「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ヒイラギナンテン ( 1 ) タグの人気記事

2016年 03月 22日
ヒイラギナンテン(柊南天)の匂い
e0134713_1284063.jpg

知らない街の公園を散策中、微かな芳香が漂って来て立ち止まる。
いまの季節だと沈丁花か?でもちょっと違う……もっと甘ったるくてカラタネオガタマみたいな……でもそれより草っぽくって爽やかな……知らない花の香りっぽい……と、犬みたいに鼻をフガフガさせて藪の方へと入って行く。

香りの主は、公園の縁にぐるりと植えられた黄色の地味な花だった。
近づくにつれて香りが濃厚になって、あ、この花かと、もっとよく嗅ごうとして顔を寄せたら、鋭いトゲのある葉で「イテッ!」となった。
e0134713_128424.jpg

この花は、メギ科の常緑低木、ヒイラギナンテン。
名前の由来は、チクチクした肉厚の葉がヒイラギにそっくりで、実の付き方がナンテンに似てるから。

でも画像検索してみると、6月に実る果実は青くて重そうなブルーベリーっぽい見た目で、あんまりナンテンには似ていないような……。果実はヨーロッパでは食用にするらしい。また、枝で草木染めをすると、花と同じ綺麗な黄色に染まる。
e0134713_1283886.jpg

春の夕方に似合う、少し独特の、素晴らしい香り。

でも備忘に匂いを記録・保存しておきたいと思っても、それって無理なんだよなあ。

視覚情報は写真や動画である程度は保存できるし、音も録音できるのに、匂いは電子的に記録する方法がない。言い換えると、匂いは波形に直せないものってことか。脳での受け止め方も、五感の中で嗅覚だけは、唯一新皮質を経由しないでダイレクトに海馬に届く特殊な感じ方をされるらしい。

動画や音楽をインターネットで配信できるみたいに、匂いも届けられたら面白いだろうけどなー。どう考えても専用の装置や薬品が必要そうだし、まだそれは難しいか。


[PR]

by macchi73 | 2016-03-22 23:55 | 栽培日記:春の植物 | Comments(4)