「ほっ」と。キャンペーン
タグ:野路菊 ( 6 ) タグの人気記事

2016年 11月 30日
青ばら、白菊
e0134713_22582355.jpg

秋の青バラが本格的に咲き出して綺麗だ。朝、家を出る時に眺めるのが楽しい。
青バラはレモン菓子のような強い芳香があるんだけど、その隣に本物のレモンが実っているので、なんだかおかしな感じがする。
e0134713_2331036.jpg
e0134713_2332167.jpg

−−なんて毎朝、花と香りにうっとりしていたら、いきなりの雪。

せっかくの秋バラが根本から倒れて雪の下敷きになってしまった。ショック。11月の積雪ってありか。なんと54年ぶりか。
e0134713_2341665.jpg

がっくりして項垂れて門を出たら、門柱の周りに白菊が咲いているのに気づいた。白い雪の中に白い菊が流れる雲のような形に咲いていて、眼球が冷んやりする。冷たく湿った冬の朝の感覚。

途端に日本画のような白菊の一場面が思い浮かんで、あれ、こういうの詠んだ和歌があったな……と思ったが、伊勢物語の白玉の歌ばかりが頭の中でぐるぐる回って、白菊の歌が思い出せない。最近、記憶力が壊れ始めてるのを感じる。加齢現象、つらい。

で、職場に着いてしばらくして、花のことなんて忘れてコーヒー飲んでたら、いきなり思い出してスッキリする。置き惑わせる。

e0134713_2284918.jpg
別日の白菊。

雪の日は、写真を撮るのも思いつかずに見とれていたが。

心あてに 折らばや折らむ 初霜の
おきまどはせる 白菊の花


古今集だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

むかし男、面白すぎ。白玉の女は鬼に喰われて消えてしまう。

ばらばらの短編が連なって一人の男の姿を浮かばせる構成も面白く、古代の人たちも娯楽小説読んで楽しんでたんだろうなーと想像できて、昔と今って、装置は変わっても地続きなんだよなあ……と感慨深い。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-30 23:55 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2013年 11月 12日
(まだ)晩秋の花
e0134713_2341911.jpg

毎日まいにち用事に追われていたら、街がイルミネーションで賑やかになって来た。
店頭にはキラキラのプレゼントがディスプレイされ、流れる音楽もクリスマスっぽい。

なんと!世間はもう年末も視野に入れてるのか。がーん。
まだアレも終わってない、コレも済ませてないのに年が明けてしまう。
仕事でも2014年度事業が話題のメインになっており、気分は既に来年だ。
試算だ計画だ分析だとガチャガチャやってると2015年なんて数値もざらに出てくる。
時の流れが速すぎて怖い。

そっか、もうクリスマスで年末か……一年の記憶が全くない……ってか今って何年だったろう……。
何となく悲しくなって眠る。

* * * * * * * * * * * * *

翌朝。
目覚めて庭を見たら、真っ白な野路菊が溢れるように一面に咲いていた。
剪定の時に残したバラの蕾だって、まだあちこちでポツポツと返り咲いている。
それにカエデやブルーベリーの葉は真っ赤に色づき、ススキとファウンテングラスは穂を揺らしている。

「まだもう少しは秋のうちだよー、先取りばっかりしなくて良いよー、それと今はまだ2013だよー」って庭の声が聞こえた気がした(幻聴ヤバい)。

人間が作ったソーシャルな暦は年々前のめりになるが、それとは別に、地球が回る自然界の暦ってのもあることを忘れないで暮らさないとだ。たぶん子どもの暦は自然側だからな。切り替え、難しいけど……。

とりあえず、クリスマスの準備はギリギリまでしない!
クリスマスソングも11月中は鼻歌禁止だ!!

e0134713_23411796.jpg
e0134713_23412099.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-11-12 23:59 | 出来事・その他 | Comments(0)
2010年 12月 04日
赤くなる野路菊
e0134713_16534160.jpg

門柱脇に咲いていた真っ白な野路菊が、日に日に赤くなって、今朝の出勤時には別の花みたいになっていた。
wikipediaで読んだが、咲き終わりに赤くなるのは野路菊の特徴らしい。
昨日の暴風、そしてその後の高温で一気に咲き終わりに近付いたのかも。

e0134713_1655166.jpg
こちらが先週の様子。

ところどころ、うっすらピンクに染まってきている。

e0134713_1656988.jpg
これが本日。

赤くなった後は、茶色く枯れて、花はおしまい。

また来年よろしくね。
[PR]

by macchi73 | 2010-12-04 17:00 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2010年 11月 18日
野路菊の香り
e0134713_2062633.jpg

昔から庭に勝手に生えていた野路菊が年々大きくなって、今年は門柱をすっかり覆って咲き誇っている。遠くから見ると、まるで雪のようで綺麗だ。

もっとよく見ようと、そばに寄ってみると……う、なんだこれは。すごく匂う。去年まではそんなに気にならなかったのに、こんなに強香だったっけ?

爽やかな香りの菊も多いが、野路菊の香りはなんだろう、ちょっとした刺激臭かも。

夜遅く帰宅した時など、離れたところからでも家の前が白く光っているのは嬉しくもあり。
門を通る時には息をさりげなく止めてしまうのは哀しくもあり、だ。

e0134713_010552.jpg
こんなに大株になって咲き誇っているのに、臭いだなんて……。

「アゲハの幼虫のツノの匂いに似てる」とは夫の弁。どんな匂いだ。

[PR]

by macchi73 | 2010-11-18 20:00 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2010年 11月 05日
夜のどんぐり
e0134713_21222197.jpg

末っ子が集めたドングリで遊ぶ約束をしたのに、今週はなかなか家に帰れず子供たちの顔を見ていない。
まあ世の中、お父さんはそんなもんだ……ってな同僚の話を聞いて、「いやでも私はお母さんだし!」と危機感を覚え、今日は逃げるように帰宅した。

夫が晩ご飯を作っている間、末っ子と手をつないで夜の散歩に行く。
色付いた葉っぱを拾っては私のポッケに入れるので、財布が枯葉のくずまみれになる。
公園の木の下で、積もった落葉を蹴り上げる。真っ暗な宙に黄色い葉っぱが舞って散り、子どもも跳ね回る。

e0134713_21394113.jpge0134713_21394933.jpg
拾った葉っぱとどんぐり、庭の花と実を糸でつなげて装身具を作った。

ちびインディアンみたいだ。

e0134713_22203373.jpg
こまも作った。

結構回る!

丸いドングリより、長いドングリで作った方が面白い動きをする。

回すのは夫が家族で一番上手。
回転中に邪魔しても、ホッピングして回り続ける。おもしろーい!

皿の上で、お互いのコマを戦わせてみたりする。


e0134713_093364.jpgドングリと言うのは、ブナ科の木の実の総称らしい。
先日見つけたトチの実なんかは、大き過ぎてドングリとは言わないのかな。

今日遊んだドングリは……帽子が綺麗な横ボーダーだから、カシの木か。
小さくて丸いのは、白いものに覆われているからイチイガシ?
大きくて長いのはシラカシかなあ。

近いうち、どんぐり図鑑を持って出かけても面白いかもしれない。明日の土曜も仕事だけど。

e0134713_2213697.jpg

どんぐり以外は庭で拾った。
黒いのがカレーリーフの実、赤いのがヤブコウジの実、オレンジのがハニーサックルの実、緑のはキンカン。白い花が野路菊で、赤い袋状の花はチロリアンランプ。庭の地面を探しまわっていたら甘い香りがした。

今の時期、香るのは何の花だろう?
不思議に思っていたら、しばらくして香りの元を発見。
フジバカマの枯れ葉が、甘い香りを放っているのだった。
フジバカマの葉が桜餅の香りがするっていう話は、枯れ葉になってからのことだったのか。初めて知った。

[PR]

by macchi73 | 2010-11-05 22:46 | 出来事・その他 | Comments(0)
2008年 11月 02日
ノジギク(野路菊)
e0134713_19332454.jpg

毎年庭の隅に大量に生えてくる菊。
たぶんノジギク(野路菊)かと思うが、野路菊にも色々あるらしく、図鑑によって結構写真が違うのでよく分からない。

9月頃から地面に倒れて這うように茎を伸ばし葉を茂らせる。
そのぐねぐね見栄えの悪い風情からして、栽培されている菊ではなくて雑草系なのは間違いなさそう。
葉は特徴的な波形をしていて、裏面は銀の毛に覆われており、表から見ると白っぽい縁取りのように見える。

晩秋に咲く花は白。
小さくて地味だが、花を付けている間だけは結構可憐。

2008/11/14
今年は非常に花付きが良く、辺り一面が白くなっていて綺麗。
しかしよく見ると、所々にピンクの花びらが混じっている。なんでだろう。

e0134713_2216177.jpg

2009/11/8
今年も満開。
這っている茎を踏んづけられたり、門扉に挟まれたりしているのに、年々大株になっている。
他の植物には厳しい場所(生垣で日陰になっている・人の行き来が多くて踏まれ易い)なので、重宝する気分になってきた。
[PR]

by macchi73 | 2008-11-02 19:36 | 雑草、野草 | Comments(0)