タグ:ローズドレッシュ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 05月 17日
薔薇ジュースの作り方ポイント(閲覧注意、かも)
e0134713_00084226.jpg

久々に早めに職場を出たら、空の西側半分が鮮やかなバラ色だった。光も濃いピンク色で、通りの家や人々の表面も、ローズピンクの光を反射している。ちょっと不思議な物凄いような光だ。子どもと一緒に屋根に登って見物しようと思って、すっ飛ばして帰る。

e0134713_00082494.jpg

帰路を急ぐ間にもどんどんピンク色は西の隅に追いやられ、東の藍色の方が優勢に……。


玄関に飛び込むなり、空すごいよ!見てごらん!と子どもを呼び、それから急いでへっぴり腰で屋根によじ上る(危ない)。それで、屋根の上でぐんぐんと西に追いやられて縮んでいくピンク色の光を見た。「すごいスピード」と娘。高架の上、窓を黄色く光らせながら通り過ぎる電車に手を振ってみる。


しばらくしたら、「あ、やばい!」と娘。見たら、眼下に見える通りを夫が通るところだった。こっちに気づいて、心なしか叱責するような雰囲気で睨んでいる。「うわ」と慌てて、でも慎重に、瓦や壁を伝って戻った。


屋根を下りたら光はすっかり藍色で、太陽が沈むスピードの速さを実感する。「つまりこの体感速度が、地球の自転ってことだね」−−その通り。


藍色の空気の中、点々と光っているバラがさっきの夕焼けの名残みたいだ。「バラジュース、友達も美味しいって。また飲みたい」というので、ボウルに摘んで、1.5Lのボトルいっぱいの今年何度目かのバラジュースを作る。

e0134713_00083535.jpg
今回は、マダム・プレール・イザークとローズドレッシュで作ってみた。ゼフィリーヌより小さく柔らかく密な花びらは、食用に最適な品種。

バラジュースを仕込む時の大事なポイントは、とにかく花びらをよく洗うこと。大鍋に水を張って洗って、最後に見ると、ゴミ、雄しべや雌しべ、小さな芋虫やスリップス君がけっこういることが分かる。

ま、漬け終わって花びらを取り除いた後、更に仕上げとしてコーヒーフィルターで漉せば、多少の虫が入ってても問題ないかな?と私なんかは思うが。

「ジュースに虫?ダメ、絶対!!」

と神経質な(?)子どもたちはそれを許さないので、下ごしらえは大事だ。それに、子どもたちの楽しみの一つが、ジュースから濾し取ったバラの花びらをムシャムシャ食べることらしいし……最初に念入りに取り除いてあげるのが吉かなと思う。自然で美味しいものを作るには、多少の手間はかかるものってことか(って言っても、そんなに大変な作業でもないが)。

ただし、日々花を食用に収穫することには、思わぬメリットもあることを発見。当然といえば当然だが、花殻摘みを小まめにしてるのと同じ効果があるようで、花がシーズン中次々どんどん咲き続けるという副次的効果があるのは嬉しいことだ。

鍋の水は、水中で蠢いている虫たちも含めて、またバラの根元にまいておく。運がよければ、またバラによじ登って、居心地良い場所を見つけられる……かも。
e0134713_00073988.jpg
バラジュースの作り方ポイント:
●花びらをつけるのは、シロップでも、レモン果汁でも、サワー用の酢でも良い。
●各種レシピはこちらを参照
●適当に作っても、多少散りかけの花を使っても、どんなレシピでも簡単に美味しくできて失敗は無いが、一つ大事なコツが、花びらを大量の水で洗うこと!!美味しいバラは、人間だけでなく虫にも好まれるので。大きな鍋に水をいっぱい入れて、ザブザブ洗い、花びらの水を切りながら、一枚一枚チェックしてボウルに移していくのがオススメ。


[PR]

by macchi73 | 2017-05-17 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2015年 05月 18日
薔薇の盛り(過ぎつつある……)
e0134713_21593358.jpg
自分なんかよりずっとハードワークの先輩と、1,2年ぶりくらいに飲み。疲れちゃってどうしたのと労られて、ちょいショック。

それからすぐ、海外に住んでる大学時代の友達から、可能なら遊びに来ないかとメールがあった。来るなら部屋を貸してくれると言う。いつもだったら「そうだねー、そのうち時間できたらかなあ」とか言ってフットワーク重いんだけど、色んなバタバタも終わったとこだし気分転換するのもいいかもな……とふと思い、珍しくチケットを手配してみた。

その翌日あたり、高校時代の友達から週末会って飲まないかという連絡があった。
うわー久しぶり、珍しいなー!なんて喜んだら、なんかmacchiの夢みたんだよ、それで気になって……とか言う。ちょうど安い飛行機チケットを取ったタイミングだったので、ギクッとする。えーまさか不吉な夢じゃないよね?と聞いたら、いや、ただ元気なさそうだったから……とか言われる。えええ、元気あるよー。嫌だなあ。
で、とりあえず会って飲んだ。楽しかった。

そしたらその週に、職場にいきなり見たことない番号からの怪しい国際電話があって、出たら今度は中学時代の友達だった。うへー懐かしい。いつぶりだ?
いま住んでる国でちょうどmacchi職場の宣伝を見たから電話かけてみようと思ったんだ、別に用事って訳じゃないけど出張でこっち来ることあるなら会おうよ、それか帰省の時でも、とか言われる。

で、いかにもプライベートな会話を終えて電話を切った後、ちょっと言い訳がましく、昔の友達なんだけど今度お客になるかもだって、この頃なんか昔の知り合いからの連絡が続いてんだよ、嬉しいけど何かのサインみたいで怖いよね……と話したら、同僚が、それ四人続くとヤバイらしいですよ、と言った。

それでいま、完全にびびっている。チケット取り消しちゃうくらいの勢い。
もし万が一、ブログとか見てる昔の友達がいても(教えてないけど)、面白がって連絡しないで欲しい。それか、4人だと怖すぎるから、いっそ10人くらいから連絡来たら笑う。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

庭では、いまはバラがピークを迎え、そして過ぎつつある。
(と、とってつけたような庭ブログ)

我が家で一番多花性の白薔薇(つるアイスバーグ)は、6mに渡る壁面を白い花で埋め、窓辺からでも薔薇が楽しめる。

さらに、去年植えたマダムイザークとローズドレッシュの花付きの良さがすごい。
毎日東の壁一面が芳香と濃いピンクに彩られ、そしてハラハラ散り、つるアイスバーグにも負けてない。
e0134713_21593844.jpg
e0134713_21594011.jpg
e0134713_21594235.jpg
e0134713_21594667.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-05-18 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(3)
2014年 05月 30日
ローズドレッシュ開花
e0134713_13411534.jpg

仕事も一段落ついてちょっと時間ができたので、少しのんびりしようと通院を理由に一日休みをとった。
で、大型古本屋を堪能の後、その隣にあったクリニックにプラッと入ったら、検査の後いきなり大きな総合病院に紹介状を出され、総合病院に行ったらライトを当てられたり何やかやした後に生体検査が必要ですといわれ、あれよあれよと言う間に手術が決まってしまった。
呆然……。ジェットコースターか。

それで一旦帰宅したら、一株だけ調子を崩していたローズドレッシュが、いつの間にか芳香を漂わせながら綺麗に茂って咲いていた。そっかー、こんな花だったんだ。

鮮やかな濃いピンクで、葉も花も小振りな感じ。ポンポン咲きの花びらはとても柔らかく、咲き進むと結び目が解けるようにハラハラ散る。こりゃとっても美味しそう。好みドンピシャの薔薇だ。

e0134713_13411722.jpg

ローズドレッシュ(Rose de Rescht)は「レッシュの薔薇」という意味。
ナンシー・リンゼイなる英人プラントハンターが、ペルシャのレッシュという町から持ち帰った薔薇らしい。
そういわれて見ると、なんだかエキゾチックな感じがしないでもない。

ちなみにプラントハンターというのはwikipediaによると、17〜20世紀半に活躍した職業で、新種の植物を求めて世界中を探検・冒険する人のことだそうだ。なんか格好良い。想像膨らむ。

手術って言っても検査用の小さいものだけど、そういう訳で仕事はこれから数日休み。
痛いの嫌だけど、なんか探検家の本でも読んで、美味しい薔薇ジュースでも飲んで、ちょっとだらだらしようかなーとか思ったり。
[PR]

by macchi73 | 2014-05-30 13:50 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(9)
2014年 04月 22日
不審な薔薇
e0134713_2125199.jpg

庭隅のプチルビー(バラ科の野いちご)の花が満開になりはじめた。
その隣では白木香バラも沢山の蕾を膨らませている。

庭のバラを見回ったら、どれも元気に葉を広げて蕾をどんどん上げていて楽しみ……なんだけど。むむ!
e0134713_2125586.jpg

一つだけ、全く芽を動かしていない株がある!

今年植えたばかりのローズドレッシュだ……。ショック。

保証付きバラ苗(数ヶ月内に枯死したら返品可)っていうので買ったんだけど、枯死してる訳でもないしなあ。地上部を見ても特に怪しいところは無いみたい。

こういう時は掘り返して根とか見て、何かしないとダメなのかな?
でも春本番に入ってから根をいじるのはあんまり良くないとか言うしなあ……。
バラの植え付け時の不良って経験したことが無く、ちょっと迷い中。
e0134713_21261225.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-04-22 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(4)
2014年 03月 20日
バラの植え付け(ローズドレッシュ、マダム・イザーク・プレール)
e0134713_10424179.jpg

先日のこと。
バラ庭の写真を見ながらウットリと「新しいバラ植えようかなー」と計画を巡らしていたら、娘が「あ、バラだ!ピノコはバラジュースがいっぱい飲みたいな」と言う。

ふーん。バラジュースか……。
ジュースに向いてる品種ってどれだろう。
たぶん、香りはダマスク系強香、色は濃いピンク、花びらはあまり肉厚でないものが良いだろう。
なんてつらつら考えながら夜中にサイトを巡って、二つの品種をネットショップしてしまった。

で、届いた苗を植えた週末。
マダム・イザークは刺が少ない華奢な枝を長く伸ばしていたので、壁面に誘引する(あれ、枝が太い品種って読んだけどな?)。
ローズ・ド・レッシュはブッシュ状の株だったので、花壇の前面に。
実際にどんなバラかは咲いてみないとまだよく分からないので、この春が楽しみだ。

ただ、冷静になってから考えるに、ジュース作りのためっていう目的で選んでしまって良かったんだろうか……。
最初は、うちの庭にないタイプの色味の四季咲き性のイングリッシュローズを探していたはずなのに。
庭の新しい彩りのためにバラを探していたはずなのに。

すっかり当初の目的を忘れてしまっていた。
どっちもピンクで一季咲きの似たようなオールドローズじゃん。がーん。
[PR]

by macchi73 | 2014-03-20 23:56 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)