「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ブロッコリー ( 1 ) タグの人気記事

2014年 03月 31日
ミニ野菜の種まき(ニンジン、タマネギ、ブロッコリー)
e0134713_10204526.jpg

末っ子のミニ菜園をプランターで拡張して、種まきをした。
今回まいたのは、「ベビーキャロット」「ベビーオニオン」「茎ブロッコリー」「ベビーリーフ」。
どれも通常より小型のミニ野菜だ。菜園自体が小さいからね、省スペースで。

e0134713_10214139.jpg先々週くらいに撒いたラディッシュは発芽している。

ちょっと低温続きだったから20日じゃ収穫できなさそうだけど、まあ順調。

畝の間に、さらに土を入れてベビーオニオンの種も撒く。


本当は土作りからちゃんとやると良いんだろうけど、ちょっと手抜きして、プランターに元肥入りの市販の野菜の土を入れて、その上に種まき用土を敷いてから種まきした。
どこに何を撒いたか忘れないよう、子供たちにその辺の石ころにクレヨンで野菜の名前を書いてもらう。
e0134713_2322142.jpg

今日まいた種は、どれも収穫は6月中旬の予定。
そんな話をしてたら、遊びに来ていた小学生たちが「じゃあ、6月にパーティーしようよ!一緒に食べよう!」と言う。ふふ。いいねえ。じゃあ遊びに来た時には頑張って世話してね。
e0134713_1026041.jpg
しとしと雨の休日。たぶん野菜の種は、土の中で水を吸ってムクムク膨らみ中。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


【ベビーキャロットの育て方】

●10cm程度の超早生ミニニンジンで、柔らかく甘みがあり、そのままの形で食べられる。
●発芽温度15-25℃で、発芽までは5〜14日。生育温度は20℃前後。
●発芽後は順次間引きを行い、本葉4,5枚のころに株間2〜3cmにする。
●種まきから収穫まで75日前後。なので、4月に種まきすれば収穫は6〜7月。
●元肥を施せば、追肥は不要。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【ベビーオニオンの育て方】

●発芽温度は20℃前後。発芽までは1週間ほど。生育温度は15〜20℃。
●条間5cmで種まきできるので場所をとらず、プランター向き。
●芽が伸びて来たら株間3〜5cmに間引く。株間に比例した大きさになる。
●葉が伸び始めたら追肥と土寄せする。
●6月頃、肥大したものから順次間引き収穫する。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【茎ブロッコリーの育て方】

●発芽温度は20〜25℃。発芽までは5日前後。生育温度は15〜20℃。
●本葉2枚になるまでに間引いて1本立ちさせる。
●本葉5枚になったら株間20cm以上にする。茎がぐらつかないように支柱を立てること。
●頂花蕾(主枝のてっぺんの蕾)が2〜3cmになったら摘心して、脇芽を出させる。
●脇芽の花蕾が500円玉程度の大きさになったら枝ごと切り取って収穫する。
●枝を切り取る場合は、切口が乾きやすいよう外側に向かって斜めに切る。
●枝を収穫したら必ず追肥する。肥料を与えると次々側枝が育って長期間収穫できる。
●4月頭に種まきしたら、これも初収穫は6月中旬くらいっぽい。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

【ベビーリーフの育て方】

●弁当などにも便利な小さな葉もの野菜たち。
●我が家の定番。育て方は毎年同じ。チョー簡単。失敗なし。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

[PR]

by macchi73 | 2014-03-31 06:00 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(7)