タグ:蛍 ( 5 ) タグの人気記事

2017年 06月 17日
ヤモリ&ホタル&コドモ
e0134713_125596.jpg

結婚記念日に、家族とちょっと遠出して食事。

気づけば二十余年目の記念日。上の子たちなんか、もう私たちが結婚した時の年とそう変わらない。うへえ。このコドモコドモした様子で結婚なんて冗談か!と思うが、実際、私たちもそんな風に見えたのかもなあ。大人たちが逆上していたのも、今になればちょっと分かるか。

記念日のついでに、昇進祝いもしてもらう。って言っても、部の面々の経験も教育も専門知識も自分より明らかに高かったりで、多少微妙な空気が場を支配しております。面倒臭いことになっております。分かります、分かります。が、そこを気にせず鈍くふるまう冷や汗、面の皮、コドモコドモらには分かるまい。サラリーマン道とは気にしないことと見つけたり。

でもどうせならみんながもっと楽しく働けるような環境は作ってみたいかもと思ったり。ただし楽しく働くっていう定義も人それぞれだからな……そこは思い込まずに慎重に。私と全然違う、夫とか見てもそう思う。

正直、今の専門分野に凄い熱意と興味があるか?と言うと、自分はそうとも言えないかもなと思うので、ここらでちょっと毛色を変えて、人が良い感じで働くための工夫も仕事と思えば、それはそれでまた仕事に新しい興味と楽しみを発見できる可能性はあるかもなと期待する。

あーあ。楽しく働きたいもんだ。自分も。それからみんなも。もうすぐ社会人になる子どもたちも。
e0134713_125346.jpg

窓の外にはホタル。窓を開けて欄干に身を乗り出し、小さな声でうわーうわーと喜ぶ子どもら。ふ。やっぱ、まだまだコドモコドモしいな。私たちみんな、遊びをせんとや生まれけん。

そして窓辺の行灯には怪しい影。怪しいけれど見慣れてもいるその形。

−−あ、ヤモリだ、
−−ホタル食べようって待ってるのかな?

いや、ホタル一匹につきトカゲ一匹くらいは殺せる強い毒があるらしいので、それはナシっぽい。ホタルの赤と黒の警戒色はダテじゃない。でも行灯とは、暖もとれるし、飛んで灯に入る夏の虫たちを待つには格好の餌場だな。ヤモリ賢い。
e0134713_1251100.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-06-17 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(5)
2014年 06月 15日
ゲンジボタル(源氏蛍)
e0134713_2352571.jpg

自然公園のホタルを見に、川沿いを家族でサイクリングした。
真っ暗な木道のとこ、ホタル見物の人たちが妙にゆっくり静かに行き来していて、お祭りか夢の中みたいだった。
ホタルは少なかったけど、数匹サービス精神旺盛な明るく光り飛ぶヤツがいて、みんなを喜ばせていた。
でももうゲンジボタルの見頃はそろそろ終わりみたいだ。おつかれさま。ちゃんと交尾できたかな。

帰り道、夜食でも取ろうとライトアップされていたベーカリーレストランに入ったら、室内楽の生演奏していて少し豪華な気分になった。
帰り際に、もう閉店だから良かったらどうぞと、色んなパンをいっぱいもらった。やった。
ちょうどサイクリング出る直前、裏のドイツの方から、今年の収穫で作ったという自家製ラズベリージャムをお裾分けされたんだよな。
明日の朝ご飯は、このパンにあのジャムで決まりだなーと思った。ナイスタイミングで嬉しい。

風がびょうびょう吹く夜道をまたサイクリングで帰った。
風は強いけど、湿度も温度も絶妙で、服がバタバタするのが気持ち良い。
雨じゃない6月って最高。

このところ寝てばかりの休日になりがちだったけど、また時々はゆっくりサイクリング行こうと思った。
家族のぺちゃくちゃ喋るの聞いてるのって楽しい。いつも不在がちで、優先順位狂っちゃっててごめんね。
[PR]

by macchi73 | 2014-06-15 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2012年 07月 26日
マメコガネ(豆黄金虫)、ヘイケボタル(平家蛍)
e0134713_11321827.jpg

体長1cm前後の小さなコガネムシ。
日本在来種なのが北アメリカに移入して増えてしまい Japanese beetle と呼ばれて嫌われている。

庭の萩の葉の上で見つけた。
小さい体ながら光沢が強くて目立っていたので、よく見ようと近付いたら、一番後ろの足を開脚して変なポーズをする。

e0134713_11332100.png
なんだこのポーズ?
……威嚇……じゃないよな……。

じっと見ると笑える。


調べたら、葉っぱが揺れたり驚いた時に出るポーズらしい。
人間だと、「わ!」って万歳して固まっちゃう感じかな。
でも、このポーズをとる事によって、何か効能があるのか?不明。

* * * * * * * * * * * * * * *

夜には高尾のうかい鳥山に食事がてら蛍を観に行った。

あれ?野川のホタルは6月に観たけど、八王子にはまだいるんだ?と不思議に感じたが、6月の蛍はゲンジホタル、7月中旬以降の蛍はヘイケボタルのようだ。

e0134713_11363752.jpg広い庭園内に川も流れており、そこで発生するホタルなのかと思ったら、そうではなくて観賞用にお取り寄せしたものらしい。

でも、真っ暗な庭園内をホタルが飛び交う景色は綺麗。
何匹かに体の周りを飛び回られ、手でそっと囲うようにしたら、手の中でポワーっと光ってた。
子供たちが静かに喜ぶ!

今まで観たホタルより体が小さいなーと思ったら、ゲンジホタルは15mmあるのに比べて、ヘイケホタルは9mm程度らしい。

[PR]

by macchi73 | 2012-07-26 11:51 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2012年 06月 27日
初夏の風物
e0134713_2232649.jpg

今日はちょっと一仕事終えた感じで、足取り軽く帰る。
夕焼けがピンク色だ。

家に帰ったら、今年最初の百合が咲いてた。
近くのクチナシの匂いと相まって、空気が甘い。これは初夏の匂いだ。

e0134713_2233564.jpg

駅前広場でホタル鑑賞会やってたよという情報を夫から入手し、末っ子と散歩がてら見に行く。
どんどん空の色が変わっていく中で、末っ子の顔もオレンジ色に染まってて、景色や影は薄墨色で、なんか妙な陰影があって面白い。

駅前に着いたらテントがはってあった。
ライトにいちゃつく制服姿の男の子と女の子、はしゃぐ小学生たち、ふらっと立ち寄った近所っぽい方々などがゾロゾロと列をなしてテントに入っていく。
帰宅時間帯で勤め人風の姿も多いのに、そういう人たちは立ち寄らないんだな。
人の流れが交わらなくて面白い。二層構造。

中は真っ暗で、中央に据えられた網の中を1300匹のホタルがフワフワ飛んでいた。
「宇宙みたい」と娘。言い得て妙。

e0134713_2234497.jpg

帰り道、日が完全に暮れて景色が藍色になった。
お店の灯が並んで光って娘を魅惑する。ケーキ屋さんでシュークリームを買って帰る。

家に着いたら晩ご飯が出来てた。
ニンニクたっぷりの棒々鶏は美味しかったが、明日の息がちょっと心配だ。

風呂に入ってビール飲んで、ソファで眠ってしまった娘をベッドに運ぶ。
寝息をたてる娘は石鹸の匂い。
むー。夏っぽい。
[PR]

by macchi73 | 2012-06-27 22:30 | 【その他】日記 | Comments(2)
2011年 06月 21日
ホタル(蛍)
e0134713_042345.jpg

夜の職場にて、携帯電話に末っ子からメールが届いているのに気付いた。
そういえば、週末、子ども用にパソコンを設定して、やり方を教えたんだよなー。
どれどれ、と開いてみる。

18:00
「おかあさんへ
 きょうあそぼ
 おね」

19:30
 「おかあさんへ
 はやくかえてきてね
 ピノコより」

20:00
「おかさんへ
 さきのてがみ
 みてね」

がーん。なんという母親失格の雰囲気満載のメール。

早速返信した。でももう遅いか。
お母さん、携帯電話が苦手で、いつまでたっても使いこなせないんだよ……。

それで電話して、遅くなっちゃうけど帰路で落ち合ってホタル見物しようかと誘った。
「いいよ」と夫と娘。
職場近くの自然公園で、たしかこの時期、ホタルが見られるはず。
毎年見ようと思いつつ、いつも忘れて見た事がなかったんだよな。
雨後に気温が上がった日が狙い目だと言うし、今日は結構良い夜かもしれない。

真っ暗闇の中、板張りの歩道を手をつないで歩いていく。
「ちょっと怖いけど、ちょっと楽しい」と娘。
周りは田んぼのような、黒い森のような、湿地帯のような。
色んな虫の声と、賑やかなカエルの声、それと「ンガー、ンガー」という正体不明の奇妙な声がする。
あれもカエルの声だよ、ウシガエルって言うんだよ、と水田地帯育ちの夫。

川面がチラチラ光ってるのを、最初、ホタルと見間違えた。
でも本物のホタルがフーッとそばを横切ってからは、ホタルの光は明らかに違うと知る。
「あ、あそこにも」「すごいすごいすごい」と声を潜めて騒ぐ。
2,3匹がアッチでポワーン、こっちでボワーンと光を引いて飛んでいる程度だけど、興奮するもんだなあ!

それから3人で家に帰り、上の子たちに報告した。
「へえ、見て来たんだ。すごい混んでたみたいだよね」と上の子たち。
え、誰もいなかったけど?と不思議に思ってきいたら、なんと今晩は家のすぐ近所のイベント会場でホタル鑑賞会が開催されていたそうだ。
なんだー、そっちの方が沢山ホタル見られそうじゃん!

でも、水や草の匂い、虫や蛙の声と渾然一体となったホタルの光は、自然の中でしか体験できないもんな。
これはこれで良い体験だった……なんて思いつつ夜中のコーヒータイムで寛いでいたら、また携帯にメールが来ているのを発見。

22:30(夜更かしになり過ぎたのは反省……):
 「おかあさんへ
 またこんど
 ほたるみにいこうね
 ピノコより」

すっごい、使いこなしてる。
[PR]

by macchi73 | 2011-06-21 00:52 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(4)