「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ミソハギ ( 4 ) タグの人気記事

2015年 05月 28日
睡蓮鉢で、屋外金魚飼育
e0134713_19445562.jpg

まだ明るいうちにそそくさと帰宅!今日は家に楽しみが待ってるのだ。
金魚を屋外で飼うために、睡蓮鉢を買っちゃったんだよね。ふっふ。

家に着くなり、作業、作業。
水を張るだけだとちょっと寂しいので、見栄えよくするために、水草(睡蓮、ヒメオモダカ、アサザ)のポットを沈めてみた。それからもう少し賑やかにしたくて、縁の方に泥で土手を作って水辺の風景を作ってみる。

まず植えたのは、ミソハギ。うちでは乾いた駐車場にニョキニョキ生えているが、本来は水辺や湿地を好むはずなので、きっともっと元気に咲くだろう。

それから、ドクダミ。庭では雑草として邪険にされているが、実は水中でも育ち、水草屋さんでは「レッドサウルルス」など格好良い名前で呼ばれて売られているらしい。

そうして、底には前に金魚水槽の濾過材に使っていた濾過砂利を敷いた。
しばらくおけば透明になるんじゃないかと思う。そしたら金魚を放とう。

e0134713_19445839.jpg
今はまだ茶色く濁った泥水鉢。

まったく水中が見えません。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

1300円という安さに釣られて購入してしまった睡蓮鉢。プラスチック製。



水量たっぷりだし、周囲に馴染む見た目なのに実は軽いし、睡蓮鉢初心者としてはなかなか使い勝手が良さそうに思う。

本物好きな夫からは少々ディスられてしまうが、陶器製の鉢は、高価だし重いし、子供たちが遊ぶ庭だと割れるんだもんなー(←数回経験あり)。

スイレン綺麗に咲くかな。楽しみだ。


[PR]

by macchi73 | 2015-05-28 22:00 | 庭仕事・収穫 | Comments(5)
2014年 07月 28日
カナヘビ・シミュレーション
e0134713_13532516.jpg

夏休みでせっかく家にいるのに、こう蒸し暑くては庭仕事する気がしない。
そうこうしているうちに、また今年もジャングル化が進行して来た。
窓の殆どはグネグネした緑に覆われてしまって、外から見るとまるで廃屋だ。あーあ。

……なんて、毎年同じことばっかり書いているので、その進歩の無さが我ながら恥ずかしい。

庭につられて(?)、家の中までやたら散らかり中だ。
これも酷暑の2階から逃げ出した子供たちがリビングやら図書部屋に定住してしまったせい。
子供部屋は2階でしょー、教科書とかオモチャとかそんなに持って来るなよーと言えば、「えー2階じゃ死んじゃう」という。うん、あり得る。

庭と居間をカオスに陥れる、この蒸し暑さが憎い……。
e0134713_13532415.jpg

ただし、家屋の周りに繁茂するジャングルのおかげで1階全体がほんのり緑色に染まり、死ぬほどには暑くはない(ヌルい……)のは、意外と良いもんかもって気がしないでもない。

というのは、たぶん外で暮らしてる小さな生物たちも、たった今、草薮で/木陰で/岩陰で、直射日光を避けつつ緑の光と温い風を感じて、似たような雰囲気を味わってるんだと思うんだよな。
この瞬間、自分たちは薮の中のヤセッチョたちの視点をシミュレーションしていると想像すると、なんだか面白いような……。

一方、植物たちは、この炎天下の中でも直射日光浴びて暴力的にぐんぐん伸びて、緑を濃くして花も咲かせ続けている。それってどんな感覚なんだろう。シミュレーションも想像もできない。
e0134713_13532224.jpg
e0134713_13532069.jpg
e0134713_13531885.jpg

ちなみに今咲いているのは、紫陽花、百合、薔薇、盆花、それからアゲラタムがちらほら咲き始め。
そういえば、うちの庭だとだいたい毎年、「あー、庭中アゲラタムになっちゃったなー」って思った後くらいから、夏の暑さの下り坂に入るんだよなー。

ってことは、この暑さの極みの中にも、既に夏の終わりは芽生え始めている!……なんて思えば、少しは気が楽になる、かも。

終わりのある夏だと思って、この温い風も弛緩した空気も満喫しよう。今日も散歩に行こう (庭仕事は!?)。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

緑つながりで、XTCのGreenman。うちのジャングル庭にも、小さな緑人間の1人くらいは住んでそう。



[PR]

by macchi73 | 2014-07-28 14:41 | 書籍・CD | Comments(3)
2010年 08月 06日
水辺の草:蓮と盆花
e0134713_18392183.jpg

近所の池。の後方に乱れ咲く盆花。
なんだかいかにもお盆チックな風景だ。

盆花はミソハギの別名。由来は、お盆近くによく咲くから。
ミソハギの名は、萩に似た花を水辺(溝)で咲かせるからという説もあり、確かに川辺でよく見かけるので、水辺の花なんだなーという印象だ。

が、我が家のミソハギ(写真下)は、元気に乾燥地帯に繁っている。
挿し穂するとすぐに根付くので、今では庭のあちこちに増えているが、水遣りしたことは一度も無く、特に水を多く必要としている様子は無い。ちょっと不思議だ。

e0134713_18492951.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-08-06 18:54 | 雑草、野草 | Comments(0)
2008年 04月 04日
赤い茎→ミソハギ
金木犀の南側の根元、日当りの良い場所に生えていた草。茎が赤くて綺麗。
でも、広範囲に同じ草が結構生えているので、ありふれた雑草かもしれない。

2008/4
e0134713_2371956.jpg


e0134713_181594.jpg
2008/7
背が高く伸び紫の小花を沢山付け始めて、ミソハギ(別名盆花)だと判明。
そういえば、去年、夏枯れで寂しくなった庭にポット苗を一つ植えたなー。こんなに増えて大きくなるとは。

2008/9
背が高くなり過ぎたので一回切り戻したが、返り咲いて、いまだ綺麗に咲いている。花の命が長い。
背が高いので倒れてしまいそうに思うが、茎がカクカクと面取りしたようにゴツく堅く、自立心旺盛。くねくねと倒れないで風に大きく揺れている様はかなり良い感じ。


2009/6
一面に繁っていた桃色昼咲き月見草の勢いが衰えてきたら、今度は見覚えのある草が台頭して来た。
今年も沢山咲きそうだ。

e0134713_2084467.jpg

2009/8/12
今年ももうお盆の時期だなーと考えて、盆花ことミソハギのことを思い出した。
庭に出てみると、夜風に沢山の赤紫の花が揺れている。
改めて見ると、去年より更にボリューミーだ。
小さな黒ビニールポット1つから何も世話しないで3年でここまで増えるなんて丈夫な草だ。

e0134713_18551.jpg
[PR]

by macchi73 | 2008-04-04 02:35 | 名前が分らない動植物:観察中 | Comments(2)