「ほっ」と。キャンペーン
タグ:山椒 ( 3 ) タグの人気記事

2014年 07月 26日
赤い山椒の実
e0134713_20491655.jpg

久々に庭を回ったら、山椒の実が赤く完熟してしまっているのを発見。

うわー、青い山椒の実の醤油漬け、メチャクチャ美味しいのに!
今年は時期を逃しちゃった……。ショック。
そういえば、今年は梅もベリーもただ落ちるに任せて、殆ど何も収穫しなかったもんなあ。がっくりだ。

でも香りは良かったので、一応小皿いっぱいくらいは収穫してみた。
e0134713_20492198.jpg

それで調べてみたら、赤い実・完熟して種が飛び出した実は、フライパンで軽く煎ってから粉山椒にして使えるらしい。

で、麻婆豆腐を作った。
そしたら鮮烈かつ爽やかな辛みで、すっっっごく美味しい!売ってる山椒と全然違う。
やっぱ家で穫れたもの食べるのって楽しいな。

来年は、庭の収穫とかもちゃんとして、料理もして、もっとその時その時を楽しむ暮らししようっと。
[PR]

by macchi73 | 2014-07-26 19:02 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2013年 06月 03日
山椒の実の醤油漬け
e0134713_10322246.jpg

何年か前のこと。
飲み屋の常連ハイキングのランチ中に回って来た山椒の醤油漬けがメチャクチャ美味しくて、これどうやって作るんですか!?と聞いたら、ニコニコ顔のおじさんが「山椒の実を醤油に着けるだけだよー」と教えてくれた。

で、それからずっと待っていたんだ。庭の山椒にも実がつくことを。

でも庭に山椒はポコポコたくさん生えてくるのに、どれにもなかなか実がつかない。
調べてみたら、山椒は雌雄異株なので、メスの木が生えない限り実は収穫できないようだ。ちぇー運任せか。
しかもぐんぐん大きくなりトゲトゲの枝を四方に伸ばすから、庭のあちこちが微妙に痛くて歩きにくい。すごく邪魔だ。
それですっかり諦めて邪魔な木はどんどん抜くようにしていたが、ある時、抜こうとした裏庭の木がほんの少しの実をつけているのに気がついた。

その木を保護してまた数年。
やっと!やっと今年、醤油漬けにできるくらいの実をつけた。

早速片手いっぱい収穫して、5分くらいサッと湯がいて水を切り、醤油に漬ける。これで一週間くらい待ったら食べ頃になる。
漬けた醤油にも山椒味がつくので料理に使えるようだ。

webのレシピを見たら醤油以外にも砂糖や出汁やお酒を入れるものが多かったけど、おじさんの味を再現したいので、敢えて醤油だけにしておく。美味しくできますように。
e0134713_1032264.jpg


2015/6/18
2週間して食べてみたら、凄く美味しい!!
おかずに添えて薬味としても良いけど、正直、そのまま食べるのでもメチャクチャ美味しい。
これは一気に食べちゃうのが勿体ないから(一気に食べられるもんでもないけど)、チョビチョビ大事に食べようと思う。酒肴にもOK。
[PR]

by macchi73 | 2013-06-03 07:31 | 庭料理 | Comments(2)
2009年 04月 11日
サンショウ
「食用可」のカテゴリに入れようかと迷ったけど、よく考えたら、庭の山椒を食用したことがない。
なので、「雑草」カテゴリに分類。

e0134713_22262525.jpg

何故か庭に点々と、何本も生えてくる。
で、結構枯れたり抜いたりするんだけど、また全然別の場所に生えて来たり・・・神出鬼没。
次から次へと、鳥のフンから生えるのかな?

2009/04/11
トゲが鋭くて怖いため、山椒は小さいうちに抜いてしまうことが多かったんだけど、一本、南天の陰でかなり大きくなっているものがある。
ちょっと前に、知人に自家製山椒の実の醤油漬けというのを食べさせてもらって、すっっっっごく美味しかったので、この山椒は抜かずに伸ばしておくことに決めた。

でも山椒は雄株と雌株があるんだよな・・・。もし雄株だったら、実はつかないね。

2011/5/27
生えて来た一本の木に実がついた!ってことは雌株なのかな。
これまで実を見たことがなかったけど、充分成長してからしか結実しないってことかな。
いつかはたわわに実がなるようになって、山椒の実の醤油漬けを我が家でも作れるか。期待。

e0134713_1813870.jpg

2011/6/28
胡椒のような山椒の実。
ちょっと収穫してナスの炒め物に使ったら、メチャクチャ存在感があって美味しい!
これは木が充実して実がたわわになるのが楽しみだ。

e0134713_20181374.jpg


2013/6月
やっと醤油漬けにできるくらいの実がついた。嬉しい!!
[PR]

by macchi73 | 2009-04-11 22:36 | 雑草、野草 | Comments(0)