の再結成ライブで見たっきりだが、今度また来日ライブがあるので楽しみ!!


[PR]

by macchi73 | 2017-01-29 23:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2017年 01月 02日
寝正月日記
e0134713_1711551.jpg

年末年始、家族はみんな夫の実家に帰省。私は体調不良で独り東京で寝て過ごす。一人で食べた肉に当たった疑惑。

夜中に便座を抱えて嘔吐の年越し、しょぼい。断熱材の無い我が家、ガランとだだっ広いタイル貼りのバスルームは底冷えが凄い。ひとり震えること地震の如し。体を丸めて唸りつつ、神頼みを無限リピートしてたら、いろんな宗教がお祈りや念仏を勧める理由が分かった気がした。

動き回る気力もないので、水道水に砂糖と塩を投入したものを枕元に置いて摂取して過ごす。経口補水液のつもり。ハンドメイドだがほっこりしない。ちょっと虫の餌っぽい。

こういう時に家族がいればなあとフラフラしながら少しだけ思う。その一方で、家族からの電話やメッセージ連投がしんどすぎて、電話を遠くに隔離したりもする。

三日目、固形物も摂取しようと林檎を薄切りして食べたら気力回復。もしかしたら途中からはただの空腹による不具合だったかもしれない。

コーヒーを淹れようとしたがフィルターが見つからず、キッチンペーパーを適当に折ってフィルター替わりにしたら、どういう訳かタバコの吸殻液みたいな味になってしまった(飲んだことないが)。とんでもなく不味い。オエッとなって廃棄。いつも家族がいれてくれる美味しいコーヒーを思い出す。

それから携帯に送られてきている写真とメッセージを見て、とても天気の良い正月だったと知る。あーあ、釣り行きたかったなあ。

四日目、みんなが帰ってくる前に、キレのない動きで家の清掃と洗濯を少々。抱きつきすぎて友情を感じ始めた便器を特にピカピカに磨く。トライ滅菌。

門扉が開く音がして、家族が帰る。うわー、お母さんが何か薄くなってる!本当だスカスカだ!とか抱きつかれて面白がられる。無音で無臭で冷たくガラーンとしていた家が、いきなり明るく賑やかで美味しい匂いになっていく。食物と飲物が、自分が動かなくても出現する。この数日の静謐が消えてくのを名残惜しく思いつつ、やっぱり人がいるのも良いかもな。

そんなこんなで、家族のありがたさを思い知った年末年始でした。
やりたかったことは何もできなかったが、減量だけは目覚ましい成果。

今年もよろしく。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

出発前に息子がセットして行ってくれた音楽リストのリピート再生で、耳にこびりついてしまった曲。変に好きになっちゃったような、もう聞きたくないような。

曲調から80年代の何かっぽく、YMOとか角川映画なんかを思い出してたら、全然今の曲だった。


 amazon.co.jpで調べる
[PR]

by macchi73 | 2017-01-02 17:00 | 【その他】日記 | Comments(12)
2016年 11月 15日
夜散歩@野沢温泉村
e0134713_036738.jpg

夜、子供おすすめの村の宿はすぐに取れそうになかったので、近所の野沢温泉村に泊まった。素泊まりになったけど、村には食べるところは色々あるので、全然OK。温泉街だけに、イタリアンのお店なんかも浴衣のまま入れて、なんだかちょっと面白かった。

野沢温泉村には6カ所の源泉があり、それぞれお湯の特徴が違うっぽい。それで、それらの源泉を楽しめる「外湯」と呼ばれる小さな銭湯チックな建物が村に十数カ所も点在していて、早朝から夜遅くまで、何度でも自由にお風呂を楽しめるようになっていた。外湯、扉をあけるとすぐにお風呂と荷物置き場という超シンプルな作りだったりして、不思議な感じで楽しい。

外は寒いが、村中に温泉が流れているので、道端の格子蓋の上に立つだけでも、ほんのり温泉の温かさを感じたりできる。散策で冷え切ったらその辺の外湯に入ると、また体がポカポカする。高温の湯が多くて、熱風呂好きの私はとっても満足!
e0134713_036525.jpg

それと、なんといっても、夜には真っ暗なのが良かった。

村の観光スポット的なところにスタンプ台が色々と設置してあって、地図をたよりに何個か集めると景品がもらえたりするんだけど、夜に回ったら、本当に真っ暗な道が多く、携帯を懐中電灯代わりにジリジリ進んだりする。鼻をつままれてもわからないような真っ暗闇もあり、娘が、え、本当にここ前に進むの?真っ暗の中に入っちゃうの?こわいよお母さん、とぴったりくっ付いてくるのが面白かった。それで一番真っ暗な高台に着いたら夫が立っていて、足下には温泉街のポツポツした暗い灯、空には一面の物凄い星屑!!しばらく夫のガイドでプラネタリウムを楽しむ。いつも思うが、星見物は夫を尊敬する稀な機会だ(ひどい)。とても楽しかった。

翌朝は、冷たい小雨。
しとしと静かで冬っぽくていい気分。温泉街を散策する。温泉だけでなく、足湯や温泉卵作り場(?)、飲泉スポット、お土産屋さん、食事処、居心地良いカフェなど、色々あって面白かった。水が豊かな村らしく、寺社やら道やらどこ歩いても、水路が目につく。
e0134713_036249.jpg

そして帰り道。
途中でぐんぐん快晴になってきて、景色の彩度がどんどん上がって行く。で、彩り綺麗な千曲川や妙義山を見物しながら帰った。とっても楽しいとこだった。今度は冬にスキーしに来ても楽しいだろうな。
e0134713_0355998.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ドライブ中のBGM、ものすごく久々に聴いたRay Wonderが楽しくて良かった。
アルバムだと、ファーストの "Hurray"が一番好き。




[PR]

by macchi73 | 2016-11-15 07:00 | 【その他】日記 | Comments(2)