タグ:ヒラタアブ ( 4 ) タグの人気記事

2017年 05月 11日
アブラムシの天敵(ヒラタアブ、テントウムシ、アブラバチ, etc.)
e0134713_23435199.jpg

ここ数日でバラが一斉に咲き始めた。急にカラフルになる庭。

気づけば3月4月と蕾にびっしり隆盛を誇っていたアブラムシたちが、急速に数を減らしている。どうやら、アブラムシたちに少し遅れて孵化したテントウムシやらヒラタアブやらの幼虫たちに、もりもり食べられてしまったらしい。

「アブラムシは陸のプランクトン」と昔の誰かが言ったようだ。

姿が見えなくなったアブラムシたちの替わりに、成長して庭を飛び回っているたくさんの天敵たちの様子をみて、本当になあ!と思う。君らみんな、早春の庭に満ち満ちてたアブラムシを食べて大きくなったんだな。


ヒラタアブ: 扁虻

アブラムシの群れの近くには、だいたいこのスケルトンの体を持つ幼虫あり。
意外とスピーディーな動きでアブラムシの群れに忍び寄り、見る間に群れを平らげる。
e0134713_2346129.jpg

ヒラタアブはアブラムシの中身だけ吸うらしく、粘着力ありそうな透明ボディに茶色っぽく干からびたアブラムシの骸を沢山くっつけて移動していた。餌場を食べ尽くしたら、また次の餌場へ。
e0134713_23462248.jpg
そんなにスケルトンでないタイプの幼虫もいる。多分、クロヒラタアブの幼虫。
e0134713_23463829.jpg
そうやって2週間くらい、一帯のアブラムシを食べ尽くして丸々と大きく太った頃、貝のような変テコな形の蛹になる。
e0134713_23465418.jpg
2、3週間の蛹の状態を経て、成虫が羽化。これはホソヒラタアブかな。
e0134713_2347379.jpg
成虫はアブラムシではなく花粉や花の蜜を食べて庭を飛び回り、ホバリングしながら交尾を行う。春に花をつける様々な果実の受粉を助けてくれる、庭の益虫だ。

成虫は交尾後、アブラムシが多くいる場所を探して付近に産卵する。卵は3日ほどですぐ孵り、そしてまた最初に戻る。受粉だけじゃなく、アブラムシも減らしてくれるなんて。ガーデナーは須くヒラタアブを讃えるべし。


テントウムシ: 天道虫

アブラムシの天敵といえば、テントウムシ。
どの虫もそうだが、孵化したばかりの幼虫って小さい。赤ちゃんぽくて可愛いものだ。
e0134713_01064401.jpg
しかし小さくても食べ盛り。自分より大きいアブラムシもどんどん捕まえて食べちゃう。
e0134713_23503073.jpg
そして脱皮を繰り返しながら、アブラムシを食べながら、どんどん大きくなる。
e0134713_23505157.jpg
こちらも孵化から3週間くらいで成虫になり、アブラムシの近くにまた産卵する。卵は3日ほどで孵り、幼虫はまたアブラムシ喰いへ。
e0134713_23511710.jpg
と思ったら……右側のは、ヘリグロテントウノミハムシじゃん!長い触覚が目印。騙されたー。


アブラバチ: 油蜂

アブラムシの体内に卵を産みつけ、ミイラ化させてしまう小型の寄生蜂。
ミイラ化したアブラムシをシャーレにとってしばらく観察していたら、お尻のあたりが丸く蓋のように開いて黒い蜂が出てきた。ガラスの厚みが結構あるので、写真では定規よりかなり手前で写ってしまってサイズが大きく見えるが、体長3mmはいかないくらいの小さな蜂だった。
e0134713_171166.jpg


その他: サシガメ

その他にも、アブラムシを食べる虫は色々いる。下の写真はアブラムシをくわえてトコトコ歩いてたサシガメの幼虫。
e0134713_23521081.jpg

ジューシーで柔らかくて大量にいて捕獲も容易いアブラムシは、きっと色んな虫たちの共通の離乳食(?)みたいなもんなんだと思う。庭の虫たちにとっては、思い出の懐かしい味だったりするのかも。
e0134713_2352295.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-05-11 23:55 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(6)
2012年 02月 22日
福寿草とフタホシヒラタアブ
e0134713_1116711.jpg

上の子たちの第一志望校受験日の3日前にして、末っ子がインフルエンザと判明。
予防接種はしてるけど、いま感染したらマズ過ぎる!と万が一のことを考え、私と末っ子は奥の部屋で隔離されて過ごすことにした。

その間、娘は急に饒舌になったり、吐いたり鼻血を出したり。。本読んでよう、甘いもの食べたい、水ちょうだい、お母さんイビキしてるよ(ごめんごめん)と耳元で囁かれたりで、一緒に細切れに寝起き。
娘の寝顔を見ながらウトウトして、変な夢を沢山見た。

そうこうしてる内に熱も下がり、明後日には登園できますと病院からも言われて、一安心。
上の子たちが登校してしまったお昼に、そっとリビングに出てきて、のんびり過ごす。

夫に労ってもらおうと、私も首が痛いよ、熱うつったかも……と弱々しく言ってみたら体温計を渡された。
測ってみたら、35.5℃。ふ。かっこうわる。

サンダル履きで庭に出て鼻歌してたら、福寿草が咲いていた。
2007年に初めて咲いてから、もう6年目か。
毎年、毎年、似たようなこと。

e0134713_1133181.jpgこんな寒い時期、虫なんかいないと思ったら、ヒラタアブがせっせと蜜を吸っていた。柄がちょっと独特。フタボシヒラタアブかな?

冬でもクリスマスローズやビオラが受粉するのって、こういう虫たちのおかげなんだな。

花に止ったヒラタアブを見ながら、朝方の夢をちょっと思い出す。

夢の中では、地底湖のような巨大シンクのような場所に、白衣のガイドと二人でボートを浮かべてた。
「この液体の透明度は100%、つまり空気中と同じように物が見えるってことです。空気と同じなんです!」などと嬉しそうに説明してくれている。で、手を入れても濡れた感じがしない。面白い。
そして確かに凄く透明。だけど表面には影が映っていて、中がよく見えない。
ふーん、透明度は空気と同じでも屈折率は違うのかな、と言ったら、なんとなく不機嫌になる白衣。
そんな夢。


「プリンセスと魔法のキス」

少し元気になってゴロゴロしてる娘とDVDを観る。
背景が西洋で、黒人の王子王女って珍しい感じかな?オバマと関係あり?
とか考えていたら、星に恋する歯抜けのホタルのシーンで、娘と二人で涙目になってしまった。

面白かったや。蓮の花が綺麗。


[PR]

by macchi73 | 2012-02-22 11:34 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(6)
2010年 06月 01日
アメリカフウロ草の上のヒメヒラタアブ
e0134713_2014596.jpg

パッと見ミツバチっぽい雰囲気だけど、とっても小さいヒメヒラタアブ。
幼虫はアブラムシをもりもり食べてくれる、頼もしい庭の益虫だ。

とまっている草はアメリカフウロソウ。
黒くて尖った、変な形の種をつけている。
可愛い小さな花と真っ赤な紅葉が特徴の可愛い雑草と言えないこともないが、この種が弾けてどんどん・どんどん増えるんだよなあ。
[PR]

by macchi73 | 2010-06-01 20:19 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)
2009年 05月 02日
ヒラタアブ
e0134713_13472242.jpg

幼虫はアブラムシを大量に食べてくれる、園芸家にはありがたいアブらしい。
腹が平たいのが特徴なので、ヒラタアブ。
[PR]

by macchi73 | 2009-05-02 08:35 | 【生物】昆虫・その他の生物 | Comments(0)