「ほっ」と。キャンペーン
タグ:宿根アマ ( 3 ) タグの人気記事

2016年 05月 18日
フラックス(宿根アマ)
e0134713_1485144.jpg

庭でソヨソヨと涼しげな薄青の花を揺らしていたフラックスが、ついに散り始めてきた。
地面に水色の点々が散っていて綺麗だ。

だけど、何か忘れている気がするんだよな……。

で、思い出した!
フラックスは、別名、宿根亜麻。麻糸の材料になる花なんだった。
去年の夏に種まきした時には、適当な時が来たら麻糸を紡いで何か織ろうと思ってたんだっけ。

それで、いつがその時期なんだろうと調べたら、なんと花の盛りに刈り取るのが良いらしい。
ええー、花の時期に刈り取るなんて勿体無い&もう時期が過ぎちゃったよ。
e0134713_1484888.jpg

この週末にでもちょっとやってみるかなあ……。

でも、仕事が山積みなんだよな。うう。
最近は、休日もとるし家にも割と早く帰ってるんだけど、とにかく色んな方面の持ち帰り仕事が多くて、夜はずっと仕事やら用事をしてるのであった。まあでも、オフィスで電話やお客や会議に時間細切れにされて仕事してるより、家で仕事するのって良いなって感じたりもする。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

窓を開けて風に当たってられるし、色んな音楽も聴けるし。
しかし先週のライブからこっち、夫が同じアルバム(Mystery Jets の "curve of the earth")ばかりかけている……好きになっちゃったのか。



初期 Mystery Jetsは、可愛い男の子たちがお父さんと(!)一緒に、少し古めのテイスト混じりの音楽をやってるって感じが面白かった。

その後、男の子たちは大人になって、お父さんはいなくなって(チラチラいるけど)、息子は足が不自由だ。私はお父さんがいた頃の、音楽好きがちょっとひねってみました、みたいな曲の方が割と好きなんだけど、その後の若者たちだけになってからの曲がストレートで王道な感じなのは、物語的にはなんか良いよなあと思ってしまう。未来に開けてる感じというか。

[PR]

by macchi73 | 2016-05-18 23:55 | 書籍・CD | Comments(3)
2015年 06月 24日
ただモグラくんのズボンのためでなく
e0134713_863232.jpg
朝、庭をぐるっと歩いたら、見慣れない場所にエキナセアが咲いていた。
去年の晩秋に小さな苗を植えたところ、すぐ冬になって地上部が枯れちゃったので、「あー、ダメだったかな?」と諦めていたのに、土の中でちゃんと株を大きくしていたんだな。

免疫力を高めて肺炎予防などになるハーブティーを作れるっていう記事を読んで、あまり花色など気にしないで適当に3株植えたものだったけど、こんな花色だったとは。緑色の花が混じっていて面白い。
e0134713_864789.jpg
e0134713_865394.jpg

そういえば去年新しく植えたのって、このエキナセアくらいかも。庭ブログにあるまじき庭放置。

庭の園芸記録も、もう気づけば9年目くらいで目新しいことも随分減った。
だんだんと「この種類の植物ならこういう生態」みたいなノウハウも身についてきたせいか、草花の栽培記録をメモすることもあまり無くなって来たことに気づく。庭のログとして始めたブログだったけど、なんかもう植栽については変化もなくて、途中で育児ログ混じってきちゃってるしなー。しかもその子供も、そろそろ手を離れつつある……うーん、どうすっかなー。

……とかなんとか思いつつ、庭に宿根アマの種を蒔いた。
竜舌蘭の織物してたらなんとなく楽しくなってしまい、「そういえば子どもの時に見たアニメで、モグラが青い花の繊維をとってズボンを作ってたなー」なんて思い出し。あの植物は何だったろうと考えるに、たぶん亜麻(リネン)っぽいので、試してみようという訳。

e0134713_874060.jpg種袋には、『茎を利用して繊維をとるには、青い花が咲き始めたときに刈り取ると、すらりと伸びた美しい繊維がとれます。たねは果実が熟して黄色くなった頃、こぼれる前に茎ごと刈りとります。』とある。

種の蒔き時は春(4-6月)と秋(9-10月)で花期は夏(6-8月)だから、収穫は来夏になっちゃうかな。


なんか早起きして活動するのって、久しぶりだ。
ずっと朝起きられなくて出勤直前までゴロゴロする生活になってて、それが嫌でまた落ち込んだりしてたんだよな。それがちょっと変化の兆し。

残業抑えて3ヶ月目の効果がやっと出てきたか?それとも夜の散歩を再開した効果か?それとも先週ダンサーの人と飲む機会があり、嬉しい型をすれば嬉しくなるし悲しい型をすれば悲しくなるという話を聞き、嬉しい型をするように努め始めた効果か?今朝は、死んだ父がなぜかマイヨジョーヌのジャージを着てツールドフランス的な何かのレースに出ており、握手する夢を見た。自転車なんて乗らない父(たぶん運痴)だったが、後ろ姿を見送ったら、ヒョロい体型には意外と自転車選手姿が似合っていて、起きてから少し可笑しい気分だった。

いずれにせよ、植物に季節があるように、人にもなんかのリズムがあるというのは実感。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

子どもなら誰でも憧れるもぐらくんの青いズボン。


『もぐらとずぼん』(エドアルド・ペチシカ)


子どもの頃にテレビでやってた「もぐらくん」。絵本もあって馴染みのキャラクターだったが、チェコのアニメだったんだ。

大人になってからは近所の映画館などでも「クルテク」とかいって上映されてたり、ちょいオシャレな雑貨になってたりするのを見かける。



そして、マイヨジョーヌというのは、この黄色いジャージ。
ツールドフランスで総合優勝すると着ることができる。

そんなこととも知らずに単なる格好いい運動着として購入し、マイヨジョーヌを着てママチャリを乗り回していた若かりし頃の自分が恥ずかしい……。


『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』(ランス・アームストロング)


昔この本を読んで、自転車界の嫌われ者のアームストロングを好きになった。

と同時に、こりゃー嫌われるよなというアクの強さも感じられたし、アメリカ的なやり方を嫌うヨーロッパ自転車界のあり方も面白いと思った。

その後、ドーピングが発覚して「そうか……」とは思ったけど、まあ本を読んだ感じでも、勝ちへの執念がすごいというか、ドーピングでもなんでもアリっぽい雰囲気はあったもんなーとも思ったり。

スポーツ的にはアレなんだろうけど、とにかくレースにも病気にも何にでも絶対絶対負けたくない人の自伝という意味では、今読んでもたぶんある意味感動的だし、面白いのではと思う。


[PR]

by macchi73 | 2015-06-24 07:00 | 書籍・CD | Comments(3)
2008年 04月 21日
宿根アマ(リナム、ペレニアルフラックス)
宿根アマの育て方:
●花期は4〜6月。
●暑さが苦手なので、とにかく夏涼しい場所に植える。
●花色は青が多いが、白花もある。
●花が終わったら種をとり、10月に種まきで増やせるらしい。


2008/2/3
ポット苗を2つ、庭の東端と西端の庭木の下に植付け。
2008/4/20
東端に植えた苗に花が咲き始めた。白い花。
葉も茎も細くシルバーがかっており、真上に立ち上がるように伸びて風に揺れる様子は涼しげ。

e0134713_0143991.jpg

[PR]

by macchi73 | 2008-04-21 01:03 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)