「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ポンポン菊 ( 4 ) タグの人気記事

2013年 10月 12日
秋の花
e0134713_23244789.jpg

あーあ、秋っぽいお花活けたいなーと娘が言う。
庭に行けば何かあるじゃないと言ったら、いっつも同じのばっかりだからもっと派手な花でやりたいのーと不満そう。

見回してみると、確かに今の庭で切り花にできそうなのはススキやペンタスばかりで、イマイチ華やかさに欠ける。

で、近所の花屋さんに買い足しに行ったら、娘が選んだのはレンガ色のポンポン菊と青い竜胆、藤袴と桃色の菊だった。藤袴桃色の菊はもう少ししたら全く同じものが庭でも咲くのに、なぜわざわざコレを買う……と思いつつ。目に馴染んでる花を選んでしまうのかもしれない。
e0134713_23244538.jpg

そうして娘が活けてくれた花、よく見ると蝶がとまっている! なんてね。
茎にクリップをとめて、マグネットの蝶をくっつけたのであった。

まあ、生け花にしろ庭にしろ、やっぱり子供は派手な方が楽しいよなあ。
今年の地味なグラスガーデンは雰囲気があって私は好きだったけど(手入れが楽だし!)、来年はもっと子供が楽しめるよう、切り花になる典型的なお花をたくさん植えようと思う。

まずは秋植えの球根、派手なの増やすことにしよう。何にしようかなー。
e0134713_23244137.jpg


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

これまで主に冷蔵庫にとまっていてパッとしなかった蝶のマグネットだが、花の上で見たら結構良かった。適材適所。



[PR]

by macchi73 | 2013-10-12 23:30 | 出来事・その他 | Comments(2)
2009年 11月 08日
冬の菊
日曜日。
子供たちは連れ立って近所のお祭りに出かけ、屋台で昼食を済ますということで、日中は丸々不在。

私は、土・休出勤が続いて草臥れ気味のこの頃、久しぶりに一日休みなのでどこにも出かけず骨休めだ。
家の冬支度など済ませながらぼんやり庭を見て過ごした。
立冬を過ぎた今日、日陰は冬の寒さだが、日当りはまだ暖かい。

e0134713_22204898.jpg
野路菊が、門扉の脇に零れるように咲いている。
通りがかりのおじさんが写真を撮っていた。ふっふ。


一昨年から殖えに殖えたポンポン菊も咲き始めた。
まだ濃桃色のつぼみが小さくほころんだくらいだが、そのうち真ん丸のポンポンが庭にあふれそう。

e0134713_22212511.jpg


e0134713_23532450.jpg
2009/11/9
摘んでも摘んでも咲くと思えばこそ、花盛りにじゃんじゃん切花に使えるのが嬉しい。
菊って、放置していても花付きが良いから好き。
これがバラとかだと、勿体なくて摘めないんだよなあ......。

[PR]

by macchi73 | 2009-11-08 22:32 | 雑草、野草 | Comments(0)
2008年 11月 24日
2008年11月の庭
今年は11月の頭から朝は10℃近い冷え込みで、12月初旬の冷え込みと言われていた。
庭に繁っていた雑草もいつのまにか姿を消し、寂しいようなすっきりしたような。
カエデがそろそろ紅葉してきた。見頃はもう少し先っぽい。

e0134713_2147355.jpg


他、だいぶ寂しくなってきた庭を彩ってくれる植物たちの様子はこちら>>
[PR]

by macchi73 | 2008-11-24 21:25 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2007年 11月 08日
ピンポン菊(ポンポン菊)
ピンポン菊の育て方:
●球形咲きのスプレー菊。育て方はスプレー菊に準ずる。
●花期は10〜11月。
●真夏を除く5〜9月に挿し芽で株を更新すると良い。
●施肥は6〜9月。新芽が出始めから蕾がつくまで。


e0134713_22124552.jpg

2007/11
夏枯れ後の寂しい時期をなんとかしようと、真ん丸の可愛い花が咲いている鉢を買って来て地植えにした。
「ピンポンマム(ポンポン菊)」とタグがついている。
ではポンポンマムとかピンポン菊とは呼ばないのか?と疑問が湧く。

で、googleで検索した結果、ピンポン菊、ポンポン菊あたりがスタンダードっぽい。
 ピンポン菊 の検索結果 約 35,900
 ポンポン菊 の検索結果 約 33,100
 ピンポンマム の検索結果 約 31,700
 ぽんぽん菊 の検索結果 約 20,600
 ポンポンマム の検索結果 約 2,450
 ぴんぽん菊 の検索結果 約 521
 ポンポンギク の検索結果 約 303
 ピンポンギク の検索結果 約 286

2008/夏
背がぐんぐん伸びて、購入時の4,5倍になってしまった。
夫が「これ、こんなに伸びて良いの?木なの?」と驚いている。
でも、元気だし先端には蕾らしきものがついてるし・・・購入時は、矮化剤でも使ってあったのかな。
2008/7/25
フェイジョアの大木を植えるため、庭の隅に移植。
ついでに高過ぎる背丈を半分近くに刈り込み、切った茎は庭のあちこちに挿枝しておく。
2008/10/01
真夏の挿枝だったが、殆ど全部が生き残っている模様。今年は庭中ぽんぽん菊だらけになりそうだ。
2008/10/19
蕾が色付いてきている。
濃い赤紫色の蕾が庭中のあちこちで目立っている。
2008/11/1
あっちでもこっちでも咲き始めた。
咲いたら色は薄いピンクで可愛い感じ。
お店のポンポン菊より真ん丸じゃない気がする。ただのスプレー菊だったっけ?

e0134713_19405310.jpg
2008/11/8
完全に開花すると真ん中の紅が消えて均一な薄桃色になり、花の形も球形になるようだ。
挿し枝で10株以上に増えたし、とにかく花数が多くてバッサリ切るのも惜しくないので、このところずっと部屋の切花はポンポン菊で通している(ちょっと飽きた)。

e0134713_2203092.jpg

2009/2
去年巨大化しすぎた株を地際からバッサリ刈り込んで株分けし、庭の条件の悪そうな場所(雨樋脇の湿った黒土の場所や、ブロック塀脇の乾燥地帯など)に植え付けた。剪定屑も、その辺にチャチャット挿枝しとく。
なんという粗末な扱い・・・。
でも株の頑丈そうな様子から、ピンポン菊はきっと枯れないだろうと確信。

2009/4/5
暖かくなったら、株分けした部分から元気に若い茎を伸ばし始めている。
冬に挿し枝したものも、雑草の奥でスイッとまっすぐ伸びて綺麗な感じ。
今年は思い切り良くちょくちょく刈り込むことにして、あんまり巨大化させないようにしよう。
[PR]

by macchi73 | 2007-11-08 22:21 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)