タグ:虫瘤 ( 3 ) タグの人気記事

2017年 03月 27日
ヨモギハエボシフシ(蓬葉烏帽子付子)、ヨモギ草餅
e0134713_16104384.jpg


娘と土手で蓬摘み。柔らかそうな若芽を選んで摘む。ヨモギらしい良い匂いがする。

e0134713_1611361.jpg

娘が「へえ!ヨモギって赤い花が咲くんだねー」というのでみたら、一部の株に、点々と赤い粒のようなものがついていた。

あ、これは花じゃなくて虫瘤だ。ハチかハエが産卵した跡が膨らんで個室のベッドみたいになってるんだよ、中には小さい芋虫が入ってるはずと教えたら、「それでは一つだけ失礼して……」と、割ってみる娘。ふんふん頷きながら中を覗き見ている。

e0134713_16103968.jpgヨモギの茎や葉に見られるこの赤い瘤は、ヨモギエボシタマバエの産卵跡(ヨモギバ烏帽子フシ)かな。

ポツンポツンと一粒ずつ点在するのが普通のようだが、たまにこんな風に虫コブ同士がくっついて、けっこう大きなコブになっているものも見られた。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

翌日は雨の日曜日。起きるなり、ヨモギ餅を作る。

ヨモギを湯がいていると、台所に良い匂いの湯気が漂って、なにかリラックスした気分になる。
あっ!確かヨモギ蒸しっていうエステがあるんじゃなかったっけ!?と、よく知らないことを寝ぼけ頭でひらめいて、鍋の近くに直立して湯気にあたってみたりする。

それから餅とヨモギをつく。薄暗いキッチンに、ゴッ、ペタ、ゴッ、ペタ、という音が響き渡る。カンボジアの友達からもらったバットのように大きな擂粉木が大活躍だ。音を聞きつけて娘がやってくる。
e0134713_16103733.jpg

つきあがったなめらかな草色の餅を、娘と二人で丸める。

春らしい緑色がミドリガメのアオ−−目下裏庭で冬眠中の亀11才−−を無意識に思い出させたのか、ふと気づいたら手元にミドリガメ型の草餅が一つできあがっていた(嘘)。アオもそろそろ、冬眠明けかもしれないなあ。
e0134713_1610361.jpg

一方、小豆餡があまり好きではない末っ子は、串団子をきな粉でいただくことにしたようだ……と思ってよく見たら、串団子ではなくて芋虫型のお団子だった。うわっ、それもちょっと食品センスとしてどうなんだ!?まさかヨモギエボシタマバエの幼虫なのか!?
e0134713_16103421.jpg

しかし形はともあれ芋虫型であれ、フレッシュな若いヨモギで作った草餅は、爽やかな香りでとっても美味しかったです。
レシピはこちらを参考に、ただしヨモギはフレッシュで:
 木内製粉(株):草もちの作り方

[PR]

by macchi73 | 2017-03-27 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2011年 06月 21日
虫こぶ(バラハタマバチ: 薔薇葉玉蜂)
e0134713_205733.jpg

バラの葉に、2つ、見たことがない玉がついている。

大きさは小指の先ほど。
鮮やかなパッションピンクで、ちょっとだけ表面に突起がある。
例えるなら、超ミニサイズの、ドラゴンフルーツみたいだ。

こんな変な場所にローズヒップ?……の訳は無い。
とりあえず、一つ摘んで、割ってみた。

虫がいた。

検索してみたら、バラハタマバチの幼虫らしい。
小さい幼虫なのにデカイ卵だなあ!なんて思いそうになったが、この赤いのは、卵ではなくてバラの組織が変質して肥大したものだ。
このように虫が植物に卵を産みつけることによって植物組織が刺激され、異常発達してできるものを、「虫こぶ」「虫えい」「ゴール」などと呼ぶ。

以前、山で見つけた「五倍子(お歯黒の原料)」も、同様の仕組みでヌルデシロアブラムシが作る虫こぶの一種。

e0134713_20581199.jpgゆりかごにすっぽり収まっているような格好で、白くて透明感のある幼虫がいた。

e0134713_20592882.jpg意外に活発。
外に出てピョコピョコと動く。


[PR]

by macchi73 | 2011-06-21 21:09 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2008年 10月 08日
ヌルデ(白膠木)とゴバイシ(五倍子)
2008/10/05
大月の山林にて、ヌルデの木というものを教えてもらう。

●葉:
見た目はウルシにちょっと似てるが、葉と葉の間の枝にも葉のようなもの(翼;ヨク)がある。ウルシの仲間ではあるが、これでかぶれたりすることは殆どない。

e0134713_19344230.jpg

●果実:
白く粉をふいて干涸びたブドウといった感じの姿。
舐めるとしょっぱくておもしろーい!
塩辛いのはリンゴ酸カルシウムで、一説には小鳥を呼ぶためのものではないかとのこと。
小鳥もたまには塩っ気が欲しい?

e0134713_19352999.jpg

●虫えい:
「大きい実だな」と思ってよく見たら、中から虫が湧いている。どうも虫えいらしい。
後で調べてみたところ、この虫えいはヌルデシロアブラムシのもの。
五倍子(ゴバイシ、フシ)と呼ばれ、インクやお歯黒の原料だったそうだ。含まれる色素はタンニン。

e0134713_19361847.jpg

[PR]

by macchi73 | 2008-10-08 19:46 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)