タグ:道具・カメラ ( 6 ) タグの人気記事

2015年 01月 31日
バードウォッチカム自作(2)動体検知で自動撮影
e0134713_126434.jpg

今日は末っ子の作品が出展されている展覧会を家族全員で見に行った。
実は先月も書道展の招待状をもらっていたのにうっかり出勤してしまい、「せっかく選ばれたのに……見て欲しかったよ……」としょんぼり言われ、平謝りしたばかりなんだった。

展覧会はなかなかポップで面白く、上の子たちも一緒に楽しんだ。
帰り道、長女の好きな雑貨屋と、夫が前から目をつけていたというレストランに寄る。タルタルステーキなるものを生まれて初めて食す。美味。
満腹で眠い食後、末っ子がポケットからチラリとU字磁石とビニール袋を見せて「今日はこれに付き合ってもらいたい」と言う。そのチラリズムに屈して、善福寺公園まで砂鉄集めに行く。

冬の公園は、ピリッと寒くて澄み切った冬の空気が気持ち良かった。
公園の砂場で砂鉄を集めながら、顔を上げたら色の薄い月がくっきり見えてた。
池に水鳥がいろいろと集まっているのを家族と並んで眺めつつ、今晩はゆっくり庭の動体検知カメラの画像をチェックをしよう……とか一人考えて、顔がにやり。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

本日は家族サービス(←悪い言葉)で時間がなかったので、動体検知できるところまででOKとする。できれば撮影した画像をPCに自動送信する仕組みまでやりたかったんだけどなー。それはまたそのうち。

そして、本日の成果はこちの動画。(動画って初めて作った……)
狙ってたツグミ、GETだぜ!



強風のせいで木や影の揺れが大きく、無駄な画像も多く撮れてたけど、なかなかの成功と言えるでしょう。ひとまず満足。

【動体検知カメラの作り方】

使っていないiPhoneに、「Cambush」というアプリをインストールして、野鳥の餌場に固定しておく。

→ Cambush(100円)
http://samulife.com/iPhone/cambush-motion-movie-app
動きを検出したときに自動的に動画を録画するアプリ。画像はiPhone内に保存される。

あまり感度を上げ過ぎると、風が吹いただけで撮影してしまったりするので注意。

オススメの設定値は次の通り:
⚫︎Resolution: 640*480(画像サイズ)
⚫︎Sensitivity: 7% (動体検知感度)
⚫︎Idle Time: 30s (検知してから、何秒間連続撮影するか)
⚫︎Power Save: ON (省エネのため、作動中のモニタを切っておく)
⚫︎Auto Focus: ON (場合によってはOFFにして固定焦点でもOK)
⚫︎その他は全てOFFにし、Wifiは切っておく(消費電力節約のため)


【カメラ設置について】

⚫︎iPhoneは水に弱いので、雨飛沫等がかかりそうな場所では防水ケースが必要。
⚫︎鳥をいい感じに撮影するには、自在アームのついた固定用クリップが便利。
⚫︎電池の持ちが悪い古いスマフォの場合は、バッテリー付ケースがあると電池切れを防げる。

私は雨のかかりにくそうな軒下・縁の下にセットすることにして、防水ケースは使わず、固定アームだけ利用した。バッテリーケースはとても便利そうだが、ちょっと高いので自作で対応(ガーデンライト用の屋外電源からコードを這わせて電源をとり、DIYで簡易的に雨除け作成)。2万5千円ちょっとのBirdWatchCamを我慢して、アプリと固定アームで1500円程度で自作できたから、まあまあのコストパフォーマンスかな。

MOTION MotionTech 防水フィルム iPhone4対応

iPhone4用の防水フィルム(500円)。各自のスマフォに対応したものが必要。

500円〜3000円くらいの価格帯だが、基本的に雨天時の撮影はやめておくのなら、水中撮影したい訳ではないので安価なもので十分そうに思う。


BESTEK クリップ式 フレキシブルアーム ホルダー

スマフォを好きな場所に固定できるクリップ(1380円)。BESTEKのこれは大抵の機種に共通で使える作りだし、BirdWatchCamの用途以外にも色々使えそうで、買っても損はない感じ。

今回使ってみたが、カメラ角度や位置を自由自在に変えられて便利だった。


iPhone4S/4専用バッテリーケース i616

iPhone4用バッテリー付きケース(2390円)。各自のスマフォ機種に対応したものを選ぶ必要がある。もしも本物のBirdWatchCamと同等に、単体で常設する野鳥監視カメラにしたいなら、是非欲しいところ。

iPhone5以降になると、防水+電池付きのibattz aquaというものがあって、機能的には理想っぽい。ちょい高いけどね。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


e0134713_1495763.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-31 23:55 | 【生物】野鳥 | Comments(7)
2015年 01月 28日
バードウォッチカム自作(1)リモートカメラ設置テスト
e0134713_23501488.jpg

BrinnoのBirdWatchCam(自動野鳥撮影カメラ)が面白そうなので、自作を試す。

最初、安価な動体検知用の電気パーツを使って手持ちのデジカメを何とかBirdWatchCamにできないか……と考えたけど、防犯ガーデンライトくらいならできても、デジカメ操作となると手ごわそう。なので、昔使っていた古いスマートフォンをデジカメ替わりに利用してみることにした。これならアプリや自作プログラムの利用も可能なので、色々と複雑なことも試せそうだ。

まずは手始めに、画質の確認も兼ねて、シンプルな遠隔カメラとして設定してみる。
バードバスの隣に使わなくなったスマートフォンを設置して、リビングにあるモニタに無線で画像を送る仕組み。

まだ自動撮影の機能はつけていないので、「リビングのモニタに鳥が映ったら画面のボタン押してくれよー、頼むよう、お願いだよう」と夫にお願いしまくって、私は仕事に行ってきます!これでいい感じの写真が撮れるようだったら、次は動体検知で自動撮影できる仕組みにするつもり。

【遠隔カメラの作り方】

新旧両方のiphoneに「カメラペア」というアプリをインストールして、一緒に起動してペア設定するだけ。すごく簡単。所要時間5分。

カメラペア(無料)
http://ubikappproject.tumblr.com/post/76698284985/camerapair

⚫︎リモートカメラとして利用したい方(今回は古いiPhone)を「Camera」として選択。
⚫︎モニタとして利用したい方を「Remote」として選択(今回は大きいモニタのiPadタブレットを使ったが、現役のスマフォを利用してもOK)。
⚫︎リモートカメラからモニタに画像が送られるようになる。動作としては、遠隔監視カメラのイメージ。
⚫︎写真をとりたいタイミングでモニタの撮影ボタンをクリックすると、モニタ側に画像ファイルが保存される。

そして夜、ウキウキして帰宅。そして画像を確認。

おー、けっこういい感じ。

古いスマフォなので画質はそれほど良くないが、人間が撮影するよりずっと近い距離で撮影できるのが面白い。休日に、部屋でぬくぬく野鳥観察したいだけなら、この仕組みでも充分っぽい。
(カメラ側に使うスマートフォンのカメラ機能がもっと良ければ、さらに綺麗な撮影ができると思う)

明日からは、いよいよ動体検知して自動撮影する仕組みを作ってみようっと。
e0134713_23504295.jpg

心なしかカメラ目線が多いメジロ氏。
カメラを気にしているのか?
e0134713_2354852.jpg

e0134713_23545573.jpg
e0134713_23545940.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-01-28 00:03 | 【生物】野鳥 | Comments(4)
2013年 05月 16日
子どもと虫取り
e0134713_2303542.jpg

GW帰省中の話。娘が薄暗い林の中で、大物を捕まえた!
黒地に鮮やかな水色の帯模様が鮮やかなルリタテハ(瑠璃立羽)だ。

似た蝶に「アオスジアゲハ」がいるが、どちらも見つけると嬉しくなってしまう美しい蝶だ。

e0134713_2303829.jpg綺麗な水色は翅の表側だけで、裏面は樹皮や落葉に似た地味な模様になっている。翅を閉じて止っていると保護色になって森の中では見つけにくい。

大型の蝶だけに羽ばたく力がすごく強い。
「うわーこれは暴れん坊だ〜!」と娘。

網から出したら、弾丸のように飛んで行ってしまった。


娘は大物を捕まえた達成感にすっかり蝶ハンターの自信をつけてしまったようで、「ピノコはゴールデンハンドで〜、お母さんはシルバーハンド〜」とか得意そう。
e0134713_2323961.png

その後も、菜の花畑や開けた野原で、色んな蝶や虫をキャッチ・アンド・図鑑・アンド・リリースした。

楽しそうな様子にインドア派の長女まで寄って来て、「この虫って珍しくない?」なんて参加したところを見ると、やはり虫取り網には、子ども(高校生は子どもか?)を虜にする妖しい魅力があるようだ。

虫取り網って楽しい!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

帰省から戻ってから、子ども用に虫取り道具を揃えて小さなバッグにまとめてみた。

虫取り網は、むかし時々見かけた、折りたたみ式のリュックに入る網が欲しかったんだけど、今はどこでも扱ってないみたいでちょっと残念。でもちょっと奮発して、伸縮できてグリップが良いものにしたら使いやすくて良かった。

e0134713_20383353.jpg
上の子たちと色んなジャングルを歩き回ってた頃のお下がりのバッグを、今度は末っ子が使うことに感慨を覚える……。

うわー、良いねえ!と嬉しそうな末っ子。

今度から、外遊びにはこのバッグを持って出かけよう。


中身は軍手とピンセットとヘッドライト、それと獲物を観察するための透明なプラケース。
それにジップロックと割箸とウエットティッシュ。あとはハンディ顕微鏡と、メモ用の白紙ミニノート。
e0134713_20384036.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

特に子どもに好評だったのが、ハンディ顕微鏡。体長5mm程度の昆虫が、こんなにクリアに!

さらに人体の各部を拡大しあい、笑い転げて動けなくなっている子供たち。
ヘソノゴマって……。私も笑ったけど、面白いと思うけど、写真をアップするのは自粛しとく。
e0134713_21122960.png

魅惑の虫取り七つ道具。格好から入るのって楽しいよね!




[PR]

by macchi73 | 2013-05-16 22:00 | 【こども】自然学習、自由研究 | Comments(3)
2013年 05月 05日
アカハネムシ(赤翅虫)
e0134713_14351218.jpg

目の前を横切って飛んで行った赤い虫を追いかけたら草の上に降りた。
前に見つけたベニカミキリによく似ているけど、もっと小柄で華奢で柔らかそうな虫だった。

真っ赤な翅に黒い体。
触覚が櫛状になっているのがちょっと独特。それと、口ひげのような小顎枝が目立っている。
柔らかそうな翅をしているけど、これ甲虫目で良いんだよね?

調べたら、アカハネムシという虫らしい。そのまんまの名前だ。
コウチュウ科、アカハネムシ科、アカハネムシ。

幼虫は朽木の樹皮下で育ち、成虫は4〜6月頃に林縁などの草の上で見かけられる。昼行性でよく飛ぶ。

アカハネムシ(ベニカミキリも)は有毒のベニボタルの警告色を擬態して、鳥から身を守っているらしい。
e0134713_14351651.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


アカハネムシの渋い赤と黒の組み合わせを見たら、誰だってアレを思い出すはず。
そう、それは OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-2!!

これから色んな花や虫が出現する季節、マクロなしでは面倒過ぎる(トリミングやシャープ掛けなどの加工が……)ので、ついに買ってしまった。これからの野遊び、楽しみだ〜!!

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS TG-2

小さくって軽くって、顕微鏡のようなスーパーマクロ撮影ができて、しかも水中撮影までできる!暗所で動きのある被写体の撮影でもブレない明るいF2.0レンズで画質も良いだなんて。

PentaxのWG-3と迷ったが、これで撮影されてる昆虫写真をwebで見て、TG-2を購入することに決めちゃった(撮影者が上手なだけかもしれないけど……)。



カメラだけでも充分だが、野外持ち運び時の衝撃からも守ってくれそうなセミハードなカメラケース、レンズガード替わりのスカイライトフィルターのアダプタも一緒に購入。

イメージとしては、ファイト〜一発!くらいの野外運動を想定している(多分やんないくせに)。


[PR]

by macchi73 | 2013-05-05 14:47 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(9)
2012年 07月 01日
夏前の草刈り(電動で手抜き)
e0134713_1305046.jpg

小雨の日曜日、ジャングル化し始めている庭をこざっぱりさせる。
って言っても、ダラダラしてたらもう午後も遅い時間。
面倒なことって、なかなか取りかかれないんだよなあ。

そこで準備したのは、延長コード。
その先に刈る刈るボーイを繋いで、庭全体を短く刈り揃えて行く。
おー、見る見るさっぱり!丸刈りっぽい。刈る刈るボーイ、頼りになる奴。
遠目で見れば、芝生っぽい地面と言えなくもない。

庭に蔓延るハーブも刈り込む。
モジャモジャと野放図で、もう雑草のようになってしまっているが、どこを刈っても良い匂いがするのは嬉しい。
雨の中、ミント、タイム、バジル、ローズマリー、カモミール等々の香りに包まれてスーッとする。
それと意外にドクダミの匂いがクセになる。臭いと嫌われる匂いらしいが、私はかなり好きな香り。夏の何かを思い出す。

それから大きな剪定鋏(これもいつか電動にしたいところ……)で、ビョンビョン枝を飛ばしている庭木やバラを短く刈り込んで行く。
どうせまた伸びるから、もうあんま美観とか考えない。
ザクザク刈っちゃう。花もどんどん切花にしちゃう。
更にさっぱり。角刈りっぽい。

e0134713_131161.jpg

そうやってダイナミックにジャングルをダウンサイジングしていたら、ご近所さんがやって来た。
挿木にするからこれちょうだい、これはなあに、などと植物話をしながら草抜きしてたら、ブチッと抜いた草を見て「えっ、それ、綺麗な花が咲くのに」と指摘される。
「あ、間違えちゃった」と、慌てて植え直す。
それで別の草を抜く。「それもお花だよ」と言われる。また植え直す。
いやもう、ホントは多少のことは無視して、早く草むしり終えちゃいたいんだけど。
ガーデナーとして、花を粗末にしているとは思われたくないという見栄が……。

そんな手荒な庭仕事で数時間。
暗くなって来たので、風呂に入って、晩ご飯は皆でレストランに行く。
屋外労働後の御馳走って、うっとりする。

真っ暗になって帰宅したら、部屋が魅惑の甘い香りでいっぱいだった。
窓の外にも沢山の百合。部屋の中にも切花の百合。
今日は一仕事終えた、と良い気分で眠る。
(でも根から抜かずに、刈るだけじゃすぐ生えてきてしまうか?という一抹の不安……)
e0134713_131525.jpg

* * * * * * * * * *


山善(YAMAZEN) 電気草芝刈機 刈る刈るボーイ SBC-280AYAMAZEN 刈る刈るボーイ

我が家で去年から活躍中の、ジャングル救世主。
草茫々の荒れ地でも、腰を曲げずにスイスイ刈れる(電源コードが届く限りは!)。

RYOBI バリカン AB-1610RYOBI バリカン AB-1610

庭をぐるりと囲む生垣剪定用に、次はこれを買いたいところだが「そんなに機械ばっかに頼らず、自分の力でやりなよ……」と呆れ顔の夫に怯み中。
いやあ、剪定鋏で生垣刈るの、すんごい疲れるんだよ。刈る刈るボーイは、垂直面には弱いしさあ。
ボーイとは、重複してるようで、してないマシンだと思うんだけどなあ。


[PR]

by macchi73 | 2012-07-01 22:30 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2009年 09月 20日
庭再生計画4:駐車場緑化と菜園整備
e0134713_22472.jpg

今日は駐車場と菜園の整備。
といっても、この2カ所は殆ど荒れていないので、まあチャチャチャっと。

関係ないが、しゃがんで庭仕事をしていると、子供たちが背中にぶらさがってくるのでとっても重い。
また、末娘の「お手伝いするね〜」という声と共に、ホースで水をぶっかけられるわ、汚れた手を背中で拭かれるわ・・・。
更に「たまにしか家にいないんだから、子供とくっついててあげなよ」との夫の声もあり、なんとも肩身が狭い庭仕事となるのであった。
みんな、庭ぼさぼさより綺麗な方が嬉しくないのかよー。

●駐車場:
かたい砂利地なので荒れようがない場所だけど、そうなるとかえって緑が欲しくなる。ないものねだり。
目下ヒメイワダレソウが着々と緑化中ではあるが、それだけでは寂しい気もする。
そこで、砂とポピーの種を混ぜたものをざっと撒いておいた。
先日図書コーナーで借りた『ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン』って本に書いてあった方法だ。

e0134713_22164711.jpg
(夏に収穫しておいたポピー種)


●菜園:
クリーピングタイム、チャイブ、オレガノ等のハーブがしっかりと地面を覆っているので、菜園には殆ど雑草は生えない。
ただし、昨日西ブロックを整備した時にこれらのグラウンドカバーをかなり移植したせいで、黒土がむき出しになった場所がある。
そこに芽キャベツを2株ほど植えてみた。
近所の花屋さんで50円で売られていた苗だけど、上手く収穫できるかな。楽しみ。

e0134713_221056.jpg

あとは地面に触れそうにうねっているフェイジョアの枝の整理だけど・・・。
今冬、果実を収穫してから下枝をはらって樹形を整えようと思う。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

『ポール・スミザーのナチュラル・ガーデン』の庭道具紹介ページには、私も持っている山菜採り刀が紹介されていた。今まで山菜採りにしか使ったことがなかったけど、スミザー氏に倣って庭道具に使ってみたら、ホントだ、使い勝手が良い!

ステンレス 山菜掘り

怖い見た目だが、刃はそんなに切れ味鋭い訳ではない。それが逆に良い。

うっかり手を切ることは無さそうで、木の根などはギコギコやって切れるっていう感じ。


[PR]

by macchi73 | 2009-09-20 01:50 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)