タグ:バレンタインデー ( 3 ) タグの人気記事

2017年 02月 14日
チョコレートマカロン
e0134713_1174529.jpg

今年のバレンタインデーには、初めてマカロンを作った。

……って、私じゃなくて、末っ子がだけど。

e0134713_1174316.jpg

「作り方おしえてね」と言われたけど、私もマカロンなんて作ったこともなければ、食べたことも殆どないので、「泡立てってこれくらい?オーブン、これでいい?」とか聞かれても、説明書の通りに作るようにしか言えず。娘と同じだけの知識しかない。

それで結局、鉄板に触れてた面が薄っすらときつね色に色づいた、軽くてフンワリしたあま〜いメレンゲクッキー的な何かができた。

味見させてもらって、あはは、ちょっと香ばしいかもね甘すぎかもね、と笑ったら、娘が「うう……」と唸って頭を抱え、お母さんの評価がアブナイ……お裁縫は得意だけどお料理はそうでもないねって思われるかも……とうなだれる。

なんでだよー!お母さん関係ないだろう、ピノの料理だろう!と、笑ってしまったが、うううーみんなはそうは思わないかもよーと唸る娘。それは脅しか。よくわからないがおかしい。

が、その後、甘々のマカロンにかなりビター目なチョコクリームを作ってサンドしたら、最終的にはなかなかバランス良く美味しいお菓子になったようだ。与り知らぬところで名誉毀損される危機を回避できて、私も嬉しい。

家族みんなに「おいしいじゃん!」と言われて一安心した顔の娘。それから「マカロンって食べたことなかったなー」とか聞いて、微妙な表情。なんと家族の誰もちゃんとしたマカロンを知らないのであった。
e0134713_1174051.jpg

[PR]

by macchi73 | 2017-02-14 23:55 | 【その他】日記 | Comments(3)
2015年 02月 14日
八朔のオランジェット風
e0134713_20133545.jpg

金曜日、ランチで時々行っている喫茶店から、庭にすずなりの柑橘類のおすそ分けをもらった。
これなんだろう、八朔かな。鼻をくっつけると、スーッと爽やかな匂いがする。
皮が剥きにくいしそのまま食べるのは酸っぱいからマーマレードにすると良いと聞く。無農薬だから皮ごとOK。

夜。
ソファでうたた寝してたら、末っ子が「独自のチョコ製法を確立したから、食べてみて」と口に小さな何かのカケラを放り込んできた。冷たくて舌の上で溶けていくソレは、確かにチョコの味がする。
これどうしたの?と聞いたら、バレンタインのチョコの代わりだよという。チョコもココアもカカオが原料なんでしょ、だからココアの粉と砂糖とバターを練り合わせて冷やして固めてみたんだ、ピノコ特製チョコレートだよと得意そう。

そういえば、ずっとチョコを買ってくれと言われていたのに、忘れていた……。バレンタインだったのか。

で、ちょうど良いから、ピノコ特製オランジェット作ってみる?と、レシピを教えた。
⚫︎柑橘ピールの作り方:きらきらレモン・オレンジピールの作り方!
(上記を参考に、果汁で皮を煮る感じでやってみたら、甘酸っぱくて美味しいピールになった。
前に柚子で作ってみた時の様子。)

翌朝はやくから、カーテンも開けずに金色に染まった部屋で、八朔ピールを作る娘。
ピノコ特製チョコでコーティングされた、ほろ苦くて美味しいオランジェット風のお菓子が出来上がった。
e0134713_20134778.jpg

それから一緒に散歩に出かけて、帰りに製菓用チョコを買って帰宅。
八朔ピールの煮汁(ジュレみたいになってる!)と一緒に煮溶かして、柑橘風味の生チョコを作った。

e0134713_20161329.jpg
我が家の生チョコレシピはこちら。

今回はいつものレシピに柑橘ジュレをスプーン2杯くらい加えたら、柑橘風味の美味しい生チョコになった。


それから学校から帰って来た上の双子たちが紅茶を入れてくれて、みんなでバレンタインのお茶会をした。普通のチョコで作ったものも美味しいけど、ピノコ特製チョコのほろ苦さが、お母さんの好みにはバッチリでした。

e0134713_201733.jpg左がピノコ特製チョコで、右が普通のクーベルチュール。

子供達は右を好んでたけど、苦くてざらりとした感じの左側も、コーヒーのお伴にすごくいい感じだと思う。

ココアと砂糖とバターで、本当にチョコっぽくなるんだなあ!よく思いついたなあ!と感心。


[PR]

by macchi73 | 2015-02-14 20:29 | 【庭】収穫、料理 | Comments(3)
2010年 02月 13日
生チョコ作り
うへー、寒い寒い!と帰宅したら、なんだか良い匂い。
夫の手にはミトン。自家製ピザとインド風野菜スープの温かい晩ご飯が、まさに出来上がらんとしているところ。
庭のハーブを花束のようにして干したブーケガルニが活躍している。

e0134713_2349677.jpg

明日はバレンタインということで、私は娘たちと生チョコを作ることにした。
簡単なのにとっても美味しく、おまけに嵩も増える、我が家の定番お菓子だ。

e0134713_2359825.jpg

レシピは以下の通り。
・板チョコを刻んで(今回は400g)、
・生クリームを沸騰直前まで温め(今回は200cc)、
・温まった生クリームにチョコを投入して溶かし、
・香りの良いお酒を少々振り入れ(今回はラム酒にした)、
・ラップを敷いたトレーに流し込んで 1,2時間冷やし、
・固まったら、温めた包丁でブロック状に切って、ココアをまぶす

e0134713_063344.jpge0134713_064671.jpge0134713_091074.jpge0134713_0115732.jpg

しかし、皆で協力して作ったのに、出来上がりをごっそり持ち去る怪しい長女発見。
「労働の搾取反対!」「ばら撒き政策反対!」と叫んでみたが、知らんぷりで鼻歌混じりに可愛いラッピングなんかを施している・・・。

e0134713_0351791.jpgそして翌日。
帰宅した長女の手には、色とりどりの何かチョコ的なものが沢山。どうも今日の中学では、"友チョコ"と言って、友人間で手作りチョコを交換する風習があるらしい。

「良いもんでしょう〜」と、妹たちにも公正な富の再分配がされ、みんな幸せになりましたとさ。

おしまい。
[PR]

by macchi73 | 2010-02-13 23:48 | 【庭】収穫、料理 | Comments(5)