「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ミドリガメ ( 39 ) タグの人気記事

2016年 04月 12日
水温む
e0134713_019594.jpg
暖かくなったと思ったら、いきなり寒い。
でも、庭の水生生物の動きは活発化してきていて、やっぱり春なのかと感じる。

金魚鉢のぞいて、子供が「なんかちっちゃいの泳いでたよ〜!」という。金魚かメダカが孵化したのかな?と思ったが、探しても見つからず、揺れる水面の見間違いだったっぽい。ただし、チビだった金魚たちはしばらく見ないうちにだいぶ大きくなっていた。鉢には水生植物がいろいろと根付いているせいで微生物なんかも発生しているのか、あまり餌をあげなくても勝手に何か食べてどんどん大きくなっているようだ。

卵から孵化したオタマジャクシたちも、着々と大きくなっている。
こちらの容器にはまだ水草など入れてないので、餌はメダカの餌をあげたりしている。が、オタマジャクシの飼育サイトを見ると、ほうれん草の煮たのを刻んであげると良いってよく書かれてるんだよな……。なら、裏庭に茂りまくったムラサキハナナを茹でて刻んであげたらどうだろう?ホウレンソウと味も食感も似てたし、試してみるか。なにせ、メチャクチャいっぱい生えてるからな。

で、裏庭のアオの池の様子も見に行ってみる。
e0134713_0195694.jpg
人が寄ると、昔は物陰に逃げてたものだったけど、今はむしろスイーっと寄ってくる。これはもしかして懐いてるのか?亀なりの愛想なのか?

犬みたいに尻尾振ったり、猫みたいに喉ならしたりすれば可愛いのになあ!……って、無表情の爬虫類に望んでも無理な話か。
e0134713_0195580.jpg
心なしかこちらに首を伸ばし、期待に満ちた目をしている気がするので、地面に生えていたムラサキハナナを与えてみた。そしたらとたんに目から期待の光が消えたのが分かった。

どうもうちのアオは野菜はあまり好きではないようだ。

e0134713_0195375.jpg
「ほら、美味しい紫花菜をたべなさい」


……ソッポ向かれた。

ちっ、つれないやつ。

さらにムカッと来ることには、娘や夫からだと紫花菜を食べるらしい。

なんで私に対しては肉食姿勢なんだ!!くそう!
が、好物の乾燥エビを取り出したら、再び目に光が宿る。そして、パクッと食べて、嬉しそうに(?)鼻提灯まで出し、こっちをみてニヤッとしてみせる。

すごい、いつのまにそんな表情をできるようになったんだ……顔が硬い亀のくせに……。
e0134713_0195164.jpg
亀の育て方を見ると、年をとるに従ってミドリガメは野菜を好む様になるはずなんだけど、それも個体差があるのか?

亀の池の周りに茂りまくった紫花菜が好物になってくれれば、裏庭は、好き放題、食べ放題のパラダイスなのに。残念。
e0134713_0194653.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-04-12 06:00 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(3)
2016年 04月 03日
亀の放牧
e0134713_2243375.jpg

植えっぱなしのチューリップが咲き始めてた。
気づいたら、あちこちでいろんな花が咲き始めて、庭に色が増えている。
e0134713_2243563.jpg

それで、もう完全に春なんだなーと思って、冬眠から目覚めていたミドリガメのアオを裏庭のプールに戻した。これからまた、放牧生活でよろしく。
e0134713_2243750.jpg
e0134713_22105575.jpg

冬眠明けの姿をジッと見てると、目があって、こっちに泳いできて水面に顔を出したりする。なんだか段々、爬虫類といえども、懐いてきたというか認識されて来た気がするんだよな……。ま、「餌よこせよ」って言ってるだけかもしれないが。


[PR]

by macchi73 | 2016-04-03 23:55 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(2)
2015年 12月 29日
冬の剪定、天地返し、生き物たち
e0134713_1464922.jpg

夏からずっと野放図に茂りっぱなしだった庭のアレコレを、コンパクトに刈り込んだ。

梅の木は、やっとコツがつかめてきた。
花芽が膨らんでる枝はそのままにするようにしながら、去年の枝先から3本の新枝がニョキっと伸びてる場所では、2本は根元から間引き、1本は1/3くらいに切り戻す。枝先以外からニョッキリ伸びてしまった長い枝は、根元から切ってしまう。あとは、枯れ込んだ枝や、内側に伸びている煩い枝を適当に間引けばOK。来年も沢山、花が咲きそうだ。

草花類は、もう葉っぱが疲れてきているものが多いので、基本的にバッサバッサと地際で刈り込んで行く。春にはまた新しい綺麗な葉っぱを出すだろう。

でもお母さん、そんなに何もかもザクザク刈り込んで、冬眠中の虫とかカナヘビとか困るんじゃ……?と家族たちが心配そうに言うので(雑な母、その方面の信頼なし)、何かいそうなところは、慎重派の家族たちに頼む。そして、刈り取った葉や枝は、全部は捨てずに、幾らか庭隅に積んでおいたりする。
e0134713_1464772.jpg

庭の表面が雑草で凄いことになっているので、ちょっと早いけど、庭土の天地返しもした。
天地返しには、土壌の病原菌や害虫駆除の意図があるようだが、私の場合は単に、土を深く掘り返してひっくり返すことで地表の雑草を土中に埋めてしまい、根を寒気に晒して生長を抑制しようという意図。

実際、どれだけ雑草抑制効果があるかは、あまり自信はない(結局、毎年雑草は生えてくるし)。
だけど、地面をいったん掘り返して黒一色に均すと、景色が真っさらになるので、掘り返した色んな植物の株たちの配置をどうしようかなーとか、来年の庭のイメージを描きやすくなるメリットはある。

で、地面を大きなシャベルで深く掘り返していると、土中や草陰から、ミミズや虫なんかがもぞもぞ出てくる。ごめん、ごめん。
e0134713_1464347.jpg

e0134713_1464597.jpg

土の中から、とても瑞々しい芋虫が出てきたりもする。
見た感じ、透明感があって弾力があって生き生きしてるのに、いくら触っても全く動かない。これは冬眠してんのかな?それとも蜂の貯蔵餌だったりするのかな?

一応、ほとんどのものは、もといた場所にそっと戻しておく。
e0134713_1214771.jpg

しかし、何度も植物を枯らされたことのあるコガネムシやカミキリムシの幼虫には、なにか寛大になれないのであった……。掘り返しても、元の住処には戻さずにまとめて地表にポイっと置いておくという粗末な扱い。自分で戻るかもしれないし、その前に小鳥に食べられるかもしれない。天命を待つのだ……とか言いつつ、付近のバードバスに新しい水を入れて天敵の小鳥たちを誘ったりする。
e0134713_121471.jpg

壁や庭の道具類も掃除したら、ポツポツとヤモリの卵やセミの抜け殻がくっついている。窓や網戸には、カメムシの卵や蝶の蛹の跡。たまに庭隅から小鳥の卵も出てきたりする。今年も庭から、色々そだっていったんだなー。
e0134713_12101534.jpg

金魚とメダカの屋外越冬は初めて。
底まで凍ったりしなければ大丈夫そうなので、そのまま日当たりに置いておくことにする。
今のところ全員元気そう。金魚が4匹、メダカが5匹かな?いつの間にか、ずいぶん大きくなりました。
e0134713_1463590.jpg

最後に、冬眠中の亀プールを納屋の日陰(気温変動が少ないから)に設置して、蓋をして暗くする。
今年は暖冬だったんで、寝たり起きたり、ずっと亀庭で好きに過ごしててもらったけど、今日からは本格冬眠だ。
やや強制的な感じでちょっと申し訳ない気もするが、小さい子供だって、時間がきたら部屋を暗くして寝かしつけるしな……。ぐっすり眠って、また来年会いましょう。
e0134713_1463323.jpg
「ワタシ、小さい子じゃないわよ!アナタにはリスペクトが足りないわ!」と、いつものように怒ってみせる気力はないアオ。暖冬とは言え、変温動物はもうそろそろ眠い時期。

[PR]

by macchi73 | 2015-12-29 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2015年 03月 01日
雨水、啓蟄
e0134713_19101721.jpg

2月末日、家族全員連れて実家の葬儀に出たら、なぜか霊前でチンチロリンが始まる。大声の飛び交う真剣勝負の中、我が末っ子が大勝して小遣いを倍増させていた。おそらく亡き父が賽の出目に細工してくれたんだろうとか思う。

金曜の深夜バスで行き、土曜の深夜バスで戻るというハードスケジュールだったので、朝、全員ヨレヨレで自宅に戻る。気づけば日付はもう3月。門をあけたら、庭で黄色い福寿草がポカッと咲いてた。

毎年同じことを書いているが、この花を見ると、庭に春が来たなーとしみじみ思う。
庭の新しい一年の始まりだ。

昼からは雨。
底冷えはなくなって、ほんのり暖かい雨という感じ。
そういえば、今は二十四節気の雨水くらいで、週末は啓蟄になるようだ。

wikipediaによれば、雨水とは、雨が降って土が湿り気を含み始め、草木が芽吹き始める時期だという。
そう思って庭を見ると、本当だ、いろいろと芽吹いている。
e0134713_19105250.png

そして啓蟄とは、大地が温まり冬眠をしていた虫が穴から出てくる時期だ。
ちょっと気になって、我が家の冬眠者を確認したら、モゾモゾ動き始めていた。

おおー。暦通り、週末には陽気地中にうごき、ちぢまる亀、穴をひらき出ることになるか?

e0134713_19113552.jpgもぞもぞと葉っぱが動いている。

どこだか分かるかな?

e0134713_19121685.jpgまだちょっと寝ぼけ気味っぽいけど、おはよう、また会えて嬉しいです。

今年も一年、楽しくやろう。


[PR]

by macchi73 | 2015-03-01 19:25 | 出来事・その他 | Comments(4)
2014年 12月 14日
ミドリガメの冬眠
e0134713_1343931.jpg

夜。アオを冬眠させるため、近所の遊歩道まで高校生とイチョウの葉を集めに行く。

冬眠ベッドは庭の枯葉でも良いんだけど、なんか毎春、全身に渋みたいな汚れがこびりつくんだよなー。
それでこの間読んだ『トンプソン博士の英国流ガーデニング』のことを思い出し、もしかしてあの汚れって枯葉のタンニンのせいかもな……なんて、ふと思い。今年は、タンニンやアントシアニンの含まれていないと思われる真黄色のイチョウの葉のベッドにしてみることにした。そう言えば、理由は分からないが星野 一三雄氏の記事でも、ミドリガメの冬眠にはイチョウの葉が良いとか書かれていたし。

で、みんなでビニール手袋をして、夜道でザクザク落ち葉をかき集めて袋に入れる。
帽子やコートで身を包み、ちょっと盗賊団っぽい。
うー寒い。冬の夜は寒い。こんな時期まで冬眠させてなくて、アオには悪いことしたか。

大きくなったミドリガメは寒さにもけっこう強くて今の時期でもお日様があたれば昼間はまだ活動しているが、寒い中であまり活動させておくと秋までに蓄えた栄養をじわじわと使い尽くしてしまうから、本当は10〜15度くらいで冬眠させちゃうのが良いらしい。

ちなみにあんまり寒い時にはミドリガメは勝手に土に潜って眠ってしまう。
が、地中での冬眠だと春までに干からびたり凍ったりすることもあるらしいので、念のため、うちでは毎年枯葉ベッドで冬眠させている。日差しで水が温まると途中で何回も起きてしまうので、ベッドは寒暖差が少ない納屋の隅に置く。

今年のベッドは、カロチンいっぱいの黄色いベッド。
ではではまた来春。元気でね。

e0134713_1343192.jpg
夫が昼間、すでに眠そうなアオを投入。写真は撮り忘れ。

「ちょっと!最近全然フィーチャーされてないんだけど!一年の最後くらい写真撮ってよね!」と水中で怒っていそう。ふふ。

来春はシブで汚れてない顔で冬眠明けできますよう。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

霜が降りだした庭の方でも、苗ドームをかけて冬支度。

e0134713_1343441.jpgラディッシュ畑にドームを被せて翌朝みてみたら、ドームの外の土が霜で盛り上がっているのに内側はほとんど平気だった。

これなら真冬の収穫もできそうかな。


[PR]

by macchi73 | 2014-12-14 23:55 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2014年 04月 12日
ミドリガメの鼈甲
e0134713_1144863.jpg

朝夕だけちょっと冷えるけど、お昼は全く暖かい。
裏庭の亀もそろそろ本調子を出すかな?と思って、今日は色々ちょっかいを出した。

e0134713_1144666.jpg

おーい、エサだよ、おいしい無塩ニボシだよ〜!

と呼びつつ、ジェット水流を噴射。

e0134713_114411.jpg
ちょっとやめてくれない!と抗議される。

e0134713_1143865.jpg
なんでよー、シャワーで冬眠の苔を落とそうぜ!と、さらに噴射。

迷惑そうに潜って逃げる。

e0134713_1143512.jpg
なんでー、水遊び、冷たくってこんなに気持ち良いのになあ!とは末っ子。

それは温血動物と冷血動物の違いだね。

e0134713_1143384.jpg
バカじゃないの、相手してらんない。

それと冷血って呼ばないでちょうだい。今は恒温・変温動物って言うのがポリティカル・コレクトなんだからね。

……という風情で泳ぎ去るアオ。なんか今日は素っ気ないなー。


日差しも水温もかなり暖かくなったと思うけど、まだ亀には万全じゃないみたい。
好物の煮干しにも食指を動かさず、始終迷惑そうな様子であった。

でも、時々シャワーを浴びせる嫌がらせをしながらも、120Lの大きなプールを水深たっぷりに満たしたら、スイスイ泳いで気持ち良さそう。そして、泳ぎ去った後には、何やら固いプラ板のようなものが……。

鼈甲だ!!

透明で模様がついてて、ツルツルしてて面白い。
鼈甲って高価な素材なんだよ〜ミドリガメの鼈甲なんて聞いたこともないから稀少かもよ〜(嘘)とか話しつつ、今日の亀いじりはおしまい。

もう少ししたら、朝夕も暖かくなって、また食いしん坊で獰猛な(?)アオが戻って来ますように。
e0134713_1143060.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


亀だけじゃなく、庭では色んな動物が少しずつ活動開始に入ったようだ。
庭仕事をしていたら、ニホントカゲ、カナヘビ、ヤモリを見つけた。
それと最近はムクドリが群れで沢山庭にやってくる。そして菜園を一生懸命つついている……(がーん)。

e0134713_132148.jpg
ヤモリは何だかペタペタしたショッカンだ〜!カナヘビと違うよ〜!と騒ぐ娘。

ショッカンじゃなくてカンショクね。食べないでね。

e0134713_1355088.jpg
金木犀の枝に、ま新しい小鳥の巣を発見。

多分メジロだな。これから育児が見られるのが楽しみ!


[PR]

by macchi73 | 2014-04-12 23:58 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(4)
2013年 09月 09日
雨の週末
e0134713_231589.jpg

ずっと薄暗い週末、一日ぼんやり過ごしてしまう。
カナヘビもいなくなったので、なんとなく暇だ。

仕方ないので(?)久しぶりに裏庭の亀にちょっかい出してみる。
今年の夏はタフ舟を120にサイズアップしたせいで、アオが妙に小さくなったみたいに見える。
錯視による可愛らしさアップ!

e0134713_23182792.png

そして、今年は草刈りしなくても蚊がいないなあ!ちょろいなあ!なんて良い気になっていたんだけど、単に乾いた天候のおかげだったっぽい。9月になってから降り出した雨のせいか、この頃いきなり蚊が増えた。

むー。どうしよう。蚊がいると、我々人間のQOLが低下する。
が、幼いカナヘビにとって蚊は良い餌だし、草薮を刈り込んでしまうとカナヘビたちのQOLは低下する。
人類の快適さのために草刈りすべきか。カナヘビたちのために草刈りはやめておくべきか。悩ましいところ。

うーん。でもやっぱりカナヘビたちのことを思うと、私には草刈りなんてできない……。
人類最大の弱点は、愛か。なんてね。単にぐうたら。

e0134713_22592728.jpg
e0134713_23191337.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

人類最大の弱点つながり。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
e0134713_0364839.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-09-09 00:27 | 書籍・CD | Comments(4)
2013年 07月 24日
亀の別荘
e0134713_227777.jpg

夫が裏庭で呼んでる。
最初、暑いし動くのが億劫だしで無視していたら(ごめん)、いつまでも呼んでる。

で、よっこらしょっと行ってみたら、鬱蒼としていた裏庭が綺麗に草刈りされて、プールが一つ増えていた。
「今度から、アオにはこっちで食事とトイレさせてからいつもの池に戻すシステムにしたよ、どう?」と得意そうだ。
アオ別邸は本宅(本池?)よりだいぶ小さいが、お日様カンカンで日光浴が気持ち良さそう。

そして本宅の池の方には浄水用の炭を入れたりして、なんとなく高級感アップ。いい感じ。
炭の威力は分からないが、食事とトイレが別になれば、こちらの水槽は水替えを1日おきくらいにしても良さそうだ。
e0134713_227146.jpg

このところ、何故か夫の動きが良くなり出し、テキパキした人になりつつある(当社比)。

私がここ数ヶ月体調を崩して家にいることが増えた当初は、日中とにかく気ままにゲームしてるか眠っている夫を見て「猫かよ!」とビックリもし、不安にもなったもんだったけど。最近は、暑いなか庭の草むしりを勢力的にし始めたり、長らくカオス状態だった納屋の片付けしたり、大変ありがたいことです。

ここ何年か、私は仕事等が忙しすぎて呆然としてたけど、夫も誰もいない家で一人だけで過ごす時間が長過ぎてぼーっとしてたのかなーとか思ったり。今後、また二人ともちょっとずつ真ん中に寄せて、健全バランスに戻して行ければと思ったり。
[PR]

by macchi73 | 2013-07-24 22:00 | 出来事・その他 | Comments(0)
2013年 07月 08日
手乗りカナヘビ & 水鉄砲ミドリガメ
e0134713_15264452.jpg

最近、末っ子が下校中に虫を捕まえてくる。
カナコとカナオのための餌だ(1,2週間ほど前に、夫が更に一匹つかまえた……)。
でもカマキリ、カミキリなんかは、ちょっとカナヘビの獲物にはゴツすぎるかなあ。

コオロギも成虫では大き過ぎるようで、なんと食べられずに繁殖までし始めてしまっている。
でもまあ、孵化した子コオロギたちがちょうど良い餌っぽいので、それはそれで良かったか。

ちなみにカナヘビは警戒心がそんなに強くないようだ。
毎日餌入れで人間の手を見慣れたようで、割と平気で接近を許す。
懐いている訳ではないのかもだけど、手の上に乗って目を閉じてジッとしているのを見たりすると、なんか可愛いなあ〜とか思ってしまう。
カナヘビ同士もいつも仲良くつるんでいて、さすが群れでくらす動物だなあって感じ。ちょっと犬っぽい。
e0134713_15264370.jpg

そんなこんなで、なかなか触らせてくれないミドリガメのアオより子供の寵愛を受けつつあるカナヘビたちであった……。

今年は猛暑だと言うし、こりゃアオも室内飼いにして、子供たちの親近感を刺激した方が良いかしらん?とか考えたり(以前の猛暑の時もやってみて結構楽しかった。でもカメ的には人にいじられるのは嫌みたいで、屋外で自由に歩き回ってる方が居心地良さそうに見えたけど)。
e0134713_15264135.jpg
e0134713_15263931.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

人懐っこいカナヘビーズとは違い、人が近づくと「ケッ!」とばかりに水鉄砲を食らわしてくるアオ。愛想が無いタイプだ。でも威嚇しなくなったし、餌だと思えば気のないふりで寄って来たり、実は徐々に馴れてはきていると思う。

末っ子が、「アオはミドリガメだけど、本当の名前は『アカシッピミミガメ』なんだよね」と言っていた。惜しい!ミシシッピアカミミガメです。

e0134713_15402547.jpg
e0134713_15402893.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-07-08 22:32 | 【生物】爬虫類、両生類 | Comments(9)
2013年 03月 20日
花の宴
e0134713_0173039.jpg

週の中日の休日って嬉しい!
友達が山の幸を持って来てくれたので、お昼から庭で花見をしながらのBBQにした。

ま、花見って言っても、小さいユスラウメの花だけど。
ま、私が「花見る?花見る?」って言っても、みんなの視線は御馳走に釘付けだけど。
庭の縁側や縁台で飲み食いしてると、薄ピンクの花びらがヒラヒラ舞って来て、けっこう風情あるような。

e0134713_0173510.jpg
早朝(私の感覚では夜?)に山まで行ってとってきたという食材が、次から次へとテーブルに並んでいく。

料理の上手な人たちが、色々美味しいものを作っていく。

イワナの塩焼き、甘草、クレソンのお浸し、フキノトウ味噌、イノシシのコンフィ。お酒色々、パンやお菓子やスープ、母国の食材を使った料理など。


料理は絶品、お酒も美味しく、子供たちもいっぱい来てて、キャーキャー賑やかで楽しい。みんな楽しんでるかな?と各部屋をぐるっとしてみたら、誰か一人、いや一匹を忘れているような……。

で、裏庭行って見たら、冬眠明けのアオがのそのそ歩いていた。

そっか、お前も御馳走食べたいよねえ……と思って、食事を与えてみたらパクパク食べる。
これまでいつも食欲を見せ始めるのは4月以降だったから、今年は花も亀も早いみたい。

e0134713_0173834.jpg

途中、あったかい小雨が降ったり止んだり、お客が来たり帰ったりして宴は続き、晩ご飯食べてお開きとなった。

そうして夜。
眠る直前にベッドで娘が、私の顔に手を回して、今日はすっごく楽しかった……と満足そうに深々と言った。窓の外には名残の杏の花が見える。絵に描いたようないかにも優しい春の夜って感じで、多幸感。

友達のおかげもあるし、一部は気温と湿度と風景のおかげもあると思う。
季節って良いな。地球に感謝。
[PR]

by macchi73 | 2013-03-20 23:42 | 出来事・その他 | Comments(3)