タグ:ピエール・ド・ロンサール ( 4 ) タグの人気記事

2012年 04月 23日
根頭癌腫病?→ カミキリムシだった
e0134713_7535053.jpg

縁側の柱に這わせたピエール・ド・ロンサールが、葉を出さない。
他のバラは全部、もう、青々とした元気な葉っぱを繁らせているのに、ピエールだけが丸裸。
e0134713_7553194.jpg

最初は「今年は寒いからかな?」と思ってたけど、ここまで来ると、もう何かまずいことになってるとしか思えない。

幹は枯れてる訳では無く、一応、枝には小さい芽はついている。
が、そこから葉が展開するところまで行けないようだ。
e0134713_757384.jpg

気がついたのは、根っこのところがコブみたいになっている。
これって、もしかして話にきく癌腫ってヤツなんだろうか……。

他のバラも調べてみたが、ピエールの他は元気。葉の茂り方が全然違う。
幹の根元もシュイっと真っ直ぐになってる。

e0134713_7593543.jpge0134713_7593867.jpg

ただし一つだけ、この冬に購入したジャスト・ジョーイだけは、ちょっと根元がポコッとしてるかな?
葉っぱはちゃんと繁っているけど。

e0134713_81065.jpge0134713_81712.jpg

実はこれまで、バラに関して何のトラブルも体験したことが無いので、これがガンシュなのかどうなのか見分けられずにいる。見ようによっては、単に接木の融合跡のようにも見えるし……。

また、癌腫だとしたら、他への感染を防ぐためにも必ず廃棄しかないのか?治ることもあるのか?園芸書やサイトによって色々書かれているので、どうするのが良いのかも迷い中。

ピエール、一番目立つ場所で、いつも大きな花をつけてくれていたバラなので、ショックだ。

2012/5月
みるみる枯れ込んで来てしまったので、根元を調べてみたら、グラグラしてる。
少し掘ってみたら、オガクズが沢山出て、大変なことになっていた。
カミキリムシだったか!
e0134713_19322779.jpg

まだ息のある枝を、急いで挿木としてバックアップを試す。
本体の方は……悲しいけど、もうダメみたいだなあ。殆ど根に繋がってない。
残念だけど掘り返すことにした。
地中の根にも細根が全く無いのは、これはカミキリじゃなくてコガネムシのせいかも?

e0134713_1935522.jpg

去年はシジュウカラがカラスにやられて巣立てなかったせいか、庭で見かける甲虫がすごく多かったのを思い出す。
いつもは鳥がモリモリ食べててくれたからなあ。

親虫をよく見かける=翌年の幼虫による虫害が大きくなるっていう自然の摂理を実感。

シジュウカラ、戻って来て欲しい……。
[PR]

by macchi73 | 2012-04-23 07:53 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(6)
2011年 05月 30日
ダブルセンター(バラの中心が分かれる現象)
雨に打たれて、バラの季節が終わろうとしている。
せっかく綺麗に咲いてたのに最後ベチョベチョになって終わるのも悲しいので、盛りを過ぎた花は早目に摘んでしまうことにした。

これまでは花殻摘みなんて殆どしたことがなかったけど、今年はどのバラもモリモリと良く咲いてくれたからなー。養生してもらわないとだ。

e0134713_21454787.jpg

写真は、うちのバラの中で一番最後まで咲き続けてくれる、花期が長いバレリーナ。
ピンク色の小さな花が沢山、ちょうどリビングの窓の外にこんもり見えて、目に優しい。
背後にはつるアイスバーグの白い花が見えている。

花殻摘みをしながら、なんで今年はこんなに花が大きく多花なんだろうと不思議に思う。
もしかしてアレのおかげだろうか……と思い当たることがたった一つだけ。

まさかの馬糞効果?

そういえば、縁側前のピエール・ド・ロンサールにはハート型の花が咲いてる。

あはは、面白いね〜!なんてウケていたら、これは花芯が分かれる「ダブル・センター」という現象で、バラ愛好家にはあまり喜ばれないらしい。
原因は、肥料過多や寒暖が激し過ぎるとか、色々な説があるようだ。

肥料過多って……つまりそれは、やはり馬糞疑惑なのか!?(しつこい)。

e0134713_222561.jpg
でも寒暖の差も激しかったし、そっちが原因かもしれないし。

まあ、ハート型、子どもに受けてたから良いかな。



▼その他のバラも見る
[PR]

by macchi73 | 2011-05-30 21:45 | 【庭】季節の様子・庭仕事 | Comments(2)
2010年 06月 11日
ササグモ(笹蜘蛛)



外出しようと玄関を出たら、ピエール・ド・ロンサールの蕾の上でササグモが食事中だった。

透き通った黄緑色の体には黒い剛毛がまばらに生え、腹の先は尖っている。
獲物を引っ掛けるための巣は張らないが、動きが素早く、飛び跳ねて獲物を捕まえる狩りの名人。

5時間ほど後に帰宅したら、今度はヨコバイを食べているところだった。
凄いな。空飛ぶ虫をも捕まえる……。

e0134713_2192172.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-06-11 21:15 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 04月 10日
バラ (ピエール・ド・ロンサール)
ピエール・ド・ロンサールの育て方:
●育て方はバラに準ずる。
●つる性。病害虫に強いらしい。
●2,3年たった枝はどんどん根元から切って更新する。


2008/3
近所のバラ好きなお肉屋さん(バラ肉にあらず。ローズの方)が、最初に植えるならとイチオシしていた品種。
丈夫なのにとっても優美な花らしい。
地上15cmくらいの株を軒下に植え付けた。
2008/9
無農薬ゆえ、虫に食われて丸裸。
ま、庭のバラや柑橘類は、だいたい一度はそうなるんだけど。美味しいんだろうな。
でもピエール氏は回復力が強いようで、裸になってもなっても、気付くとまた新しい葉が展開している。

e0134713_21461669.jpg2009/1
去年は花は見られなかったけど、蔓はけっこう伸びて来た。
寒くなったら虫がいなくなったので、葉っぱも元気。
でも未だに葉っぱが落ちないで紅葉してるんだけど、これって普通なのかな。
葉っぱを落とさないように、おそるおそる誘引。茎は太いけど瑞々しくてソフトな感じ。



2009/4/10
蔓も順調に伸びて葉っぱも繁り、絡めている柱が見えにくくなってきた。
しかし相変わらず葉っぱが紅葉状態なのが気になる。
よく見たら、丸々した蕾を5つほど付けていた。今年は花が見られそう。楽しみ。

e0134713_21195445.jpg

2009/4/26
花が咲いた。大きい。
まだまだ蕾が沢山ある。嬉しい。
花に鼻を近づけて嗅いでみたが、バラらしい芳香は無いようだった。

e0134713_2345217.jpg

2009/4/29
最初の方に咲いた花はどんどん大きく開くが、しっかりと肉厚で、だらしない感じにはならないのが嬉しい。
次々新しい蕾が開いているが、まだ全然開いていない蕾が20個くらいある。
全部開いたら豪華だろうなあ。

e0134713_19165866.jpg


2010/5/21
植えて3年目の今年、花の大輪化が顕著。
もっくり重そうな花が毎日もくもく咲くので、どんどん切花にして部屋を飾ったりしている。
花持ちが良い。
ただ、シュートが出易い品種だと聞いたのにまだシュートが一本も出てないんだよなー。
他のツルバラと比べて、蔓の伸びはかなり遅い。なんでだろ。

e0134713_21342058.jpg
雨の日のピエール。いい感じ。

e0134713_21352495.jpg
晴れの日のピエール。いい感じ。

e0134713_2136874.jpg
株の伸びは遅いが、花付きは良い。
切り花用に花を摘みながら、「あ!写真撮っておけば良かった」と慌てて撮影。
摘む前に撮れば良かったなー。



2012年
去年はシュートも出して、いきなり大きくなって花付きも立派だったのに……。
今年はいつまでたっても株に動きが無いと思ったら、カミキリムシにやられてしまっていた。ショック!!
[PR]

by macchi73 | 2009-04-10 21:20 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)