「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ヘチマ ( 6 ) タグの人気記事

2010年 10月 10日
手作りヘチマ石けん
手作り石けんの作り方(リバッチ):
●材料は下記のようにした。分量が明記されているレシピを見つけられず、当てずっぽう。
 ・純石けん2個(190g*2)
 ・砂糖シロップ 100cc程(黒糖60g+水50gで加熱)
 ・グリセリン 200cc弱
 ・アルコール 200cc弱
(1) 純石けんを金槌で細かく砕き、精製水200ccを加えて湯煎で溶かす。
(2) (1)に砂糖シロップとグリセリンを加える。更に、今回はヘチマ液も加える。
(3) 湯煎を止め、アルコールを加えてしばらく置く。
(4) 液が透明になって来たら型に流し込んで冷ます。


ヘチマタワシをお裾分けした近所の方が、まだ残ってましたよと若いへちまの実を届けてくれた。
どうも蔓が敷地を抜け出して、裏の露地の方まで伸びていたようだ。すみません……。
実の切り口からは、透明なジェル状の果汁が滴っている。
ヘチマ水は諦めたけど、この果汁を使って、何か日用品を作れないだろうか。

色々考えた末、ヘチマの石けんを作ってみることにした。
苛性ソーダ等を使う本格手作り石けんは敷居が高いが、市販の石けんを材料に使うリバッチなら簡単そうだ。

元にする「純せっけん」には、普段使いの洗濯石けんを使ってみる(大丈夫か!?)。
一応「純せっけん」という商品名だし、純石けん分98%以上とか書いてあるし。
砂糖シロップは、粘度を高めるために入れるらしい。
なんとなく肌に良さそうな気がするので、今回は黒糖を使ってみよう。
アルコールは、度数が高いお酒(ウォッカ)で良いらしい。

e0134713_20584990.jpg
手拭いにヘチマを乱切りにして入れて、果汁を絞る。

果汁は透明でとろとろしていて、ヘチマ一本でも結構な量が出て来る。

触った後の手肌は、しっとりツルツルしてていい感じ。これは効き目がありそうだ。

e0134713_20281069.jpgラップを敷いた容器に(4)を入れて2時間ほど置いておいたら、固まった。

長女に見せたら、「あ、羊羹!?」と一瞬喜ぶ。

e0134713_20283430.jpg
できたての石けんは、柔らかくて簡単に切れる。

適当な厚さに切り分けていたら、夫が「奈良漬けみたいだねー」と寄って来た。

羊羹の次は奈良漬けか……。

e0134713_20285339.jpg
手に持ってみると、透明感があってなかなか綺麗だ。

色が茶色なのは、黒糖を使ったため。
普通に白い砂糖を使って、無色透明にした方が綺麗だったかもなー。

e0134713_20291254.jpg溶け切らなかった石けんが半透明のジェル状になって浮かんでいたのを、濾して捨てるのは勿体無い気がして、ハンパなヘチマタワシに染み込ませて固めてみた。

こちらは冷めるにつれてクリーム色になってしまったが、石けん兼タワシで、もしかしたら使い勝手が良いかもしれない。

透明な石けん液の方で作ったら、繊維が見えて綺麗だったかもなあ!


初めて作った石けんだが、お手軽で楽しいものだ。
ハーブティーや蜂蜜などを使っても面白いかもしれない。

また、今回は分量が当てずっぽうだったが、アルコールとグリセリンはもっと少なくても良かった気がする。
鼻をくっつけて嗅ぐと微かにアルコールの香りがするのと、手触りが心無しか油っこい感じがするので……。
あとは、無臭ってのも寂しいので、何かで香り付けをしても良かったかなあ。

ただ、石けん作りのサイトを見ると、このまま10日以上乾燥させてから使うようだ。
その頃にはアルコールも油も飛んで、ちょうど良い感じになるのかな?

2010/10/16
なんだー。不透明になっちゃった。
表面のべとべとは収まった。香りは、アルコールが飛んだ後に、微かな良い香り。

e0134713_22374658.jpg

2010/10/26
結局、いい感じに硬くなるまでに2週間以上かかった。
なんだか不透明だし、とけきらなかった部分は白く残ってるし、いかにもヘタクソが作った感じだなあ。

ま、仕方が無い。お風呂で使ってみる。

あれ?グリセリン効果かヘチマ効果か、見た目は悪いが肌には良い感触かも……!
ヘチマ繊維に染み込ませた方も、なかなかの使い勝手。

お風呂上がりには嬉しい気分になった。
残念ながら、人にはあげられない見た目だが、自宅で使うなら申し分無し。
今年いっぱい分の石けんストックができちゃった。

次回は、もっとちゃんと濾して、見た目にも綺麗な石けんを作ろうっと。
[PR]

by macchi73 | 2010-10-10 22:35 | 庭仕事・収穫 | Comments(5)
2010年 10月 08日
ヘチマの刈取り
夫の姿が見当たらないと思ったら、なんと裏庭の草刈りをしてくれていた。
ありがとねー!なんて満面の笑みで迎えたところ、「もう日除けは要らないからヘチマも抜いちゃったよ」なんて報告されて愕然。
「なんでよう!最後に、ヘチマ水を試してみようと思ってたのに!ってか、そう言ってたじゃん!」と涙ながらに訴えたら、「大丈夫、全部ゴミ袋に入れてとってあるから」なんて朗らかに言い放たれた。

ヘチマ水は、刈り取ったヘチマから絞り採るものではありません。
地上に残した蔓から滴る液を一晩かけてビンに集めるものです。


なんて、今更説明しても遅く。 幻のヘチマ水は諦める。
せっかく珍しく草刈りしてくれたんだから、こういう時は責めてはイカン、イカン……と気持ちを切り替え、収穫されてしまったヘチマでタワシをまとめて作ることにした。

e0134713_1735482.jpg
まずは収穫されたヘチマのうちから、タワシになりそうなものを選ぶ。

瑞々しい若い実は、タワシにはNG。食用に回す。
タワシにするには、皮が硬く、やや変色し始めくらいのものが良い。

e0134713_17382855.jpge0134713_17401498.jpg
エアギターならぬヘチマギターを始めたと思ったら、「ちょっと待って!」と走り去ってギターを持ってくる人……。

ちょっとー!今はヘチマタワシ作るんでしょー。

e0134713_17415148.jpg
ぶつ切りにして、大鍋で煮る。
切る時に、かなり硬い手応えがあって切り難いくらいがタワシには丁度良い。

e0134713_17432964.jpg
皮を剥がしつつ果実を煮崩して行くと、繊維だけが残る。
充分に繊維が硬くなっている実だと、がんがん煮込んでOK。

e0134713_17502769.jpg
「やっぱり一本くらいは丸ごとタワシが欲しいよね」と挑戦したら、外野から「それ無理でしょ!」の声が。

いや、無理でもないと思うよ。
ちょっとずつ回して煮て、最後に上下を入れ替えれば……多分。


とりあえず、一気に3本ほどをタワシにしてみた。
ぶつ切りするところから、所要時間40分くらいか。案外手軽。

煮込んだだけでは、緑褐色の部分が残っているタワシが多い。
黒い種が出来ちゃってた部分の果肉は、褐色で固くなっているので、その部分が真っ白になり難いみたいだ。

e0134713_17541162.jpg

白いタワシにするには、台所用漂白剤に2,30分漬けて置くと良いらしい。
試してみたら、だいぶ白くなった。
何回かよく洗ってから、しばらく乾かすためにヒモを付けてみる。

e0134713_1814263.jpg

e0134713_1802681.jpg
紐は、ピンセット等で固い繊維の中に差し込んで通すと良い。

e0134713_189165.jpg
2,3日、風通しの良いところで干して完成。
フワフワ弾力のあるものや、カッチリ固いものや、いろんな手触りのものが出来た。

日に透けて黒く見える部分には、種が入っている。
乾いてからヘチマをブンブン振り回すと、乾いた種が弾丸のように飛び出してくるが、スポンジ部分の黒っぽさはやや残る。ま、自宅用なら問題なし。

一点の曇りもなく真っ白にできたもの(少ない……)は、ご近所さんや、ちょうど遊びに来た友達にお裾分け。

[PR]

by macchi73 | 2010-10-08 18:23 | 庭仕事・収穫 | Comments(2)
2010年 09月 23日
ヘチマのタワシ
e0134713_16385041.jpg

泊まりに来ている親戚がヘチマタワシが欲しいと言うので、「まだちょっと早いと思うよ」なんて言いつつ、ものは試しで作ってみることにした。
ヘチマタワシの作り方には、「腐らせて繊維だけ残す」「専用の酵素に漬けて溶かす」「実を煮溶かす」の3つの方法があるが、まずは一番手軽な「煮溶かす」やり方を試してみる。

e0134713_1644574.jpg
収穫したヘチマは、今なっている中ではやや大きめのもの。
計測したら、2.0kg。

一番大きいものは、この1.5倍くらいあるが、そちらはまだ後の楽しみにしとく。
ちゃんともう繊維が出来ているかなー。

e0134713_16395064.jpg
適当な大きさにぶつ切りする。
あれ、まだ緑色の柔らかい種しか出来ていないや……。
タワシになるくらい育った実は、種が黒くできているはずなんだけど。
やっぱりちょっと早かったかなあ。

e0134713_16403644.jpg
大鍋で20分ほど煮る。

e0134713_16411169.jpg
煮終わったものを、水で冷やしながら手で揉んで、皮と実をほぐす。
残った繊維がタワシになる……はずだったんだけど。

今回は、殆どの部分が美味しそうな匂いをさせて柔らかく煮崩れてしまい、繊維が辛うじて残ったのはこの2切れのみ。
でも、黒っぽくなっている部分は、繊維も煮えて柔らかく、とてもタワシには使えそうにない。
結局、タワシに使えるのは、右側の一切れの上半分だけだった。
次回は、もう少しトウのたった固い実を使ってみよう。

しかし、出来上がった小さいタワシは、適度な硬さでフワフワして気持ち良い。
末っ子の手のひらに納まる丁度良いサイズだし、これは君のタワシに決定。

e0134713_16431325.jpg
「フワフワして、気持ちい〜い!」
早速ホッペを擦ったりしている末娘。

もう少し洗って陰干ししたら、専用タワシとしてお風呂で使おうね。

[PR]

by macchi73 | 2010-09-23 16:04 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)
2010年 09月 11日
ヘチマの味噌炒め
裏庭にボコボコぷらさがっているヘチマの実が、日に日に巨大化している。
末っ子が「アレは私の、アレはお姉ちゃんの……」と指差している。
どうやら家族一人一人に専用のヘチマタワシを作るつもりらしい。
でも、ワタシはそんなに沢山のタワシは要らないと思うんだ。

一つ二つは極限まで大きく育ててタワシにするのも良いとして……。
他のヘチマはどうしようかな、とウェブで調べてみたら、沖縄では野菜として利用するらしい。
味噌炒めが定番のようなので、とりあえず試しに一本料理してみた。

● 裏窓からもぎ取ったヘチマ。735.5g。ずっしり重い。

e0134713_1926419.jpg切ったヘタからは透明な液体が出ていたが、暫くするとゼリー状になった。

いかにも保水力のありそうなゼリー……これがヘチマ水ってヤツか?


●へちまは皮を向き、乱切りにする。
少しゴマに似た香ばしい良い匂いがする。

e0134713_19281968.jpgタワシになるくらいだから繊維が硬いのかと思ったら、フワフワして柔らかく、水気の多いナスみたいな感触だ。

●ショウガとニンニクをゴマ油で熱し、ヘチマ、挽肉を加えて炒め、酒・ダシ・味噌・砂糖・胡椒で適当に味付けし、最後に賽の目に切った木綿豆腐を加え、馴染むまで更に炒め煮る。
完成!良い匂い。

e0134713_19395596.jpg

しかし、作り終わった瞬間に、沖縄で栽培されているヘチマは特別の食用品種かもしれないという情報GET。
「え、これは普通のヘチマだけど……」と恐る恐る食べてみるに……

美味しい! ホッ

ま、ヘチマ自体が特別美味しいっていうより、普通に味噌炒めの旨さだけどな。
でもトロッとした食感と、味がよく染みた感じはGood.
食材としては、冬瓜やハヤトウリに似てる。
グラタン、スープなんかにも使い勝手が良さそうだ。

e0134713_19301044.jpg
まだまだ裏庭には沢山のヘチマ。
しばらく美味しくいただけそう。

ヘチマ水ってのも面白そうだから作ってみよっかな。

[PR]

by macchi73 | 2010-09-11 19:41 | 庭料理 | Comments(2)
2010年 08月 21日
ヘチマの雄花(雌花が咲かない)
「ツルばかり伸びて、花が全然咲かないなあ」と気になっていた裏庭のヘチマだが、ここ数日でいきなり次々と花を咲かせ始めた。

e0134713_075769.jpg

前の庭で咲いているゴーヤに似た花だが、サイズがとても大きい。
ゴーヤの方は、既に実が沢山できているので、ヘチマの実も、もしかしたらもう出来てるかもしれないと思って探してみたが、見つけることはできなかった。

というか、花や蕾は沢山あれど、雄花ばかりで雌花が無い。

この状況は……。
これまでのハヤトウリアケビの例が思い出されて仕方が無い。
どちらも、雌花が咲くのが遅過ぎて、充分な収穫にいたらなかったんだよなー。
雌花を早く咲かせる方法って無いのだろうか。

e0134713_0214774.jpg
葉っぱはこんなに繁っているのに、雌花が無いなんて。

あ、でも手前半分はヘチマじゃなくヤブカラシだ。
裏庭だからと、ついつい放任。

[PR]

by macchi73 | 2010-08-21 00:32 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(2)
2010年 03月 21日
ヘチマ
ヘチマの育て方:
●種まきは4月。
●収穫は7月以降。
●種は1cmくらいの深さに埋める。ウリ科の種は、横に寝かせて植えると育ち易いらしい。
●本葉10枚で最初の摘心をして、子蔓を3,4本出す。孫蔓には花がつきやすいので、邪魔でなければ剪定しない。
●支柱にしっかり固定することで健康に育つ。
●施肥は、葉が6枚になったら野菜用肥料を一度。その後、10日置きに3回ほど。
●若葉や若い実はおひたしや味噌汁の具にして食用可。大きくなった実でタワシが作れる。茎から出る水はヘチマ水として利用される。


2010/3/21
とっても暖かい休日。末っ子が庭仕事をしようと言う。
どうやら昨夜買った、子供用の庭仕事セット(スコップ・フォーク・クマデ・エプロン・手袋・ビニールバッグ)を使いたくて仕方無いらしい。
しかし手持ちの種を見たが、どれも撒き時が5月頃だ。
仕方無いので、その中では一番早い時期でも大丈夫そうなヘチマを撒いてみることにした。

e0134713_19572680.jpg
種はスイカそっくり。
ウリ科仲間だもんな。


e0134713_19582647.jpge0134713_19584156.jpge0134713_19585275.jpg

発芽温度、足りるかなー。ちょっと心配だ。
ウキウキと期待に満ちた娘の顔を見るに、どうか上手く育ちますようにと祈る気分。
ま、もしも発芽が失敗したら、こっそり夜中に苗でも植えるか…(インチキ)。

2010/5/16
いまだ芽がでない…。ずっと寒かったし、これはもうダメだろうな。
「ヘチマまだかなー」と、緑のエプロンをつけては水遣りする娘を見ると、なんとも…うーん。
で、つい、ホームセンターで売られていたヘチマ苗を買ってしまう。

芽も出さなかった場所に急に苗が出現するのも何となく決まりが悪い(?)ので、裏庭に植えた。
が、数日後、また娘がプランターに水やりしていたので、がっかりするかなーと思いながら「寒過ぎてダメだったみたい。でも苗があったから裏庭に植えてみたよ」と言うと、「ふーん、そっか」と、やたらアッサリしてる。
なんだ、拍子抜け。

2010/8
放置していたら、裏庭で繁りまくっている。
これだけ繁っているのに、花や実の気配は全然無い。
葉っぱが馬鹿でかいのは、日照不足ということなんだろうか。

e0134713_044212.jpg

2010/8/16
猛暑と言われる今年だが、我が家の寝室が案外過ごし易いのは何故だ?
まさか窓の外で繁りまくっているヘチマのおかげか?

e0134713_040183.jpg
窓を開けると、ヘチマの葉が揺れて、ゴマのような香ばしい匂いがする。
なんだか美味しそうなんだけど……。


2010/8/20
突然、花が咲き始めた。でも雄花ばっかり。
雌花を探したけど、蕾一つ見つからなかった。

e0134713_050403.jpg

2010/9/5
西の庭に植えたへちまが、生垣や樹木をつたって北の庭にまで回り込んでいる。凄い。
今の時期になって、雌花がチラホラ見えている。
雌花は雄花にだいぶ遅れて咲くんだな。

咲きかけの雌花を柿の木のてっぺんに見つけたら、その付近には小さなヘチマが幾つもぶら下がっているのに気付いた。なんて取りにくい場所に……。

e0134713_1722494.jpg

2010/09/08
寝室の窓の外にも、突如へちまの実が姿を現した。
どうやら、窓の上で着々と成長していた実が、重くなって窓の正面に下がってきたらしい。
これまで全然気付かなかったよ。

e0134713_16352329.jpg

2010/9/11
一本、収穫して味噌炒めに使ってみた。美味しい。

2010/10/8
有名なヘチマタワシを作ってみた。楽しい。


更には、美肌効果のヘチマ石鹸を作ってみた。下手くそ。
[PR]

by macchi73 | 2010-03-21 20:01 | 栽培日記:夏の植物 | Comments(2)