「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ミント ( 12 ) タグの人気記事

2016年 08月 22日
ミントのシフォンケーキ
e0134713_23121591.jpg

あまりにも雨ザーザーなんで、休日出勤はやめた。(←適当……)
持ち帰り仕事が多くなっちゃうのは問題なんだけど、まあほぼ作文だから家でやろ。

それで、お盆休みに親戚で集まった時に教えてもらったレシピでシフォンケーキを焼くことにした。
シフォンケーキは失敗ばかりという話を前にしたら、親切にも、失敗知らずのレシピを持ってきてくれたのだった。感謝。なので、今回は教えてもらったコツをきっちり守り、レシピ原理主義でやろうと心に決める。

しかし冒頭から、卵白6個・卵黄5個というチャレンジングな材料リストに衝撃を受け、「主よ、なら卵黄も6個にしちゃって問題ないですよね……?」と心がぐらつく。だけど、今回はきっちり正確にやるのだ!私にはいつもそれが足りないのだ!と思い直し、余った卵黄1個はその場でパクッと食べてレシピを死守。これでよし!と思って顔を上げたら、夫がメチャクチャ引いていた。

まあそれは良いとして。
結果、とっても上手にできた。すごいしっとり、ふんわり、きめ細かい!
e0134713_23121225.jpg

子どもに(豪雨の)庭でアップルミントを摘んできてもらい、遊びに来てたお友達も一緒にケーキとお茶にする。「すごく美味しい!」と、全員一致で頷いて、こりゃ会心の出来だ、満足だ……と思ったら。

テーブルの上にポツンと残っているベーキングパウダーの袋を見て、入れ忘れてたことに気づいた。うわっ。

でもまあ結果オーライ。
重要なのは、ベーキングパウダーの有無ではなく(←適当……)、教えてもらった「メレンゲは容赦なくしっかり泡立てること」「粉を混ぜる時には『グルテン生成』と唱えつつ、いままでよりしっかり混ぜること」というポイントだったっぽい。

苦手だったシフォンケーキだが、何かコツをつかんだような、今後はイケるような気に満ち満ちている。もらったレシピにはハーブや果物のシフォンケーキへのアレンジも載ってたから、明日からは他のも試してみようっと!
[PR]

by macchi73 | 2016-08-22 07:00 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2016年 05月 14日
庭のベリーのフレーバードウォーター
e0134713_0591688.jpg

庭に蔓延ったプチルビーが熟して、果実を落とし始めた。
ラズベリーって、いつも気づくと熟しすぎて落果が始まってるんだよなー。急いで収穫しないとだ。

e0134713_0591379.jpg

それで、娘と一緒に庭をぐるっと回ったら、ボウルいっぱいのベリーが収穫できた。
庭のベリー類って香りはとっても良いんだけど、お店で売られている果物のような味ではないので、ボウルいっぱいを喜んで生食するって気にはならず、どうしても大半は加工用となってしまう。さーて、何作ろうかな。

で、思い出したのが、この間、ローズウォーターを作ろうと検索していて見つけた「デトックス・ウォーター」なるもの。レシピ本をAmazonで立ち読みしたら、ちょうど我が家にも似た様な材料が揃っている「いちご+パイナップル+スペアミント」という組あわせが載っていたので、試してみた。イチゴは庭のラズベリーとワイルドストロベリーで、スペアミントは庭に生えてるアップルミントで代用。

『ジャーで楽しむデトックスウォーター』(Sachi)

デトックスとかの流行単語を聞いただけでつい腰が引けてしまう斜に構えた私だが、要は水に果物やハーブ、野菜などをつけて香りづけしたフレーバード・ウォーターのことらしい。

Amazonで調べただけでも何冊もレシピ本が出ており、だいたい「なか見!検索」機能が使えるので、ざっと中を見て、美味しそうな組み合わせのレシピを試してみるだけでも良さそう。



そして、どうもジャーで作るのが流行りっぽい。それで最近、飲み口つきのジャーがよく売ってたのか……。

このビンは何のためにつかうモノなんだろう?とちょっと疑問だったのが、やっと分かってスッキリした。



で、冷蔵庫に入れておいたら、大学生が、この水おいしい、今度からサークルに持って行く水筒にコレ入れて行きたいとか言う。

おお。なんか嬉しい。じゃあいつでも自分で作ると良いよ、ミントは庭のそこに、ベリーはそこに、薔薇とローズゼラニウムはそこに生えてるからね、と得意になって作り方を伝授する。ふふふ。人に植栽を説明するのは、庭の醍醐味だ(あまり機会は無いが……)。
e0134713_1344434.jpg

そんなこんなで私が台所や庭でガタガタやっている間、末っ子もラズベリーを使って何かせっせと隣の部屋でままごとっぽいことをやっている……と思ったら、iPadで写真をとってパラパラアニメを作っていた。

ストーリーは、骸骨がラズベリーを一粒たべたら右の眼球ができて、もう一粒たべたら左の眼球ができて(どっちもラズベリーの粒)、目がよく見えるようになったので外の世界に旅に出ていくというもの。ちょっと面白かった。

e0134713_1344741.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最近ファンタジーとか冒険モノが好きなんだよね、何か良い本ない?という末っ子にオススメした本。

『旅のラゴス』(筒井康隆)

主人公ラゴスが旅して通り過ぎて行く国ごとの短編が連なるような章立てなので、小学生でも飽きずに読み易いと思う。

この世界が一回壊れてしまった後の話なのかな?と匂わせる構成は同じく筒井の『驚愕の曠野』(←とても好き!)にも似てるけど、あっちが荒んで恐ろしい叙情的な世界だったのに対して、ラゴスの世界はなんとなく牧歌的で叙事詩的な感じ。

主人公が淡々としたおっさんなので、ストーリーに盛り上がりはそんなに無い。だけどパートナーのスカシウマって一体どんな生物なのかとか、途中で絵描きを殺して行方不明になった男の背景の物語は何だったのかとか、いろいろと想像の余地がある世界で、ファンタジー好きなら空想の種に良さそうに思う。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-14 23:55 | 書籍・CD | Comments(0)
2014年 07月 01日
ミントシロップの作り方
e0134713_23155015.jpg

【ミントシロップの作り方】

(1)ミントをザル一杯摘んで、よく洗って水を切っておく。
(2)水に多めの砂糖を入れ、鍋で煮溶かす(水:砂糖=1:1くらい)。
(3)アクセントとして、レモン汁または洋酒をほんのちょっとだけ振り入れる(今回はブランデー)。
(4)沸騰して少ししたら火を止めて、(1)のミントを適当にちぎって投入し、蓋をして10分くらい蒸らす。
(5)コーヒーフィルターかガーゼで(4)を漉し、煮沸消毒した瓶に保存する。


* * * * * * * * * * * * * * * * *

連日の雨を受けて、アップルミントの薮が勢力を拡大してきたので、ワッシと刈り込んでミントシロップにした。

草花でシロップを作る時に共通するコツは、鍋でグツグツ煮込まないことっぽいと最近知った。
沸騰した砂糖液に漬けて余熱で蒸らすくらいでちょうど良い。

できあがったミントシロップは、薄い緑色でいかにも涼しげ。
普段は炭酸水で割ったりロックで飲んだりするんだけど、今回は末っ子の思いつきでかき氷のシロップにすることにした。戸棚の奥からいつものかき氷機を引っ張りだして、今年最初のかき氷を作る。

そしたら美味しい!
冷たい氷と、スーッとした甘さが良い感じ。これは夏の定番になりそうだ。
これからミントの薮はぐんぐん伸びる。
e0134713_23154841.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-07-01 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2014年 05月 13日
庭の草花の砂糖漬け
e0134713_15463494.jpg

あのねー、ピノコは毎朝花をガムみたいに食べながら学校に行ってるんだー、と末っ子が得意気に教えてくれた。
前にエディブルフラワーの物語を読んで、庭の食用可能な花を学習してから、ずっとそうしているそうだ。

「そして通学路で友達に話しかけられたら口の奥に収納してお喋りしている」とか言う。
それって美味しいの?と聞いたら、「ううん、味は無い」と答える。……味が無いのに食べてるのか。

どうせなら美味しい花にしてやろうと思って、花の砂糖漬けを作ってみた。
作り方は簡単。よく溶いた卵白を食べられる草花に塗って、グラニュー糖をまぶして乾かすだけ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【草花の砂糖漬けの作り方】
(1) 食べられる草花を良く洗ってから、キッチンペーパーで水気を拭き取る。
(2) 卵白をよく溶いてサラサラの状態にしてから、刷毛で(1)に塗る。
(3) 卵白を塗った草花にグラニュー糖をまぶし、クッキングペーパーの上に並べて乾かす。
(4) 一晩くらい置いて、しっかり固まったら完成!完全に乾いた砂糖漬けは日持ちもするようだ。

e0134713_1546428.png

作る前は、単に甘いだけの砂糖菓子になるのかなと予想していたが、出来上がったらちゃんとそれぞれの草花の味がして美味しいものだった。サクサクっと食べると、甘味と草花の香りが広がる。

作り方のコツは、卵白も砂糖も薄付きにして、あまりモッタリさせないこと。甘い香りの草花が向いているようだ。

今回作った砂糖漬けの結果は次の通り:

●アップルミント:一番人気。文句無しに美味しい!
●バラ:香りの良い品種を使ったら、いかにもバラのお菓子という味。美味。
●ラズベリー:美味しいが、もともと甘いので砂糖漬けにする必要性は低い。
●金蓮花:薄い花びらなので砂糖の味しかしなかった。ただし鮮やかな花色で綺麗。
●インパチェンス:味はあまりないが、肉厚の瑞々しい食感が良い。
●矢車菊:花弁が小さいので砂糖漬けしないでそのまま飾りに使う方が見栄えが良い。
●カモミール:花が小さいせいか、香りが消えて砂糖の味だけになった。
●都忘れ:菊特有の苦みで、砂糖漬けに不向き。見た目は綺麗。
●ローズゼラニウム:焼き菓子ではあんなに美味しいローズゼラニウムが意外に地味な仕上がりだった。砂糖味。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

e0134713_15463616.jpg

出来上がった砂糖漬けは、娘と一緒にケーキに飾ってみた。
庭のバラで作った薔薇ジュースと一緒におやつにした。庭づくし。
e0134713_15465017.png

ちなみに、ケーキは手作りではない(手抜き)。
近所のケーキ屋さんのバタークリームロールケーキを買って来て、周りにコアントロー入り生クリームを塗っただけ。

それでも十分美味しかったけど、花の砂糖漬けの繊細な味を楽しむには、フワフワの手作りシフォンケーキとかだと更に良さそうだ。
e0134713_15463985.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-05-13 23:15 | 庭料理 | Comments(2)
2012年 06月 26日
爽やかオレンジゼリー
e0134713_21164852.jpg

ここ最近の寒さで発熱。頭がガンガンする。
いま佳境の打ち合わせ(午前中)だけは出ようと思い、今日は午後早目に帰って来るよと宣言して玄関に向かう。
じゃあさ、日曜日にできなかったゼリー今日一緒に作ってくれる?オレンジ買って来てくれる?と娘が言うので、オーケーオーケーそうしましょ、と安請け合いして出かけた。

が、出勤してバタバタしているうちに熱は下がった感じ。というより、体調良い。
しかも取引先から電話が続く。気付いたらもう夕方だった。

一応、頼まれていたオレンジを買っては帰る。
ゼリーできなくてごめんねと謝ったら、「いまからやれば良いじゃない?」と言う。
「お、いまからやっちゃう?」「おう、いまからやっちゃおう!」ということになり、娘が「これをやりたいんだよね」と持ってきたレシピを見ながらのゼリー作りとなった。

e0134713_21165356.jpg

トップには庭からミントを摘んで飾る。
7時を過ぎてもまだ明るい。なんか日が長くなったなー。

ゼリーが固まる前に寝る時間になっちゃったから、食べるのは明日にする。
明日は朝からデザート付きかー。

* * * * * * * * * *


『げんきの図鑑』(小学館の図鑑)

オレンジゼリーのレシピはこの本の「げんきおやつをつくろう」から。

ページを開くと、かけっこなどのスポーツのコツ、健康的な生活ルール、子どもでもできる料理などの説明が沢山載っており、説明パートの後に「やってみよう!」というのが基本的な流れ。関連する読み物なんかも載ってる。

本屋さんで末っ子におねだりされて買った。
正直イラストが魅力的でない気がして、私としては余り気が進まなかったが、買ってみたら、末っ子が毎日熱心に読むこと!色々と学んでは実地に試している。

が、
  • 「あさごはんをつくろう」....はやおきして家族につくってあげましょう(=火を使わないレシピ)とか、
  • 「おとなをげんきにしよう」.....いっしょうけんめいにはたらいていると、大人はつかれてしまうことがあります(=ツボマッサージ)とか、

親にとって妙に魅力的な部分が散見される。
これは親ウケを狙ってんのか? ありがたいことです。恩恵をこうむってます。

[PR]

by macchi73 | 2012-06-26 22:30 | 書籍・CD | Comments(4)
2010年 06月 26日
サマープディング(小)
e0134713_118786.jpg

昨日のサマープディングがあまりにも好みの味だったので、本日も朝食はサマープディング。
今回は小さいものを人数分作ってみた。

作り方はサマープディング(大)と同じ。
型はボウルではなくコーヒーカップを使った。

今回は、汁を多めにして全体にたっぷり含ませるようにした。
一回目に作った時は、ブヨブヨしちゃうかなーと思って汁気控えめにしたんだが、一晩冷やすと果汁は良い具合に固まるということが分かったので。

e0134713_11241184.jpg

最後に少しだけ残しておいたベリーソースをかけて、ミントとクリームを添える。

このプディングはとにかくミントが合う。
ペパーミントじゃなく、甘いアップルミントの方が良いと思う。
中の果実は、できるだけ煮崩さないで丸いままのものをギュウギュウ詰めにした方が、食べる時にブリッ、ジュワッと飛び出してきて美味しい。

e0134713_1116055.jpge0134713_11161288.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-06-26 11:31 | 庭料理 | Comments(0)
2010年 06月 17日
ミント・コーディアル
ハーブコーディアルの作り方:
●沸騰したお湯にハーブをたっぷり投入し、5分弱に煮て、通常より濃いハーブティーを作る。
●ハーブティーに使われるハーブなら何でも作れそう。お好みで、煮出す時にショウガやハイビスカスなんかを加えても美味しい。
●ハーブを取り出して、たっぷりの砂糖または蜂蜜を加える。4,5倍に割って飲んで丁度良いくらいを目安に。
●最後にペクチンかレモン汁(または柚子汁などでも良し)を加える。
●こし器でこしながら、熱湯消毒した密閉容器に詰めて完成。
●冷蔵庫で一週間くらい保存できる。
●氷水やソーダ、お酒で4,5倍に割って飲む。


裏庭のペパーミントと菜園周りのアップルミントが、うじゃうじゃと薮になって凄いことになっている。
このままでは梅雨明けには薮蚊の巣になることが目に見えているので、今からザクザク刈って利用して行くことにした。

と言う事で、本日作ったのはミント・コーディアル。
まずは鍋一杯にミントを摘んで来て刻み、沸騰させたお湯で4,5分煮る。

e0134713_22324719.jpg

ぐつぐつやってる最中に、「なんか良い匂いする〜」と寄ってきた長女が、煮えたミントをつまみ食いして「ガムみたいな味だね」とニコニコしていた。
ええ?美味しいの!?と、つられて試してみたら、マズい!

ミントのお浸しはマズい!!

と言うことで、煮えたミントは茶こしで取り出し、抽出液に砂糖を加えてよく煮溶かす。

e0134713_22404346.jpg
今回は、ショウガを漬け込んだ蜂蜜があったので、砂糖の替わりに使ってみた。
蜂蜜とミントの香りが絶妙かも!


蜂蜜(または砂糖)が良い感じに溶けたら、レモンの絞り汁をジュワッと加えて出来上がり。
濾して密閉容器に入れておけば、冷蔵庫で1週間くらい保存できる。濃厚なので、飲む時は希釈して。

早速、子供たちは水割りで、大人たちはジン割りで飲んでみた。
喉のあたりがスーッとして、夏の味だ。
薄黄緑色の見た目も涼し気。

e0134713_22461795.jpg

おかわりしてスイスイ飲まれていたので、消費は早そう。
庭のミントの薮が無くなるのも、案外すぐかもしれないな。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-17 22:23 | 庭料理 | Comments(4)
2009年 09月 26日
ペニーロイヤルミント
久しぶりに暗い薮の奥まで踏み込んで草刈りをしてみたら、色んな場所で、鎌を振るう度にミントの香りがする。
よくよく見たら、ペニーロイヤルミントが広がっていた。
そう言えば3年前位に植え付けて、それから時々適当に株分け(というか、毟って日陰に捨て置いておく)していたような・・・。

長ーく茎を這わせて、かなり広い面積を覆っているようだ。
茎をつかんで引っこ抜くと、ザザザーっと四方八方の地面が持ち上がる。
ただし、日陰では徒長気味なので、びっしり地面を葉っぱが覆うという感じではなく、もっと目が粗い感じ。

成分がキツ過ぎて、食用にはあまり使わないそうだ。
草刈りの時、強烈に爽やかな香りがするのは、とても良い。

e0134713_12533329.jpg

[PR]

by macchi73 | 2009-09-26 20:04 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(0)
2009年 05月 17日
アップルゼラニウムのゼリー
e0134713_111090.jpg

先日のスコーンが美味しかったので、今度はゼリーに挑戦。

アップルゼラニウムとローズゼラニウムの葉っぱを摘んで濃い目のお茶にし、りんご果汁とハチミツと合わせてゼリーを作った。
後味の爽やかな香りが、子供たちにも好評!

ゼラチンは少なめでゆるゆるの食感にしたので、大皿から小皿にすくって食べる。
トップに飾ったのは庭のペパーミント。
[PR]

by macchi73 | 2009-05-17 01:11 | 庭料理 | Comments(0)
2008年 12月 10日
ペパーミント
e0134713_135537.jpg

歯磨き粉のような、トニックのような、非常にスッキリした香りのミント。

葉は尖っていて細く、やや固め。
食用にする場合は、私はもっと甘味のあるアップルミントやスペアミントの方が好きだな。
夏のドリンク・入浴剤には良いと思う。

すごい勢いで繁る。
また、背丈も高くなりやすいので、鉢植えなどでしばしば摘心した方が良さそうだ。

e0134713_1395114.jpg
夏には花が咲く。
よく分岐するタイプのミントだ。
[PR]

by macchi73 | 2008-12-10 18:38 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)