「ほっ」と。キャンペーン
タグ:蜘蛛 ( 19 ) タグの人気記事

2016年 11月 21日
女郎蜘蛛の産卵
e0134713_22143673.jpg

窓の外にいつも見えていた大きな女郎蜘蛛が、ある日急にいなくなってしまった。

と思ったら、一週間ほどして、またいきなり以前のように巣の真ん中に陣取っているのを発見。一体どこに出かけてたんだ……と不思議に思ったが、女郎蜘蛛は壁面や木の幹に産卵する習性があるので、どこか良い場所を探して産卵して、産後の余生を過ごすために古巣に戻って来たのかもしれない。

そんなことを思いながら、ここ数日、何となく蜘蛛の卵がありそうな場所など気にして見ていたら、別のジョロウグモが卵嚢の上で死んでいるのを見つけた。あー、君は生きて戻れなかった組か……と思う。いつも窓の外にいる馴染みの蜘蛛と比べるとだいぶ小柄な個体なので、体力が持たなかったのかもしれない。母蜘蛛は卵を守って死ぬという説があるらしいが、多分こんな場面を見た人がそう考えたんだろうな。

しかし実際には、卵の傍で息絶える母グモもいれば、生き延びて立ち去る母グモもいる。

インターネットで検索したところ、「ジョロウグモの産卵行動に及ぼす気温の影響」(西野真由子)というレポート(←とっても面白い!!!)が色々なところで引用されており、その観察結果は下のグラフのようになっていた。行方不明の中には死亡の個体も多そうだけど、思っていたより網に戻る母蜘蛛が多いんだなという印象。とは言え女郎蜘蛛は短命な蜘蛛で、冬にはほぼ皆死んでしまう訳だけど。でも、本能に従う虫だって、やること終わったら余生過ごそうとするんだなと思うと、生き物みんな同じだなと思う。
e0134713_23521940.jpg

死んだ小さな母蜘蛛が卵を産みつけたのは、ふかふかの分厚い苔の絨毯に覆われた大きな木の幹の窪みで、いかにも居心地良さそうな場所だった。前出のレポートによれば、蜘蛛が産卵までの日数が長かったのは大半が場所決めに日数がかかったためで、移動距離も予想以上に長かったというから、この蜘蛛も良さそうな場所を探して歩いたんだろうな。

きっとここから来春は、新しい子蜘蛛たちがたくさん巣立って行き、強運な数匹が、また次に世代を繋ぐんだと思う。

e0134713_22142866.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-11-21 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 09月 24日
銀メッキゴミ蜘蛛
e0134713_1131841.jpg

あ、庭に赤い蜘蛛がいる。

と思ったら、鏡面仕上げのボディを持つ銀メッキゴミグモに赤い花が映っているだけだった。

で、面白いので紫色にしてやれとちょっかいかけたら、ものすごく迷惑そう。
e0134713_1131666.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

銀メッキゴミグモといえば、「オスがメスの交尾器を破壊する」という繁殖戦略で、最近National Geographicで記事になっていた蜘蛛だ。
National Geographic:
『メスの交尾器を破壊するクモ、日本でも発見』

交尾器の破壊行動は、2015年末にドイツで、キタコガネグモダマシという蜘蛛の繁殖戦略として最初に発表された。その後、今年に入ってすぐに日本でも銀メッキゴミグモが同じ行動をとることが報告され、同じ行動が系統的に遠く離れた2つの種で別々に進化していることが示されたということらしい(それか、今まで気づかれなかったけど、この戦略は蜘蛛の中では割とありふれたものなのか?)。

ふーん、なるほどなー、とか思いつつ。
数秒で終わってしまう交尾の様子を検証するために、交尾中のカップルを見つけては物凄いスピードで液体窒素で凍らせて観察した、非常に難しかったとかいう記事を読むと、世の中ではいろんな研究を真剣にしてる人たちがいるもんだなあ……知らない世界ばっかりだなあ……人間って変な動物だよなあ……と驚いちゃったり。
[PR]

by macchi73 | 2016-09-24 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2016年 05月 10日
スジブトハシリグモ(筋太走蜘蛛)と、水面に集まって口をパクパクさせるオタマジャクシたちの謎
e0134713_18442031.jpg

山中を散策していたら、小さな池を見つけた。
池の底にRising High Recordsのロゴマークみたいな影が落ちているのに気づいて、よく見たら蜘蛛が水面に浮かんでた。超巨大アメンボみたいにみえる。


へえ!もしかしてこれが水蜘蛛っていうヤツか?と思って他の個体もいないか探してみたけど、水中には仲間の姿はないようだった。その代わり、水面じゃなく池の縁の石に後脚をひっかけている同じ蜘蛛が何匹もいた。
e0134713_18441891.jpg

そうなると、水面にいるのはわざとなのか?それとも風で沖に流されちゃったのか?気にかかる。でもしばらく見ていたところ、器用に水面を移動してアメンボにアタックをかけていたりしてたので、たぶん水面で狩をするタイプの蜘蛛なんだろう。

家に帰って調べたら、ハシリグモの仲間でスジブトハシリグモという蜘蛛だった。
ハシリグモは巣を張らない徘徊性のクモ。素早く走るのが得意で、獲物をその脚力で捕まえる。スジブトハシリグモは水辺を好むハシリグモで、水面を移動することもできるようだ。流されて漂流してたんじゃなくて良かった。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

同じ池の水中には、ゲンゴロウやオタマジャクシもいた。オタマジャクシは凄い数だ。色柄大きさから判断するに、たぶんうちの庭のオタマジャクシと同じ種類かなと思う。ヤマアカガエルの子供かな?
e0134713_18441731.jpg

脚が生えているのや、死んだ一匹に集まって共食いしてるのや、草をつついて食べてるのなど、色んな行動をしているオタマたちがいた。中でも、一番不思議だった光景がこれ。ある一角の水面にだけ、たくさんのオタマジャクシが集まって口をパクパクさせている……。
e0134713_18441514.jpg

水も透明で、水中には瑞々しい水草もあって酸素不足ではないように見えるんだけど、一体、何をやってるんだろう?近くでよく見ても、特にそこの一角だけに美味しそうな餌があるようには見えなかったんだけど。

気づけば、みんな寄ってきて不思議がってる。誰も理由がわからないらしい。
そんなに広大でもない水場の一角でしか見られない行動だったので、とても不思議だ。
もし理由が分かる人がいたら、教えてくれたらとても嬉しい。

e0134713_23210629.jpg
オタマジャクシのお腹は透き通っていて、腸が渦巻いているのが丸見え。
ちょっとコワイ。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-10 23:55 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(1)
2015年 12月 27日
ジグモ(地蜘蛛)
e0134713_2015449.jpg

草刈りしていたら、バラの茎の上に、まるっと大きい蜘蛛を見つけた。2cmはありそう。
手を近づけて茎を揺らしてみても、じっとして動かない。寒くて動けないでいるのか?

蜘蛛のいる場所の少し下辺りから地面まで、バラの茎に沿って、蜘蛛の糸で編まれたトンネルのような袋のようなものが続いている。たぶんこれが巣だよな。ってことは、これがジグモか。巣はたまに見かけるけど、本体は初めて見た。
e0134713_2015054.jpg

動いているところを見たく、近くからホーッと息を吹きかけていたら、足がピクッとして、少しずつ動き出した。その場でもぞもぞとターンして、巣の方へとゆっくり向かう。
e0134713_2014680.jpg

見ていたら、前脚と頭でチョイチョイチョイっと袋を押し分けるような動作の後、網が縦に裂けて、入口ができた。そこから中にもぐり込んで行く。面白い。地面の中はどうなっているのか、袋を引っ張り上げてみたい気はしたけど、寒い時期で動きも悪いみたいだし、止めておいた。(地表に見えているのと同じくらい、地中にも巣は伸びているらしい)
e0134713_2014486.jpg

このようにお腹が丸い外見なのは、雌らしい。
ジグモの雌は、卵から孵って成虫になるまでに3〜4年、成虫になってからも数年生きる(雄は1年)というので、この個体も、もしかしたらけっこうな年齢かもしれない。

雄の方は、お腹が小さく脚が長く、だいぶ違う姿をしている。ただし、大きくてピカッとした鋏角は、雄雌の両方に共通した外見だ。

Wikipediaなどによれば、ジグモはこの大きな鋏角を自分の腹部に曲げてやると、自分の腹を切り裂いてしまうことから、子供らに「ハラキリグモ」と呼ばれて遊ばれていたらしい。虫には人間みたいな痛覚はないと思うので(あっても悪いことばかりで良いこと無さそう)、ジグモは他の虫がこの袋の上を歩いた時に襲いかかって捕食するというから、しょっちゅう袋を切り裂いているせいで、鋏に押し付けられたものは何でもつい反射で裂いちゃうのかもしれないな。
[PR]

by macchi73 | 2015-12-27 20:47 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2014年 09月 01日
白アズチグモ、黄アズチグモ
e0134713_22352772.jpg

ちょっと前に見かけたアズチグモ(安土蜘蛛)。何故か毎年エキナセアの上で決まって見かける。
とんがり眼鏡をかけたような、面白い顔のクモだ。

この間は、白いのと黄色いのを別の日に見かけた。
で、体色にバリエーションがあるのだなと思ったのだけど、アヅチグモは数日かけて黄色から白まで体色を変化させることができると後から知った。

なので、私が見たのは、もしかしたら同一人物(同一蜘蛛)だったのかもしれない。
顔つきから判断しようとしても……うーん、種が違うと、全部同じ顔に見えちゃって、分かんないなー。
でも蜘蛛同士で見たら、全然似てないとか、こっちのルックスは好みだけどあっちは好みじゃないとか、そういうのもあるのかな。
e0134713_22352220.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-09-01 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2014年 07月 04日
イエユウレイグモ(家幽霊蜘蛛)
e0134713_23474133.jpg

お母さんにお土産あるんだ、と息子が何かを持ってきた。珍しい。
で、つい「え、なになに?」と期待に満ち満ちた浮かれた声を出したら、ハイこれどうぞ、と携帯を開いて写真を見せてくれた。

家の中で見つけてビックリしたよ、こういうの好きでしょ。
脚も入れたらコレくらいはあったよと、得意そうに人差し指と小指をグッと広げて見せる。

ええー、ちょっと期待したお土産とは違ったかも。

多分これはイエユウレイグモ。
脚を入れた体長は10cm弱だったのではと想像する。
(自分も含め、だいたい「大きい虫を見た!」と驚いた時は、記憶のサイズに0.7掛けくらいすると実物大になると感じている)

ゴキブリを食べてくれるアシダカグモほどビッグネームではないが、人家に出現する大型の蜘蛛で、家のなかのハエや蚊、ダニなどを食べてくれる益虫と言われている。

まあ、でも確かに好きかも。
私はイエユウレイグモもアシダカグモも実際に見たことはないので、ちょっと羨ましい。
ソレ高画質でお母さんの携帯に送ってよ、と要求しておく。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



← 期待していたお土産(嘘)


[PR]

by macchi73 | 2014-07-04 00:02 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2014年 04月 19日
虫の目覚め
e0134713_10191820.jpg

地面を掘っていたら、黄金虫のサナギが出て来た。
形としてはもう成虫。なのに色だけ茶色の光沢のある殻をまとっており、ゴキブリみたいでちょっと気持ち悪い。

e0134713_23343631.jpg
裏返したら、足をゆっくりジタバタさせている。

もう少しで出てくる準備中だったんだな。悪い悪い。

とりあえず、土にもう一回埋め戻しておいた。ごゆっくりどうぞ。


それで周りを見回してみたら、おおー、虫たちの姿があちこちに見える。
まだみんなウォーミングアップ中って感じで、花の上で日に当たってのんびり体を温めてるみたい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


バラの新芽をちょっと探せば、すぐに体長3mm程度のバラゾウムシの姿が見つかる。ショック。
e0134713_23351021.jpg

野良イチゴの花の中には、光る甲虫が。ドウガネサルハムシかな。
こちらも大きさ3mm程度なので、気をつけてみなければ気づかなかった。
e0134713_23352820.jpg

これはハナアブかな?
とても小さい上に、すばしっこく飛び回って、一カ所にじっとしていないのでよく見えない。
e0134713_2336562.jpg

ネモフィラの花の中に隠れているのは、2mmくらいの小さな小さなカニグモの仲間か。
覗き込んだら、すぐに花の裏に隠れた。
e0134713_23363266.jpg

ちょっと大きめ(と言っても6mmくらいかな?)なクモもいた。
前から1, 3, 4番目の足は前に折りたたみ、2本目の足だけ体に沿わせて後ろに伸ばしている。
これがクモの寛ぎポーズなのか?
e0134713_23364582.jpg

さらにズームしてみたら、毛が針みたいにチクチクだー。
これは毎年庭でおなじみのササグモ……だと思うんだけど、色が緑色じゃない。季節で色が違うか、個体差があるのかな?

マクロレンズで見ると、ネモフィラの花弁の粒子がキラキラ光ってきれいだ。
こんな風に反射してるから、花の周りって、庭でも明るく見えるのかも。
e0134713_233652100.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

虫が動き出せば、それを食べる者たちも動き出す……ということで、ヤモリやカナヘビ、トカゲも見かけることが多くなった。

そしてヤモリたちが動き出せば、それを捕獲する末っ子も動き出す……ということで、しょっちゅう庭から「捕まえた〜!」という弾む声が聞こえるようになった。賑やか。

e0134713_2337311.png
イモリヤモリのアップ。

耳のあたりに穴があるけど、ずいぶん大きいな。中身見えそう。

この後、娘はパクッと噛まれて「ウワー」と叫んでいた。そんなに痛い訳じゃないが、ビックリする程度には力強い噛みつきだったそうだ。

ご指摘により気づいたが、イモリとヤモリと間違えちゃった。
ちなみに、家で見るからヤモリ(家守)、水辺で見るからイモリ(井守)って覚えるのが便利なんだよね……と、間違えておきながらまめ知識をひけらかす。


[PR]

by macchi73 | 2014-04-19 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)
2013年 08月 30日
ユカタヤマシログモ(浴衣山城蜘蛛)
e0134713_047935.jpg

仕事で飲んで帰って寝静まった家で遅い風呂をしていたら、風呂場で変わった蜘蛛を見つけた。
透明感のある小さなまん丸の体で、ユカタのような斑模様がある。

これはユカタヤマシログモ(浴衣山城蜘蛛)。
クモ界で唯一、口から網を吐き出すという珍しい能力がある蜘蛛だ。
(ちょっと意外だが、他のクモはお尻から糸を引き出すやつばっかりみたいだ。)

人家に住む蜘蛛だけど、普段は床下などにいるので目撃されることは少ない。私も初めて見た。
そんなユカタヤマシログモにこのたび何故遭遇できたかというと、目下、我が家の風呂場の壁に穴があいているからだろう……。

古い配管を取り替えて水質向上したらしいんだけど、壁の前に路線図のように配管が張り巡らされてしまったのが残念だ。漆喰と古いタイル張りのがらーんとした空間、気に入っていたんだけどなあ。

ちょっとしょんぼりして、チビ蜘蛛をつまみあげて風呂場の窓から逃がす。
外は真っ暗で色んな虫の声がする。なんかもう秋っぽい。
[PR]

by macchi73 | 2013-08-30 00:57 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2013年 05月 26日
身近な虫のデザイン
e0134713_1846120.jpg

庭がボサボサ気味。
何とかしとこうって思う一方で、ちょっと歩くと色んな虫が見られるのは嬉しい。
虫サイズで考えてみたら、この庭だって、すごく広大な神秘の大宇宙(大げさ?)だと思うんだ。特にこんなにボサボサであれば。

ただの無粋な薮に見えるところにも、実は色んな小さな生き物が憩っていると思って眺めると、なんだかミクロのようなマクロのような不思議な感慨を覚える。

身近なところに普通にいる虫でも、よくよく見るとデザインが面白くって楽しい。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ギンメッキゴミグモは、名前の通り、銀メッキされたようなお腹をしている。

e0134713_18455164.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

アゲハチョウの幼虫の柄。よく見ると幾何学的。

e0134713_18454641.jpg

e0134713_18454327.jpg
しかも食事中の姿を見ると、大きな頭に見える部分はただの背中で、案外可愛い小顔をしているのが分かる。

末っ子は、この虫の背中を撫でて、黄色い角を出させるのが得意。


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ムシヒキアブの目はサングラスみたい。
こういう干渉縞っぽい不思議な艶は、小さな単眼が沢山集まってできている複眼の特徴。

e0134713_1845494.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

ハエトリグモの目はピカピカで、複眼とは違う質感をしている。
調べてみたら、クモの眼は「カメラ眼」という構造で、人間の瞳に近いような作りらしい。

e0134713_18453728.jpg

e0134713_18454029.jpg
しかもよく見ると、それぞれ眼の色が違う。

真ん中の二つは青緑、その両隣は赤っぽい色をしていた。

そして、前方の四つの目の他に、後ろにも目が四つ(ただし一対は凄く小さい)。そちらは黒い。
「近づくほどに美しい、ハエトリグモの鮮やかなマクロ写真 - GIGAZINE」っていう記事で紹介されているサイトで、ハエトリグモのピカピカの眼が色々見られる。

 ▶ Jumping Spiders of Oklahoma

すごく綺麗!!感動した!!!
英語だと、ハエトリグモはJumping Spidersっていうんだな。ピョンピョン跳ねるからね。

[PR]

by macchi73 | 2013-05-26 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(3)
2013年 05月 11日
ハリゲコモリグモ(針毛子守蜘蛛)、マミジロハエトリ(眉白蠅捕蜘蛛)
e0134713_0373292.jpg

長女と末っ子が背中に何かをビッシリ乗せている蜘蛛を見つけた。

末っ子は珍しがって写真を撮り、長女は「ナニこれ気持ち悪い!なんか付いてる!ピノコ、あんまり近付いちゃダメだよ!危ないよ!」と末っ子のシャツをつかみながら、気持ちの悪い蜘蛛からもどうにも目を離せない様子。

これは子守り蜘蛛の一種で、ハリゲコモリグモ。
子どもを背中で育て、脚にピンピンと針のような毛が生えているのが名前の由来。

背中につけているブツブツが卵かな?と一瞬思ったけど、これは卵ではなく子グモたちらしい(白っぽい糸のように見えるのが子グモたちの脚だと思う)。

卵だけの時はもっと滑らかな白い袋状のものをお尻の先端にくっつけた姿のようだ。
卵を産んだ後はこんなにずんぐりした姿だけど、卵を産む前はシュッとした割りとスリムな娘っ子っぽい姿をしている。

以前はヒメグモの子育てを見たし、クモって子どもの世話をする種が多いのかな?
高校生たちは気持ち悪いって騒ぐけど、子どもをいっぱいおんぶしたお母さんと思えば、ちょっと微笑ましい気もするけどなあ……。

* * * * * * * * * * * * * * * * *


ちなみに、上のコモリグモの写真は一眼カメラ(EOSの、マクロでない普通のレンズ)で撮影したもの。

一方、TG-2で撮影したクモ(白い眉毛が目立つマミジロハエトリ)はこちら。眼が綺麗……。
ピントずれちゃったし高画質モードでなく省メモリモードで撮っちゃったんだけど、それでもやっぱマクロの威力ってあるなあって思った。
e0134713_204911.jpg
e0134713_224526.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-05-11 06:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)