「ほっ」と。キャンペーン
タグ:菜の花 ( 5 ) タグの人気記事

2016年 04月 08日
紫花菜のお浸し
e0134713_21113998.jpg

毎年のことだが、裏庭が紫花菜に占領されてしまった。

庭ではおなじみの花すぎて特に詳しく調べたことはなかったが、このところアブラナ科の仲間を立て続けに調べていた関係で、同じくアブラナ科のこの花についても少し調べてみる。

名前は、ムラサキハナナと呼んでいたが、オオアラセイトウ(大紫羅欄花)という名前の方が正式っぽい。また、菜の花と同じく食べられるという記述もちらほらある。まあ、アブラナ科の植物は大抵食べられるからな……野菜として売ってないってことは「食べられるけど、特に美味しくない」とか、いつものそういうヤツだろう……と流し読みしていたら。

紫花菜は、子供に一番人気の味、とても美味しいと書かれているサイトを発見!!
なにー、それは本当か!?もしそうだとしたら、裏庭がいきなり、ただの藪じゃなくて野菜畑に変身することになるんじゃないか!?
多摩川クラブ:
諸葛菜「必ず食べておきたい土手菜、その②」

多摩川について、いろんな切り口から非常に詳しく書かれているサイト。動植物の写真もクリアで分かりやすく、読むところが多くて面白い。作成者の写真が、なんかアパッチけんにそっくりなおじさんだなーと思って読んでたら、途中で本人だとわかってびっくりした。

で、気づいたら、もうだいぶ暗くなった裏庭に飛び出して、せっせとムラサキハナナを摘んでいた。今晩の夕食で味見だ!

この間の菜の花と同じように、つぼみの多い柔らかい茎を先端から15cmくらい摘んで、おひたしにする。茹でこぼしてから、水にさらしておくのが美味しく食べるコツらしい。調理の準備中、花びらを生のまま摘み食いしてみたら、全くアクや癖もなくてほのかに甘いくらいだったので、花は茹でずに少しとっておいてお浸しの飾りにしてみた。
e0134713_21113787.jpg

出来上がって、食卓に運んだら、うわー!綺麗ー!と、飛びついてくる末っ子。
一口食べて、「これ美味しいよ!すごく好き!」と、パクパク食べる。多分、上に乗せた花の効果かもしれないな。

味としてはほうれん草みたいな普通のお浸しだったけど、葉が肉厚でみずみずしいのが良い感じ。野草でこのレベルなら上出来と言えるでしょう。
e0134713_21113684.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

紫花菜の藪に覆われた裏庭。アオの池との行き来も、一苦労……。

e0134713_014228.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-04-08 22:00 | 庭仕事・収穫 | Comments(2)
2016年 03月 28日
河原の菜の花:セイヨウアブラナとセイヨウカラシナ(西洋芥子菜と西洋油菜)
e0134713_22314837.jpg

今の時期、河原一面を黄色に染めている菜の花だけど、写真や記憶を振り返ると、なんだか少し系統が違うものが混在している気がする。で、どうしても気になって、仕事帰りに大きく寄り道して、今度は一人で河原をチェックしてみた(みんなで遊んでる時、あんまり一人だけ延々と一つのこと調べてると嫌がられるからな……)。

そしたら、特徴にはちょっとバリエーションはあるものの、だいたい大きく分けると次の2つのタイプがあるようだった。

【タイプA】
●花弁が丸くて、大きめ。
●葉っぱも丸めで、茎を抱くような形になっている。
●根元の葉っぱも、縁が丸くて萵苣(=ちしゃ、サラダ菜)風。
●満開の株が多い(タイプBより花期が早いと思われる)。

【タイプB】
●花弁が尖がっていて、小さめ。
●葉っぱが尖がっていて、茎から柄を出した形になっている(茎は抱かない)。
●根元の葉っぱが、縁がギザギザしていてサニーレタス風。
●まだ蕾の株が多い(タイプAより花期が遅いと思われる)。
e0134713_22314510.jpg

調べてみたら、現在、野川・多摩川あたりの河原に群生している菜の花には、セイヨウアブラナとセイヨウカラシナの二大勢力があるらしい。タイプAがセイヨウアブラナで、タイプBがセイヨウカラシナだろうな。どちらもアブラナ科の仲間なので交雑しやすく、けっこう特徴も混ざり合っているようだったけど、「葉っぱが茎を抱いているかどうか」が、種を見分けるための一番キーになるポイントらしい。
e0134713_22314288.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


そうして、これらが別種と分かれば、気になることはあともう一つ。菜の花も芥子菜も、どっちも食べられる草なんだよな……。スーパーでもよく売ってるし。

それで、やってみた。食べ比べ。

上の方の蕾から10cmくらいの柔らかいところを摘み取って、茹でこぼしてお浸しにして食べてみる。野草はアクが強いことがあるから、普段よりかなり長めに茹でてみたけど、色が悪くなるかと思ったら、茹でるほどに茎の赤みが抜けてグリーンになったのが面白かった。
e0134713_22314011.jpg

そして夕食時に、家族を使ってブラインドテイスティング。

どっちがどんな味に感じる?どっちが好き?と聞いたら、「こっちの方がお醤油濃いね!」「うん、こっちの薄味の方が野菜本来の美味しさがわかって良いと思う」「もうちょっと茹で時間短い方がいいね」とか、想定外の反応ばかり。

いや、味付けに差が出たのはお母さんのミスなんだけど。実はこれらは種類が少し違う草でさ、どうかな、草自体の味ちがうかな?と改めて聞いたら、「うーん、そんなに違わないけど……」との前置きの後、カラシナの方が「少しだけ苦味があるかも?」「微かに辛い?」という結果になった。どっちが美味しい?という問いには、私以外は全員一致で、アブラナの勝ち。私はカラシナの方が好みかなあ。
e0134713_22313894.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-03-28 23:55 | 雑草、野草 | Comments(2)
2010年 05月 04日
菜の花
G.W. 那須ドライブ中。
気付いたら、菜の花畑が大変に多い。
菜の花といえば、庭にも春になれば勝手に生えて来るありふれた花のように思っていたけれど、辺り一面の菜花畑となると圧巻の風景だ。

ちょっと見物しようと、車を止めて近付いてみたらミツバチの羽音が物凄い。
遠く近く振動して、聴いていると眠くなる。催眠効果。
農作物の受粉用にミツバチを呼ぶために空地に菜の花を植えてるのかもしれないね、と夫。

e0134713_21155612.jpge0134713_2116898.jpg

どんな植物も視界一杯に広がっていると、感動的な風景に見える。
東京の庭でチマチマと植物を植えているのでは作り出せない、ボリューミーでワイルドな感じ。いいなあ。

e0134713_21182144.jpg
一面の麦畑。

e0134713_21231342.jpg
カラスノエンドウ、タンポポ、ナズナ…雑草の広がる野っ原すら綺麗に見える。

e0134713_21261712.jpg
ナガミヒナゲシ一色の空地。

[PR]

by macchi73 | 2010-05-04 21:13 | 雑草、野草 | Comments(1)
2008年 01月 20日
ナノハナ
菜花の育て方:
●花期は11〜3月。
●植え替えは難しいため、種は地面に直播きで。
●青虫の大好物。防ぎたい場合は薬は「スミチオン」以外を使うこと。アブラナ科にスミチオンは厳禁らしい(虫に喰われるよりナノハナの育ちの方が勝るため、ウチでは虫は放置している)
●一度植えると、翌年からは勝手に咲く。


2006/8
種まき。適当に庭にバラ蒔いておく。
2006/10
なかなか芽がでない。失敗か?

e0134713_12455847.jpg
2007/1
いつの間にかあちこちで咲いていた。綺麗。
全部一カ所にまとめて群生させても見応えがあって良いかもしれない。
2007/2
花も綺麗なんだけど、おひたしにして食べるととにかく美味しい。春の幸せ〜!
2007/4
花が終わった後には種が沢山。そのまま地面に鋤き込んでおく。
e0134713_17321314.jpg

2008/1
去年咲いていた場所に、また葉っぱが繁って来ている。花芽はまだまだっぽい。
今年はどの植物も去年にくらべて成長が遅いみたい。去年は暖冬だったからなー。
2008/3
今年も咲き始めた。
e0134713_1948104.jpg

2009/04/11
今年も咲きました。こうやって毎年決まって生えて来るというのは季節感があっていいね。

e0134713_22145149.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-01-20 01:04 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(0)
2007年 04月 20日
ムラサキハナナ(紫花菜。別名:諸葛采、花大根)
春先、庭のあちこちに同じ葉っぱが出ていた。
タチアオイの種をまいた場所でもあったので、タチアオイなのかもと大事にしていたら、ご近所さんが「それは花は奇麗だけど雑草だよ」と教えてくれた。『花は奇麗』というところに重きを置いて、そのまま保護政策をとることにする。

最初に咲いた一輪がチビでとっても可愛い。期待を込めて液肥などあげて優遇する。

e0134713_14234127.jpg

春本番をむかえたら物凄い勢いで育ち始めた。
一株一株がかなり大きくて頑丈。あっという間に裏庭が花大根畑状態になった。
菜の花と混在してる場所は、黄と紫の彩りが春らしくて良い感じ。

e0134713_14222644.jpg

2009/4/11
もう毎年、山のように咲くのが確信できるので、ついつい粗末にざくざく刈ったりしている。
最初の一輪を見た時の感動やいずこ・・・。

e0134713_22171125.jpg

[PR]

by macchi73 | 2007-04-20 20:13 | 雑草、野草 | Comments(0)