「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ヒヨドリ ( 3 ) タグの人気記事

2016年 03月 25日
極上の味?
e0134713_183498.jpg

外で遊んでる小学生たちが玄関にやってきて、ナイフ貸してー!と叫ぶ。物騒な。

聞けば、うちの生垣の外に落ちてる夏ミカンを剥いてオヤツに食べたいんだけど、固すぎてとても皮が剥けないんだと言う。なるほど。私がナイフを貸してケガされたら面倒だから、今ここで剥くなら良いよ、とナイフを渡す(←事なかれ主義の大人代表)。

しばらくしたら、庭先で果実を割ってかぶりつく子供たちの、「うわー極上!極上の味だあ!」という賑やかな声が聞こえてきた。本当か?本当にそんなに美味しいのか?見た感じ、固くて酸っぱくて美味しくなさそうだったけどなあ。

でも、なんで冬に実る果実なのに夏ミカンっていうんだろう?

ちょっと気になってwebで調べたら、酸味が強く食用には向かず、初夏になってやっと酸味が減るからと書かれていた。なんだよ、やっぱりいま食べてもそんなに美味しくないんじゃん……。

極上!極上!と騒いでいた子供たちの様子を思い出して、改めて笑ってしまう。子供の味覚って、楽しさによるプラセボ効果が大きいんだな。

* * * * * * * * * * * * * * * * *

で、数日後。
子供たちが食べ終わった皮や実の破片を庭にポイポイ落として行ったせいで、それをついばみに色んな野鳥がやって来ているのに気付いた。嬉しそうに地面をつっついている。子供も小鳥も柑橘類が大好きか。
e0134713_183766.jpg
e0134713_18113237.jpg

[PR]

by macchi73 | 2016-03-25 23:55 | 栽培日記:ハーブ、果樹、野菜 | Comments(4)
2011年 01月 23日
吉祥寺の野鳥
e0134713_18165875.jpg

井の頭かんさつ会が主催している冬鳥観察会に参加してきた。
観察された鳥は全部で29種類!!すごーい。

自分だけではなかなか見つけられないが、指導員の方を見ていると、
 ・鳴き声と鳥名が結びついていること
 ・樹木の同定も得意で、どの木の実が鳥に好まれるか知っていること
 ・鳥の生活サイクルを知ってること
などが大事なようだ。

午前中の3時間ほど観察して解散。
解散後、行きつけの喫茶店でランチして、午後は家族だけで探鳥してたら、会では観察しなかったジョウビタキを見っけ!
やった、これで30種類!!

休日の井の頭と言えば、物凄い人混みでうんざりするくらいなのに、こんなに色んな鳥が生活してるとは……。
ちょっとした自然の中でも、案外野鳥ってうまく暮らしてるもんなんだな。
ただ、そのちょっとした自然すら、伐採などで減っているのが現状らしいのは残念なことだ。

e0134713_1954130.jpg
午後に見つけたジョウビタキのオス。
ハンドメイドの出店でごった返す通りの後ろの塀に、ちょこんといた。

うちの庭に来るやつもそうだけど、ジョウビタキってあまり人を怖がらないようだ。

e0134713_196166.jpg
時々、地面に散らばっている、夥しい量の羽。
これはオオタカなどの食事の跡だということだ。

e0134713_1971351.jpg
どこでもよく見かけるヒヨドリ。
バードウォッチャーたちにも素通りされていた。はは。

でも私は好き。
一番始めに自分で図鑑で名前を調べた、記念すべき鳥だから。

e0134713_196407.jpg
こちらもよく見かけるので素通りされがちなシジュウカラ。花の蜜を吸ったりもするので、花木のあたりでよく見かける。

私は今回教えてもらった「ヒガラ」という鳥とシジュウカラの見分けが付かなかったが、「ヒガラ」の方が小柄で、胸の黒い縦線が無いことで区別がつくらしい。

e0134713_1993957.jpg
鳥探しに少し飽きた人。

お母さんは探してていいよ、私は暖かいココで待ってるから、と言う。
いやあ……そんな場所で待たれても困る……。


[PR]

by macchi73 | 2011-01-23 20:42 | 子ども自然学習 | Comments(0)
2007年 02月 17日
ヒヨドリ
e0134713_2353091.jpg
息子の工作本を見て鳥の餌台を作ったところ、毎日ヒヨドリが来るようになった。

ホッペが茶色くて可愛い顔だ。
ただし声はギャーギャーって感じで、ちょっと喧し目。
大きさはハトよりはかなり小さく、雀よりは二回りくらい大きい。
始終餌台を見張って他の小鳥を威嚇して追い払っているところを見ると、ちょっと欲張りな性格かも。
[PR]

by macchi73 | 2007-02-17 01:48 | 【生物】野鳥 | Comments(0)