「ほっ」と。キャンペーン
タグ:柿 ( 7 ) タグの人気記事

2014年 11月 10日
さぼり日
e0134713_2218132.jpg

子どもの学芸会の衣装作りのヘルプが足りないというお知らせプリントを見て、急遽、仕事を休んでそっちに行ってみることにする。出かける前に庭を一巡したら、放置されたブドウやベリーや柿などが樹上で過剰に熟成していた。今年は何にも収穫しなかったな。

小学校への道のり、街路樹の黄色い葉っぱが空中をヒラヒラ舞っていて綺麗。段々うきうきしてくる。さぼりって楽しい。

お母さん数人で、昼間の明るい教室でチクチク衣装を縫う。
途中、娘や友達がちょこちょこ覗きにやって来ては、戸口のとこでニヤニヤしてる。
ピノのお母さんってお裁縫上手だよね、ピノのお洋服いつも作ってるでしょ、と女の子たちに話しかけられて、うーんいつもっていうか多分10着くらいしか作ったことないけどなと思うが、娘がニコニコしてたので何も言わず。
今年の冬はニットでも挑戦してみようかな。

午後、娘が「一緒に帰ろー!」と走ってきた。裁縫はちょうど終わったところ。最初は終わる訳ないって思ったけどなんとか終わるもんですねえ……本当にねえ……とかお母さんたち口々に話す。

廊下ですれちがう子たちに遊びに誘われて、ううん今日は帰るからまたね!と流暢に返す娘の様子が、家で見るより大人っぽいなと思う。遊んでおいでよと言ったら、いいの今日は特別!図書館行こう!と腕にぶら下がってくる。さっきより子供っぽいなと思う。

図書館で黙々と二人で本を立ち読み、面白そうなものを数冊借りて、お茶して帰る。

夜、お芝居の歌と踊りを披露する娘を見て、学芸会が楽しみだ。
[PR]

by macchi73 | 2014-11-10 22:18 | 出来事・その他 | Comments(2)
2012年 11月 25日
渋柿の収穫 & 渋抜き
e0134713_20441753.jpg

裏庭に勝手に生えて来た柿が、今年は沢山の実をつけている。
去年ちょこっと食べてみたらメチャクチャ渋かったので放置していたが、こんなに沢山なってるのを落果させるだけなのは勿体ないので、収穫して渋抜きしてみることにする。

【渋柿の渋抜きの方法】
●枝と葉は取り除き、果実とヘタだけにする。
●器に5cmくらい焼酎を注ぎ、ヘタを下にしたカキを5秒くらい漬ける。
●ビニール袋にヘタを下にして入れ、残った焼酎は全体に振りかける。
●ビニール袋の口をギュッと閉め、更にもう一枚ビニール袋をかぶせて口を縛る(袋を二重にしとく)。
●そのまま1週間置いておけば、甘い柿の出来上がり!のはず。


渋抜きにかかる日数は、日向の暖かい場所に置いておくと4,5日、日陰だと10日くらいかかるそうだ。
食べてみてまだ渋みが残っていた場合は、もう一回袋を閉じて、またしばらく寝かせておくこと。

e0134713_20443513.png

とりあえず、家で一番日当りが良い2Fのサンルームで渋抜きしておくことにする。
木曜日に開けてみようっと。シブシブの悲しい柿が、甘ーい美味しい柿になってますよう!楽しみ。
[PR]

by macchi73 | 2012-11-25 20:46 | 庭仕事・収穫 | Comments(2)
2011年 11月 20日
庭再生計画:トンネル撤去
天気の良い休日。
夫が「鳥が食べてたから甘柿っぽいよ!」と、庭の柿の実を収穫して持って来た。
良い色に熟した、綺麗な実。
勝手に裏庭に生えてきて6年目、今年が初収穫だ。

e0134713_20494863.jpg

早速むいてもらって、小さく一口食べてみた。斥候はいつも私である。

お、あまい……渋っ!!

口の中がショッキングなことになった。
これはダメ!食べてはいけない!キケン!と夫に警告をおくる。

えー、あと4つもなってるよ……と残念そうな夫。
まあでも、渋柿もヘタに焼酎をちょっとつけて10日ほど寝かせば、渋が抜けて美味しくたべられるはずだし(実家の渋柿はそうやって食べてた)。または干し柿を試してみようか。

* * * * * * * * * *

ショッキングな渋さで目が覚めたので、今日こそはと庭仕事にとりかかる。
今日は、場所塞ぎになってしまっている、末っ子のアケビトンネルを撤去して庭をスッキリさせるつもり。やるぞ!

e0134713_2152573.jpg【Before】
まずは庭にでてトンネルをチェックする。
うわあ……これは魔窟だな。なんか棲んでそう。まずい。

見たら、やりたくなくなった。

やっぱりせっかくの休みだし、昼は遊んで夜にやろう……と、そのまま部屋に戻る。

e0134713_21153580.jpg【After】
遊んでたら、すぐに夜になってしまった。

トンネルを撤去し、跡にはアケビの蔓と竹で、小さな塀を組んだ。

今後は、蔓植物はこの塀と生垣に這わせて、そこからはみ出したものは容赦なく切る。


あー。サッパリした。
片付けたら、ずいぶん広く風通しが良くなった。

伸びをして夜の雲を見てたら、娘たちが出て来て「うわー、変わった!村っぽい!村っぽい!」とはしゃぎだした。村っぽいって、何!?
さっぱり意図が分からないが、なんか嬉しそうなので良しとする。

e0134713_21273813.jpge0134713_21274680.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-11-20 21:46 | 庭仕事・収穫 | Comments(4)
2011年 11月 06日
洋酒漬けフルーツ
雨の日曜日。寒い。
末っ子だけが賑やかに、幼稚園のキリスト生誕劇の練習をしている。
クリスマスか……。今年はどうしようかな。

e0134713_1592448.jpg
聞けばイギリスには作るのに半年もかかるというクリスマスプディングというお菓子があるらしい。

どんなもんだろうとwikipediaで調べたら、作り方はパンとナッツとドライフルーツを混ぜて蒸して、その後、長いこと寝かせるだけらしい。

なんだ、ずいぶん簡単そう。
材料も、手元にあるようなものばっかりだし、試しにちょっと作ってみようかな。

半年は間に合わないから、適当に1ヶ月ほどに短縮してみるか(適当)。

ということで、前準備として、まずは洋酒漬けフルーツを作っておくことにした。
昨日作ったユズピールと、干し柿と、庭で収穫したアルプス乙女を、自家製梅ブランデーに漬け込んでみる。

レシピは、「魔法使いの森」にあったものを参考にした。
同サイトにはクリスマスプディングのレシピもあったので、そちらも参考にさせてもらう予定。
「漬け込みフルーツをつくる」

e0134713_15155573.jpg【今回の材料】

●自家製の梅ブランデー
●自家製の柚子ピール、干し柿、アルプス乙女
●市販のドライフルーツ(イチヂク・クランベリー・スグリ・ラズベリー・ブルーベリー)
●クルミ、バナナ

材料とするフルーツは、結構なんでも良いらしい。

e0134713_1528896.jpg【洋酒漬けドライフルーツのレシピ】

参考レシピによれば、ドライフルーツは一週間ほど前からラム酒に漬け込んでおくらしいが、今回はいきなり全てを漬け込んでしまうことにする。手抜き。

(1)水気のあるフルーツ(バナナ・干し柿・リンゴ)をラム酒で煮込む。

(2)ドライフルーツを小鍋でラム酒と煮立て、少しふっくらしたら、(1)に混ぜる。

(3)煮沸した容器に(2)を入れ、熱したブランデーをたっぷり注いで冷蔵庫で保存する。



2011/11/12
先週末に漬け込んだドライフルーツを確認してみた。
お、イチジクなんかも良い感じにふっくらして、つまみ食いしたらなかなか美味しい。酒っぽい。
本当は一ヶ月以上寝かせるものらしいが、もうこの程度で良いかなあ(……と、勝手に短縮してよく失敗するんだが)。

それと、あれから色々なところのクリスマスプディングのレシピを見たら、必ずレーズンは入れるものらしいけど……ま、いいか。

クルミとバナナ以外は、全部庭で収穫できる果物にしてみたんだ。
もしクリスマスプディングが美味しいものだったら、来年からはドライフルーツから全て自家製で作っても楽しいかもと思ってのチョイス。
e0134713_1537930.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-11-06 14:32 | 庭料理 | Comments(0)
2011年 10月 31日
柿の実
柿の実が、5,6個、赤くなってきている。

この柿の木は、裏庭の切株から伸びて来たひょろひょろの枝が育って6年目。
今年は収穫できそうだ。

甘柿、渋柿、どっちなんだろう。
見た目だけで見分ける方法ってあるのかな。

e0134713_14542149.jpg

[PR]

by macchi73 | 2011-10-31 14:52 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 05月 29日
柿の花
e0134713_1617610.jpg

4年前に切株から伸びてきた柿の木に、ついに花が咲いた!
心なしか、もう付け根が膨らんでいるような……。
まさか今年は結実なるか!?
[PR]

by macchi73 | 2010-05-29 16:22 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2009年 04月 13日
転居して来た時は切株だったが、3年程前、いきなり株元から新しい幹が伸びてきた。
今年も元気に新しい葉を出し始めているが、いまだ実を付けたことはない。

e0134713_23394876.jpg

e0134713_23402555.jpg
根元はこんな感じ。
切株は太いのに、新しい幹はまだまだ細くて、元の幹の1/10くらい。

実生ならば「桃栗3年柿8年」というけれど、切株から芽吹いた幹は、どの位で実をつけるようになるんだろう。

[PR]

by macchi73 | 2009-04-13 23:44 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)