タグ:ヨモギ ( 2 ) タグの人気記事

2017年 03月 27日
ヨモギハエボシフシ(蓬葉烏帽子付子)、ヨモギ草餅
e0134713_16104384.jpg


娘と土手で蓬摘み。柔らかそうな若芽を選んで摘む。ヨモギらしい良い匂いがする。

e0134713_1611361.jpg

娘が「へえ!ヨモギって赤い花が咲くんだねー」というのでみたら、一部の株に、点々と赤い粒のようなものがついていた。

あ、これは花じゃなくて虫瘤だ。ハチかハエが産卵した跡が膨らんで個室のベッドみたいになってるんだよ、中には小さい芋虫が入ってるはずと教えたら、「それでは一つだけ失礼して……」と、割ってみる娘。ふんふん頷きながら中を覗き見ている。

e0134713_16103968.jpgヨモギの茎や葉に見られるこの赤い瘤は、ヨモギエボシタマバエの産卵跡(ヨモギバ烏帽子フシ)かな。

ポツンポツンと一粒ずつ点在するのが普通のようだが、たまにこんな風に虫コブ同士がくっついて、けっこう大きなコブになっているものも見られた。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

翌日は雨の日曜日。起きるなり、ヨモギ餅を作る。

ヨモギを湯がいていると、台所に良い匂いの湯気が漂って、なにかリラックスした気分になる。
あっ!確かヨモギ蒸しっていうエステがあるんじゃなかったっけ!?と、よく知らないことを寝ぼけ頭でひらめいて、鍋の近くに直立して湯気にあたってみたりする。

それから餅とヨモギをつく。薄暗いキッチンに、ゴッ、ペタ、ゴッ、ペタ、という音が響き渡る。カンボジアの友達からもらったバットのように大きな擂粉木が大活躍だ。音を聞きつけて娘がやってくる。
e0134713_16103733.jpg

つきあがったなめらかな草色の餅を、娘と二人で丸める。

春らしい緑色がミドリガメのアオ−−目下裏庭で冬眠中の亀11才−−を無意識に思い出させたのか、ふと気づいたら手元にミドリガメ型の草餅が一つできあがっていた(嘘)。アオもそろそろ、冬眠明けかもしれないなあ。
e0134713_1610361.jpg

一方、小豆餡があまり好きではない末っ子は、串団子をきな粉でいただくことにしたようだ……と思ってよく見たら、串団子ではなくて芋虫型のお団子だった。うわっ、それもちょっと食品センスとしてどうなんだ!?まさかヨモギエボシタマバエの幼虫なのか!?
e0134713_16103421.jpg

しかし形はともあれ芋虫型であれ、フレッシュな若いヨモギで作った草餅は、爽やかな香りでとっても美味しかったです。
レシピはこちらを参考に、ただしヨモギはフレッシュで:
 木内製粉(株):草もちの作り方

[PR]

by macchi73 | 2017-03-27 07:00 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(2)
2014年 08月 23日
草木染め:ヨモギ
e0134713_1826111.jpg
↑ヨモギ染め:(左)銅媒染/(中)鉄媒染/(右)ミョウバン媒染

週末、家族と温泉に出かけた帰り道の土手沿いにヨモギが沢山生えていたので、少し摘んで帰って、草木染めした。
ヨモギって、摘む時も煮る時も良い香りが強く漂って、気分爽快になる。いいね。

e0134713_18261890.jpgヨモギの葉には、ヒメアカタテハの幼虫が沢山ついていた。見た目は危険な毛虫に見えるけど、刺されたりすることはない。

ヒメアカタテハの蛹って金色でメタリックに光るんだよと娘に話したら、「見たい!」と言う。

きっと10月頃には同じ土手のヨモギの葉裏に沢山の蛹がいるはずだから、探しに行こう。


いつもの草木染めの通り、15分くらいグツグツ葉っぱを煮て、その煮汁で染めた布をミョウバンと鉄で媒染してみたら、明るいきな粉色と綺麗な墨色に発色した。同じヨモギ汁なのに、全然違う色になるのが面白い。

それで更に、灰汁で煮出して銅媒染というのも試してみた。
そしたら、透明感のある青みがかった淡い緑色に染まって、とっても綺麗!!
ヨモギの場合は、灰汁で煮出すと赤みが抑えられて、青みの緑になるようだ。
e0134713_18262353.jpg

あまりに綺麗な色だったので、近所の露店で売っていたベージュのインド綿スカーフも同じ染液に着けてみた。

すると、もともとの染めとの二重染めになったせいか、それとも二番煎じの染液のせいか、さっきのハッとするような綺麗な緑色とはまた違う色味(黄みの強い黄緑色)に染め上がったけど、これはこれで柔らかい色で、肌になじんで良い感じ。

末っ子から、スカーフ好きなおばあちゃんへの誕生祝に送ることにする。
e0134713_18262627.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-08-23 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(0)