「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ブライダルピンク ( 2 ) タグの人気記事

2010年 10月 13日
秋のバラ
e0134713_221455.jpg

猛暑だった夏も終わり、ぐっと涼しくなった今、また庭のバラが咲き始めた。

上の写真は、門柱脇のブライダルピンク。
東の庭では、バレリーナも咲き出している。

同じバラでも、春の方が花の数は多いが、秋の方が花が大きくて綺麗な気がする。
花数が少ない方が、一輪に使える栄養は多いからかな?
それとも、数が少ない分、目立つから大きく感じるだけだろうか。

2010/11
ブライダルピンクに一ヶ月遅れて、つるスターリングシルバーも咲き始めた。
このバラは、花も綺麗だけど香りが凄く良い。レモンのお菓子の匂いに似てる。



e0134713_23323788.jpg
品種不明のミニバラも咲き始めている。
180円のミニポットバラだが、中心部から外側へ花の色がグラデーションになっていて可愛い。

2010/12/4
庭で何か光ってる!と思って見たら、アンジェラだった。
そろそろ秋のバラというより冬のバラかな。
でもまだまだ蕾が沢山ついている。

e0134713_16473194.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-10-13 22:13 | 栽培日記:秋の植物 | Comments(0)
2009年 05月 23日
バラ (ブライダルピンク)
●育て方はバラを参照。
●花は瑞々しいピンクで、いかにもバラっぽい形(剣弁高芯咲きと呼ぶようだ)。
●華奢な見た目よりかなり丈夫で、開花期が春から晩秋までと長い。


2008/3
ポット苗を植付け。割と背丈はあるが、茎が細くてカクカク曲がっているのが華奢な印象。

2009/12
去年の春から今まで、途切れずにいつも1〜3輪の花を綺麗に咲かせている。
茎が細く葉数も少なめでヒョロヒョロと上へ上へと伸びる感じがやや頼りないので、支柱に縛って直立させておく。
来年はもう少し株をがっしりさせたいな。
2009/1/31
痩せっぽちの茎をグッと短く刈り込んでみた。
2009/4/18
冬にかなり思い切って切り戻したが、暖かくなったらちゃんと葉っぱを沢山出している。
茎も去年よりしっかりしたようだ。まだ小さいが、蕾も幾つかついている。
2009/5/6
しばらく留守にして帰宅したら、雨のなか綺麗に3輪咲いている。
よく見たら、蕾も数え切れないほどついていて、今年は豪華になりそうだ!

e0134713_17104187.jpg

2009/5/16
一房に20個くらい蕾をつける感じになっている。
これだと混み混みで綺麗に咲けない気がするんだけど・・・こういう時は摘蕾とかした方が良いんだろうか。

e0134713_0173181.jpg

2009/5/21
「そうです。こういう時は摘蕾や摘花した方が良いのです」ということを教えてもらったので、摘花を行った。
花、見るからにギュウギュウ詰めだしね。

と言っても、これから咲くであろう蕾を摘むことが、勿体なくてどうしてもできない。ケチな性分。
開き過ぎてもうそろそろ終わりの花を摘むのが精一杯だった。
しかも、摘んだ花を捨てるのも惜しくてドライフラワーになど挑戦してしまう。鴨居にずらりと並んだ盛りを過ぎた花たち。
よく人生相談などで見かける「老いた母が物を捨てられません。どうしたら」的なものが思い浮かぶ・・・。
我が身世にふるながめせし間に。

e0134713_13303629.jpge0134713_13305265.jpge0134713_1331177.jpg
e0134713_21552855.jpg


2009/8/25
暑さも盛りを過ぎた感のあるこの頃。
気付いたら、ブライダルピンクがまた房状に花をつけている。
こんなに咲くということは、追肥とかしないとダメなのかなあ。

2013年
相変わらず、常に咲いている。病気にもならず、とても丈夫。
毎年、気が向いたら適当に刈り込んで(年に数回)、2月に施肥を一回するだけ。それでも大輪の花を沢山つける。
ただ、あまりにいつも咲いているのと、儚さのないカッチリ固めの花なので、扱いが段々と雑になりつつある……。
[PR]

by macchi73 | 2009-05-23 13:48 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)