タグ:プチルビー ( 9 ) タグの人気記事

2016年 05月 14日
庭のベリーのフレーバードウォーター
e0134713_0591688.jpg

庭に蔓延ったプチルビーが熟して、果実を落とし始めた。
ラズベリーって、いつも気づくと熟しすぎて落果が始まってるんだよなー。急いで収穫しないとだ。

e0134713_0591379.jpg

それで、娘と一緒に庭をぐるっと回ったら、ボウルいっぱいのベリーが収穫できた。
庭のベリー類って香りはとっても良いんだけど、お店で売られている果物のような味ではないので、ボウルいっぱいを喜んで生食するって気にはならず、どうしても大半は加工用となってしまう。さーて、何作ろうかな。

で、思い出したのが、この間、ローズウォーターを作ろうと検索していて見つけた「デトックス・ウォーター」なるもの。レシピ本をAmazonで立ち読みしたら、ちょうど我が家にも似た様な材料が揃っている「いちご+パイナップル+スペアミント」という組あわせが載っていたので、試してみた。イチゴは庭のラズベリーとワイルドストロベリーで、スペアミントは庭に生えてるアップルミントで代用。

『ジャーで楽しむデトックスウォーター』(Sachi)

デトックスとかの流行単語を聞いただけでつい腰が引けてしまう斜に構えた私だが、要は水に果物やハーブ、野菜などをつけて香りづけしたフレーバード・ウォーターのことらしい。

Amazonで調べただけでも何冊もレシピ本が出ており、だいたい「なか見!検索」機能が使えるので、ざっと中を見て、美味しそうな組み合わせのレシピを試してみるだけでも良さそう。



そして、どうもジャーで作るのが流行りっぽい。それで最近、飲み口つきのジャーがよく売ってたのか……。

このビンは何のためにつかうモノなんだろう?とちょっと疑問だったのが、やっと分かってスッキリした。



で、冷蔵庫に入れておいたら、大学生が、この水おいしい、今度からサークルに持って行く水筒にコレ入れて行きたいとか言う。

おお。なんか嬉しい。じゃあいつでも自分で作ると良いよ、ミントは庭のそこに、ベリーはそこに、薔薇とローズゼラニウムはそこに生えてるからね、と得意になって作り方を伝授する。ふふふ。人に植栽を説明するのは、庭の醍醐味だ(あまり機会は無いが……)。
e0134713_1344434.jpg

そんなこんなで私が台所や庭でガタガタやっている間、末っ子もラズベリーを使って何かせっせと隣の部屋でままごとっぽいことをやっている……と思ったら、iPadで写真をとってパラパラアニメを作っていた。

ストーリーは、骸骨がラズベリーを一粒たべたら右の眼球ができて、もう一粒たべたら左の眼球ができて(どっちもラズベリーの粒)、目がよく見えるようになったので外の世界に旅に出ていくというもの。ちょっと面白かった。

e0134713_1344741.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

最近ファンタジーとか冒険モノが好きなんだよね、何か良い本ない?という末っ子にオススメした本。

『旅のラゴス』(筒井康隆)

主人公ラゴスが旅して通り過ぎて行く国ごとの短編が連なるような章立てなので、小学生でも飽きずに読み易いと思う。

この世界が一回壊れてしまった後の話なのかな?と匂わせる構成は同じく筒井の『驚愕の曠野』(←とても好き!)にも似てるけど、あっちが荒んで恐ろしい叙情的な世界だったのに対して、ラゴスの世界はなんとなく牧歌的で叙事詩的な感じ。

主人公が淡々としたおっさんなので、ストーリーに盛り上がりはそんなに無い。だけどパートナーのスカシウマって一体どんな生物なのかとか、途中で絵描きを殺して行方不明になった男の背景の物語は何だったのかとか、いろいろと想像の余地がある世界で、ファンタジー好きなら空想の種に良さそうに思う。


[PR]

by macchi73 | 2016-05-14 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2015年 04月 11日
ベリーの花園
e0134713_1483217.jpg
e0134713_1483748.jpg

ねえ、裏庭がすごいよ。

……なんて夫に言われて裏庭をみたら、ベリーの花が咲き乱れている。ブロック塀と生垣に囲まれた暗くて狭い湿った場所が、いきなりホワイトガーデンみたいになっている。

あー花だけで果実はたいしたことないプチルビーだね、花が終わったらちょっと抜くかね、なんて思って触ったら、なんだか茎が直立していて、細い茎で這ういつものプチルビーとは微かに風情が違うかも。

やや、これは場所的に、生垣の裏の路地に一昨年あたりからずらりと赤や黄色のラズベリーを植えているヨーロピアンのお宅から通路を越えてやってきたのではないか!?と、期待に満ち満ちた様子で夫が言う。それなら嬉しい。

それとも、裏庭に続く通路に植えた大実ブラックベリー・トリプルクラウンがここまで伸びたのか!?それでも嬉しい。
e0134713_1534569.jpg

これ全部、美味しくて丸々太ったトリプルクラウンやラズベリーの果実になったら、今年の裏庭は楽しそう。チビッコたち呼んだら喜ぶなー。

そういう訳で、今年は裏庭の野良ベリーの果実の今後に注目したい。
果たして、黒とでるか赤とでるか黄とでるか!? プチとでるかグランとでるか!?
e0134713_22231.jpg

* * * * * * * * *

庭から裏庭に続く道。
この奥にベリーの花園があるとは、誰も思うまい。ふふ。

e0134713_1545523.jpg

[PR]

by macchi73 | 2015-04-11 23:48 | 観察中:名前が分らない動植物 | Comments(2)
2014年 05月 12日
プチルビーの収穫
e0134713_18512466.jpg

抜いても抜いても広がって、庭隅をぐるりと包囲するようになった野良プチルビーが果実をつけ始めた。

一株植え付けたプチルビーだったが、まさかこんな勢いで広がるとは思わなかった……。
庭仕事中にプチルビーの棘で痛い目に遭うことも多いので、植えたことをちょっと後悔していなくもない。

500円玉大の果実という宣伝で植えた苗だったけど、実際には1, 2cmくらいの小ぶりの果実しかできたことがない。まあ、何にも世話しないで、見つけたらブチブチ抜いているくらいだからな。肥料とかが足りないのかな。

e0134713_18512684.jpgでも小粒ながら味はちゃんとしたラズベリーだし、庭のあちこちでちょこちょこ収穫できる果実があるっていうのは悪くない。

娘と摘んで回って、お菓子の飾り付けに使ったりする。


そんな感じで、超大実ラズベリーという前評判からは期待はずれだったプチルビー。
だけど、花は大きくて日陰でも次から次へと咲き、とっても綺麗なんだよな。
果実としてより、花としての価値が高いかも。
e0134713_18513088.jpg

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

散歩中に立ち読みした本。
幻の遺稿「船の中のこと」ってのが素っ気ない描写で何となく面白く、やっぱり続きが読みたくなって、買いに戻った。ずいぶん歩いた。

佐野洋子 追悼総特集: 100万回だってよみがえる(文藝別冊)

佐野洋子だったら、私は「百万回生きた猫」は好き。
一方、いかにもキャラが立ったエッセイは、サバサバ成分過多の酔っぱらいみたいで(失礼か……)、それほど好きじゃない。

色んな人が寄せる佐野洋子への追悼メッセージ——特に女性作家たちからの——は、妙にありがちでパンチが無かったという感想。まあでも同性の先達には、こういう感じになっちゃうよな。リスペクトっていうのか?

それとは対照的に、本当に個人的な付き合いがあった人たち(同級生や元夫、息子など)がチクッとこぼす困った人だった感は、何とも興味深かった。たぶん遠い人には豪放磊落の身振りができても近しい人には難しい人だったんだろうなー。でも、そっちの難しくって対人関係に満たされない部分の方が、創作には役立ったんだろうとか思って、ちょっと悲しく思ったり。

「つい良いお母さんを演じてしまう」という岸田今日子と「私は私でしかいられない」佐野洋子の対談も面白かった。しかし自分が子供だったら、やっぱ岸田今日子の子供に生まれたいとか思う。葛藤を抱えた母の「私は私」に対抗するには、子供にもエネルギーが必要そうだ。


[PR]

by macchi73 | 2014-05-12 23:55 | 【庭】収穫、料理 | Comments(2)
2014年 04月 22日
不審な薔薇
e0134713_2125199.jpg

庭隅のプチルビー(バラ科の野いちご)の花が満開になりはじめた。
その隣では白木香バラも沢山の蕾を膨らませている。

庭のバラを見回ったら、どれも元気に葉を広げて蕾をどんどん上げていて楽しみ……なんだけど。むむ!
e0134713_2125586.jpg

一つだけ、全く芽を動かしていない株がある!

今年植えたばかりのローズドレッシュだ……。ショック。

保証付きバラ苗(数ヶ月内に枯死したら返品可)っていうので買ったんだけど、枯死してる訳でもないしなあ。地上部を見ても特に怪しいところは無いみたい。

こういう時は掘り返して根とか見て、何かしないとダメなのかな?
でも春本番に入ってから根をいじるのはあんまり良くないとか言うしなあ……。
バラの植え付け時の不良って経験したことが無く、ちょっと迷い中。
e0134713_21261225.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-04-22 23:55 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(4)
2012年 05月 19日
ベリーサワー
e0134713_14541275.jpg

庭のベリー類が実を結び始めた。
葉っぱをかきわけて、収穫する。宝探しっぽい。

e0134713_14543189.jpg
一際甘い香りがするのは、ワイルドストロベリー。

味はイチゴの方が美味しいが、香りはイチゴの何倍も甘いので、加工用に重宝する。


e0134713_14544595.jpg
プチルビーは、味も香りも見た目もラズベリーに似てる。

実は先週だか先々週、たわわに実っているプチルビーを見て、週末に時間ができたら収穫しようと思ってたんだった。
が、今日見たら、殆どの実が花托から外れて地面に落ちてしまっている。がーん。
プチルビーサワーを作ろうと思って、リンゴ酢と氷砂糖、買ってきておいたのになー。

e0134713_14551832.jpg残っている果実も、触るとすぐポロリと地面に落ちる。

柔らかくなってしまっていて触ると潰れるし、もう熟れ過ぎだ。

プチルビー(というよりラズベリー全般か?)って、収穫時期がシビアなんだな。次回からは、見つけたらすぐに収穫するよう気をつけよう。


仕方無いので、冷凍ラズベリー、ほんのちょっとのプチルビー、ワイルドストロベリー、イチゴを混ぜて、ベリーサワーを漬け込んだ。
大人が昨日漬けたローズウォッカを飲む時、子供たちにはベリーサワーを飲んでもらおう。色、同じだし。

e0134713_14561950.jpgベリーサワーの作り方:
●煮沸消毒した小瓶に、ベリーと氷砂糖とリンゴ酢を入れる。
●3日後くらいからが飲み頃。
●そのままだったら、冷蔵庫で2週間保存化。
●3日後にベリーを取り除けば、1ヶ月は保存化。


今回はジャムの大瓶(果実酒瓶と比べるとすごく小さい)に漬け込んだので、多分すぐ無くなっちゃうから、ベリーは取り除かないと思う。

飲み終わった後に残ったベリーは、朝食のスコーンかパイの具にするつもり。


2012/5/29
夕食時には、大人はローズウォッカで、子どもはベリーサワー。
色が全然違うのは、子どもたちはベリーサワーの牛乳割りが気に入ってしまったから。

牛乳割りにすると、色はほんのりピンクで、味と食感は天然フルーチェと言った感じ。
ラズベリーの香りが出ていて酸味もまろやかになって、とっても美味しい。

e0134713_2129614.jpg

[PR]

by macchi73 | 2012-05-19 23:53 | 【庭】収穫、料理 | Comments(0)
2012年 05月 06日
白薔薇の木戸
e0134713_20371353.jpg

連休最終日、上の子たちはライブなんかに行っちゃった。
私も末っ子と一緒に朝から出かけたら、日差しも風も強くって、薄着に風が気持ち良い。
いっとき天気雨。これは植物も喜んでるだろう。

帰宅したら、学生時代のメンツが子どもを連れて遊びに来てたので、大人はスクラブル(またか!)。
GW最終日を記念して、ゴールデン・キングのタイトルを賭けて勝負したら、ふっふ、私が優勝でした。
これから次回の勝負までは、ゴールデン・クイーンと呼んでもらうことにする。
略してクイーンでも良し。ゴールデンでも良し。

暗くなってお別れしようとしたが、子供たちがなかなか別れない。
亀に餌をあげたり、オジギソウをおじぎさせて回ったり、庭で走り回ってるのをしばらく眺める。
子どもと庭。私が一番好きな風景だ。夕方はまだちょっと肌寒いね。

気付いたら、庭の正面の木戸が白いバラでいっぱい。
大株化してやり場に困ってしまった植物を寄せ集めただけだが、奇しくも全部白いバラ科植物だった。
意図した結果じゃないけど、白ばっかってのも綺麗だな。夜には特に。

左側に「群星」、右から自然に天蓋を作るように白木香バラ、そして足元には頭巾茨プチルビー
e0134713_20381145.jpg

群星が咲くのは、まだもう少し先っぽい。
頭巾茨は満開を迎えたところで、プチルビーはもう苺が出来始めてる。
白木香バラは、今ちょうど咲き始め。これからもっと綺麗になるだろう。

すぐまた遊ぼうと約束を交わして、やっと別れる気になる子供たち。
近いうちにまたBBQでもしようか。

 「絶対だからね!週末ね(by 子)」
 「いや週末は早いでしょ(by 大人)」
 「いいの、いいの!(by 子)」「ね!(by 子)」

って、なんか別れるたびに子供たち同士で勝手に次回の約束してる気がする。
そして大人たちは約束破りの汚名を被る(だって、とてもそんなに会ってらんない)。

* * * * * * *

りょうりをしてはいけないなべ(シゲタ サヤカ)

こどもたちが喜んでた絵本。シリーズで何冊かある。
私はそんなに面白いと思わなかったけど、表紙裏とか挿絵に、シリーズ全部通して読むと「見つけた!」っていう色んな仕掛けが隠してあるらしい。子どもはそういうの好きだよな。


[PR]

by macchi73 | 2012-05-06 21:13 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(5)
2011年 04月 29日
クサイチゴ
e0134713_23193868.jpg

サイクリングに行った山の林に、うちの庭のプチルビーとそっっっくりな花が広がって咲いていた。

ええ!プチルビーって、こんなに普通に野生に見られるものなの?と思って、調べてみたら、これはクサイチゴという野イチゴらしい。
クサイチゴを品種改良したものがプチルビーだということ。
へえ、それにしてもソックリだ。

クサイチゴの果実も食べられるらしい(結構美味しいという話もある)。
これだけの野イチゴが色付いたら、結構壮観なんじゃないかな。
6月頃に熟すらしいので、また来てみようかなーとか思ったり。
[PR]

by macchi73 | 2011-04-29 23:31 | 【自然】雑草、野草 | Comments(0)
2011年 04月 16日
プチルビー(2年目)
e0134713_22362364.jpg

去年の春に植えたプチルビーが、生垣前や裏庭で、いつの間にか大株になっている。
去年は全然存在感のなかったプチルビーだが、もしかしたら今年は行けるかも……!!

e0134713_22432255.jpg
普通のイチゴやラズベリーやブラックベリーなんかに比べて、花がとても大きいので見栄えがする。

花の大きさに比例して果実も大きいという評判なんだけど、去年は結実しなかったんだよなあ。

大株化している場所を見るに、雨の当たらない乾燥した場所の方が性に合ってるのかな?

[PR]

by macchi73 | 2011-04-16 22:47 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)
2010年 02月 01日
プチルビー
プチルビーの育て方:
●果実が大きく、樹形はコンパクトにまとまると売り出し中のラズベリー。
●花期は5-6月、収穫は6-7月。
●乾燥と夏の直射日光に弱いので、夏には日陰になる場所に植える。
●施肥は春と秋に緩効性肥料。剪定は冬に、前の夏に結実してしまった枝を間引く。
●基本的な育て方は、ラズベリーに準ずる。


2010/2/1
大きな鉢に植えているイチジクの株元のマルチングになるような植物を探していたら、低く茂って広がるというラズベリーの苗を見つけた。
摘果をちゃんとすれば(絶対に私はしないだろうと確信できるが)、なんと500円玉大の果実が収穫できるらしい。いいね~。

e0134713_22351526.jpg

しかし植付け直前に調べたところ、イチジクはアルカリ土壌を好む(そう言えば毎年一回、石灰を施している)のに対して、ラズベリーは酸性土壌を好むらしい。
ラズベリーは生育旺盛なので、そんなに土壌に左右されないとは言うが、好みが反対の植物をわざわざ一緒に植えるのも何だしなあ…。

仕方なく、プチルビーは庭の水道周りに植え、イチジクのマルチングはまた次の機会にまわすことにする。

2010/3/6
雨の中、最初の花が咲いた。大きい。

e0134713_1534915.jpg

2010/3/13
2番花、3番花が咲き始めている。
タグには花は5月と書いているんだけど…。
こんなに早く咲いた花だと、結実は無理だったりするかな?

e0134713_20374678.jpg

2010/11
結局今年は、500円玉には程遠い、ひねたような小さい果実を1,2個つけただけだった。
しかもニョロニョロ徒長した茎のトゲが引っかかると結構痛い!
これはちょっと期待外れだったかなーと思いながら、人が歩かない庭隅に小分けにして株分けしておく。

2011/4
いつのまにか広がり、生垣前はプチルビーがグラウンドカバーになっている。
結構キレイ。

e0134713_22362364.jpg

2011/7
花が多かったので収穫も期待したが、果実は殆どつかなかった。なんでだろう。
ラズベリーだと収穫までは植付けから2年くらいかかるもんらしいから、プチルビーもそうなのかな?

2012/4/19
庭隅のぐるりで大株化している。
白い大きな花は風情があってキレイだが、コンクリート道路に接しているブロック塀の前は良いとして、生垣側は、今年の収穫を見たら抜いておこうかと思う。このままにしとくと、草刈りの必要が出てきそうだし、下手すると敷地の外にまで脱走しそうな勢いだから。

ま、我が家の場合は四方とも道路に面していて、隣接した住居というのは無いんだけど。
お隣さんと地続きのお宅では、地植えするには要注意の植物かもしれない。
でもすごく丈夫で、勝手に育つのは良いところ。鉢植え栽培がお勧めか。

e0134713_9371621.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-02-01 20:35 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(0)