タグ:レモン ( 12 ) タグの人気記事

2016年 11月 30日
青ばら、白菊
e0134713_22582355.jpg

秋の青バラが本格的に咲き出して綺麗だ。朝、家を出る時に眺めるのが楽しい。
青バラはレモン菓子のような強い芳香があるんだけど、その隣に本物のレモンが実っているので、なんだかおかしな感じがする。
e0134713_2331036.jpg
e0134713_2332167.jpg

−−なんて毎朝、花と香りにうっとりしていたら、いきなりの雪。

せっかくの秋バラが根本から倒れて雪の下敷きになってしまった。ショック。11月の積雪ってありか。なんと54年ぶりか。
e0134713_2341665.jpg

がっくりして項垂れて門を出たら、門柱の周りに白菊が咲いているのに気づいた。白い雪の中に白い菊が流れる雲のような形に咲いていて、眼球が冷んやりする。冷たく湿った冬の朝の感覚。

途端に日本画のような白菊の一場面が思い浮かんで、あれ、こういうの詠んだ和歌があったな……と思ったが、伊勢物語の白玉の歌ばかりが頭の中でぐるぐる回って、白菊の歌が思い出せない。最近、記憶力が壊れ始めてるのを感じる。加齢現象、つらい。

で、職場に着いてしばらくして、花のことなんて忘れてコーヒー飲んでたら、いきなり思い出してスッキリする。置き惑わせる。

e0134713_2284918.jpg別日の白菊。

雪の日は、写真を撮るのも思いつかずに見とれていたが。

心あてに 折らばや折らむ 初霜の
おきまどはせる 白菊の花


古今集だった。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

むかし男、面白すぎ。白玉の女は鬼に喰われて消えてしまう。

ばらばらの短編が連なって一人の男の姿を浮かばせる構成も面白く、古代の人たちも娯楽小説読んで楽しんでたんだろうなーと想像できて、昔と今って、装置は変わっても地続きなんだよなあ……と感慨深い。


[PR]

by macchi73 | 2016-11-30 23:55 | 面白かった本など | Comments(0)
2015年 12月 07日
巨大フェイジョア(暖冬効果?)
e0134713_164632.jpg

フェイジョアの落果がはじまってきた。
例年は11月頃に始まる落果だが、今年は遅いようだ。例年よりずいぶん暖かいからか?

木の下で果実を探していて見上げたら、すごく巨大な果実が樹上にあるのを発見。
子どもの片手に入らないくらい大きい。
フィジョアを植えて7年、こんなビッグサイズは初めてかも……!

これも今年の暖かさが原因かもしれない。
フェイジョアは亜熱帯地域原産の果樹なので、耐寒性はいくらかあるとは言え、やはり暖かい気候の方が本領発揮できるんだろう。
e0134713_164921.jpg

で、樹上で着々と太っている果実たちは後の楽しみのためにそのままにしておきつつ、地面に落ちた果実を拾い集める。拾った果実を常温の部屋において追熟させると、甘い香りがしてきて美味しく食べられる。来週くらいには、朝食のフルーツになるだろう。

すっかり黄色く色づいたレモンも一緒に収穫した。
こちらはもともと大きな果実の品種(グランドレモン)だが、それにしても今年はかなり丸々と大きい気がする。施肥もしてないし何の世話もしていないので、これも暖冬のおかげかな。
e0134713_16537.jpg
庭ではまだ、日差しの中で、蝶がパタパタ飛んでいるのを見かけたりする。

久しぶりにとれた休日がこんなに暖かいと、なんだかウズウズして出かけたくなる。今日は夫と子どもとちょっと遠出して荒川遊園の釣堀で釣りなどした。20年以上前によく行ったお店でご飯を食べて、帰り道は夜の都電でウトウトして、一駅手前から、腹ごなしの夜の散歩して帰った。
暖冬って楽しいかも。(でも、悪い点もあるのかな?)


 ← BGMはこちら

[PR]

by macchi73 | 2015-12-07 01:20 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(6)
2015年 11月 06日
卵のように軽やかに
e0134713_22141414.jpg

庭隅にレモンが鈴なりだ。収穫して肉と焼いて食べた。

我が家のレモンは、グランドレモンという品種(マンダリンとの交配種らしい)。
味は、酸っぱさの中にもなんとなく甘さがあって美味しい。レモンっぽくない滑らかな薄い皮をしていて、大きさは普通のレモンより少し大きく、形はレモン型ではなくて卵型をしている。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

卵型つながりで?

このところずっと夜は一人で過ごしていて手持ち無沙汰なので、『卵のように軽やかに』を始め、エリック・サティに関連する本を何冊か続けて読んだ。


サティが書いた文章やイラストを集めたアンソロジー。表紙もサティの自画像。

サティの文章って、面白いんだけど、わざとひねくって剽軽に書いてて、なかなか正体が見えにくい感じ。

手描きイラストの方には、ヘンテコなおかしみがある。イラスト中に書きつけられているテキストも面白い。



その中で、一番面白かった一冊は、サティが描いた装飾的な楽譜を頁にそのまま散らしてある『エリック・サティ詩集』。

『エリック・サティ詩集』(藤富保男訳編)

すごくかわいい感じの中身で、サティって子供っぽい人だったんだろうと感じられた。肉筆楽譜のページが多くて、サティを身近に感じられる。楽譜の隣に、装飾的な絵のような文字で文章が書きつけてあったりする。

文書だけまとめて読んだ時はそれほどには面白くなかったサティが、手描き楽譜が入ると、何故かいきなり面白い(または、翻訳がすごく良い)。それと、訳者の藤富保男氏が挿入する小文やカット、各ページのレイアウトがとても良い。

読みながら笑って、ほのぼのした。



次いで面白かったのは、いろんな切り口からサティを紐解いた、アンヌ・レエの『エリック・サティ』。これは本としての内容が面白い。



サティの死後、彼が一人暮らししていたガラクタだらけの部屋で見つかった葉巻箱の中には、きちんと切り抜かれた小さな紙片がいっぱい詰まっていて、綺麗な色インクで縁取りされ、いろんな絵や文章が書きつけてあったらしい。

それがあのヘンテコなイラストとかなのか……と思うと、なんとも言えない気分になった。

本の中では「こんな無意味にサティがどんな悦びを見出していたのか、よく分からない」なんて言われてしまってもいたが、いやあ、ひとりぼっちで暇だとそういうのやるよな……やるよ……とか思ってしまった。

ちなみに私も一人暮らしの頃やらかした。そして何を思ったのか、恥ずかしいことに一人のクラスメートに見せた……とても活発かつ外向的な友人だったので、多分、意味がわからなかったことだろう。大人になってからは海外のリゾート地で暮らすその友人に、今週 7, 8年ぶりくらいに会って、相変わらずのピカピカで力強い笑顔を見ては、ちょっとその事を思い出したり。



「夜になると、彼らは夕食をとり、それから浜辺に出てパイプをふかすのだった。煙草の香りが魚たちにくしゃみを催させた。ロビンソン・クルーソーにとって、無人島の暮らしは楽しくはなかった。『ちょっとさびしすぎるな』と彼はいう。少年のフライディもおなじ意見だった。主人に向かってこういうのである。『そうです、旦那さま、無人島、ほんとにさびしすぎる。』そして、その大きなまっ黒な頭を振ってうなずくのだった。」

こんなさびしい小文を誰が書いたのか? 有名なエリック・サティである。死の一年前に。真の友もなく、子もなく、ただ有名ではあったサティ。(...略…)

しかし、サティも楽しくはなかったにちがいない。彼の無人島での暮らしは −− アルクイユのサティの部屋、二十七年間住んでいたが、彼の存命中は誰ひとり足を踏み入れることのなかった「象牙の塔」での暮らしは。サティの死後、不透明になった窓ガラスや、クモの巣や、壊れたピアノの蓋の下に隠された紙クズや、そのほか山のようなゴミや虫が発見された。(...略… )

「無人島は、時にはちょっとさびしすぎる」から、サティはひそやかに嘆き声をもらした。あるときは言葉で、またあるときは音楽で。


それから、ジャン・コクトーによるサティについての本。
翻訳者が安吾で、ちょっと驚いた。そんな時代か。


コクトーには、いかにも時代の寵児って感じの華があって、サティについて書いても、コクトー色の方が勝つ。これはサティの本というより、コクトーの本だな。多分、コクトーが表現したい思想があって、それにサティがぴったりだったから、担ぎ出したって感じもあるだろう。

ピカソ、コクトー、サティで舞台をやったりして3人は交流があったようだけど、堂々と煌くピカソとコクトーに比べ、サティはどうしても垢抜けないショボい感じが漂う気が……。



そのサティの多少のショボさを感じて、町田町蔵の『壊色』という本にある「ふぬけの悲しみ」という短文を思い出したりする。
 みんなはふぬけについて考えないか。
 僕はつい考えてしまう。
 ふぬけというものはどういうわけか公園に一人でいることが多い。そして公園には小学生くらいの子供が遊んでいる。ふぬけは思う。「私は子供らと遊びたい。(...略…)」そしてふぬけはパン屋に走ってつまらぬ駄菓子を大量に買い、子供に与える。しかし子供はそんなものに喜びはしない。そこいらに投げ捨ててどこかへ行ってしまう。ふぬけは駄菓子の散乱する人気のない公園に一人、しょんぼりと立っている。ふぬけは小声で言う「どうもうまくいかんね」ロマンチックな音楽が流れている。 
 このようにあらゆる局面において現実はふぬけを打ちのめす。そしてふぬけはしょんぼりする。そして言う「どうもうまくいかんね」そのときふぬけの口は尖っている場合が多い。しかしふぬけ本人はあまり気にしていない。あくまで見た感じしょんぼりしているのであって、それはふぬけの意識とは無縁である。ただふぬけの心の奥底がどうなっているかはわからない。このしょんぼりは僕には相当こたえる。見ておられぬものがある。ということはその心の奥底にははやり奇怪な悲しみが蠢いているのではないだろうか。

そうやって、昔に生きてた人たちの様子を読んで、不思議な感じに浸る。
ふざけたり怒ったり皮肉ったりして素の自分を韜晦してた、ひとりぼっちのショボいサティの姿が目の前に浮かび上がって来るような気がした。ま、本当にそんな人だったかは、分からないけど。想像。

でも、130年も前の狂乱の芸術の都パリの汚い部屋でひとりぼっちで暮らしてた作曲家がいて、そこから時間も場所も遠く離れた東洋で、ピアノ素人がその曲をポロンポロン弾くことが起こるってのは、妙な感じだ。人間って、記録を通じて時空を超えられるところが、他の動物と違うところかも。

サティが「家具の音楽」として発案した”意識的に聴かれることのない音楽”っていうのが、その後のアンビエントやミニマル、BGM系の音楽へと繋がっていったということだ。サティの曲をもう少し弾いてみたかったけど、近所に楽譜がなかったので、替りにルドヴィコ・エイナウディの曲を弾いてる。イージーリスニング、イージープレイング。


amazon.co.jpで調べる

[PR]

by macchi73 | 2015-11-06 23:55 | 面白かった本など | Comments(0)
2014年 01月 05日
庭のレモンとローズヒップのケーキ
e0134713_1511914.jpg

冬休み最終日で動揺している。
この日が来ることは前から分かっていたはずなのに。心の準備ができていない。
天気が悪くて出かける感じの日でもないし。家の中をウロウロしてしまう。

で、「落ち着け、落ち着け……」と唱えながら、とりあえず、庭の収穫物でケーキを焼いて心を鎮めた。
去年の秋に収穫して、サワーに漬け込んでいたレモンとローズヒップを入れたバターケーキだ。
ローズヒップってそのままだと固いけど、焼くとちょうど良い食感になるね。漬け込んだレモンはジャムっぽくて◎。
お菓子のお伴には、お正月に叔母さんからいただいた抹茶を子供たちが立てた。おいしーい。
e0134713_1511570.png
いや、でも、こんな食ってばかりの休みではダメだ!!
もっと何か、何か意味のあることをしないと……。
また家の中を無意味にウロウロする。時間がどんどん過ぎて行く。体重ばかりが増えて行く。もうお昼過ぎ。

追いつめられて、今年の抱負など立ててみる。
一、早起きして必ず毎朝子どもたちに温かい飲み物を入れること。
二、庭仕事は、東の通路庭(細い&どこからも見えない)を綺麗にすること。
三、明日できる仕事は今日しないで積んどく胆力を身につけること。


一は、本当は「バランスの良い朝食と弁当を作る」にしようかと思ったが、挫折が目に見えているのでレベルダウンしてみた。わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい。手抜き朝食でもいい、せめて温かい飲み物を入れて欲しい。そういうことで。
二も小さな面積で、まずは小さな達成感を目指す。器、小さいぜ。
三も然り。レベルアップ目標というより、ダウン目標か?

でもそうやって手抜きしてでも時間を作って、その替わり、新しい方法のトライ&エラーを行ってみよう。気分転換して、少し違う風に暮らしてみよう。

明日から仕事始め。今年も(今年は?)頑張ろう。
e0134713_1512633.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

この冬休みは、だいぶ前に友だちから勧められていた漫画を読んだ。
うちの庭でも良くみる小鳥たちや、見たことのない鳥たちの観察に笑った。
だらだらした作者に親近感。楽しそうに暮らしてんなあ。



[PR]

by macchi73 | 2014-01-05 15:37 | 【庭】収穫、料理 | Comments(8)
2013年 10月 13日
レモン収穫
e0134713_23372480.jpg

週末、大量の生牡蠣と共にお客さんがやってきた。
で、庭からレモンを収穫して食べた。美味い!(レモンが、じゃなくて牡蠣が、だけど)

この連休は、久々に仕事の入らない連休で良かったなあ。
友達と食事したり、家族で出かけて古市で本や道具を買ったり、ムットーニ展見たり、チェコアニメ映画祭行ったり、思いつきでぶらぶら色んなところを歩き回って命の洗濯をした気分。
青山フラワーマーケットでやってるカフェが温室みたいで子供にすごく好評だったんで、これから家の中にもグリーンを増やそうかなーとか古い庭本をめくりながら想像すると、スリリング(色んな意味で……)で楽しい。

ちなみにレモンは確か去年は結構豊作だったのに、放置していたら今年は数が少なくなってしまった。
やっぱり毎年コンスタントな収穫量を確保するには、摘果や剪定、施肥などちゃんとしないとダメっぽいな。

私も長時間労働ばっかりしてると、巡り巡って仕事もダメになりそうな気がする今日この頃。
燃え尽きないように休みとってぶらぶらして、それで朝ドラとか見ようと思う(「えーあまちゃん見てないのー」と驚く泊まりの子たちと、この週末のあまちゃん総集編見て)。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あまちゃん見てから、薬師丸ひろ子のyoutubeを何回も見ては胸を熱くしている。

昔の映画って、テレビと絵の質感が全然違って、胸をモヤモヤさせる独特の雰囲気あったよなあ……(テレビでも時代劇だけは長らくそうだったけど)。




[PR]

by macchi73 | 2013-10-13 23:37 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2012年 07月 23日
2012年、7月の庭
e0134713_13223551.jpg

ひさーしぶりに、庭のメモ。

昨夜は友達と庭で海鮮BBQだった。
庭でホタテや醤油の焼ける良い匂いがして、蚊はまだいなくて、とっても快適……ではあったけど、涼し過ぎる夏の夜はちょっと寂しい感じもする。子供たちが泊って行ったけど、花火はもう少し先かなーという気がして、カルタなんかして過ごす。
真夜中、庭で静かにボソボソ語りつつ、お酒を飲みながらたまにブルッと震えたりする。

今年の7月はなんだか例年の6月みたい。変な気候。
百合の花は、6月頭にイエローウィン(黄)→6月末にソルボンヌ(桃)→7月にカサブランカ(白)というのが毎年のことなのに、今やっと、ソルボンヌが咲き終ったところ。
e0134713_13225482.jpg

あじさいは、白いアナベルはそろそろ終わりだな。
色がピンク〜紫〜白緑に変化するシーアンは、紫色と白緑が半々って感じ。
e0134713_1323976.jpg

庭の収穫も、なんだか元気が無い感じ。
プチトマトが食べごろになり始めた。これも、いつもより遅い気がする。
e0134713_1323452.jpg

しかし特筆すべきは、レモン!
今年は沢山収穫できそうだ!……というより、植えてから6年、今年初めて収穫できそうだ。

e0134713_1324329.jpg
私の人差し指と並べて撮影。もうかなり大きい。

これも冷涼な夏のおかげなのか?
それとも今年やっと、木が成熟したということか。


末っ子は、小学校から持ち帰ったアサガオを毎朝観察中。
うちのボサボサ庭の真ん中に置いておくんじゃ、虫に食われちゃうかもしれないぞー。

e0134713_13251384.jpg

これからモリモリ咲くつもりだなーと感じられるのは、盆花。
その後方で、一年中、常に咲いているのはバラのブライダルピンク。

今年の7月は、そんな感じ。でもやっぱ、蚊がいないのは凄く嬉しい。
e0134713_13305173.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-07-23 13:33 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2011年 05月 27日
レモンの花
e0134713_1916158.jpg

帰宅するなり、macchi, 庭のレモンを見ておいで!と夫に言われる。喜色満面の趣き。

これはまた立派なアゲハ幼虫でもいたかなー、なんて思って外に出てレモンの周りをぐるっと回ってみたが、柑橘系の爽やかな香りが漂うだけで、特に何も見つからない。一体なんなの?何もないよ?と問うたら、「本当に気付かないの?」と何故か寂しそうな夫……。

彼によれば、レモンを2006年に植えてから、こんなに花が咲いたのは今年が初めてだとか。
きっと今年こそ沢山のレモンが収穫できるよ、と期待に満ち満ちた様子で予言する。

そうかもしれないし、そうでないかもしれない。
でもレモンについては、植主である夫が一番注目して来たのであるから、何かの変化は出て来ているのだろう。

植えて5年、収穫の日は近付いてきている(と良いな)。
[PR]

by macchi73 | 2011-05-27 19:15 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 12月 27日
レモンマドレーヌケーキ
待ちに待った冬休み!
朝寝朝酒朝風呂って大好き。寝坊する気満々でベッドでぬくぬくしていたところ。
早朝から「聞いて、聞いて!夢で小人のお家見たよ!」とハイテンションな末っ子に起こされた。
小人の部屋にはお花とタマネギが4つ、ドングリが6つ並んでいて、小人が叩くと綺麗な良い音がしたそうだ。
落葉で作った楽器もあったという。興奮して喋っている。

e0134713_17134782.jpg

「お庭の小人の家もああいう風にカイゾウしなくっちゃ!」と張り切っているので、
いいねえ、でもタマネギは止めておきな、催涙ガスで小人が苦しいかもしれないからね……と、布団に潜りながら答えたら、「よおし!やって来る!」とやる気満々で部屋を去って行った。

よし!ウルサい者の駆逐成功。

e0134713_17143126.jpg
小人の楽器演奏中……。

いい音色が流れ出る。
娘の口元から。


が、ホッとしたのも束の間。
しばらくしたら「美味しいもの食べた~い!」と舞い戻って来た。しかも人数が増えている。むー。手強い。
ケーキが食べたい子ども軍団と、パーティー続きで甘いものにうんざりしている私。
折衷案として、レモン2個(大)を投入してすっぱいレモンケーキを作ることにした。

e0134713_17293297.jpg

以下、超手抜きなレモンケーキレシピ。
なんだかここ数日、似たようなものばっか作ってるが、美味しかったのでメモ。
  1. レモンを絞って果汁をとる。種を除いて果肉も入れる。また、目の細かい卸器で表皮の黄色い部分をおろして入れる(白い部分が入ると苦いので注意)。
  2. 市販のマドレーヌ粉で生地を作る。その時、(1)をちょっとだけ残して、大量投入する。レモンケーキ生地完成。オーブンで20分ほど焼く。
  3. バター25g, 粉糖 80g, 牛乳大さじ1程度を練り混ぜる。クリーム状になったら、残りの(1)を加えて更に混ぜる。
  4. 焼き上がったケーキに、(3)をかける。

e0134713_17153322.jpg準備開始から完成まで、40分くらいのお手軽さ。

レモンバタークリームって美味しい!
バタークリームアイシングの虜になっている今日この頃。
冬太りしそうだ……。


レモンの表皮を削ったものを料理に入れると、とっても良い香り。
が、市販のレモンは農薬が怖い。
そこで以前、無農薬レモンを家で作ろうと、夫がレモン苗を庭に植えたものの、背ばかり伸びて未だ実はつかないでいる。

e0134713_17175349.jpg
思い返すに、レモンを植えたばかりの頃、知人がやって来てレモンは育たないとひたすら何度も言ってたなあ。

「レモンは育たないですよ……」
「あー、夫が植えちゃって」
「この辺では育たないですよ」
「たまに見かける気もするけどね」
「いや、レモンはダメですよ」
「まあ、ものは試しで」
「無理だと思いますよ」

そう呪わないでくれよ、と思ったもんだが。
関東の地植えレモンに、実がつく日は来るのか。
[PR]

by macchi73 | 2010-12-27 17:09 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2010年 06月 26日
フレッシュ レモンパイ
e0134713_2156066.jpg

酸っぱいもの好きな子供たちが、連日レモンサワーをじゃんじゃん飲んでいる。
どんどん減って行くサワーに対して、全然減らないレモンの果実部分も何かに使えないだろうか……ということで、パイのフィリングにしてみた。

●レモンパイの作り方:
(1) 容器にパイシートを敷き、210℃に熱したオーブンで焼く。
(2) パイシートを焼いている間に、室温で柔らかくしたバター80gに三温糖少々とアーモンドプードル35gを練りまぜ、更に卵3つを加えて混ぜる。
(3) (2)に、レモンサワー少々+ レモンのシロップ漬けを混ぜる。レモンサワーが無ければ、レモン汁3個分を混ぜ、レモンの輪切りを表面に置くと良い。
(4) (1)のパイシートに(3)を流し込んで、こんがり焼く(180℃で1時間)。


e0134713_2213445.jpg
バターがダマになるが、そんなに必死で混ぜなくても大丈夫だってよ。

ときどきペロリと舐めて味見しては、レモンサワーを足して行く。
私も子供たちも酸っぱいものが好きなので、砂糖は目一杯少なくしてみた(レモンサワー自体に氷砂糖が溶けてるし)。


焼き時間が1時間あるので、その間に子供たちと一緒に庭の草刈りをする。
小雨の中の草刈りは、蚊に刺されないから気楽。
湿った土なら草の根も抜け易いし、草刈りは霧雨の日にすべし!

そして草刈り後。
お風呂に入ってさっぱりし、ワクワクしながら焼き上がったパイにナイフを入れた。
バターとレモンの香りがプワーンと広がる。いい匂い。

e0134713_22104849.jpg

「酸っぱい!」「レモンの味がして美味しい!」「こんな酸っぱいパイ、ケーキ屋さんじゃ売ってないよね」と、褒められてるんだかよく分からない感想だが、おかわり争奪戦があったのを見ると好評だった模様。シロップ漬けのレモンが、レモンジャムみたいで美味しかった。

e0134713_2219335.jpg

ちょっと適当にアレンジしてしまったが、参考にしたのは下記のURL。
お手軽レシピでとても美味しそうだったので。
秘密レシピのレモンパイ

よく考えたら今回はあまり庭に関係無いので、本日摘んだ花を無理矢理バックに入れてみる……
[PR]

by macchi73 | 2010-06-26 22:50 | 【庭】収穫、料理 | Comments(4)
2010年 06月 20日
タイムシロップ、レモンサワー
先日のミント・コーディアルが子供たちに大変好評だったので、他にも夏のドリンクを幾つか作ってみた。

e0134713_2214932.jpg

レモンサワーの作り方:
●皮を剥いて厚めの輪切りにしたレモンと氷砂糖を瓶の中に代わる代わる入れて重ねて行く。最後に酢を注いで、密封して保存。
●レモン:氷砂糖:酢=1:1:2くらいか。
●皮の表面の黄色いところは千切りにして入れても良いが、内側の白い部分は入れないこと。苦くなるらしい。
●4日目から飲めるようになる。梅サワーなどと違って、完成が早いのが嬉しい。


e0134713_2232071.jpg
酢とレモンって、酸味で被り過ぎじゃない?と思ったが、4日目に飲んでみたら、レモンの味の方が勝って、すっかりレモンジュースの味わいだった。

ソーダで割ると、お手軽レモンスカッシュだ。


タイムシロップの作り方:
●「タイム + ショウガ + 柚子果汁 + ブラウンシュガー」を煮詰めて作るシロップ。
●喉の薬になるという。ハーブ研究家のベニシア・スタンリー・スミスさんのレシピらしい。


e0134713_21405180.jpg

柚子が無かったので、酸味としてはレモンとハイビスカスを加えてみた。
が、ハイビスカスの真紅のインパクトが強過ぎて、これだとタイム風味のハイビスカスティーって趣きだろうか…。

氷水などで割って飲んでも美味しいが、息子は牛乳で割ってトロリとさせて飲むのが気に入っているようだ。
ミントとはまた違った爽快感で、確かに喉に良さそう。

e0134713_2155684.jpge0134713_21551836.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-06-20 23:25 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)