タグ:芳香 ( 12 ) タグの人気記事

2016年 03月 22日
ヒイラギナンテン(柊南天)の匂い
e0134713_1284063.jpg

知らない街の公園を散策中、微かな芳香が漂って来て立ち止まる。
いまの季節だと沈丁花か?でもちょっと違う……もっと甘ったるくてカラタネオガタマみたいな……でもそれより草っぽくって爽やかな……知らない花の香りっぽい……と、犬みたいに鼻をフガフガさせて藪の方へと入って行く。

香りの主は、公園の縁にぐるりと植えられた黄色の地味な花だった。
近づくにつれて香りが濃厚になって、あ、この花かと、もっとよく嗅ごうとして顔を寄せたら、鋭いトゲのある葉で「イテッ!」となった。
e0134713_128424.jpg

この花は、メギ科の常緑低木、ヒイラギナンテン。
名前の由来は、チクチクした肉厚の葉がヒイラギにそっくりで、実の付き方がナンテンに似てるから。

でも画像検索してみると、6月に実る果実は青くて重そうなブルーベリーっぽい見た目で、あんまりナンテンには似ていないような……。果実はヨーロッパでは食用にするらしい。また、枝で草木染めをすると、花と同じ綺麗な黄色に染まる。
e0134713_1283886.jpg

春の夕方に似合う、少し独特の、素晴らしい香り。

でも備忘に匂いを記録・保存しておきたいと思っても、それって無理なんだよなあ。

視覚情報は写真や動画である程度は保存できるし、音も録音できるのに、匂いは電子的に記録する方法がない。言い換えると、匂いは波形に直せないものってことか。脳での受け止め方も、五感の中で嗅覚だけは、唯一新皮質を経由しないでダイレクトに海馬に届く特殊な感じ方をされるらしい。

動画や音楽をインターネットで配信できるみたいに、匂いも届けられたら面白いだろうけどなー。どう考えても専用の装置や薬品が必要そうだし、まだそれは難しいか。


[PR]

by macchi73 | 2016-03-22 23:55 | 栽培日記:春の植物 | Comments(4)
2015年 09月 26日
恐怖と芳香
e0134713_2041470.jpg

金曜日。いきなり月曜までに面倒な数字を出さなくちゃいけなくなったのに、お客と電話ばかり来る。でも休日出勤するより今日中にやっちゃおうと思って、夜になってからガチャガチャやって、終わって時計を見たら既に日付が変わってた。あーあ。でもこれで土日遊べるから良いか。隣でもう一人、おじさん同僚が煤けている。そっちはまだかかります?と聞いたら、長い溜息で返された。良い週末を。

で、職場を出たら、雨だった。
どうせ帰っても家族みんなもう眠ってるし、運動のため3kmくらい歩いてみることにする。なんとなく疎らで雑な感じの雨に、傘がぼたぼた鳴る。夜風が湿ってる。路地から急に大声が聞こえて来て、なんだろうと思って行ってみたが、知らない言語で何を言ってるかわからない。

それでしばらくトボトボ馴染みのない道を歩いていたら、向こうから妙に真っ直ぐこっちに向かってくる人影があり、不審に思って凝視。すぐ近くまで来たのをみたら夫だったので驚いた。やあ寒いね、と声をかけられて、いや、ずっと歩いて来たから私は暑いと答える。うん、そうだねえ、と言われて気づくが、こんな場所にいるのが分かるはずがない。うわ、まさかのGPSか!と顔を見たら、ニヤッとされた。そう言やこないだなんか言ってた……と慌てて見つけて、スイッチオフ。やめてくれよ怖いよと言ったら、なんで?と言われる。なんでだろう、でもなんか嫌かも。いつの間にか雨は止んでて、金木犀の香りがする。もうすぐ家だ。GPSは嫌だけど、人と一緒に帰るのは珍しい感じで嫌でもない。

翌朝、起きたら午後だった。がーん。
これじゃあ平日に粘って仕事を終わらせた意味があんまり無い……。
がっかりしてたら、ヌメッと寄ってきた夫が、ね、だから残業よくないよ〜と笑うのが、またちょっと怖い気がする。

パジャマでもそもそリビングに出ると、金木犀が満開だった。
甘い香りを肺いっぱいに吸い込んでたら、娘が一枝摘んできてくれた。いい匂いだから紅茶に入れてみようと言う。
e0134713_2011273.jpg

試してみたら、甘かった。
金木犀の花って苦いと思ってたけど、今年の花は甘い。それで思いついて、子供と一緒に、卵白を使った金木犀の砂糖漬けを作った。乾いたら金平糖みたいになるかな?

残った花と卵は、そのまま甘いオムレツ風にしてバターで焼いた。
すごく美味しいよ、今日は寝坊お母さんだけど後半で休みを取り返したね!と娘。こっちの笑顔は全然怖くはなくて、もっと家に早く帰るようにしよう……と素直に思う。
e0134713_2043464.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今日のBGMは、"Tranquille Aujourd'Hui(静かな今日)"。
ラフェールのこのアルバム、好きでずいぶん長いことよく聴いてるんだけど(特に"Ni Avec Toi Ni Sans Toi"がすごく好き……なんだけどwebには無い)、メンバーのブロンコJr.は2008年に亡くなってしまった。


この動画はアルバムとは別の録音みたいで、音がちょっとキンキンしてるけど、アルバムのはもっとずっと優しい演奏。

アルバム版の方が好き。


[PR]

by macchi73 | 2015-09-26 20:19 | 【その他】日記 | Comments(11)
2015年 05月 05日
夜の匂い
e0134713_23574819.jpg

ゴールデンウィークは、父の納骨がてら久々の家族旅行をしてきた。
地中にザクザクと父の骨を流し入れるのを見て、夫がうわ、ワイルドだなと驚く。
穴の中には祖母の骨の山もあって、そっから木が生えていた。はは。確かにワイルド。
お父さん、さようなら。

北方は雪融け水のせいか、water, water, everywhere! という感じ。
大量の水と、明るい日差しにも関わらずまだ冷たい空気の塊と、GWらしからぬ人気のなさにしーんとした数日だった。

それで夜中、東京に戻ってきた。
最初に車から降りた夫が、うわ、macchi, 庭が物凄く良い匂いだ!と小さい声で叫ぶ。

真っ暗で見えないんだけど、白粉みたいな甘くてクラクラする匂いで、どこかに百合が咲いているらしいのが分かる。鼻を頼りに暗闇を探し回ったら、百合は見つけられなかったが(それとも百合じゃないのか!?)、玄関脇でゼフィリーヌとローズドレッシュが咲いているのを見つけた。庭全体に充満する濃厚な甘ったるい匂いの中で、その付近だけがグラデーションみたいに薔薇の爽やかな匂いに変わっている。

くんくんしながら巡回したら、他にも色んな匂いがした。GW中に色々咲いたみたい。
明日の朝、久しぶりの庭を見るのが楽しみだ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

お昼に香りの発生源を探したら、羽衣ジャスミンだということが判明した。
いつのまにか、金木犀の大木全体に太い蔓を這わして、まるで白い金木犀の花がみっしり咲いているみたいだ。

よく考えたら、まだ百合の季節には早いもんな。
ジャスミンと百合の香りを間違えるなんて嗅覚音痴か?とガックリもしたが、羽衣ジャスミンは、ジャスミンティーに使われるジャスミン(茉莉花)の爽やかな青っぽい香りとは違って、むせるように濃厚な甘い香りなんだよね。

羽衣ジャスミンの香りは、なぜか夜に強くなり、朝には弱まる性質があるらしい。
それでも庭中、かなり甘い。
e0134713_1443391.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-05 23:55 | 【その他】日記 | Comments(10)
2015年 02月 08日
夜と梅(と煙)
e0134713_2148851.jpg

仕事が終わったのが深夜2時近く。外に出たら、どこからか微かにいい匂いがする。
どうせ急いで帰宅してもみんな眠ってる時間だしなーと、同僚とちょっと話しながら匂いの方へとぶらぶら歩きした。

そしたら梅が咲いてた。街灯もない場所で、月光に白い花が浮き上がってて綺麗。
この冬は暖かかったね、もう春だね(←気が早い)と、ホット缶飲んで暖まる。湯気の向こうに梅の花。早春の匂い。

それで家についたら、予想に反して居間には煌々とあかりが灯り、ドアを開けたとたん濃厚な肉の匂いに襲われる。奥から夫が厳かに登場し、今日はみんなで焼肉をしたんだ、美味しいので食べるが良いと宣言されて、夜と朝の間の時間にジューシーな肉を食べた。煙の向こうに夫。強烈な肉の香り。

胃薬飲んで、窓を開け放して眠る。(寒っ!)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

夜つながりで。

『夜と霧』(ヴィクトール・E・フランクル 著、池田 香代子 訳)

ユダヤ人精神科医フランクルの収容所体験記。また、そこから考えた生きる意味についての本。だいぶ昔に読んだ旧約は難解な印象だったが、長女に「面白かったよ」と言われて新訳を読んでみたら、とても読みやすくなっていた。

収容所では多くの人が、「ここを生き延びさえすればこの苦しみにも意味がある」「こんな生に意味はあるのか?」などということを考えた。となれば、生き延びられない生には意味がないのか?我々の生の意味は結果によって左右されるのか?

著者のフランクルは、そうではないはず、と考えた。
人が生に対して生きることの意味を問うのではなく、生きることが人に意味を問いかけているのだと。どんな状況でも人間には少なくとも一つの自由は残されている、それは自分の態度を決める自由だと。

そこから人としてその自由をどう行使するかという話に発展していくところは倫理的な話になってしまうので、もしかしたら文化や性格によってだいぶ共感度が違うかなーと思ったけど、生の経験自体に意味があるというのは納得。それは私は、倫理抜きの虫とか花とかの生を見てもそう思う。収容所から見える風景に、自然はなんて美しいんだ!と人々が震える場面は印象的だった。
「あなたが経験したことは、この世のどんな力も奪えない」

私たちが過去の充実した生活のなか、豊かな経験のなかで実現し、心の宝物としていることは、なにもだれも奪えないのだ。そして、わたしたちが経験したことだけでなく、わたしたちがなしたことも、わたしたちが苦しんだことも、すべてはいつでも現実のなかで、永遠に保存されるのだ。なぜなら、過去で「ある」ことも、一種の「ある」ことであり、おそらくはもっとも確実な「ある」ことなのだ。

生きるって、自分の中にいろんな経験や感触が溜まっていくことだと思う。それと同時に、世界の方にもいろんな生の痕跡が溜まっていくんだろう。誰でも生きてるだけで世界の記憶装置としての意味は果たしているし、周囲の誰かの経験の登場人物になったりもしている。

そういう自分の中の記憶や愛着が生き延びる力になるのは、もしかしたら人だけでなく他の動物もそうかもしれないけど、倫理的なものが力になり得る(個体がしばしばいる)ってのは生物として珍しい気がする。多分、時間や死の概念があるかどうかが関係するのかもな、なんてことを考えた。
本の趣旨とは、ズレた感想かもしれない。


[PR]

by macchi73 | 2015-02-08 23:30 | 面白かった本など | Comments(2)
2013年 06月 23日
夏至の匂い、『ラブリーボーン』
e0134713_0322421.jpg

金曜日、娘に早朝から起こされた。
今日はゲシだよー!今日は4時から7時まで昼なんだよ!一年中で一番昼が長いんだよー!
だから、もう、お・き・よ・う!!

いや、全然意味が分からない。
ゲシでも何でも、今はまだ早朝で昼じゃないからお母さんは寝る!
さっき寝たばかりなんだから、うるさくしないで!

……と怒ってタオルケットをバフッと被ったら、窓の外から甘い空気が流れて来た。

その懐かしい甘い香りによって、家のぐるりの窓辺に百合の花が咲き始めたのを知る。
毎年のことだけど、百合の開花は見るより先に匂いで気づく。
そっかー、百合が咲いたか。もう夏なんだな、あ、そうか夏至かと納得する。
でも眠いので私は眠る。耳を塞いで布団に潜って、眠れるギリギリまで。子供なんか全無視で。

で、週末。
ちょっと悪かったなーと思って、日曜は娘のリクエストに応えて朝から都心の遊び場に行くことにした。
自分の大好きな場所に遊びに行くということで、やはり早朝から起き出す娘。
そして遊び場に向かう電車の中でウトウト、ランチの時にも目をしょぼしょぼ、帰宅の電車の中では熟睡。「今日は楽しいけど眠い日だったよー」と言う。

なんかねー昨日も楽しみで寝られなかったんだよねー、夜にベッドから空見てたら月が凄く大きくて黄色くてまんまるで綺麗だった、たぶん昨日は満月だったと思うよと話すので、へえホントかなと満月の日を検索したら、なんと今日はスーパームーンだというニュースがヒットした。
スーパームーンとは、地球が一番月に近い日と満月の日が重なる現象らしい。
だから昨日の月も大きかったのかも。良いもの見たなあ!

生憎今日は曇天で月は見られなかったけど。
娘によって、色々と天文イベントに気づく。そんな週末。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

たとえ仕事で疲れてようと体調不良明けだろうと、容赦なく要求を繰り出してくる子供たち。
深夜に本を読みながら(そんなことしてるから眠い)、たぶん子供から見た私は色々不完全な私個人じゃなくて、お母さんっていうシンボルなんだろうなーとか思ったりする。

ラブリーボーン [DVD](監督 ピーター・ジャクソン)

犯罪に巻き込まれて殺されてしまった子供が、あの世とこの世の狭間から自分のいなくなった世界を見つめて気を揉み、やがて解き放たれる物語。
死んでからの成長譚っていうと変だけど、ちょっとそんな感じ。

犯罪の方にはそんなに比重を置かず、家族やこの世への愛着の方がメインのストーリーなので、辛い話だけど最後はホッとする感じもあった。

狭間の世界のビジュアルが綺麗だなーと思ったら、監督がピータージャクソンだった。指輪物語とかホビットの冒険とか、そういうのにも通じる感じの風景。

スーザン・サランドン演ずる祖母が存在感たっぷりなのに、登場の必要性が全く分からないとこはちょっと混乱した。ん?祖母のシーン、全カットでも良くない?何故にコメディ要素?とか思って。

そして主人公の女の子(シアーシャ・ローナン)、めちゃくちゃ可愛い。そうそう、親には子供はこう見える、って感じ。


『ラブリー・ボーン』(アリス・シーボルト)

原作が図書館にあったので読んでみた。
事件後の家族の混乱や、登場人物みんなの事情がより重く書かれていて、読んでる途中は映画より重苦しい気分になった。

ずっとシンプルに安心感の元とだけ見ていた両親が、実は特に強くもなく自分のことで手一杯な人間で、子供には謎にしか感じられない個人的な部分も沢山あるっていうのが、なんか分かる。親になってみると。
その事実に直面する時の、子供のなんか傷つく気持ちも。

子供には、やっぱりただの個人としての親じゃなくて、何かのシンボルである親ってのは必要だよな……とか、ストーリーとは別のことも考えさせられたりして。
自分や夫は、子供にはどんな風に見えてるんだろう。あんま想像できない。ごくごく標準程度の安心感や何やかやを与えられてたら良いと思うけど、お互いちょっと変則だしなあ。どうかなあ。

あと、原作を読んだら祖母の存在意義が何となく分かった。主人公にとってのお母さんがいて、で、そのお母さんにもまたお母さんがいて。ちょっとずつ違う関係が綿々と続いて、それぞれ形や痛みは違っても、そうやって愛情の骨組みは広がって行くって感じかな。

[PR]

by macchi73 | 2013-06-23 23:58 | 面白かった本など | Comments(4)
2013年 04月 16日
花の香り(ライラック、カラタネオガタマ)
e0134713_2313293.png

休日、お気に入りのウォーキングコースに末っ子を連れて行った。
いつもは夜に早足で歩く道を昼間にゆっくり歩いたら、街路沿いの植栽から色んな香りがする……。
もしかしたらだけど、このルートの街路樹のコンセプトは「良い香りがする植物」なのかもしれないね、なんてことを話しながら、一緒に鼻をクンクン動かして、一日かけて散歩した。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

e0134713_23151823.jpg

【ライラック】

あれ、ヒヤシンスの香りかな?と思ったら、ライラックだった。

そう思って見ると、地面に咲く花、樹上に咲く花の違いはあれど、花の形状が似ている気がする……。
花の形が似ると香りも似てくるんだろうか。ヒヤシンスはユリ科、ライラックはモクセイ科だけどな。

e0134713_23152013.jpg

【カラタネオガタマ(唐種招霊)】

別名、トウオガタマ(唐招霊)

甘い接着剤みたいな匂いがするよーと娘が言うのでクンクン鼻で探したら、見たことが無い花が咲いていた。肉厚の花はモクレンに似ている。香りもちょっと異国風で珍しい感じ。

思わずスマートフォンで検索したら(便利な世の中!)、モクレン科のカラタネオガタマという花木だった。花の芳香はバナナの香りと形容されるらしい。

e0134713_23151534.jpg

【ナワシログミ(苗代茱萸)】

花の他に、ナワシログミのたわわな果実も目立っていた。

そう言えば、ナワシログミも秋に良い香りの花をつけるんだよな。



* * * * * * * * * * * * * * * * *

で、「花の香り」ということについてちょっと調べてみた。
下記のサイトが分かり易かった。
〜不思議な色の世界〜 花の香りの正体
http://iromizu.com/hana_kaori.html

まず、人間が香りを感じるためには鼻の嗅覚細胞にその物質が結合する必要があることから、「匂いを発する」ためには下記の性質が必要らしい。

●揮発性がある(=空気を伝って鼻まで達する)
●水溶性、脂溶性またはアルコール溶性(=嗅覚細胞に感知される)


娘がカラタネオガタマの花を「接着剤の匂い」と表現したのも、これらの特徴が溶剤や接着剤にも似てるせいかなと思う。

また、上記の特徴を持った有香物質の中でも、人間が芳香と感じる物質には幾つかの種類があるらしい。
特にd-リナロール、β-フェニルエチルアルコール、ゲラニオール、アントラニル酸メチル、安息香酸ベンジルなどは、多くの芳香性の花に含まれている成分だが、それら幾つもの芳香物質の組み合わせや割合によって、芳香の特徴が決まってくるようだ。

そっか!だから良い匂いの花って、科が違っても時々すごく似ているんだ。

早春に甘い香りが流れてくれば沈丁花と思うけど、春本番ならジャスミン、秋なら金木犀とか、正直、香り自体より季節で判断してることって多い気がする。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

香りについて調べていたら、以前に読んだ本を思い出した。

『香水―ある人殺しの物語』(パトリック・ジュースキント)

花の明らかな芳香だけではなく、幼子や乙女には、人の愛情を呼び起こす言い表せない香りがある。赤ん坊の頃には誰もが持つその香りを全く持たずに生まれてきた人間は、いったいどういう生を送り、何を欲するようになったのか?という物語。

とにかく物語中に溢れる香りの描写で、読んでいて鼻が疲れる気持ちになった。

名付けられない匂いが、人の感情を左右するという部分には共感。それ凄い分かる。子ども、小動物、恋人、景色の匂いって存在する。

『パフューム ある人殺しの物語』

同小説の映画化版。あの荒唐無稽な小説をどういう映画にしてるんだろう?って思ったけれど、基本的にそのまま映像化していた。

映画だと鼻は疲れなかったけど、目が疲れた。小説中にゴテゴテと溢れていた香りを、視覚に置き換えて表現していたからか。

小説ではあまりに空っぽで人間離れした有様だった主人公が、映画だと「自分の生きた証を残したい」とか考えたり、見た目がナイーブそうな若者だったり、ちょっとロマンチックな描写があったりなので、感情移入はしやすいかも。

……って言っても、やっぱりかなり荒唐無稽だけど。
面白いって思う人と馬鹿馬鹿しいと呆れる人と、両方いると思う。ちなみにAmazonで「エロス」に分類されていたのがちょっと笑った。そういえば裸が多かった!



* * * * * * * * * * * * * * * * *

今の時期、庭ではジャスミンの蔓がぐんぐん伸びている。
うちの庭で芳香性の強い植物と言えば、真っ先に思いつくのは次のもの。

ジャスミンニオイゼラニウムスイートフェンネル
百合バラ金木犀
ヒヤシンス沈丁花スイセン

開花した時の芳香以外でも、草刈り時に強く香って良い感じなのは、ミントローズマリータイムあたり。

実際、草花ってそれぞれ良い匂いで、ほのかな香りも入れればまだまだ沢山あるけどなー。書き切れない。

自分の庭の好きなところの一つは、割と一年中良い香りがしているところ。
本当の香りの他に、愛着由来の良い香りもあると思う。
日向の匂い、落葉の匂い、夏の草いきれの匂いとか。



[PR]

by macchi73 | 2013-04-16 00:03 | 【その他】日記 | Comments(0)
2011年 05月 27日
レモンの花
e0134713_1916158.jpg

帰宅するなり、macchi, 庭のレモンを見ておいで!と夫に言われる。喜色満面の趣き。

これはまた立派なアゲハ幼虫でもいたかなー、なんて思って外に出てレモンの周りをぐるっと回ってみたが、柑橘系の爽やかな香りが漂うだけで、特に何も見つからない。一体なんなの?何もないよ?と問うたら、「本当に気付かないの?」と何故か寂しそうな夫……。

彼によれば、レモンを2006年に植えてから、こんなに花が咲いたのは今年が初めてだとか。
きっと今年こそ沢山のレモンが収穫できるよ、と期待に満ち満ちた様子で予言する。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。
でもレモンについては、植主である夫が一番注目して来たのであるから、何かの変化は出て来ているのだろう。

植えて5年、収穫の日は近付いてきている(と良いな)。
[PR]

by macchi73 | 2011-05-27 19:15 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2011年 05月 18日
バラのお風呂
e0134713_20211812.jpg

スヴニール・デュ・ドクトール・ジャメインが、バードテーブルの周りで咲いている。
このバラは凄く良い香りがする。ダマスク系と呼ばれる香りらしい。

ゼフィリーヌ・ドルーアンと同系統の匂いなんだけど、ゼフィリーヌが乙女の香りだとしたら、なんというか、こちらはもっと大人の香り。ちょっとスパイシー。
「ジャメイン博士の思い出」って、一体どんな思い出なのか……(悪いことを妄想中)。

花殻摘みをかねて、庭のバラを色々摘んで花瓶にアレンジしていたら、娘がやってきて「つめたい風の匂いがする」なんて言って、香りにうっとりしている。
そのうち、いいこと思いついちゃった、やっていい?と目をキラキラさせて囁かれた。
聞いたら、このバラ全部お風呂に入れたいと言う。
大量の花が色とりどり過ぎて、花瓶にさすには格好悪い感じだったので、その話、乗った!

e0134713_22214915.jpg
水面を一面花びらにするため、大量のバラを投下。
花びらを全部ばらして大きなボウルで洗う。

花びらだけにしてみたら、カラフルなのも良い感じ!


e0134713_22213544.jpg
お風呂に入れたら、甘い香りが辺りに漂う。

娘たち、バラの花びらに囲まれてお姫様のようだ。
「セレブー、セレブウ!」と変な台詞を叫んではしゃぐのを止めて黙っていれば。

「これ良い!これ毎日やろう!」と言われたが、それだと庭のバラがすぐ無くなってしまうなあ。


[PR]

by macchi73 | 2011-05-18 20:22 | 【その他】日記 | Comments(2)
2010年 06月 28日
夏の夜の匂い
e0134713_22445647.jpg

裏庭の窓辺にスイートフェンネルの花が咲いて、寝室が甘くて爽やかな香りでいっぱいだ。
空気が匂いの塊みたいで、夏の蒸し暑さが寧ろ気持ち良くなる。

仕事部屋の窓辺には黄色の百合が咲いている。
百合の芳香は強烈なので、窓越しぐらいがふんわり甘くてちょうど良いや。

e0134713_22454855.jpg

夜の方が花の香りが濃厚なのは何故だろう。
蝶や蜂を誘うためなら、昼に強く香った方が良い気がするんだけど。
夜行性の虫を呼んでいるのか?
それとも、花は昼も夜も同じように香っているのに、夜は視覚が効かない分、嗅覚に対する刺激に敏感になってるだけか。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-28 22:55 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(5)
2010年 03月 17日
春の香り(沈丁花、ヒヤシンス、ニオイスミレ)
今の時期、庭は幾つかの花の香りがブレンドされて、物凄く良い匂いがする。
甘くて爽やかな春の香りだ。

特によく香っているのは、沈丁花。
4年前に日陰に一枝挿したんだけど、ゆっくり育って、今年はこんなに花をつけた。

e0134713_19253630.jpg

写真のようにモリッとした花房で目立っている一群は、ダッチ・ヒヤシンス。
甘くて強烈な芳香を放ちながらグラマラスに咲き誇る感じは、ちょっと年増の美人の群れって感じ。

e0134713_1927524.jpg

一方、同じヒヤシンスでも、庭のあちこちで地味目に咲いているのはローマン・ヒヤシンス。
いつの間にか増えて、現在20本くらい庭中に散らばって咲いている。
庭仕事のたびに「何の球根だろ?」と埋め戻してた小さい球根たちの一部はこれだったんだな。

e0134713_18231666.jpg
e0134713_18242465.jpge0134713_18243638.jpg

匂いスミレも、4,5カ所で咲き始めた。
ヒヤシンス、沈丁花、水仙ほどは香らないが、花を摘んでみると香水のような独特の香りがする。

e0134713_19343026.jpge0134713_19344148.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-03-17 19:40 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)