「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ヒヤシンス ( 9 ) タグの人気記事

2016年 03月 08日
春の芳香さんぽ(早く帰った日の夕方の)
e0134713_18441450.jpg

6時前に帰宅したら、まだ明るい。庭でボール遊びしている小学生たちが、薄着で「あ、おかえりー」と言う。気づけば夕方なのに全然肌寒さもない。この夕べのほの明るさ、暖かさ、もう春だ。

花の良い匂いがする。見たら、ローマンヒヤシンスの花で庭の地面が点々と青い。深呼吸して、肺いっぱいに香りの空気を吸い込む。ヒヤシンスだけじゃない、足元には水仙、少し先のお家の梅の大木、沈丁花の生垣、裏庭の白木蓮、色々な花が香っているようだ。うっとりする。
e0134713_18441734.jpg

ねえ、いま、色んないい匂いの花の時期だから、一緒にニオイ嗅ぎ散歩に行かないか?と小学生たちを誘う。そしたら、「うーん、行かない!ボールしてるから!」と元気いっぱいの返答。即答。なんとハキハキした子たちだ。了解。

それでその場を去ろうとしたら、末っ子が、「あ、きょう、生垣のとこのフキノトウ摘んだよー、友達とも分けたから少しだけど、今日食べようね!」と言う。キッチンのテーブルの上には、丸々したフキノトウがポツンと3つ。なんだか、何もかもが春を指し示している。
e0134713_18442330.jpg

そしてリビングへ行ったら、部屋じゅうピカピカで、夫が寛いでいた。うへー、どうしちゃったんだよ〜、すごいじゃん!と驚いたら、得意そうな顔で、まあねと言う。その澄まし顔にグッと来て、まだ明るいから二人で散歩に行かないかと誘ったら、「うーん、行かない…晩御飯の買い物してきて……」と、ここでも即答された。了解。

よし。だったら、距離を気にせずぶらついて来よう。
自転車で、お気に入りポイントの郊外の土手まで来て、上着を脱いで「シャツ一枚なのに寒くない!」と感動しながら、空が薄灰色になって、オレンジと青になって、藍色になるのを見た。頭の中で音楽を鳴らして、しばらくボーッとする。そして、やば、いつの間にか遅くなった……と、慌てて晩御飯を買いに、またチャリを飛ばす。

郊外の、木々と空の広々した感じって気持ち良い。で、そっから街へ繋がる黒くて滑らかな新品のアスファルトの道を自転車で滑るのも好きだ。それで、街に入ってからの、細かい路地にいっぱいお店や家が並んでキラキラ光ってて、雑多な人がざわざわ行き来してて、小さい子が駄々こねたりお母さんが怒ったりしてる声を聞くのも楽しい。
e0134713_18442177.jpg

晩御飯は、ゴロゴロした硬い肉がいっぱいのカレーにした。家族は柔らかいお肉が好きだけど、お母さんは硬い肉をチューイングするのが好きなんだ!そして、なぜかさっきより数が増えているフキノトウ−−「これ、美味しいんだよって話したんだけど、友達がやっぱりイイやって置いてったー」(by 娘)−−は、天ぷらにして食べた。ほろ苦くって美味しい、春の味。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今日の散歩BGMは、末っ子と一緒に弾ける簡単で良い曲ないかなーと思って、一昨日に楽譜を買って練習し始めた曲。CDはまだ届いてないから、本当にこういう曲かはよくわからないけど(楽譜よめない母子……)、すっかり親子の鼻歌ソング。



同じ作曲家の方の楽曲が、こちらのショップサイトでいろいろと試聴できた。トイピアノ用の曲、鍵盤が少ない分、子供と並んで弾けて楽しいかも。

『TOY MONEY & A GUEST AT TABLE NO.3』(木太聡)

[PR]

by macchi73 | 2016-03-08 23:55 | 書籍・CD | Comments(7)
2014年 03月 30日
浮き花
e0134713_16271099.jpg

娘と一緒に、庭の花を集めて水に浮かべた。
「これを浮き花と呼ぶ」って、生け花教室で教えてもらったようだ。

庭用の器に水を張って、その辺に咲いてる花をどんどん摘んでは浮かべていく。
この辺に赤い花を散らそう……とか、いい感じに整えつつ。アレンジは娘に任せた。

e0134713_16441321.png

ジャーン!完成。どうかな。

うーん。クリスマスローズとか入れないで、全部小さい花だけにして、いろんな水仙をいっぱい浮かべる方が好きだったかなーとは娘の弁。

その大きい花々を摘んで来たのは母です……。だって、派手で見栄え良いかなーと思ってさー。
でもそうね、アレンジ任せるなら、花も自由にさせた方が良かったね。もうちゃんと好みとか構想があるんだね。反省。

e0134713_16272264.jpg
浮かべたのは……

●水仙 ●忘れな草 ●桜草 ●雪柳 ●クリスマスローズ ●ナスタチウム ●ヒヤシンス ●花かんざし ●ネモフィラ ●フロックス ●ムスカリ ●ツボサンゴ

あと、名前を知らない幾つかの花。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

完成した浮き花を部屋に持ち込んだら、外で見た時より華やかに見える不思議。

光の感じもあるし、あとはやっぱり、庭だと器の外にもいっぱい自然があるからな。
屋内で、そこだけ切り取られたように自然があるっていう方が存在感は発揮するんだろう。華道もそうだね。

e0134713_16272670.jpg

[PR]

by macchi73 | 2014-03-30 06:26 | 庭仕事・収穫 | Comments(4)
2014年 03月 28日
春咲き球根(ムスカリ、ヒヤシンス、チオノドクサ)
e0134713_183819.jpg

朝の庭、第二弾。
いつもほの暗い庭ばかり見ているので、彩度の低い写真しかとれないぜ。ちぇ。

でも、薄暗い時ならではの雰囲気っていうのもある。静かで結構好きだ。それに良い匂いがする。

今の時期は、ムスカリ、ヒヤシンス、チオノドクサが毎朝ポコポコ増えている。

ムスカリは小さいぶどうみたいで、末っ子が気に入っている花。
よくよく見ると結構いろんな色があるようだ。去年、結構植え足したからな。
写真のものの他に、白と紫もあった。
e0134713_183517.jpg

甘いけれど爽やかな春の芳香を漂わせているのは、ヒヤシンス。
ずーっと手入れもせず植えっぱなしなのに、毎年ちゃんと咲いては、庭を心安らぐ良い香りにしてくれる。
e0134713_183348.jpg
e0134713_183150.jpg

チオノドクサは、一輪ずつだと地味だけど、あっちこっちに群れて咲くのが可愛い。
いかにも春が来るんだなーって思わせる景色。

(なのに、写真にはポツンと咲いている株を撮ってしまった……)
e0134713_182778.png

[PR]

by macchi73 | 2014-03-28 06:00 | 栽培日記:春の植物 | Comments(0)
2012年 03月 27日
夕刻の庭
e0134713_20531653.jpg

このところ夫が家にいないので、時々、まだ辺りが薄明るいうちに帰る。
子供たちになに食べたい?と聞いて、チャチャッと夕ご飯の買物に出て、リクエストのあった晩ご飯なんか作ったりして。
洗濯して掃除して、お風呂入って、何かちょっと自由時間あって、子供寝かせて。
なんだか一日が長いなあ。

「晩ご飯食べてもまだ時間が早い!」と子供たちも、変な感じだねーといった様子。
「あれ、お母さん休みだったっけ?なんかそんな感じする」なんて勘違いしたりしている末っ子。
夫は凄い夜型なので、晩ご飯もいつも遅いからなあ。
でも、7, 8年前までは、毎日こんな感じだったんだよね。覚えてないか。小さかったもんな。

暗くなるちょっと前、薄灰色に染まった庭に目を凝らしたら、あちこちにポツポツと花の色が見える。
風呂場の窓から石鹸の匂い。
なんか懐かしい、中途半端な時間帯。

今年は子供たち全員一年生で新生活だし。
ホントにホントにちゃんと家に帰って、規則正しくて居心地良い家にしよう。

e0134713_2054560.jpg
良い匂いなのはヒヤシンス。

e0134713_20541091.jpg
暗くても目立つ真っ黄色のティタティタ。

e0134713_20541425.jpg
庭隅にはボサボサと大株化したクリスマスローズ。

e0134713_20541912.jpg
先月一度刈り込んだのに、いつの間にかまたモッサリしてるビオラ。

e0134713_2054238.jpg
新しい葉が出て、色が鮮やかに蘇ったツボサンゴ。

e0134713_20542526.jpg
芍薬も、もう芽を出してる。

e0134713_20542822.jpg
バラの新芽も動き始めた。

e0134713_20573978.jpge0134713_20574273.jpg地面のあちこちにチオノドクサ。

とても小さいけど、暗い中でもけっこう目立つ。

[PR]

by macchi73 | 2012-03-27 21:09 | 出来事・その他 | Comments(0)
2010年 03月 17日
春の香り(沈丁花、ヒヤシンス、ニオイスミレ)
今の時期、庭は幾つかの花の香りがブレンドされて、物凄く良い匂いがする。
甘くて爽やかな春の香りだ。

特によく香っているのは、沈丁花。
4年前に日陰に一枝挿したんだけど、ゆっくり育って、今年はこんなに花をつけた。

e0134713_19253630.jpg

写真のようにモリッとした花房で目立っている一群は、ダッチ・ヒヤシンス。
甘くて強烈な芳香を放ちながらグラマラスに咲き誇る感じは、ちょっと年増の美人の群れって感じ。

e0134713_1927524.jpg

一方、同じヒヤシンスでも、庭のあちこちで地味目に咲いているのはローマン・ヒヤシンス。
いつの間にか増えて、現在20本くらい庭中に散らばって咲いている。
庭仕事のたびに「何の球根だろ?」と埋め戻してた小さい球根たちの一部はこれだったんだな。

e0134713_18231666.jpg
e0134713_18242465.jpge0134713_18243638.jpg

匂いスミレも、4,5カ所で咲き始めた。
ヒヤシンス、沈丁花、水仙ほどは香らないが、花を摘んでみると香水のような独特の香りがする。

e0134713_19343026.jpge0134713_19344148.jpg

[PR]

by macchi73 | 2010-03-17 19:40 | 栽培日記:春の植物 | Comments(2)
2010年 03月 06日
春の雨
雨が降っているが、なんとなく春の暖かさも感じる今日。
植物にとっては気持ち良い日かもしれない。これからぐんぐん草木が伸び始める予感。

庭をビッシリ覆ったクローバーの葉に、銀色の雨水がころころ転がっている。

e0134713_15584452.jpg


e0134713_15591413.jpg
ちょこちょこと、色んな場所にビオラスミレの株が立ち上がってきている。

つい数日前までは、そんなに花が付いていなかったんだけどな。

一昨年5つに株分けしたヘレボラスが、それぞれ大きく繁って、一株に十も二十も花を付けている。
種から発芽したのかな、ちょっとだけ色味が違う小さい株もチラホラ。
花数多く、暗い庭隅でもなかなか目立って良い感じではあるが......。
色とりどり・姿様々なクリスマスローズを楽しんでいる園芸家が多いのに、うちにあるのは全部同じような花だなあ。地味。

e0134713_1604844.jpg

e0134713_1611167.jpg
ローズマリーが株いっぱいに薄紫の花をつけている。

ぼんやりと全体に灯がともってるみたいで綺麗だ。

次々と球根が芽吹く中、木陰でヒヤシンスの蕾が上がって来ているのを発見。
梅の香りが終わったら、次はヒヤシンスが香る番だ。

e0134713_1613291.jpg
[PR]

by macchi73 | 2010-03-06 16:30 | 庭仕事・収穫 | Comments(4)
2009年 10月 01日
ホテイアオイ
e0134713_2118543.jpg

2009/9/23
池を作って一年が経とうとしているので、メダカJr.(いつの間にか子供が生まれていた)に配慮しながら、水底掃除した。

去年の秋に仕込んでおいた(そして放置していた)スイレンの姿は全く見えない。
冬越しできなかったか・・・。

ただ一つ繁っている水草は大きくなり過ぎ、殖え過ぎなので、株を小さく毟っておく。
今気付いたが、池を作った時に植えた金魚草やアナカリスとは違う草だ。
ぶっくりと厚ぼったく強そうな茎と葉で、水中には毛虫っぽい根を広げている。
水場でよく見かける葉だから、雑草か。どっから入り込んだんだろ。

2009/9/30
朝、ふと気付いたら、雨の中水草が蕾をつけている。
へえ!花が咲くのか。あんまり毟らないでおけば良かったな。

e0134713_21203491.jpg

その晩、夜目にもでっかい花が咲いた。
しとしと雨が降ってるので、キッチンでお茶を飲みながら双眼鏡(ここ数日の流行)で観察。
ふーん。ヒヤシンスに似てるな。巨大・水ヒヤシンス。

e0134713_21263122.jpg
なんて思ったら、本当にウォーターヒヤシンスという英名らしい。
一般的な和名は「ホテイアオイ」。

2009/10/1
ブログに記事をアップしたら、夫が「あ、これ俺が植えた。っていうか、夏に釣具屋で買って池に浮かべておいたんだ」とのこと。
なんだ、雑草じゃなかったのな。

じゃ、改めて・・・

ホテイアオイの育て方:
●花期は7〜10月。
●日当りを好む。
●施肥や特別な世話は不要。殖え過ぎることが多いので、適当に間引く。
●凍らせなければ越冬できる。凍ると枯れる。



(↓クリックすると拡大。雄しべが薄青いのが面白い。青い花粉?)

e0134713_213658100.jpg

2009/10/24
花は一日花(と言いつつ、2日くらいは綺麗だけど)ですぐ萎むけど、かなり寒くなった今頃までちょくちょく咲き続けている。
[PR]

by macchi73 | 2009-10-01 21:38 | 雑草、野草 | Comments(0)
2009年 03月 20日
ヒヤシンス(ダッチ・ヒヤシンス、ローマン・ヒヤシンス)
ヒヤシンスの育て方:
●花期は2〜3月。
●花殻つみはこまめに。ハサミを使うと腐りやすいので、手で花殻だけを落とすようにする。
●冬の寒さによって花が作られるので、屋外栽培が適する。
●花が豪華なダッチ・ヒヤシンスと、やや地味なローマン・ヒヤシンスがある。どちらも香りは良い。
●ダッチ・ヒヤシンスは自然分球はしないので、花後に球根を掘り上げたら、7月頃に球根に傷を付けて人工的に増やす(が、難しそうなのでやっていない)。
●ローマン・ヒヤシンスは、勝手にどんどん増える。


2007/2
花屋さんを通りがかったらすごく良い匂いがしたので、鉢植えを購入して部屋に飾る。
花後に球根を金木犀の根元に埋めておいた。

2008/3/14
芽が出て来た!良い匂いは健在だが、去年よりもずっと小さいようだ。
施肥や掘り上げをしてないせいかな?
葉が出てから花が咲くまで(1〜3月くらい)は、時々液肥をあげた方が良いらしい。来年はそうしよう。

e0134713_22423085.jpge0134713_22425915.jpg

2009/3/14
去年の開花日からちょうど一年だが、今年のヒヤシンスはまだ蕾が上がって来た程度。
寒い日が続いてたからなあ。


2009/3/15
よく見たら、いつものヒヤシンスがもう咲いていた。でも花数が少ないよなあ。
植えて一年目の球根にはモリッと花が咲くのに、2年目以降からは花数が減るのはなんでなんだろ。植えっぱなしなのが悪いのか、栄養不足で球根が痩せちゃってるのか・・・。
花殻つみをこまめに行うと良いような記述も見つけたので、今年はそうしてみよう。

e0134713_1591775.jpg

2009/3/20
秋に植えて一年目の球根が揃って咲き出した。
植付け数年のものと比べると花の多さ・大きさが全然違う!匂いもずっと強い気がする。

e0134713_19105054.jpg

木陰にもちらほらヒヤシンスが咲いている。
数年ものなので株は小振りだが、緑の中でピンクが鮮やかで良い感じ。

e0134713_19114344.jpg

あまりに良い香りなので、花を摘んで部屋の芳香剤替わりにしてみた。良い匂い!

e0134713_19142840.jpg

2009/4/1
古株である紫のヒヤシンス、株もしっかりしてるし元気なのに花房がなかなかモリッとしないよなーと思っていたら、「ローマン・ヒヤシンス」という別種だったようだ。納得。
これに対して、花がモリモリ咲いている品種は「ダッチ・ヒヤシンス」というらしい。

ダッチ・ヒヤシンスは、花が見事だが自然に増えて行きにくい。
一方、ローマン・ヒヤシンスは、花付きはややまばらだが、旺盛に分球して増えていく。
[PR]

by macchi73 | 2009-03-20 19:15 | 栽培日記:冬の植物 | Comments(2)
2009年 03月 14日
春の嵐
低気圧の影響で、昨夜から台風のような変な天気。
窓をあけると雨の飛沫が吹き込んで来て顔にかかるが、風は冷たくない。

ざわざわした空気を楽しむため、子供たちを連れて近所の喫茶店に朝食をとりに出る。
帰宅後、すぐに家に入るのが勿体ないので庭を巡回していたら、色んな花が咲いていた。
ちょこちょこ摘んで回り、水盤に飾ってみる。

e0134713_15311512.jpg

アネモネヒヤシンスプシキュア
ティタティタクリスマスローズツルニチニチソウ、その他いろいろな花が咲きはじめていた。

e0134713_1534673.jpge0134713_15342015.jpge0134713_15331546.jpg
e0134713_15345383.jpge0134713_1535984.jpge0134713_15352211.jpg
[PR]

by macchi73 | 2009-03-14 15:37 | 庭仕事・収穫 | Comments(0)