「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ヘビイチゴ ( 4 ) タグの人気記事

2013年 04月 27日
選択的除草によるグラウンドカバー
e0134713_23465818.jpg

草取りしてもしても、やっぱり雑草は生えてくる。諸行無常の響きあり。

それは何故かと尋ねたら、土壌の中には色んな植物のタネが眠っていて、草刈りによって空き地ができると「ヤッタ!」とばかりに目を覚ましてぐんぐん伸びるということらしい。
このように、裸地(ギャップ)を埋めるように生えてくる植物のことを、ギャップ依存種という。
なんと!草取りをすることによって、かえって発芽を促す仕組みだったとは……。

なのでここ暫く、邪魔にならない草丈の低い野草は残すような選択的除草を行っている。
できるだけ地面を露出させず、ギャップ依存種に場所を与えないという方法。

その結果、なかなか成功したかもと思うものをメモ。

e0134713_2347748.jpg
南の庭は、ヘビイチゴにびっしりと覆われた。

e0134713_23471550.jpg
半日陰の東の庭は、ユキノシタに隙間無く覆われた。

それからこの時期は、あっちもこっちもオオアマナ(オーニソガラム)で真っ白になっている。
これはどうやって増えてんだろう?庭仕事で土を運ぶ時に、土に球根が混じってんのかな?
e0134713_23472246.jpg

そうして砂利地の上は、ヒメイワダレソウの蔓に覆われている。
ま、ヒメイワダレソウは野草じゃないけど。

日陰には、アジュガがランナーで広がり、春になると紫色の花穂を立ち上げる。
あ、でもこれも野草じゃないか。でも増え方は雑草なみ。
e0134713_2347157.jpg

このように自然のグラウンドカバーに地表が覆われると、案外、他の雑草は生えて来にくくなるようだ。
ギャップ依存種の封じ込め成功と言ったところかも。

なんてね。夏の雑草パワーにもかなうかどうかは分からないけど。
とりあえず庭仕事の省力化にはなってると思う。
e0134713_23472388.jpg

[PR]

by macchi73 | 2013-04-27 23:45 | 栽培日記:グラウンドカバー | Comments(0)
2012年 05月 23日
カラスノエンドウ(烏の豌豆)
末っ子に起こされた。早起きして遊ぼうと言う。
庭に出たら、ポスト周りに小さい豆が沢山できている。
カラスノエンドウだ。

e0134713_1454938.jpg

「この豆で小人料理作ろう!」と末っ子。
開いてみたら、ホントにエンドウ豆のミニチュア版みたい。

e0134713_1461067.jpge0134713_1461558.jpg

カラスノエンドウは、昔は作物としても栽培されており、豆や若葉(豆苗)は食用にできる。
今でも山菜として食べる人も多い。
が、生豆を大量に食べた場合には神経毒があり、家畜がそれで中毒したりもするようだ。

毒も微量にあるからわざわざ食べなくて良いよ……と話したが、料理を試したくて仕方が無い娘。
「小人さん用だから~!自分でやるから~!」と主張して、どうしてもと茹でてみる。
茹で上がりを見るに、うーん、ちょっと固くて塔が建ち過ぎかな。
食べるとしても、もう少し若い豆の方が美味しいかもね。

e0134713_1475059.jpge0134713_1475527.jpg

ところで豆摘みをしている時、小さな蟻がカラスノエンドウの黒い点に集まっているのが気になった。
娘が料理に勤しんでいる間に調べたら、その黒い点は「花外蜜腺」というものだった。
ここに甘い蜜をためてアリを呼ぶらしい。

e0134713_149991.jpg蜜を求めて集まったアリは、カラスノエンドウの花や葉を食害する虫を追い払ってくれるという。

なので、花~若い実の時期が、一番よく蜜を出す時期っぽい。

今の時期は豆も大きく育ってしまっているので、それほどは蜜は出してないようだ。


そんなこんなで庭をぐるりと一周して、集めた食材で小人の朝ご飯を作った。
おお、結構おいしそう。

e0134713_1483379.jpg豆はカラスノエンドウ。

イチゴはヘビイチゴ。

オクラっぽいのは、カタバミの種(熟したものに触れると、勢いよく爆発して種をまき散らすのでビックリした!)。

ナスっぽいのは、なんだろ、蛍袋の蕾かな。


庭に繁ったカラスノエンドウ、カタバミ、ヘビイチゴを見て「雑草庭だ……」と溜息をつきつつ、けっこう雑草も綺麗だし面白いよなと思う。
e0134713_1493731.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-05-23 06:20 | 雑草、野草 | Comments(6)
2011年 05月 04日
ミツバツチグリ(三葉土栗)
e0134713_22155887.jpg

ヘビイチゴに似てるが、でも何だか雰囲気が違う花を見つけた。
よく見ると、果実もヘビイチゴとは違って、茶色のボソボソだ。

このようにヘビイチゴと似た花をつけつつ、赤い果実ができないのは、バラ科キジムシロ属の植物。
(赤い果実ができるヘビイチゴやヤブヘビイチゴは、「バラ科ヘビイチゴ属」)

これは三葉なので、「ミツバツチグリ」だと思われる。
名前の由来は、ツチグリに似て三葉だから。

あれ、でもツチグリってキノコじゃなかったっけ!?
全然似てないじゃん……


……と思ったら、キノコではなく、ツチグリという花もあるようだ。
ツチグリは西日本にしか分布せず、和毛のある白っぽい細い葉が3~5葉つく。
ツチグリの根茎は焼いて栗のように食べられるらしいが、ミツバツチグリの根茎は食べられない。
残念。
[PR]

by macchi73 | 2011-05-04 23:55 | 雑草、野草 | Comments(0)
2008年 05月 20日
ヘビイチゴ
裏庭の下生えに広がり、明るい緑の葉っぱが良いグラウンドカバーになっている。結構目立つ黄色い花が咲いた後に、赤くて丸い実がつく。毒イチゴっぽい名前だが、美味しくないだけで食べても問題ないらしい。

e0134713_2131934.jpg
2008/4
この2年、雑草取りの時にヘビイチゴは残す方針でやってきたら、とにかくよく広がった。今の時期、あちこちが黄色い花で覆われている。踏まれても強いし、花も実も綺麗だし、背丈は非常に低いし、有り難いグラウンドカバー。
2008/5
5月も下旬になると、庭のかなりの面積で足元に点々と赤い実が広がっている・・・。
ワイルドストロベリーやイチゴもあちこちに生えているため、二才の娘は「イチゴ食べようっと!」と、何度かヘビイチゴも食べてしまっていた。
「このイチゴ苦いよー。これは鳥さんのイチゴにしよう・・・」と学習して、今はもうヘビイチゴは摘まなくなったようだ。

e0134713_2354619.jpg

[PR]

by macchi73 | 2008-05-20 00:25 | 雑草、野草 | Comments(0)