タグ:ヤマイモ ( 4 ) タグの人気記事

2010年 11月 21日
ヤマイモ(山芋、自然薯)
e0134713_2017213.jpg
友人に誘われて登山&山芋堀り。
ま、山芋ならウチの庭にも生えてるけどね〜(掘ったことはないけど)、なんて思いながら気軽に参加した。

ところが、集合してみると、やたら気合いの入った道具を持っている人々。
え?庭仕事用のスコップじゃ駄目だったかな?と怯んだら……やはり、ダメだった。

ムカゴのついた蔓を目印に、太い蔓を探したら、あとは根元をひたすら掘るのみ。
末っ子が丸ごと埋まるくらい深く掘って、やっと一本収穫。なんという重労働。
スコップではとてもそんなに深く掘れません。しかもポキポキ折れるしね。

結局、苦行の気持ちで一日掘って、末っ子のポッケに入るくらいの小物を収穫できただけだった。
大物を得意気にぶらさげて、のっしりのっしり歩く友人たちが羨ましい。

e0134713_20204213.jpge0134713_20223221.jpg

あからさまにションボリしていたら、優しい彼女が収穫物を譲ってくれた。
そして、皆で我が家で遅い夜ご飯。

e0134713_20351529.jpgまずは大量の芋を綺麗に洗い、表面処理し、カンボジアの友人がくれた深い木鉢で、交替しながらゴチゴチと叩き潰す。手がかゆいと、子供たち大騒ぎ。

うへー、天然物の山芋って粘度が凄いんだな。ネットリモッチリ、美味しそう。
そのままで搗きたての餅みたいなので、一部は試しに海苔で巻いて焼いてみた。
お、モチモチして、ホントのお餅みたい。

そして残りは、具無しの味噌汁で溶いて麦飯にぶっかける。おかずは刺身。そして熱燗。
さすが自然薯。大変な旨味だ。大地の滋養たっぷりって感じ。

こんなに美味しいんだったら、うちの山芋も雑草扱いしないで、ちゃんと栽培してみようかな。
庭植えの場合、種芋をパイプ等の中に植えると真っ直ぐ伸びて掘り易いらしい。
[PR]

by macchi73 | 2010-11-21 20:16 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2009年 09月 15日
ヤマイモむかごのバターいため
園芸好きの近所のおばさんが、ウチの庭に繁っている葉を見て「それ山芋の葉っぱじゃない。今の時期、ムカゴおいしいわよ」と教えてくれたので、よく見るとムカゴが沢山ついているではないか。気付かなかった。

触るとポロポロ落ちて来るので、お皿で受けて収穫した。
大きさにばらつきがあるが、とりあえず料理してみるか。

オーソドックスにムカゴご飯にしようかと考えたが、ヤマイモにそっくりなオニドコロという毒草があるらしいので、家族全員で食べるご飯ものはよしておこう・・・と、弱気な姿勢でバターいためを作ってみた。

e0134713_19204098.jpg

ホクホクしつつねっとりとしたこの食感・・・美味しいじゃん!
ぱくっと一つ、つまみ食いした娘も「美味しい!」。
あとは一晩寝て、お腹こわしていませんように。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-15 18:22 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2009年 09月 13日
ヤマイモとオニドコロの見分け方
e0134713_19284375.jpg庭にいつの間にか生えていたヤマイモにムカゴが沢山できている。嬉しい。

しかし聞けばヤマイモに似た毒草としてオニドコロという草があるらしい。
本当にこれはヤマイモだろうか・・・。
食べても平気だろうか・・・。
自分で植えた訳では無いだけに、疑念が晴れない。

そこでヤマイモとオニドコロの見分け方を、webと図鑑で詳しく調べてみることにした。

●山芋と鬼野老の見分け方:
(1) 山芋にはムカゴができるが、オニドコロにはムカゴはできない。
(2) 山芋の葉は細長めで、オニドコロの葉は丸め。
(3) 山芋の葉を透かすと横に走る細かい葉脈がはっきり見えるが、オニドコロの葉を透かしても見えない。
(4) 山芋の葉は対生で、オニドコロの葉は互生。
(5) 山芋とオニドコロでは、蔓の巻き方が逆。


(1)が正しければ、ムカゴができてる時点で、うちのはオニドコロではないな。
ヤマイモのムカゴに似たものができるニガガシュウという植物もあるようだが、そちらのムカゴは苦くてとても食べられたものではないらしい。
なので、生のまま一粒だけシャクっと齧ってみた。美味しいじゃん。よし、これはニガガシュウではない。

(2)は比較した話だからな・・・。ヤマイモに詳しくない身ではよく分からない。
(5)は、右・左を逆に記述しているものがあったので、どれが正しいのか判断できず。
(3)も試してみたが、細かい葉脈は見えるものの、はっきりかどうかというと・・・うーん。自信ないなー。

e0134713_19152187.jpg

(4)については、ムカゴが出ているような部分については確かに対生(一箇所からペアになるように葉柄が出ている)だった。
ただし、地上から出ている最初の蔓に関しては互生だった。
あれ?オニドコロとヤマイモが混ざって生えてんの?なんて慌てたが、よくよくwebを調べると、ヤマイモも最初の蔓の葉は互生で、そこから枝分かれした蔓から対生になってるっぽい。
蔓植物全般に、最初の蔓は物に絡み付きやすいように互生であるものが多いということらしい。

e0134713_1916551.jpg

結局、ひとつ食べてみた感じがまろやかで刺激がなかったことと、(1)(4)がハッキリと山芋の特徴だったので、これは山芋で間違いないと思う。良かった。
でも念のため、子供たちにはまだあげない。
[PR]

by macchi73 | 2009-09-13 20:09 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2009年 04月 27日
ヤマイモ?
e0134713_17323672.jpg

春になると蔓を伸ばしてくる、ピカピカのハート形の葉っぱ。
若い蔓の色が赤味がかって艶があるのがヤブカラシによく似ているので、なんとなくそれ系の雑草だろうと思って草刈りの対象にしていたが・・・。

本日、引っこ抜いた先に、丸々した芋状のものがついているのを発見。
潰してみたら、シャクリと割れて、真っ白な中身が見えた。
その粒子の感じと言い、ネバネバした感じと言い、これは山芋?

早速調べてみたところ、ヤマイモだとすると、秋にはムカゴが収穫できるらしい。
まだ蔓も短くて葉っぱも一枚出ているかどうかなので同定できないが、とりあえず庭中からそれらしきものを10株ほど集めて、二箇所にまとめて植え付けてみた。
これまでブチブチ引きちぎって抜いていたので気付かなかったが、丁寧に辿っていくと、どれも小さな芋状のものに繋がっている!
成長過程を観察して、もしもヤマイモだったらメッケものだ。ふっふ。

2009/5/17
宙を舞うこの太い蔓は何だ!?
辿っていったら、ヤマイモだった。
引きちぎってみたら、水気が多くネバネバした樹液を出す。宇宙人っぽい。

びょんびょん暴れていて邪魔なので生垣の中に適当に押し込めておいた。

e0134713_2254079.jpg

2009/9/15
ムカゴが沢山ついていたので収穫。おいしそー。

e0134713_19175974.jpg

しかしヤマイモとそっくりなオニドコロという毒草があると知り、「やっぱ食べるのよそう・・・」なんてブルーになるが、オニドコロにはムカゴがつかないというので、やっぱりヤマイモかなあ。悩ましい。

毒見として、ムカゴを生で一つ食べてみる。うん、癖が無くて美味しい。
ってことは、ヤマイモのムカゴに似たニガガシュウでもない訳だな。
とりあえずちょっと料理して最初は大人だけ食べてみて、大丈夫だったら次は子供にも食べさせることにしようかな。
[PR]

by macchi73 | 2009-04-27 17:43 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)