「ほっ」と。キャンペーン
タグ:浜大根 ( 4 ) タグの人気記事

2016年 03月 31日
河原の菜の花(ただし、白い)
e0134713_22124091.jpg

春先、河原沿いがずっと黄色の菜の花畑になっているが、たまに白い花畑のゾーンもある。

花の形としては菜の花にそっくりなので、こちらも同じくアブラナ科なのは間違いない。
……というか、よくよく見ると花弁の縁がうっすら赤紫がかっているところなど、海で見る浜大根の花にそっくりなので、大根の花だろうな。

e0134713_22123859.jpgたまにハッキリと濃い赤紫の花も混じっている。

これも、海岸で見る浜大根の花畑(白〜桃色〜紫のバリエーションがある)と似ている。


川沿いを「あ、白になった」「あ、今度は黄色だ」と夫と話しながらサイクリングした。俺は黄色の花畑の方が好きだな、と夫。私も川辺には黄色の花畑が似合う気がする。海辺の浜大根の群生の景色は、また違った感じですごく綺麗だけどな。

で、検索してみたら、野川・多摩川の合流地点辺りは大根の花畑の名所っていう記事があった。
多摩川雑学事典:
 →二子玉川は大根の花の名所?

浜大根は、畑で栽培されている大根が野生化したものだと考えられている。
だから畑に植え直して肥料を沢山あげると大根が収穫できるっていう記事も多いんだけど、本当かな?
海岸で浜大根を採って食べると、かなり辛くて、大根っていうよりワサビみたいな味なんだけどなー。

浜大根は、日本全土の海岸近くの砂浜、岩場、河原などに群れを作って咲くことが多い。
種子はスポンジ状の果皮に包まれていて水によく浮くので、海や川の流れに乗って分布を広げているんだと思われる。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ちなみに、今の時期、庭でも紫花菜が咲き始めている。
こちらは紫一色で花色のバリエーションは無いが、やはり同じアブラナ科なので、花の佇まいは浜大根や菜の花に似た雰囲気だ。

e0134713_22385536.jpg


[PR]

by macchi73 | 2016-03-31 23:55 | 雑草、野草 | Comments(0)
2014年 04月 27日
海岸の花(浜豌豆と浜大根)
e0134713_143531.jpg

GWの海散策で満開だった、浜の花2種。

砂浜一面に広がってハマエンドウ(浜豌豆)が花を咲かせていた。
いかにも豆科の花と葉だけど、スイートピーみたいで綺麗だと思う。

同じく砂浜一面に咲いていた浜大根。
こちらは茎を高く伸ばして咲くので、地を這うように咲くハマエンドウより目立っている。
e0134713_14317.jpg

実際に咲いているところ。
遠くから見ると、ハマダイコンしか見えない……。
近くで見ると、ハマエンドウの方も色が鮮やかで綺麗なんだけどな。
e0134713_142925.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-04-27 23:50 | 雑草、野草 | Comments(0)
2014年 04月 27日
日帰りゴールデンウィーク(横須賀、観音崎)
e0134713_11571011.jpg

今年のGWはあんまり連休じゃないのか(気づくの遅い)。
それでも一応、近場で軽く1日くらいレジャーしようよと家族に声かけたら、上の子たちは「いきなり言われても……」と、スケジュールいっぱいの売れっ子みたいなことを言う。ちぇ。高校生はつれない。

それでヒマな夫と末っ子と私の3人だけで出かけることになった。
私は1日人気の無い自然の中でダラダラ過ごしたく、夫は「美味しい海鮮たべたい!」、娘は「本当の洞窟でダンジョンごっこしたい」と言う。
で、とりあえず全員の要望を満たす可能性の高そうな、海の方に行ってみた。

あまり人気(not にんき but ひとけ)がなさそうな海浜公園を探して、観音崎公園というところについた。
横須賀美術館という小洒落た感じの建物があったので、ついでに入る。
朝の時間帯もあると思うけど、GWなのに人がとっても少なくてのんびりしてる……良い場所だ。

e0134713_11571834.jpg綺麗なレストランがついてたので、ついでにココで食べちゃおっか?と言ったら、「俺は海鮮が食べたいんだ!」と断固拒否する夫。

そうだった、のっけから今日の目的の一つを忘れていた。


美術館の屋上庭園からは、そのまま自然公園の方へ出られるようになっていた。
公園の中には、100年以上前の砲台跡なんかが残っていて、ちょっと冒険っぽい雰囲気もあり。
薮の中で赤い婚姻色が鮮やかなトカゲを見つけて、喜んだりしている娘。
e0134713_11575616.jpg

自然公園をぐるっと回って適当に遊んで、でも一番楽しかったのは、やっぱり海!
私と娘は、ズボンをたくし上げて、かなり長いこと遊ぶ。
とっても静かで、なんかすっごい楽しい。

e0134713_2364467.jpg

気づいたら、私も娘もずぶ濡れだった。
しばらく砂浜で服を乾かしながら、日光浴した。

そして「ここから猿島という無人島に渡る船が出るらしいから、そこで冒険しよう」という私の提案の元、船を待つ。

e0134713_11584927.jpg例え海水浴に出かけようとも、救命具無しでは絶対に海には入らない男、それは我が夫。だって海怖いじゃんと言う。

一人で少し水際から離れた場所に陣取って寝そべり、たまに沖の方で大きくて白黒の魚がバチャンとジャンプするのを見つけて、教えてくれたりする(←ジャンプ魚、凄かった!)。


海岸では、貝を拾ったり、長い骨を見つけたりした。ウツボかハモかな?
e0134713_1159064.jpg

しかし、船がなかなか来ない……。
「まあね、電車じゃないから適当なんだよ、多分。海で遊んで待ってりゃ良いじゃん」とか私が言うと、夫の視線が冷たい。
また適当なこと言ってない?と夫が船会社に電話したら、「そこは古い船着き場で、今は三笠桟橋の方へ港が移りましたよ」と言われる。あはは。ごめん、ごめん。

じゃあ無人島は今日のとこは止めとこう。どうせさっき思いついたばっかりだし。
美味しい海鮮食べたいって言ってたじゃん、そっち行こう!

e0134713_11591289.jpg船着き場と信じて待っていた場所から、さらに昔の船着き場が見える。

どう見ても古過ぎるよね……ボロボロだよね……と、呆れたように言う夫。

違う、さすがにアレと間違えた訳じゃなくて、一時ここも船着き場だったんだよ、そういう看板出てたもの。なんかこの辺だけ人がいるからさ、みんな船待ってんのかと思ったよ。


そうして美術館と公園付近の綺麗な海岸を離れ、野趣溢れる手入れされていない海岸の方へと向かう。
前に入ったことのある釣り人用のご飯屋さんで、美味しい海鮮を食べるため也。
ここは本当に美味しかった……。おっきいサザエのつぼ焼きなんかも食べて、いきなり皆の機嫌回復!
e0134713_11594048.jpg

それからその辺のいかにも地元っぽい海岸で、波に浸食された洞窟など探して、娘待望のダンジョンごっこをした。
荷物の中から、衣装やランタン、盾と剣などをいそいそと取り出し、暗い通路を探る娘。
巨大フナムシやカニ、打ち捨てられた悪魔の人形(←ちょうど良過ぎ!)を発見して盛り上がっている。子どもって面白い。
e0134713_12018.png

そうやって自分たち以外、人っ子一人いない海岸線を歩いていたら、野生の浜大根の花が一面に咲いていた。
うわー、絶景だ!
e0134713_120925.jpg

トンビの子育ての時期らしく、花畑の上空には鳶がいっぱい円を描いて飛んでいた。
あたりの崖面から、トンビの子どもっぽい声がする。
鳴き声を真似していたら、心無しか、段々トンビが集まって来た!?と、娘と一緒にドキドキする。

で、何か飛んで来た!と思ったら、大きな鳶の羽を拾った。
e0134713_1202281.jpg

そうやって1日遊んで帰った。すっごい楽しかった。

帰宅してからテレビをつけたら、奇しくもモヤモヤさまぁ~ずで横須賀散策をやっていた。
あ、ねえねえ、これ今日行ったところのすぐ近くだよ!通ったとこだよ!うわー、君らも来れば良かったのにねえ!とか高校生に自慢して、GWのレジャーはおしまい。


[PR]

by macchi73 | 2014-04-27 22:55 | 出来事・その他 | Comments(4)
2010年 02月 22日
海岸の春菜摘み
朝起きたら、久々に青空が眩しい。今日は友人と海で釣り&野草摘み。
子どもたち全員引き連れて、一路海にGO!

e0134713_23473332.jpge0134713_23474592.jpge0134713_2348921.jpg

●ハマエンドウ(浜豌豆):
若芽の先っちょだけをちょいと摘んで、豆苗として食べることができる。甘くて超ウマ!
初夏に、スイートピーに似た綺麗な花が咲く。
スイートピーの仲間だけあって、豆には毒があるらしい。

e0134713_23523021.jpg

●ハマカンゾウ(浜萓草):
地表に近い白い部分を、おひたしにして酢味噌で食べられる。
7月に黄色い百合っぽい花が咲く。

e0134713_003273.jpg

●ハマダイコン(浜大根):
アブラナ科の常として、若芽をおひたしにして食べられる。
花は紫の菜の花って感じ。

e0134713_025028.jpg

今回は若菜摘みは軽く済ませて、釣りでタンパク質を!なんて思っていたんだけど。
夜、テーブルの上には娘が作ってくれた魚料理だけが......。

e0134713_072123.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-02-22 00:16 | 雑草、野草 | Comments(2)